« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

2011 Rugby World Cup website

http://www.rugbyworldcup.com/index.html

ニュースレター等も受け取れます。

ここにvuvuzela(ヴヴゼラ)や楽器等
禁止するという記述があると言ってますが
見つかりませんでした。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/rugby-world-cup/3867788/Rugby-silences-rowdy-vuvuzelas
ブルズでもブブゼラやってましたが確かにうるさいですね。
あの音だけ取り除いたというテレビがあったようですが。

NZにもワイカトのカウベルがあるのであれも禁止でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

All Blacks Tri Nations squad

ザク、トムソン、テイアラータ等が落ちました。セブンズに
移った人もいます。
テイアラータも古いですがAfoaを入れたかったようです。
ザクまだ若いですから。ウイングはギアーもいてシビバツも
いますから層が厚いです。クルーデンはラッキーです。
あとポジションを複数できる人が選ばれているようです。
カフイは3つできると思います。

Forwards:

John Afoa Auckland (23)
Anthony Boric North Harbour (15)
Tom Donnelly Otago (7)
Corey Flynn Canterbury (7)
Ben Franks Tasman (2)
Owen Franks Canterbury (12)
Jerome Kaino Auckland (27)
Richie McCaw (capt) Canterbury (83)
Keven Mealamu Auckland (74)
Liam Messam Waikato (3)
Kieran Read Canterbury (19)
Brad Thorn Canterbury (40)
Victor Vito Wellington (2)
Samuel Whitelock Canterbury (3)
Tony Woodcock North Harbour (63)

Backs:

Daniel Carter Canterbury (69)
Jimmy Cowan Southland (36)
Aaron Cruden Manawatu (3)
Israel Dagg Hawke’s Bay (2)
Cory Jane Wellington (15)
Richard Kahui Waikato (10)
Mils Muliaina Waikato (83)
Ma’a Nonu Wellington (46)
Rene Ranger Northland (1)
Josevata Rokocoko Auckland (62)
Conrad Smith Wellington (35)
Benson Stanley Auckland (3)
Piri Weepu Wellington (38)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

Jonathan Kaplan 今週のウエールズ戦で17回のABsのテスト最多レフリーに

南アのレフリーでABsのテストで笛を吹くことが多い人です。
現在16回でウエールズのDerek Bevanと並んでいます。
テスト全体は55回のようです。
Kaplanはフランス大会で日本-カナダ戦のレフリーでした。
最後の意図的にボールを出したカナダのプレーを見のがさず
劇的な引き分けになりました。
やや細かすぎると感じる時もありますが正確なんでしょう。
WCのファイナルはまだのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

松の木ミーズ

というハンドル名でパソコン通信のニフティサーブの
ラグビーフォーラムで、発言していました。
もう20年ぐらい前でしょうか。
文字認識の基礎研究が忙しくなりやめたのですが。
10年前ヤフーで国際ラグビーをまた
話しだしました。
国際ラグビーにはオフがありません。北が終わると南半球で
プレーしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sonny Bill Williams Canterbury 、Crusadersと契約

http://www.allblacks.com/news/13411/Sonny-Bill-Williams-heads-to-Canterbury---Crusaders
All BlacksになりたいソニーはRichie McCaw と Daniel Carterと
慣れるためにもいい決断だと思います。
来年のスーパー15も楽しみになってきました。
来月30日のHawke's Bayから試合に出るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

Isaac Rossフランカーにポジション変更を

とABsのFWコーチのSteve Hansen が言っています。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/3846073/Hansen-recommends-Ross-switch-to-flanker
去年のロックのレギュラーでしたが今年は
クルセーダーズでも出られず、マオリでもスクラムが弱い
ということになったようです。2.01m, 115kg
の大男ですがロックのコアの仕事をやりたがらないというか
向いていないようです。
走るのが好きでフランカーがいいと思います。

NPCからだと思いますが早く切り替えてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

日本IRBランク12位に

サモアと入れ替わりました。
http://www.irb.com/rankings/full.html
フィジーに負けたのが惜しいですが
これから上になると強力チームばかりです。
10位以内はさらに大きい壁がありそうです。
トンガもフィージーといい試合をしているので
厳しい試合になりそうです。
何しろ気候が赤道付近ですkら。
スコットランドもコーチが変わって
また強くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーワンと畠山選手の写真

