2019年10月15日 (火)

サム・ケイン、リーチ・マイケルにエール

オールブラックスフランカーですが、チーフスでチームメイトでしたからね。
ベスト8にリーチしたので。
リーチは特別なguyで本当に印象的な人だと言っています。
彼を知る人は、ジャパンの成功とリーダーシップは驚きではない。
ケインもチーフスでもオールブラックスで主将やったことがあり
リーダーシップがあります。

ジェイミー・リッチーと田村優
ノーサイドです。
田村も前回のスコットランド戦でインターセプトの
パスを払拭できてよかったですね。

視聴率は瞬間ですが53.7%でした。

ベスト8の組み合わせです。

さっそくワラビーズのチエイカがイングfランドを口撃しています。
最近はイングランドがワラビーズに対して6連勝のようで、
記録伸ばしそうですね、

ワールドカップのトライ記録はロムー(1999年)とハバナ(2007年)と
前大会ののジュリアン・サヴィアの8です。
これを追っているのが、ジョシュ・アダムズ5と松島5、そして福岡の4ですね。
やはり決勝に行った人が取るでしょう。
シェーンの2007年の6という記録もありますのでまずはそれが目標になります。

Rhys Carre
ウエールズの21歳のプロップですが
突進力があります。189cm、138kgありますから。
まだスクラムが経験が少ないのでベンチですが
フランス戦出てきそうです。

Canon's Free Viewpoint Video Systemが話題になっているようです。

テレビカメラとは違う視点で楽しめます。

仕組みは
何10ものカメラを合成して画像作成しているようです。

お陰様で昨日のブログアクセス729件ありました。
ジャパンのお陰でもあります。

国際ラグビーに関心を持つ人が増えています。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

2019年10月14日 (月)

ジャパン見事な大量リードでスコットランドに初勝利、ベスト8に。おめでとう。

ついにスコットランドに勝ちました。
日本は今までスコットランドにテストマッチでは
勝ったことがなかったのです。

1977.9.18 スコットランド 国立競技場 ● 9 - 74
から見ていますが。

1989年と1991年の日本-スコットランド戦
スコットランドは日本にとっては一番いい教師だったと思います。
越えないといけない。溜飲が下がりました。

にわかという言葉がありますが、スコットランドとは前回大会だけでは
ありません。あえて言うと、にわか記事が多いと思います。
やはり経験を積んだ記事が今後に続いてほしいです。

キース・クインがオールブラックスに東京で104点取られた試合のこと
書いています。

最初のトライこそ許しましたが、その後は4連続トライで大量リードでした。
これだけリードすると試合運びも安定します。スコットランドが
追い上げを見せましたが、最後まで守り切り勝利しました。
トライをあげた人を最初に祝福するのは堀江選手でしたね。
ジョニー・グレイの頭突きは大丈夫でしょうか。

レイドローはこれがスコットランド代表としてのラストゲームなので
涙を流していましたね。負けたからではないと思います。
スコットランドのフランカー、リッチー活躍していました。

大阪なおみ選手もMOMのプレゼンターでf来ていましたね。

日本がボックスに勝ち、準決勝まで進むと、対戦する可能性のある
ウエールズはウルグアイ/ユルグアイ(南アメリカと世界で違うようです。)に合わせて
いました。最後のプレー、タッチに蹴りだせば終わるのに、それから
トライを取りに行きました。ガレス・デービス速いですね。
ジョシュ・アダムズも5トライ目で松島とトライ王競うかも知れませんね。
ウエールズは怪我から治ったり、盲腸の手術の後の初試合で
当たりに行くプレーは少なかったです。

