« エディー・ジョーンズジャパン発表の感想 | トップページ | アディダス(adidas)がラグビー日本代表に食い込む »

2012年3月20日 (火)

2001年にウエールズ選抜にサントリーが勝ったこと

エディー・ジョーンズが日本の暑い時期だったらウエールズにも
勝てるかもと言ったのは2001年6月17日に秩父宮でウエールズ選抜に
サントリーが勝ったことなどが理由だと思います。
ただこのときのウエールズは選抜でフルメンバーではありませんでした。
同じころブリテイッシュ・ライオンズがオーストラリアに遠征しています。
8 June から14 July
http://en.wikipedia.org/wiki/2001_British_and_Irish_Lions_tour_to_Australia
ウエールズから
Dafydd James (Llanelli and Wales);
Mark Taylor (Swansea and Wales);
Scott Gibbs (Swansea and Wales) 
Neil Jenkins (Cardiff and Wales);
Rob Howley (Cardiff and Wales);

Darren Morris (Swansea and Wales);
Dai Young (Cardiff and Wales)
Robin McBryde (Llanelli and Wales);
Keith Wood (Harlequins and Ireland);
Colin Charvis (Swansea and Wales);
Scott Quinnell (Llanelli and Wales);
Martyn Williams (Cardiff and Wales);
12人ですね。日本に来たチームは若手で日本とのゲームも
テストマッチとして認めていません。
日本はこういうウエールズにとって無意味な試合を過大評価しすぎです。

ぬかよろこびしすぎてその後テストマッチで大敗ししゅんとすることの繰り返しでした。
再戦すると50点、100点取られてぐーのねも出ませんでした。
日本はトップ10にテストマッチで勝ったことがありません。
その例ですが
1971年イングランドに善戦したと言われる試合は
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/1971-british-li.html
1989年スコットランド選抜に日本が勝った試合は
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/1989british-iri.html
全てライオンズに主力が取られていました。
RFUに問い合わせましたが
「Full international caps were not awarded for the games against Japan in 1971.

という答えでした。
エディー・ジョーンズはテストのレベルは知っていると思います。
それでもそういうチームに勝つことはとても大変だと思います。
船出の時に意地悪かもしれませんが日本は一度も達したことが
ありませんのでその過程を慎重に見ていきたいと思います。
テストマッチでしか評価されませんから。

来年はライオンズのオーストラリア遠征が予定されています。
ウエールズも日本に来るようです。また主力は取られますから
このときのように弱いウエールズに接戦するかもしれませんね。
かといってテストマッチではないので誤解しないようにしないと
いけません。

|

« エディー・ジョーンズジャパン発表の感想 | トップページ | アディダス(adidas)がラグビー日本代表に食い込む »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/54264372

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年にウエールズ選抜にサントリーが勝ったこと:

« エディー・ジョーンズジャパン発表の感想 | トップページ | アディダス(adidas)がラグビー日本代表に食い込む »