日本協会の
「6.19 マッチリポート(サモア代表 23-31 日本代表)」
http://www.rugby-japan.jp/japan/japan/2010/id8362.html
の中にすごくいい写真がありました。
写真の3列目、最後のカーワンと畠山が抱き合っている写真です。
http://www.rugby-japan.jp/japan/japan/2010/imgj/0529pnc/0619m/4410.jpg
今年は畠山選手は若い選手に3番を譲っていました。というか
カーワンがスクラムよりラック優先ということで使わなかったのですが。
それでフィージー戦スクラムを押し負けて非常に大きい敗戦。
サモア戦で負けたら批判噴出でした。
それを救ったのが畠山でした。
この写真が全てを語っている気がします。
「悪かったな。良くやった。」

ジーンときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンガのコーチはIsitolo Maka

4テストのABです。
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=531
スーパー12が放送されたころハイランダーズのNOO8でした。
突進力のある人でしたが。
その後フランスでプレーし、日本のサニックスでもプレーしたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

ABs&rugby関係のtwitter

私はまだやっていませんが

現役のABsでは
コーリー・ジェーン
http://twitter.com/soup15

テアラータがやっています。
http://twitter.com/neyza3

ワラビーズですが
Quade Cooper
http://twitter.com/quadecooper

James O'Connor
http://twitter.com/Rabbit832

John Smit
http://twitter.com/JohnSmit123

Brian O'Driscoll
http://twitter.com/BrianODriscoll

NZRU
http://twitter.com/nzru

その他
Jonah Lomu
http://twitter.com/JonahLomu11

Will Carling
http://twitter.com/willcarling

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本31-23でサモアに勝利。

歴史的勝利とインタビューワーが盛んに言っていました。
アウエイでは勝ったことがなかったかもしれません。
前半25-6とリードし、PGを追加して22点差となり
3トライ3G差ができたので後半はやや冒険をしない感じでした。
後半はミスもあってさらに川俣のシンビンでサモアが盛り返してきました。
今日はアレジが良くてドロップゴールで追加点し
デフェンスが良くなったので前のように何トライも続けて
取られることはないという自信があるのでしょうか。

畠山が入ってスクラムが安定したのが大きいと思います。
試合の模様はIRBでビデオで見られるようです。
http://www.irb.com/

アリシ・トゥプアイレイは今日はお取りになった感じで
ニコラスが動いていました。
熱帯でサモア、アピアはフィージーより赤道に近い南緯13度49分で
暑そうでした。

この勝利は大きいですね。来週のトンガ戦も
勝ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

Carisbrookからindoorの Forsyth Barr Stadiumに

明日のウエールズ戦で102年使われたHouse Of Painから
現在建設中の新しいスタジアムに移るようです。
http://www.youtube.com/watch?v=T0EkjbUiGjQ
インドアになると稚内と同じ緯度であることから
南極からの冷たい風もなくなるようです。
ABsとガトランドがCarisbrookについて語っています。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/3827685/All-Blacks-desperate-to-send-Carisbrook-out-in-style

私のハンドルもここから取ったのですが
続けようとは思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

We're all the same. Brad Thorn

4人の子ののお父さんで、10年近く禁酒しているABsの
ロックのBrad Thornですが正しい発言をしてくれました。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/3823401/All-Black-Brad-Thorn-backs-Tahus-racism-stand
State of Origin の試合前にNew South Wales の
Timana Tahuが人種差別の言葉に抗議したことに
対してこういう類の発言はやめるべきだと言っています。
かなりひどい差別の言葉だったようです。
ahuは数年前ユニオンでプレーしてた選手です。

Brad Thornの家族の写真ですが
http://www.google.co.jp/imglanding?q=Brad%20Thorn&imgurl=http://i171.photobucket.com/albums/u295/maddies_abb/Kids/0562690300.jpg&imgrefurl=http://aussiebubblog.wordpress.com/2007/08/28/brad-thorn-and-family-farewell-the-brisbane-broncos/&usg=__TY5BLgojNqPLFUWh0YB007lwBQs=&h=330&w=447&sz=73&hl=ja&itbs=1&tbnid=pvzRCgZDQGww2M:&tbnh=94&tbnw=127&prev=/images%3Fq%3DBrad%2BThorn%26hl%3Dja%26tbs%3Disch:1&tbs=isch:1&start=0#tbnid=pvzRCgZDQGww2M&start=2
このあともうひとり生まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

Victor Vito スタート

ウエールズ戦メンバーが発表されています。

1. Ben Franks (1) 2. Keven Mealamu (72) 3. Owen Franks (10) 4. Brad Thorn (38) 5. Anthony Boric (14) 6. Victor Vito (1 ) 7. Richie McCaw - captain (81) 8. Kieran Read (17) 9. Jimmy Cowan (34) 10. Daniel Carter (67) 11. Josevata Rokocoko (61) 12. Benson Stanley (1) 13. Conrad Smith (34) 14. Cory Jane (13) 15. Israel Dagg (1)