BBCでも台風と大きく取り上げて居ました。
日本人とイギリス人のカップルが
中継で出てきました。
なぜかウエールズのジャージー着ている人でしたが。

サブちゃんも見ていたようです。

文化放送のラジオ中継です
歓声を楽しみたい方。
大畑アンバサダーが開設しているのは番組出てるからですね。

試合前のこのラグビーを貶める記事ひどすぎますね。

記事が削除されているようです。それほどひどい記事でした。
この中に出てくるプロデューサーはオリンピックと
サッカーの人のようです。ためにする発言しています。
ラグビーを排除してきた人でしょう。
若い人も今回ファンが増えていると思います。
ラグビーの大きさを知りません。それに
今後他の地上波がラグビー放送に参入しないと
日テレの一人勝ちがが続きます。
こんな発言を吹き飛ばしてほしい。
吹き飛ばしました。
ジャパンが成し遂げたことはこういうラグビーの
立場を強くすることでもあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

スコットランド戦、強風が残ってキック処理も問題に。

まだ発表されてませんが、あると思います。

試合開催が発表されました。

台風が持ってきた南の暑さと湿気も日本有利ですね。

湿度は意外に低いようです。

日本だけでなく世界も注視する一戦です。

台風の被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
大雨台風でしたね。
堤防を越えて水が溢れ1階にいた人が溺死したケースが
あるようです。
台風上陸時955hpaでした。
風は東京では1時間ほど強かったですが、10年ほど前の
直径1mぐらいの大木が倒れた台風のほうが強かったです。
今朝は根木公園に行ってみましたが、小枝が多く、
直径10cmほどの枝が数本落ちていましたが。
風についてはテレビがややミスリードした感じはあります。
釜石でのゲーム中止になりましたが
大雨が降って災害の危険があるからのようです。
熊本はほとんど影響ないので試合は開催されます。
日本列島同罪に長いです。

環七の下にも巨大な貯水池があるようです。
横浜国際も

中止になった試合、テレビ局が補償を要求するかもしれません。
特にイングランド対フランス、視聴者が多いようで

ウエールズ、のエドワーズコーチとだけで誰かと思いましたが
ショーン・エドワーズでした。

アイルランドはバンデイ・アキがレッドカードでしたが大勝しました。
セクストンが入ると、全く違います。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

台風19号にはお気を付けください。

大きい台風で雨と風が強いようです。

皆さんお気を付けてください。

狩野川台風に似て雨も多そうです。
進路が台風19号と似ているようです。
877hpaといいますからさらに強力でした。
雨が多かったようです。

スコットランド戦明日でやってくれると信じています。

耳なし芳一の物語はアイルランド人によって生まれた。

前のタイトルですが、
テレビでやってましたが小泉八雲(ラフカディオ・ハーン )は
アイルランド系なんですね。母はギリシャ人です。
アイルランドサポーターが松江を訪ねていました。
耳なし芳一が代表作の一つですね。
まんが日本昔ばなしより。長いので飛ばしてください。暇なときに。

壇ノ浦で沈んだ平家が芳一に語らせるという話です。

スコットランドいらだっていますね。
試合がないと、訴訟という言葉も出しています。
プレイヤーは、ツアーキャプテンのStuart McInally(ロシア戦出てました。)が
リザーブで、代わって今日が34歳の誕生日のグレッグ・レイドローが主将に戻り
必勝を期します。、彼のスコットランド代表としてラストゲームになるかもしれません。
スコットランドが負けたらです。

賭けはまだスコットランド優勢です。

横浜国際競技場
への東京から電車での行き方です。
前に行った時と違う方法があるかもしれません。
明日は行きませんが、決勝は行くので。

ウエールズ、ユルグアイ戦メンバー
Wales team: 15. Leigh Halfpenny, 14. Josh Adams , 13. Owen Watkin, 12. Hadleigh Parkes, 11. Hallam Amos, 10. Rhys Patchell, 9. Aled Davies, 1. Nicky Smith 2. Ryan Elias, 3. Dillon Lewis, 4. Bradley Davies, 5. Adam Beard, 6. Aaron Shingler, 7. Justin Tipuric (Capt), 8. Aaron Wainwright

Replacements: 16. Elliot Dee 17. Rhys Carre 18. Wyn Jones 19. Jake Ball 20. Ross Moriarty 21. James Davies 22. Tomos Williams 23. Gareth Davies

先発はフィジー戦出た人二人ですが中々強力メンバーです。
ベアードは盲腸の手術をしてから初出場です。
リス・パッチェルは音楽の才能があり、ピアノを弾くようです。
コーラスでもリードしていました。

