« Dan Carter Canterburyと2011年末まで契約 | トップページ | Sitiveni Sivivatu 2011年までNZ協会と契約延長 »

2009年6月16日 (火)

1960年代のABsが10人ラグビーというのは間違い。

NZで最強で黄金時代は1960年代なのですが日本では間違って
10人ラグビーと伝えられているようです。
FWは強力メンバーがいたことは事実ですがこれが強くて
速いのでグラウンドいっぱい走り回るラグビーでした。
自陣奥から一気に繋いでトライというのが多いです。
ビデオがありますが
10人ラグビーでなくて15人ラグビーです。

60年代
http://www.youtube.com/watch?v=iwIAnr1zm3I&feature=related
特にKelvin TremainはBunnyというニックネームでした。うさぎの速さです。耳も
大きかったですが走り方がうさぎに似ています。
今も楽しい。cutting edge(最先端)でした。
268試合で136トライでした。ウイングのBGウイリアムズと同じです。

50年代
Ledgendary All Black Moments - 1950's
http://www.youtube.com/watch?v=mLjinoHJ47A&feature=related

|

« Dan Carter Canterburyと2011年末まで契約 | トップページ | Sitiveni Sivivatu 2011年までNZ協会と契約延長 »

スポーツ」カテゴリの記事

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1960年代のABsが10人ラグビーというのは間違い。:

« Dan Carter Canterburyと2011年末まで契約 | トップページ | Sitiveni Sivivatu 2011年までNZ協会と契約延長 »