Reserves:

16. Aled de Malmanche (3) 17. Tony Woodcock (61) 18. Sam Whitelock (1)19. Adam Thomson (15) 20. Piri Weepu (35)21. Aaron Cruden (1) 22. Richard Kahui (8)

ザクが洩れていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

Sonny Bill Williams on The Footy Show

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/3799935/Sonny-Bill-Williams-on-the-Footy-Show

昨夜のAUSの番組でNZでラグビーをすると正式表明しました。
話し方がkiwiですね。静かでプレーとは違います。
それに成長している感じがします。
クレバーさも。
ツーロンの600万ドル(約3億7千万、NZドル62円)を蹴り
その10分の1ぐらいのNZ協会との契約を選びました。
他のスポンサー契約もあるようですが。
金よりABsでのプレーを選びました。
ABsになるのが小さいころからの夢だったそうです。
ABsでワールドカップでプレーすることは無視できないものだったそうです。

I'm always up for a challenge. The chance to play for a brand ... the All Blacks brand are the biggest sporting brand in the world.

"The chance to play in a competition (World Cup) watched by four billion people is something I couldn't let slip through my hands without having a go.

と言っています。

NZの反響ですが
同じサモア系のムリアイナは大喜びでソニーがサイズがあり
ファンも大勢連れてくるだろうと言っています。

Brad Thorn もリーグの経験者ですから彼がいるのも心強いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

Sonny Bill Williams NZ Rugby Union と契約

NZ協会が発表しました。
http://www.allblacks.com/news/13254/Sonny-Bill-Williams-signs-with-NZRU-and-aims-for-All-Blacks
2年前からABsになりたいと言っていましたが
意志は固かったです。
自分の力を試したいのだと思います。

身長、体重ですが
1.93 m (6 ft 4 in)
108 kg (17 st 0 lb)

NPCのチーム、スーパーラグビーはこれからのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

フィージー日本を警戒

フィージーコーチのSam Domoni が日本はタフな
チームと言っています。
http://www.fijitimes.com/story.aspx?id=149880
去年は40-39 で終了間際の逆転負けでした。
フィジカルで組織的で勝ちたいという意欲がある。
ここ数年両チームとも好ゲームをしていい
ライバルになっています。
フィージーは力がありますから
今年も厳しいゲームになるとおもいますが
日本に勝ってほしいです。
貴重なレッスンとしてこちらにも記事が
http://www.fijitimes.com/story.aspx?id=149878

日本Aもいい試合をしたようですね。
http://www.yomiuri.co.jp/dy/sports/20100609TDY28T04.htm
スコットランドのJohn Barclay(18cap)が
" The Japanese were very aggressive and tenacious in the breakdown and made life very difficult for us."
と言っています。
scotlandrugbyteamのサイトで日本A戦の記事が
http://www.scotlandrugbyteam.org/content/view/1915/55/

トップリーグのレベルが上がっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

アイルランド戦All Blacks

1. Ben Franks *
2. Keven Mealamu (71)
3. Owen Franks (9)
4. Brad Thorn (37)
5. Anthony Boric (13)
6. Jerome Kaino (25)
7. Richie McCaw captain (80)
8. Kieran Read (16)
9. Jimmy Cowan (33)
10. Daniel Carter (66)
11. Josevata Rokocoko (60)
12. Benson Stanley *
13. Conrad Smith (33)
14. Cory Jane (12)
15. Israel Dagg *

Reserves:

16. Aled de Malmanche (2)
17. Neemia Tialata (41)
18. Sam Whitelock *
19. Victor Vito *
20. Piri Weepu (35)
21. Aaron Cruden *
22. Zac Guildford (2)

* Denotes new Test cap

新人が大分入っています。フランクス兄弟はブルック兄弟以来の先発兄弟のようです。
18. Sam Whitelock
19. Victor Vito
は来年先発に入って欲しい。期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

日本代表 フィージーの記事

fiji Timesに到着の記事がありました。
http://www.fijitimes.com/story.aspx?id=149741
Rupeni Caucau や Sireli Bobo を注意しているようです。
フィージーは土曜日にワラビーズと3-49でしたね。
二人が日本戦など出場停止のようです。
去年は終了間際に逆転されたと思います。
フィージーは予想できない動きをして最後まで気を抜けない
とカーワンが言っています。
日本もチーム力が上がっているので今年は
楽しみです。
世界ランクは
http://www.irb.com/rankings/full.html
フィージー10位
サモア 12位
日本 13位
トンガ 15位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sir Fred Allen に