ウエールズは帯山中訪問
試合に出ないメンバーですね。

イタリアのパリセが中止になったことで、台風でなく、オールグラックス優遇だとも
言ったようですね。全く的外れなことです。
観客の安全を考えてのことだと思います。
パリセは4回目のワールドカップ出場のようですが、
引退を飾りたかったようです。
その引退試合はウエールズが用意してくれるようです。
ガトランド最後の試合11月30日にバーバリアンズコーチとして、
後任のW・ピバークのウエールズととワールドカップ後にするようですが、
その主将に名が挙がっています。
あと数名のイタリアの選手も。

ワラビーズ、ジョージアに苦戦したようですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

ジョー・ストランスキーとアンドリュー・マーテンズ

二人ともとも日本に来て、副音声の解説していますね。
1995年のワールドカップで決勝を争ったスプリングボックスとオールグラックスの1FE同士です。
延長戦、ジョーのドロップゴールが決勝点になりました。

ジャパンのジャージーが女性にも売れているようです。
試合の時だと思います。普段街中では見かけにくいかもしれません。

本当に一生に一度になったかも。
台風で2試合中止になるまでは、成功で、いつかまたワールドカップ開催が
できそうでしたが、プランBが用意できないのでは、観客移動がむずかしいでしょうから、
また日本でやりたいという国が減るかもしれませんね。

豊田スタジアムの試合が中止になるとは思いませんでした。
東京から行く人も多く交通の問題が大きかったのかもしれません。

台風情報です。

ウエールズはフランスと対戦することになりましたが
ちょっと嫌ですね。
イングランドとフランスと試合した後だと納得しますがいきなりはちょっと。
ただ2011年に準々決勝で対戦して、サム・ウオービトンのスピアタックルで
レッドカードになった試合のリベンジにはなります。

ダン・ビガーはユルグアイ戦は休ませると思います。
パッチェルの控えですが、ハードリー・パークスかリアム・ウイリアムズか
Hallam Amosがフライハーフをやることになりそうです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

ウエールズ、フィジーに珍しく先制2トライ許すも総合力で逆転勝ち

少し苦戦の原因はcubbyカビーでした。foxフォックス(ジョナサン・デービス)の弟、ジェームズ・デービスの2ペナルテイが2失トライに結び付きました。
セブンズ全英銅メダリストですが15人制に慣れておらず、ブレーキになっていました。
怪我でもないジャステイン・テイプリックを休ませたのが影響しました。
兄は大活躍でしたが。
ダン・ビガーはリイアム・ウイリアムズとぶつかって、HIAでした・
キックが正確だけに気になります。

前にも書きましたが、私は趣味で書いており、また仕事がとても忙しいので

語句が正しくない場合があります。そのあたりはご容赦ください。

日本-スコットランドは台風は過ぎ去るので交通機関などが
問題でなければ開催できると思います。

スコットランドBはロシア相手に9トライでした。
強いですね。

問題は12日のイングランド-フランスですね。

ファビアン・ガルティエが6ネーションズから
今大会フランスを変えたようです。64キャップ
24回主将。
4回ワールドカップ出場
アルゼンチン戦、試合開始から見違える攻撃していました。
イングランド戦が面白そうです。
フランスはワールドカップ準優勝3回。つまり決勝に3回出ています。
ラグビー大国で強国です。
フランスをやってみなければわからないと言っている人も
いますが、それはフランスの力を知らないからです。
オールグラックスは何回やられて、ひやひやしたかです。
決勝で2回対戦2勝ですが、2回負けたこともあります。前回は大勝でしたが。
今年のフランスも先制攻撃タイプですね。

イングランドもオープンサイドフランカーを二人使っているようです。
Sam Underhill and Tom Curryです。これでオールグラックスと
ワラビーズの3チームになりました。今は効果が出ていますが
強い相手とまだ試合していません。ワラビーズのぞいて。

