« 東京、全国の湿度、温度を知りたいときには | トップページ | ノヌーとソニーの12番(SFE)の争い »

2012年2月 7日 (火)

国立競技場ラグビーワールドカップ用に8万~10万収容に改修計画進行中

2019年日本でのラグビーワールドカップ用にです。
ロイターの記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000113-reut-spo
今後数10年で日本開催の最大のスポーツイベントは2019年の
ラグビーワールドカップです。もう7年になりました。
2015年はイングランドで開催で観客は250万から300万になると
思われます。日本も同等程度になるでしょう。そのころは
ラグビー一色になるでしょう。今のメデイアのラグビーの露出からは
信じられないことですが。
観客席はこの程度は必要ですが、グラウンドもタッチライン際や
インゴールも十分取ってほしいです。ライン際でダイナミックなプレー
しますからラグビーやるときには芝で覆ってほしいです。
陸上のトラックではラグビーのプレーが制限されますから。
ワールドカップで使うと、その他のラグビーの大きい試合も
日本にくるかもしれませんね。

|

« 東京、全国の湿度、温度を知りたいときには | トップページ | ノヌーとソニーの12番(SFE)の争い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立競技場ラグビーワールドカップ用に8万~10万収容に改修計画進行中:

« 東京、全国の湿度、温度を知りたいときには | トップページ | ノヌーとソニーの12番(SFE)の争い »