「the Needle」と言われ1960年代に14連勝無敗のAll Blacks
史上最強のチームを作ったFred Allenがknighthoodを
受けるようです。
このチームの中からは
Brian James Lochore
WHINERAY, Wilson James,
そしてミーズがすでにサーになっていました。
最後に91歳で受けるようです。
このチームは日本では前は強力FWで10人ラグビーと言われていましたが
全く違っていてFWがバックスのように走る15人ラグビーでした。
もっとも強くもっとも魅力的なプレーをしていました。
14連勝ですからチームの規律も厳しく
ミーズがあくびしてたら、アレンは「退屈かね。」
と聞いたようです。ミーズに注意できる人は少ないですが。

私はこのチームを見てAll Blacksが好きになりました。

カーターのことも90年の中でベスト1FEだと言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

Sonny Bill Williams has All Blacksを選びそうです。

Sydney Morning Heraldによりますと
EXCLUSIVEで
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/sonny-the-all-black-20100605-xlu1.html

ソニーのお母さんがNZに帰ってABになって欲しいということが
一つの理由のようです。
パートナーもオークランド生まれですし。
テストで力を試したいというのも大きいと思います。
今週中に決めるようです。

Sam Whitelock's も今度の試合にリザーブ入りして
デビューしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

髪は毎日洗った方がいいようです。

髪を数日以上あけて洗った時
抜け毛が多く気になったことがあります。
このまま行ったら...
東京に来た時ストレスでかなり抜けたので
さらにと思ったものです。
食べ物とか考えましたが、洗う間隔を
短くした時、抜け毛が少ないなとかすかに
感じました。
私は資生堂の椿が皮膚にいいので使っているので
髪のケアにつて聞いてみました。
すると毎日洗うことがいいという回答でした。
毛穴が脂や老廃物で汚れていると毛も育たないようですね。
地肌をきれいにすると育つようです。
毎日洗うようになって髪が生き生きしてきました。
人と会った時の反応が違ってきたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

International Rugby Academy

Skyの解説をしているMurray Mexted (34テストのABsNO8)ですが
International Rugby Academy (IRA)
http://www.internationalrugbyacademy.com/
をはじめた人なんですね。
NZは登録プレーヤーが10万人で南アが40万、イングランドが60万に比べて
少なく財政的にも劣るのでU20を強化する必要を感じて始めたようです。
プレーヤーとコーチのコースがあるようです。

Sean Fitzpatrickは英国でラグビーの解説等していますが
仕事は何をしているんだろうと分からなかったんですが
IRAのboardのメンバーなんですね。コーチもしたりしています。
ABや各国の代表チームのコーチ、選手だった人もいます。
南アフリカ、ヨーロッパにも広げているようです。
かって戦ったライバルの人たちが一緒にコーチしているのが
ラグビーの仲間と感じました。
AUSからはJohn Eales , Nick Farr-Jonesもいます。
ファージョンズが時々ウエリントンにきてたのもこの
仕事だったんですね。オリバー、カレン等もコーチをしています。

アメリカはmind-boggling(びっくり仰天)の成長市場のようです。
高校、大学と300、200パーセントと伸びているようです。
最近のスーパーラグビーの選手や国代表もここのコースの
受講者がいるようです。
NZでは
Jason Eaton,Alby Mathewson, Cory Jane, Rudi Wulf , Anthony Boric.Israel Dagg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

North Harbour 23-19 Japan のNZの記事

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/3779772/North-Harbour-defeat-touring-Japan

4点差のいいゲームをしました。
前半タックルがしぼれずリードされ後半慣れて
盛り返しました。レフリーの笛にも慣れて
ないようでした。
アリシ・トゥプアイレイはMVPという声もあるほど
活躍し、勝っていました。
腕にあたったのをノッコンにとられましたが
弾き飛ばしたり、この相手では貫禄のトライを
取りました。日本の秘密兵器になりそうです。
NZの解説者も懐かしい選手が出てくるので
よく説明していました。リーチ選手の説明も。
川俣選手は幼稚園の先生になりたいとか。