2027年のラグビーワールドカップ開催にロシアが立候補するようです。
そのころには、昨日と違うロシアになりそうです。
アメリカも立候補するかもしれませんね。
米露超大国の一騎打ちになるかも。

マー・ノヌーがMLRのサンジェゴとサインしたようです。

ノーベル賞、この季節恒例ですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

台風とワールドカップ試合の影響

東京はかなり冷たい北風が吹いています。偏西風Westerlies でしょうか。

明日朝16度予想です。

台風を東よりに進路を変えてくれないですかね。
希望ですが。千葉の人たちがかわいそうすぎます。

台風に影響を受けそうな、12日と13日の試合
日本戦だけでなく、イングランド対フランスもそうですね。

台風については暖かい海水が残っているので、勢力が衰えないようですが
東のほうにそれて欲しいです。交通機関に被害が出ると12日、13日の開催が
危ないですが、最終戦のころには東北沖に抜けそうです。
この前の台風も福岡では開催できましたし。両方ともフランス関係ですね。

台風の目?になるか。
でも釜石でも試合があるんですね。

ウエールズの新アタックコーチのステイーブン・ジョーンズは
12年前のワールドカップでフィージーに8-34 負けた試合に出てたようです。
フィージーにスペースと時間を与えるとつなぎまくられると経験して
知っています。
大量リードしても、前の2試合の様な
受けて中だるみするとかなり持っていかれることになります。

ちなみに2015年大会もフィージーとユルグアイが同じプールで
フィジーには23-13で勝っています。
ワラビーズも同プールでした。この時はワラビーズが15-6勝っています。
2大会連続で4チームが同じプールというのも。

昼食に食べたとんかつ屋で、おばさん(あ)が入りそうな人達が熱心に
ラグビーの話していました。恐るべし32.8%。

静岡県内の小中学生1万6000人が試合を
スコットランド対ロシア戦に
そうでしょうね。
がら空きよりいいでしょうね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

前半大量リードか後半の後半逆転か?

ワールドカップ様々なゲームスタイルがあります。
特に顕著に分かれるのがウエールズと
ジャパンです。

日本は勝ち味が遅いですね。後半の後半から逆転、リードを広げる
感じです。
アイルランド戦 後半逆転しています。

サモア戦 後半7点差になってから特に終了前

オールグラックスも終了20分前のスタミナで差をつけることが
多いですが、JJもやはりそうみたいです。

ただしこれは多分にラッキーな面もあります。特にサモア戦のボーナスポイントは
とてもラッキーでした。サモアがBP狙いに行かなければ取れなかったでしょう。

これと逆なのがウエールズです。
対ジョージア 前半29-0です

対ワラビーズ 前半23-8

先制攻撃で大量リードして逃げ切っています。
反撃に中だるみがあるときがありますが、最後は
突き放しています。

どちらがいいかですが、ウエールズに安定感があります。
大量リードされたほうは、あせって追いつくのがむずかしくなります。

ジャパンも前半からリードするようにしてほしいです。ヒヤヒヤしますから。

ジャパンが1位通過して、ボックスに勝ったらウエールズと対戦する可能性があります。

ウエールズ二人変更
ウエールズフィジー戦二人変更
L Williams; North, Jonathan Davies, Parkes, Adams; Biggar, G Davies; Wyn Jones, Owens, Francis, Ball, Alun Wyn Jones (C), Navidi, James Davies, Moriarty.
ジャステイン・テュピリックを休ませるようです。
Fox cubbyのジョナサン・デービスと弟のジェームズが同時出場します。

プロップCarreがリザーブに入りました。

熊本では13日にウエールズ対ユルグアイが開催2試合目で
行われます。ジャパンの試合の直前ですね。
フランス対トンガは2万8千人集めたようですが、
試合終了後に帰ったらジャパン戦間に合わないようです。
PVやってほしいです。
試合の途中で帰るのはよくないと思います。

スーパーラグビーとアルゼンチンとはあまり関係ないと思います。
フランスとは接戦で、今大会のフランスは強いです。
イングランド戦はレッドカードが影響していました。観客の興味が
そこで終わってまさしくCプールで死の試合になってしまいました。
故意でやったものでなく、偶発的でした。

スーパーラグビーの他の3国は皆選手出ていますからね。
レベルの高い試合を多くしたほうが強くなるに決まっています。
ベスト8に行けたらそれが出るんじゃないですかね。

誰だって最初はにわかです。かく言う私も1969年は。
50年後もラグビーファンであってほしいです。

血液検査9年連続パーフェクト、血管は生まれたばかりの赤ちゃんと同じなので

あと何年見れるでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

スコットランドとジャパンのサモア戦の比較

スコットランドはサモアに34-0でノートライに抑え完封していました。
危なげない勝利です。
ジャパンは38-19で1トライ取られています。
共に4トライで攻撃力は似通っています。
守りはスコットランドが勝っている?
現時点ではややスコットランドが有利かも。
試合運びがうまいですね。
直接対決でどうなるかわかりませんが。

ホームだから楽観論が多いようですが
簡単な相手でないということがこの件ですぐわかることです。
強敵です。それにスコットランドは日本を知っています。
アグリーに来ますから。ボックスとアイルランドとは違う日本との

対戦経験があります。1回BIライオンズに取られた時、日本に負けていますから余計研究していると思います。

ジャパンもこの試合を目標にして
ボコってくれると思いますが、選手たち今までで
最高のプレーをすることが必要だと思います。

トンガはフランスに2点差負けでした。相性がいいのでしょうか。
若手だったようですが。
フランスのバックスにはフィジーアンが何人もいてアイランダー対決の
面もありました。
2011年は勝っています。ただフランスはそれでも決勝に行っています。
オールグラックスに1点差負けでした。

台風が今週末に来そうですが、影響なければいいです。

視聴率32。8%だったようです。
サモアには勝つと思っている人が多いので
その分あがらないこともありそうです・
スコットランド戦は50%以上を期待。

サンスポは毎日ラグビー記事載せていましたね。

ネットがない時代買って読んでいました。


ノーサイドゲームもワールドカップ盛り上げに少し貢献ししたようです。
ラグビー経験者の協力。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

ジャパン、健闘サモアにスタミナで勝りBP勝利。&南アフリカday


サモア、イエローが1個だけで、ブレイクダウンもよく、後半かなり詰められて
両チームキックも決まり、好ゲームになりました。最後にフリーキックをスクラム選んでくれて
それがボーナスポイントにつながりました。
山中がやや中途半端なプレーがチャンスに広がらなかった面があります。
スコットランド戦は先発は福岡、レメキがウイングでっ松島FBになるかもしれません。
姫野は地元で活躍しました。
堀江が出てくるとチャンスが多くなりますね。
ルーク・トンプソンが出ると出ないでは大きな違いがあります。
ジェームズ・モーアはタックルは多くしていますが、前に行きすぎがあり
気を付けてほしいです。

ジャパン、スクラムでペナルティ取りましたが、エデイ時代と
どうでしょうか。もう少し押してペナルティ取ったと思います。

スコットランド戦が天下分け目の試合になりました。
だいたい勝たないと行けないようです。
負けた場合もB1、つまり7点差負けで相手にBPを
与えないと2位通過になるようです。

レフリーがヤコ・パイパーで、ラピースと意識して話しているようでした。
副音声の解説がジョーストランスキーで、アナウンサーも確かそうだと思います。
ジョーは普段しないインタビューも買って出て、ラピースと話したいようでした。

イングランド対アルゼンチンは笛が一貫していなかったようです。
身長差があるラバニーニのファレルへのハイタックルでレッドになりましたが
ツイラギも着地していない相手にタックルしたようで
これもレッドでもおかしくなかったようです。
ナイジェル・オーウエンス年老いたのかも。
片方レッドだと試合壊れます。

こちらはイエローがあってもよかったと
サー・クライブ・ウッドワードが言っています。

ワラビーズ戦ストリーカーが出ましたね。オージーだったようですが
南半球のゲームでは時々出ます。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2)

«ジャパン、健闘サモアにスタミナで勝りBP勝利。&南アフリカday