« choker | トップページ | 薬で虫歯を治す3Mix-MP法の勝利 »

2009年2月24日 (火)

手は脳、足は心臓。

100歳以上の人の番組で長寿の人は例外なく手足をよく動かしていることです。
特に手をよく使う人が多いです。
手と脳神経の関係でよく使われる絵がペンフィールドのホムンクルスです。

http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/32/index-32.html

手や顔が大きく足は小さいのは脳の神経量をあらわしたものだからです。
手を使うと脳神経をよく使い血管も丈夫になるのでしょう。
心臓を患った人に医師から良く歩くようにと言われたと聞いたことが
あります。歩行は心肺にいいのだと思います。
散歩だけでは健康維持には足りないので手を使う運動も
併用した方がいいようです。

|

« choker | トップページ | 薬で虫歯を治す3Mix-MP法の勝利 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手は脳、足は心臓。:

« choker | トップページ | 薬で虫歯を治す3Mix-MP法の勝利 »