日本はラインアウトが良かったです。

Steve Tewもきていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

North Harbour team to play Japan XV

ようやくアップされました。
http://www.harbourrugby.co.nz/news.php
1. Michael Reid c
2. Michael Mayhew
3. Taione Vea
4. Shane Neville
5. Filo Paulo
6. Richard Mayhew
7. Scott Uren
8. Matt Luamanu
9. Chris Smylie (VC)
10. Michael Harris
11. Rudi Wulf
12. Brendon Watt
13. Jack Tarrant
14. Ken Pisi
15. Jack McPhee

16. Manu Leiataua
17. Nick Mayhew
18. Irwin Finau
19. Malakai Ravulo
20. Nalu Tuigamala
21. Ben Botica
22. Nafi Tuitavake

マカリスターは怪我で出ないようですが
ABではRudi Wulfがいますね。
Player Profilesのページは
http://www.harbourrugby.co.nz/mainmenu96/component/player-profile.html
何人あうか
コーチのダウドとカーワンが友達だという記事も出ています。
http://tvnz.co.nz/rugby-news/mates-kirwan-and-dowd-square-off-3578004
アシスタントコーチはジェフ・ウリルソンです。
ABや怪我人を除いてベストのようなので
強力だと思います。
Boticaはあのフラノの息子だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

アイランダーズを制限はしていないクルーセーダーズ

Andy Hadenが3人に制限しているという発言が
ありましたが
2010年は3人ですが
2001年からのアイランダーズの数は3人ははるかに超えています。
*を参照。

Hadenはアイランダーズの人を"darkies"と呼び、こちらが
差別していると思います。
またHadenはrugby World Cup ambassador の一人です。他は
Jonah Lomu, Sean Fitzpatrick, John Kirwan, David Kirk and Andrew Mehrtens.
サモア系がいないのでMichael JonesかTana Umagaに変わったらいいと思います。


2010: Kahn Fotuali'i, Robbie Fruean, Ti'i Paulo.

2009: Ross Filipo, Casey Laulala, Nasi Manu, Kahn Fotuali'i.

2008: Ross Filipo, Kahn Fotuali'i, Casey Laulala, Nasi Manu, Ti'i Paulo, Mose Tuiali'i.

2007: Ross Filipo, Casey Laulala, Johnny Leo'o, Aaron Mauger, Ti'i Paulo, Tisi Pisi, Kevin Senio, Mose Tuiali'i, Paul Williams.

2006: Ross Filipo, Tony Koonwaiyou, Tone Kopelani, Casey Laulala, Johnny Leo'o, Aaron Mauger, Brad Mika, Kevin Senio, Mose Tuiali'i.

2005: Vilimoni Delasau, Ross Filipo, Tony Koonwaiyou, Tone Kopelani, Casey Laulala, Johnny Leo'o, Aaron Mauger, Ti'i Paulo, Mose Tuiali'i.

2004: Ross Filipo, Tony Koonwaiyou, Tone Kopelani, Casey Laulala, Johnny Leo'o, Aaron Mauger, Nathan Mauger, Mose Tuiali'i, Marika Vunibaka.

2003: Johnny Leo'o, Aaron Mauger, Nathan Mauger, Marika Vunibaka. 2002: Orene Ai'i, Johnny Leo'o, Aaron Mauger, Nathan Mauger, Brad Mika, Marika Vunibaka.

2001: Aaron Mauger, Nathan Mauger, Afato So'oalo, Marika Vunibaka.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

Robbie Robinson マオリではフルバック

マオリのコーチのJamie Joseph が
考えているようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/3760312/Robinson-has-rival-in-Taylor-for-No-15
日本でU20で優勝した時もFBでしたが
マオリには1FE,2FEが多数いることもあります。
JosephがNPCでウエリントンとサウスランドが対戦した時に
Robbieが目にとまったようです。
去年のランフリー・シールドでも活躍しましたし
コーチがいいと力を出します。
ハイランダーズでは使って貰えなかったです。
コーチが悪くて。ハイランダーズはずっと
負けが込んでいました。

Aaron Cruden がABsに呼ばれた記念の家族写真が
ありました。
http://www.stuff.co.nz/manawatu-standard/sport/3758998/Our-All-Black/
兄弟とお母さんの写真です。
クルーデンやや早いかと思いましたが
素質で選ばれたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本Top 10を目指す。(NZヘラルド記事)

ベテラン記者の Wynne Gray が書いています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10648796
内容ですが
Pacific Nations Cup のためにノースハーバーに
立ち寄っている。North Harbour XV と金曜日に
transition games をする。
カーワンが日本のコーチになったときlosing culture が
あった。それは改善された。
練習の記事なので短いですが
試合関係だともっと載ると思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »