« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

サー・フレッド・アレン(Sir Fred Allen) のABsのビデオ

ABsで最も評価されている1960年代後半のアレンがコーチの時のABsのビデオです。

再掲ですがこの素晴らしいラグビーを見て頂きたいので。私が見たABsでベストです。

アレンのチームは1966年から3年です。

どこからも走り、繋ぐ魅力的なラグビーです。

1966年のライオンズの試合ノメンバーです。

http://www.rugbymuseum.co.nz/teamsheet.asp?level1=Database&level2=ABC&MT_ID=1544

Keith Quinnが追悼文を書いています。

http://tvnz.co.nz/rugby-news/keith-quinn-grit-discipline-key-fred-allen-s-success-4858403

カーキー(イアン・カークパトリック Ian Kirkpatrick )が6人目のpallbearers(棺を担ぐ人、特に親しい人)
イーデンパークでの葬儀が行われます。
他の5人は甥のAlex Carpenter とWaka Nathan, “Pinetree (Colin Meads), BJ Lochore, and John Grahamです。
Wilson Whineray は体調不良です。

ベストのABsを見たのがラグビーそのものを見た最初でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイカト スタデイアム(Waikato Stadium )はチーフス好調で満員

ケーンズにも勝って8連勝でした。
http://www.stuff.co.nz/waikato-times/news/6827067/What-a-difference-some-wins-can-make
熱気が伝わってきますね。
カウベルも鳴っていました。
試合のビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=RaJipxF983A

ソナ・タウマロロの7トライ目の時が最もノイズイだったようです。
去年まで6,7千人平均だったようなので、強いチームになると
違ってきます。
コーチのデイブ・レニーの力が大きいです。去年までの
イアン・フォスターはABsのアシスタント・コーチになりましたが
こちらが心配です。

チーフスにはソニーもいて、人気に拍車をかけています。
カフイ、それからクルーデンも安定していますし。
ソニー楽しんでいますね。写真です。
http://twitter.com/#!/goodsituation/status/196202786562641920/photo/1

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

ソニー(Sonny Bill Williams SBW)にパナソニックからのオファーですが。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/6825363/Japanese-offer-another-twist-in-SBW-saga
私は行かないと思います。というか来ないと思います。
希望も込めて。
ソニーはABsとしてレギュラーを取ることが第一だと思います。
去年はノヌーの控えでした。ABsとして大活躍していません。
日本のゆるい年金リーグでプレーしたら成長が止まります。
ABsで3年ぐらい活躍してほしいです。
次のワールドカップが終わってからでいいでしょう。

カイノがトヨタに来たのは十分活躍しましたし。
復帰もあるかもしれませんが。
オーストラリアのリーグ関係のニュースは飛ばしが多いですし。

ソニーにはアデイダス等のスポンサーも興味を持っているので
日本だけがビッグマネーではありません。

ワールドワイドの選手なので日本限定になる必要はありません。

彼は金だけの選手ではありません。

パナソニックもはでさを狙うんじゃなくて地に足がついた
チーム作りをしないと。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

フレッド・アレン(Sir Fred Allen) 死去

92歳でした。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/6823098/All-Black-legend-Sir-Fred-Allen-dies-aged-92

フレッド・アレンはABsとしても1FEで6テスト出場していますが
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=7
オークランドのコーチ、ABsのセレクターを経て1966年から
1968年までコーチでした。その間の14試合全勝でABs史上
最強のチームを作りました。
サー・ブライアン・ロホーが全て主将をしています。
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=502

ABsがABsたる由縁のチームだったと思います。
写真です。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/image.cfm?c_id=80&gal_cid=80&gallery_id=125303#8930572

とても素晴らしいチームをありがとうございました。
御冥福をお祈りします。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・リーチ(Michael Leitch )英語より日本語が話しやすい。

IRBのサイトで紹介されています。
http://www.irb.com/jwc/news/newsid=2061880.html#leitch+feels+right+home+japan
15歳の時高校1年から日本に来ていますからね。
U20日本代表の主将をしたこともあります。
昨年のワールドカップで日本代表の中で最も活躍しました。
ラグビーを知っているし、将来の主将候補だと思います。
ただAll Blacksにも当然興味あるようですね。
ツイッターはソニーとの写真を使っていますし。

東京セブンズの時少し話しました。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-7adb.html
いい選手なので活躍を期待しています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

強いマラソン選手は駅伝ばかりでは育たない。

マラソンというのも強い選手のレースは面白いという記憶はあります。
と言っても高橋尚子選手のシドニーの金メダル以降ほとんど
見てませんが。30キロを超えての駆け引き、競り合って強い選手が
抜け出すというレースです。
男子もアベベ、君原と随分前ですが見ていました。
最近は男子がオリンピックで強いということはなかったので
全然見てないですね。長いですから強くないと興味が続きません。

その日本の男子選手が弱くなった原因がわかりました。
ロンドン五輪の男子マラソン代表に選ばれた藤原新選手について
の記事です。
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/toyo-20120418-01/1.htm
藤原選手は個人で会社を設立して一人で走っているようです。
記事にあるようにマラソンはマラソンのための練習、レースが必要で
駅伝は長くても20キロで、スピード重視のようです。
実業団対抗の駅伝で勝敗重視のためにマラソンランナーとしての
力があっても駅伝のための練習、レースが重要視されるようです。
これでは強い選手は育たないですね。精神力も必要ですし。
目先のことにこだわって世界的な選手を育てようとしないことが
問題だと思います。

マラソンはたすきをつなぐわけにはいきません。

ラグビーも大学ラグビーが大人とのゲームに出ないで、鉄が
熱いうちに打たれず、若い選手が海外と比べて
代表選手になるのが少ない、遅いという問題があります。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソナ・タウマロロ(Arizona Taumalolo)が脚光

チーフスのプロップで6トライでトップグループです。
http://tvnz.co.nz/rugby-news/taumalolo-wants-stay-top-pops-4854243
愛きょうのある顔していますね。
ワールドカップでトンガがフランスを破った時にも活躍しました。
今はNZでプレーしています。
ITMカップではHawke's Bay でプレーしチーフスのFWコーチの
Tom Coventry の教えを受けているようです。
トライが多い理由として
「Keeping low, driving his legs hard and having a huge passion for scoring tries.


娘二人がいて、ピンクのブーツをはいています。

チーフスではブレンダン・レナードが復帰しました。
http://www.allblacks.com/news/19209/Chiefs-named-for-Hurricanes---Leonard-to-start

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

小沢一郎さん無罪判決

今日はこのニュースですね。
珍しく政治関係ですが。
裁判になるのがおかしいものでしたが
小沢さんはじゃがいも(失礼。)みたいな顔しているから
悪人だと決めつけるようなマスコミの論調が変でした。
政治と金とお題目のように唱えていましたが
どんな活動もお金は必要なので。

集団いじめのような感じですね。人相が悪いから
人がやっているから確かめもしないで。
きっと小さい頃いじめっ子だったんでしょ。

私は地上波はドラマと天気予報しか見ないので
久しぶりにニュースを見ましたがまだ違和感があります。
ラグビーもほとんどやりませんしね。
政権交替に期待しましたがことごとく裏切られてきました。
小沢さんに国民の生活が第一の政治を期待したいと思います。

小沢さんは私の田舎の熊本県天草の御所の浦島に
数百人の聴衆の前で演説するためだけに、離島、僻地の
島に行きました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーテイン・ウイリアムス(Martyn Williams) にバーバリアンズ戦で100キャップをとシェーン。

http://www.walesonline.co.uk/rugbynation/cardiff-blues/2012/04/24/shane-williams-urges-wales-to-hand-martyn-williams-100th-cap-against-barbarians-91466-30828029/
M・ウイリアムズは100キャップあってもおかしくない選手だと思います。
それほどいい働きをしていました。
ただガトランドがワールドカップと重なったので若い力のある
選手を使いマーテインにチャンスを与えませんでした。
ガッツもむずかしい判断だったとは思います。
シェーン・ウイリアムズの言いたいことはわかりますが
バーバリアンズ戦はキャップ対象ではないので。
投票でも87%の人がYESと答えていますね。
M・ウイリアムズはカーデイフブルーズでプレーしていましたが
引退しました。
シェーンの呼びかけに応じてウエールズのファンも
100キャップを与える運動を始めたようです。
http://www.walesonline.co.uk/rugbynation/rugby-news/2012/04/25/welsh-rugby-fans-launch-campaign-to-get-martyn-williams-100-caps-against-barbarians-91466-30836050/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

久しぶりのアラマ・イエレミア(Alama Ieremia)

ABsで40テストのセンターです。
pルオフィール
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=416
ワールドカップの日本戦で走りまくっていましたね。
それからサントリーデモプレーしていたと思います。
今はハリケーンズのアシスタントコーチをしています。
彼がクルセーダーズにケーンされた(cane、鞭打つ)ケーンズの
若いバックスについて語っています。
http://www.allblacks.com/news/19192/Young-Canes-stars-wont-be-scarred
バレットはこの試合は今までで最悪の前半でカーター、フルーエンにトライを
与えています。FBのアンドレ・テイラーも同じです。
テイラーはトライを取ったり、ブレットは後半良くなりましたが。
ケーンズはジェーンとサベアの両ウイングの欠場が痛かったです。
今週はチーフス戦です。
チーフスは8試合で8トライしか許していません。

JスポーツはNZのチームの試合放送が少ないですね。
今年のAUSはAUSと下位のチームにしか勝てない
スーパーラグビーとはいえないチームが半分はあります。
全試合放送してくれるのが一番です。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

ウエイン・スミス(Wayne Smith )イングランドからヘッドハンテイング

http://tvnz.co.nz/rugby-news/wayne-smith-edges-closer-england-job-4847605
W・スミスは去年までのABsのアシスタントコーチでバックス、デイフェンス、アタックを
担当してワールドカップ優勝に貢献しました。
今はチーフスのアシスタントコーチをしています。
南アにチーフスが行ったときに、イングランドの
Stuart Lancaster が南アにきたので会って話を
したようです。
ガーデイアンによると会談は建設的で
W・スミスの決断のようです。
イングランドは素材はあるのですがバックスは
硬いのでそのあたりを変えられるかですね。

W・スミスのプロフィール
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=811

ログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

映画卒業(The Graduate)のラストシーン

1967年の映画です。私が高校に入ったころでしょうか。

サイモンとガーファンクルの曲が挿入されていました。

Sound of Silence

Scarborough Fair

あとミセス・ロビンソンも。

曲も懐かしいです。

ダステイン・ホフマン(ベンジャミン)がキャサリン・ロス(エレーン)を

結婚式場から連れ出すというか奪い取るというシーンです。

エレーンが「ベーン」と答えるところがとてもいいですね。

曲が入っているのはこちらです。

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=mFJJvH1ozX0&feature=endscreen

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエールズのグランドスラムのビデオ

何を今頃と思われるかもしれませんが。書きたいニュースが少ないので。私がABsの他にウエールズも好きなのは私が国際ラグビーを見始めたのが1969年のABs対ウエールズのテストからです。1960年代のABsは史上最強のチームで1970年代中まではウエールズも世界トップクラスでした。この両チームを見て国際ラグビーの虜になりました。ラグビーそのもの初めてでした。しかしウエールズはその後30年もの低迷で、最近のチームはようやく復活してきました。 これはウエールズファンも同じなようです沸き立っています。今年の試合ビデオもたくさんあります。 ハイライト(5分)です。

下はイングランド戦(前後半と長いです。)

http://www.youtube.com/watch?v=34Bc2OTe_xo&feature=related

フランス戦、こちらもフルです。

http://www.youtube.com/watch?v=petDm4xFt-g&feature=related

イタリア対スコットランド
地元ローマで7万以上の観客の前での勝利。
日本でテストマッチでこういう日がくるでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=O0j8nTQ9EpE&feature=related

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

チーフスシャークスに18-12で勝利し7連勝

首位をキープしました。
順位
http://www.superxv.com/table/
ただ最後ホーンが鳴って控えでカーバーローと
交替したスクラムハーフのAugustine Pulu が蹴りだすだろうと
シャークスが油断したのを走ってトライしましたので後半は
1点差が続きシャークスの逆転があってもおかしくなかったです。

プルはレナードが出てきたらリザーブにも入れないので
必死でしたね。少しでもアピールしようと思って。

チーフスはデイフェンスはいいのですが、たくさんトライが
取れないようです。
カーバーローはサイドを走りますが、まだ孤立が多いです。
クルーデンは安定しています。ソニーとカフイだけでは
マークされやすいです。
ロックのレタリックはワークレートが多く、よくタックルしています。
ゲームとしてはクルセーダーズとハリケーンズのほうが
動きがありました。
ダグやザク・ギルフォードが走りこんできます。
それにNO8のキーラン・リードの動きが目立ちます。
チーフスは3列とバックスリーがクルセーダーズと比べて
おとなしいです。クルセーダーズもカーターの調子が戻り
マッコーが出てくると上がってきそうです。
ケーンズはツシ・ピシが後半1FEでプレーしました。
ブレットはフルバックに変わりました。FBのアンドレ・テイラーとの
交替です。ピシもブレット相手だと難しいですから
2FEもいいかもしれないです。
ハイランダーズも日本でプレーしたデラニー、エリソン、ハスケルが
活躍していますので、NZではチーフス、クルセーダーズと共に
残りそうです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

ダン・カーター(Dan Carter )クルセーダーズで100試合

カーターのプレーを若いころから見れたのはとてもよかったです。
テストの記録もそうですが、スーパーラグビーでも30トライ、230PGを
上げています。
チームマンとしてメンバーからも頼りにされています。
http://tvnz.co.nz/rugby-news/fearless-carter-ultimate-team-man-4843851
クルセーダーズに上がってきたころはマーテンズがいました。
マーツはカーターに対してボールのストライクはマーツが見た最もいいプレーヤーの
一人だと言っています。自宅にマイゴールポストがあり、小さいころから
ゴールキックの練習をしていましたから。
キックだけでなくランも良く抜け出してのトライも多いです。パスもよくデイフェンスも強く
これほどそろった選手は私は見たことがありません。

ルーベンとマッコーが言っています。
Although an obvious goalkicking talent, he impressed his team-mates with his attitude when steaming at the line with the ball and his fearlessness in defence.

For flankers Richie McCaw and Thorne, that afforded them the luxury of not having to worry about covering the inside lane.

"It was his defence that set him apart from other first five-eighths. Because he was a physical first-five - he wasn't frail - he liked to tackle and as loose forwards we knew that channel was secure," Thorne added.

練習しすぎなのかワールドカップでは2回とも怪我しています。
次の大会も出れると思いますので今度こそ出場してカップを
手にしてほしいです。

カーターが選んだチームです。
Christian Cullen, Doug Howlett, Tana Umaga, Aaron Mauger, Sitiveni Sivivatu, Andrew Mehrtens, Justin Marshall, Greg Somerville (or Tony Woodcock if Greg doesn't want to play loosehead), Anton Oliver, Carl Hayman, Brad Thorn, Ali Williams, Reuben Thorne, Richie McCaw (captain), Mose Tuiali'i.

現ヤマハのモスイがいますね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はクルセーダーズ対ハリケーンズ(Crusaders-Hurricanes )

注目の一戦ですが、若い1FEの対決も楽しみです。
先週31点入れたトム・テイラー(Tom Taylor )23歳。
プロフィール
http://www.crusaders.co.nz/profile/tom-taylor/313/player-details.aspx
とボーデン・ブレット(Beauden Barrett)ですね。21歳
http://www.hurricanes.co.nz/team/players/beauden-barrett

オールブラックスのコーチのステイーブ・ハンセン(Steve Hansen )やセレクターも
見に行くと思います。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/6783161/Steve-Hansens-focus-on-rookie-pivot-clash

試合メンバーです。
CRUSADERS: Israel Dagg, Adam Whitelock, Robbie Fruean, Dan Carter, Zac Guildford, Tom Taylor, Andy Ellis, Kieran Read (c), Matt Todd, George Whitelock, Sam Whitelock, Tom Donnelly, Ben Franks, Corey Flynn, Wyatt Crockett. Reserves: Quentin MacDonald, Owen Franks, Luke Romano, Luke Whitelock, Willie Heinz, Ryan Crotty, Tom Marshall.

Hurricanes: Andre Taylor, Cory Jane, Conrad Smith (capt), Tim Bateman, Julian Savea, Beauden Barrett, TJ Perenara/Chris Eaton, Victor Vito, Karl Lowe, Faifili Levave, Jason Eaton, Jeremy Thrush, Jeffery Toomaga-Allen, Dane Coles, Ben May. Res: Motu Matu'u, Michael Bent, James Broadhurst, Jack Lam/Mark Reddish, Eaton/Frae Wilson, Tusi Pisi, Alapati Leiua

ツシ・ピシはリザーブです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

リッチー・マッコー(Richie McCaw )に名誉博士号

リンカーン大学で授与されました。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/news/6781944/All-Blacks-captain-McCaw-receives-doctorate
マッコーはサーではないですが、博士になりました。
リンカーン大学で農業科学を学んでいたようです。

ウイルソン・ウイナレー(Wilson Whineray)も優秀な主将でしたが
彼以来のようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダン・カーター明日クルセーダーズとして100試合

2FEとして出場します。1FEは先週良かったトム・テイラーです。
まだ怪我から完全に回復していませんのでしばらくは
こういう状態が続くと思います。
まだ30歳になったばかりです。
プロフイール
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=1031
ABsとして1250点は世界記録です。
ジョニー・ウイルキンソン(Jonny Wilkinson )の1,246 が2位です。
ウイルキンソンはテストラグビーから引退しています。
カーターにはまだまだ更新してほしいです。
ABs史上NO1の1FEですから。
これはフレッド・アレンも認めています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

ウエールズのジョナサン・デービス(Jonathan Davies )怪我でオーストラリア遠征不参加に。

ウエールズバックスのキーマンのジョナサンがヘルニアで今シーズン試合に出られないようです。

http://www.walesonline.co.uk/rugbynation/rugby-news/2012/04/18/injured-scarlets-centre-jonathan-davies-could-miss-wales-tour-to-australia-91466-30789319/

24歳で灰色のヘッドキャップがトレードマークのセンターで、マイク・ロバーツと共にいいプレーをしています。フライハーフで同名の人がいますが違います。 Scarlets のプロフィール http://www.scarlets.co.uk/eng/rugby/players.php?includeref=dynamic&player=85909

Llanelliですね。 今年のアイルランド戦のトライのビデオです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

マイケル・ライナー(Michael Lynagh )脳卒中(stroke)で入院

ワラビーズの1FEで1991年ワールドカップ優勝メンバーの
マイケル・ライナーが倒れブリスベーンの病院で手術中のようです。

rugby heaven
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/former-wallaby-captain-lynagh-suffers-stroke-20120418-1x7jf.html
ABC
http://www.abc.net.au/news/2012-04-18/wallabies-legend-lynagh-hospitalised/3958882?section=sport

症状が軽いことを祈りたいと思います。

最近はイギリスでテレビの解説をしていたようです。
48歳で72キャップ、ワラビーズ記録の911点を挙げています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンリーGraham Henry)、リッチー・マッコー(Richie McCaw)の仲人の申し出matchmaker)

matchmakerには仲人と斡旋の意味もあるようです。
マッコーは現在シングルというかフリーのようです。
On the markedtですね。
ワールドカップ前後は大学の同級生との話がありましたが。

ヘンリーがラジオショーで聞いたものです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10799804
「ラッキーな女性は?」
「現在はいなくて、探している」とのことです。
ヘンリーは探すのを手伝うと言っています。

マッコーは足の手術の回復も順調で練習も始めており
あと数週間様子を見て5月第1週のレッズ戦で復帰するようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次のワラビーズ(Wallabies)のコーチはEwen McKenzieになりそうです。

現コーチのロビー・デイーンズ(Robbie Deans's )の契約が来年まで
残っています。その後の有力なコーチ候補でしょうね。
マッケンジーは去年レッズをスーパーラグビー優勝に導きました。
なかなか強いラグビーをします。
ウエスターン・フォースのコーチだったRichard Graham がレッズに戻って
マッケンジーの後継者になりワラビーズの仕事ができるようになるようです。
ワールドカップで1991年ワラビーズが優勝した時のメンバーでプロップでした。
Bob Dwyer、Rod Macqueen、Eddie Jonesから指導を受けています。
ワラタスのコーチのMichael Foley も支持しているようです。
http://www.smh.com.au/rugby-union/super-rugby/foley-backs-mckenzie-to-lead-wallabies-20120417-1x5oo.html
ワラビーズのコーチはオーストラリア人でないと。
ABsにとっては強敵になりそうですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

マイク・デラニー(Mike Delany)ハイランダーズ入り

http://www.odt.co.nz/sport/rugby/highlanders/205763/rugby-highlanders-bring-injury-cover
決定しました。
デラニーは2008年ハイランダーズで10試合出て、チーフスに移り
3年間で22試合出ています。イタリア戦でABsとして1キャップ得ています。
パナソニックからのクリアランスが遅れたようです。

ABsのプロフィールです。
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=1098

これでハイランダーズにはタマテイ・エリソン、ジェームズ・ハスケルについで
日本のトップリーグでプレーした選手が3人になりました。
交流が盛んになるのはいいことです。一方的ですが。日本人は
皆無ですけど。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平清盛が面白いです。

大河ドラマですが。
清盛といえば「平家にあらずんば人にあらず。」のように
奢った人で悪役のイメージがありました。
ただ神戸港を開いたり宮島厳島神社の海上社殿を造営したり
他にも貿易、通貨流通等業績をあげています。
ドラマでは清盛の弟家盛の死で母宗子(後の池禅尼)の悲しみを
描いています。これが後に家盛に似ているという源頼朝を助ける
ことになり、平家の滅亡につながっていきます。
和久井映見さん好演ですね。さらに藤原頼長も史実に忠実で舞台で何度か
見た山本耕史君も熱演です。

脚本が藤本有紀さんで「ちりとてちん」の人ですね。だから和久井さんが出ています。

平氏と源氏、白河、鳥羽、後白河上皇、藤原摂関家、とそれぞれの皇后、妻の
話と人間関係も幅広いです。

鎌倉幕府は源頼朝が開きましたが頼朝は馬で落馬して亡くなったり
子供二人もすぐなくなっており直系は途絶えています。弟
義経や味方を追放したり助けてくれる人もいなかったのでしょう。
源氏がいいという歴史的な錯覚が私にあったかもしれません。

奢る平家は久しからずというより頼朝源氏が久しからず。なんですね。

清盛は肥後の守でもありました。熊本に平家の落人伝説が
多いのもそれが関係していると思います。
ドラマにも出てくると思いますが私は鹿ケ谷の陰謀
wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E3%82%B1%E8%B0%B7%E3%81%AE%E9%99%B0%E8%AC%80
の多田行綱に
関心があり、それもあって興味がわいています。
ブログに書いていますが、私の実家の2キロの近いところに
墓があるようです。ウイキにも載っています。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-e535.html
多田行綱は源氏の本家の摂津源氏の嫡男です。頼朝は河内源氏で分家のほうです。
兵庫多田神社に清和源氏の系譜があります。
http://www.tadajinjya.or.jp/nenpu.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

マイク・デラニー(Mike Delany )ハイランダーズまだ決まらず。

パナソニックのプレーが終了し、ハイランダーズの1FEでコリン・スレード(Colin Slade)
とリマ・ソポアガ(Lima Sopoaga )もシーズン終了の怪我してクリス・ノークス(Chris Noakes )のみになっていますので足りなくなり、デラニーにハイランダーズ入りのチャンスが
あるようですが、コーチのジェイミー・ジョゼフがまだ50-50と言っているようです。
トニー・ブラウンからの紹介だと思いますが、デラニーのフォームが問題でしょうか。
日本でのプレーそれほど良くなかったです。ツシ・ピシよりも劣っていたと思います。

そういえばTusi Pisiはケーンズでゲームに出たんでしょうか。

ただ1FEの控えは必要でしょうからどうなりますか。

今週はカーターがクスセーダーズ100試合になるようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

Sonny Bill Williams(SBW) にNZRU来年以降もオファー

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/6745835/NZRU-confirm-bid-for-Sonny-Bill-Williams

ソニー・ビル・ウイリアムズ(5月で27)はチーフスでラグビーを楽しんでいるようです。
ラグビーに転向して3年目。去年まではまだ不慣れなところがありました。
ワールドカップでもマア・ノヌー(今年30)の控えで補欠。主軸で大活躍とまでは
行きませんでした。
今年1年の契約にしたのもABsで先発が決まるか自信、確約ができなかったからでしょう。
ダン・カーターとリッチー・マッコーが年齢や怪我でやや陰りが出て、
ソニーが現在最も人気ある選手かもしれません。

the most marketable sportsmen だからNZ協会も手放したくありません。

リーグ関係(オーストラリアからのニュース)は来年はリーグに戻るという
ニュースを定期的に流していますが、これは根拠がないと思います。

2015年のワールドカップには必要な選手です。

私はソニーはラグビーを続けると思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タウマロロは2トライでシーズン6トライです。

ゴールライン際強く、押しこみます。
ソニーとカフイのトライで勝利を決定しました。
チーフスデイフェンスは良くなかったです。
最後ボーナスポイント取られましたし。
ストーマーズ、クルセーダーズでもそうでした。
ロビンソンに代わったAndrew Horrellは最初に走り
使ってみたいという感じではありました。

ソニーは初トライでした。
ソニーとウイングのTim Nanai-Williamsはいとこなんですね。

6勝でスーパーラグビー首位に立ちました。

チーターズのフッカーHercu Liebenberg とストーマーズの
フッカーTiaan Liebenbergは兄弟なんですね。そろってフッカー体格しています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

クルセーダーズ全勝ストーマーズに勝利

第1回ワールドカップ優勝チームのウワーウイッ・テイラー(Warwick Taylor)
http://www.rugbymuseum.co.nz/ABProfilee.asp?level1=All_Blacks&Level2=ABC&IDID=878
の息子トム・テイラー(Tom Taylor)が一人で31点上げる活躍もありました。
ラッキーボーイでしたね。
先週の目つぶしいちゃもん
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/kick-in-guts-to.html
のうっ憤を晴らすかのように、南ア帰りとは思えない気合が入っていました。
ストーマーズもラインアウトの中心の2m8のアンドレ・ベッカーが早々と
交替しラインアウトはドネリーが入ったことによりクルセーダーズ優勢に
なりました。他も勢いに押されていました。
スクラムもクルセーダーズ優勢でペナルテイキックチャンスを
テイラーが全て成功でした。
ダグは全体的にはイイプレーしていますが、細かいミスも
何個かあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロビー・ロビンソン(Robbie Robinson) を刺激するためベンチに

チーターズ戦にロビンソンはベンチスタートになりました。
10,12カバーのAndrew Horrellが先発します。
フォース戦でロビンソンに数回の判断ミスがあり、
追加点が奪えなかったのでRRに奮起を促すためのようです。
ブルーズ戦のあの爆発的なランが以後出ていません。
レニーは
This gives him a run as well as giving the talented Robinson a public kick up the proverbial.

"We're trying to put a lot of pressure on Robbie to be even better, to tidy up those mistakes,''
と言っています。

下の記事より。
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/205359/rugby-robinson-gets-tough-lesson-after-good-start

RRは怠け癖があるようですね。
レニーに期待はされているようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

ウオーレン・ガトランド(Warren Gatland )怪我でオーストラリア遠征難しそうです。

ウエールズコーチのガトランドはNZのワイカトに休暇で帰省中でした。
取材のため窓を型付けしようとした時落ちてかかとを
怪我してしまいました。
http://www.bbc.co.uk/sport/0/rugby-union/17697678
奥さんのTrudyの話です。
手術をしたようですが、6月のウエールズのオーストラリア遠征は
奥さんの話では無理なようです。

奥さんの写真はこちらです。

http://www.walesonline.co.uk/rugbynation/rugby-news/2012/04/13/warren-gatland-s-wife-raises-doubts-over-wales-tour-role-91466-30751128/
ガトランドが行けないようだとロブ・ハウリーがコーチの
代わりになりそうです。現在アシスタントコーチをしています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tom Donnellyスタートに復帰

トム・ドネリーは2mでラインアウトが強いです。
スプリングボックのヴィクター・マットフィールドに空中戦で
負けていた時、ドネリーの起用でボールが取れるように
なりました。マットフィールドがただの長身選手に見えました。
ある意味一時的にABsの救世主でした。
ストーマーズのアンドレ・ベッカー(Andries Bekker)が2.08mあり
先週のハイランダーズ戦ではほとんど取っていましたから
ベッカー対策だと思います。ベッカーはラインアウトは強いですが
スクラム、ラック等は普通の感じです。ボックスで定着していませんでした。
ただマットフィールドもバッキー・ボタも引退だと思いますんで
今年から出てくるかもしれません。ボタは今フランスデプレーしていますね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

ジャマイカ(Jamaica)のラグビー

2015年のワールドカップ中央アメリカの予選が行われているようです。
http://www.rugbyworldcup.com/home/news/newsid=2061776.html#jamaica+barbados+rise+rankings

世界ランクでは84位です。
http://www.irb.com/rankings/full.html

ジャマイカは陸上短距離で速い選手がそろっているという
印象があります。100メートルの世界記録保持者ウサイン・ボルト等。その人たちがラグビーやったら強そうだと思います。
特に7人制ですね。
Murray Mextedがジャマイカのラグビーについて書いています。
http://www.theroar.com.au/2012/03/30/mexted-sevens-and-tens-will-turn-rugby-into-a-mega-sport/

メクステッドはInternational Rugby Academy (IRANZ)
http://www.internationalrugbyacademy.com/
の代表者で元ABsNO8です。この記事の中で
「We had an interesting approach at IRANZ recently from Jamaica. The Jamaican politician I met with wanted us to put together a strategic plan for the four-year development of a world-class Sevens team.

Yes, that is correct. The politician’s opinion was that Jamaica has the fastest runners in the world. As rugby requires outside speed, and they possess and develop super athletes, why could they not be developed into a world-class rugby 7’s team to challenge for Olympic Gold?

I can’t help but agree.

という部分がありますが、ジャマイカの政治家がメクステッドと接触し、つまり
ラグビー指導のことに関してだと思います。
7人制のゲームのビデオです。9分ぐらいです。
http://www.youtube.com/watch?v=-5o96ao8xio

すぐには無理だと思いますが、5年、10年後出てくるかもしれませんね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

パット・ラム(Pat Lam )の涙、サモア人とオールブラックス

http://tvnz.co.nz/rugby-news/lam-close-tears-press-conference-4827993/video
ブルーズの不成績を人種差別に持っていくのは間違いでしょう。
サモアは第一大戦以降NZが信託統治領として統治した関係から
http://www.otemon.ac.jp/cas/pdf/32/nishikawa32.pdf
独立後も移住に優遇されていて、経済成長の働き手として
多くを受け入れた経緯があります。その子孫がラム達です。
移住した人達の苦労は大きかったと思います。
両親を批判されればラムが涙に詰まるのもわかります。
ブルーズの不成績は人種と関係ないことでしょう。
昨年のワールドカップではABsのサモア系は
Keven Mealamu
John Afoa
Jerome Kaino
Victor Vito
Ma'a Nonu
Sonny Bill Williams
Mils Muliaina
Isaia Toeava
8人いました。5年後はほとんどがサモア系になるかもしれません。
今はプロップと長身のロックに少ないですが。
サモア系は最もラグビーに向いた人種の一つだと思います。
体が硬く(鋼のように硬いという意味で。)柔軟で走力もあります。
NZのラグビー選手を育てる恵まれた環境に身体能力の高い
サモア系が注入され化学反応を起こしているように感じます。
ABsが強くなっているとも思います。
ブルーズの件は明らかに人種のせいではないでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーデイフ ブルーズ(Cardiff Blues) のkiwi

ハイネケンカップでレンスターに負けたチームですが
NZのプレーヤーが何人かいます。
http://www.cardiffblues.com/rugby/blues_squad.php
ベン・ブレアー(Ben Blair) カンタベリーのFBでゴールキックが正確でした。ABsとして4キャップです。
キャシー・ラウララ(Casey Laulala) カンタベリーのセンターでしたね。2キャップ
ザビエル・ラッシュ(Xavier Rush) オークランドのNO8でした。
ポール・テイト(Paul Tito) ナキの赤毛のロックでした。 キャップなしですが強いプレーヤーでした。
みんな35前後ですね。
マーチン・ウイリアムズ(Martyn Williams) は37歳でプレーしています。
高齢化しています。
ウエールズの現代表のサム・ウオービトン(Sam Warburton)とジェイミー・ロバーツ(Jamie Roberts)もいますが二人とも
怪我しています。
リー・ハーフペニー(Leigh Halfpenny)もいます。
あと問題児ギャビン・ハンセン(Gavin Henson)もまだ載っています。
ウエールズ代表は強いですがウエールズのクラブは選手がフランスに
引き抜かれているようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

ブラッド・ソーン(Brad Thorn )レンスター(Leinster)で本領発揮

http://www.allblacks.com/news/19063/Thorn-makes-his-mark-in-Leinster-pack
元ABsのソーンについてスクラムの時、もうひとりのタイトヘッドプロップがいるようで、パワーと重さが後ろからきたと、プロップが語っています。
タックルとブレイクダウンも同様だったようです。
特にスクラムでしょうね。
サニックスではその力を出す機会がなかったようです。

37歳で10年は酒を飲んでなく、節制しています。10代からプロとして
プレーしていますからプロ意識が素晴らしいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stormers主将から9番のジャージーを受け取るカウワン(Jimmy Cowan)

http://www.odt.co.nz/sport/rugby/204606/rugby-big-occasion-cowan-just-wrong-result
この記事の写真の2番目にストーマーズのジーン・デ・ヴィリアーズ(Jean de Villiers)から
スーパーラグビー100キャップ記念のジャージーを受け取っています。
記事からそのまま引用します。
"I was blown away, to be honest. Just to go on there and to be told by guys like Jean [Stormers captain Jean de Villiers], congratulations and that, it was awesome.
"South African people are quality people. They love their rugby, they are passionate people. That is a bit like me, the way I have been brought up. I really appreciated that."

127ゲームのアントリ・オリバ-(Anton Oliver)からもメッセージを受け取ったようです。
サウスランドとしても93ゲームのようですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

'kick in guts' to Crusaders

kick in gutsは
a severe blow to one's body or spirit. という意味です。
例 The news was a kick in the guts, and I haven't recovered yet. I didn't need a kick in the guts like that.

クルセーダーズとブルズの試合で
Chiliboy Ralepelle と Flip van der Merwe がクルセーダーズの選手に
eye gouge (目つぶし)されたとクレームつけたのですが
トデイはdeliberate "negative ploy" 意図的な策略だと言っています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10797592
レフリーはホワイトカードを出しましたが何の証拠もなかったようです。

The citing commissioner も何台のカメラで見たようですが何も
なかったようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

面白いNZHerald(ヘラルド)のGregor Paul記者

NZにはすぐれたラグビー記者が多いですが最近精力的に書いている人で
内容も読みごたえのあるのがグレガー・ポール記者です。

ウイン・グレイと時々ビデオで話していますが、次の主筆になると思います。

Unluckiest Player について書いています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10797462

このなかの6のMartyn Williams について99テストで終わっています。
確かに100には足りなかったですが、彼のプレーは忘れられないですね。
ウエールズでこの10年一番いい選手だったと思います。

The All Blacks need a hard man
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=10796665
この記事は秀逸ですね。
Brad Thorn Jerome Kaino  の二人がABsの強さの根源の一つと書いていいて
彼らのタックルを相手チームは怖かったようです。
ボックスのBakkies Botha でもソーンを恐れたようです。

彼らがいなくなった今年からのABsに後継者がいるかどうかですが、
ソーンの後はJarrad Hoeataと言われていますが、昨日のゲームでも
まだソーンのようなプレーをしているようには見えないです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Edinburgh 19-14 Toulouse(Heineken Cup)

http://www.bbc.co.uk/sport/0/rugby-union/17639378
flying Dutchman(空飛ぶオランダ人) のエデインバラのウイングTim Visserが
刺激になっているようです。スコットランドは6ネーションズでもイタリアに負けて
最下位でしたし、強力なツールーズ相手にマレーフィールドも悲壮感があるようでした。
4万人近いファンが集まったようですが、空席も目立ちました。
ハイネケンカップでは初めての準決勝進出です。
私は実を言うとハイネケンカップを見るのは初めてです。
今夜は寝ますが、カーデイフのゲームは昼に見ます。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

ジミー・カウワンは100キャップ。

ハイランダーズ6-ストーマーズ21でした。
ストーマーズいいチームです。
首位を走るだけあります。
ハイランダーズはつまらないミスがでて、得点チャンスを
潰していました。1FEも弱点です。ノークスのキックが
決まらず追撃に水を差しました。マイク・デラニーは次回から
出ると思いますが。
ラトリッジが50出場です。

アーロン・スミスはパスはいいですが走りませんね。
日本のSHみたいです。
SHの近くはチャンスも多いので時々走ってほしいです。

タマテイ・エリソンとジェイコブ・エリソンは兄のようです。
カウワンは勝利で飾れませんでしたがハイランダーズで100を
超えるのはアントン・オリバーしかいないので立派です。
トニー・ブラウンも行っていません。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽根木公園の桜満開です。

花冷えの寒い日ですが花見の人たちも。

104

105

103

102

101

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

チーフス20-フォース12

チーフスデイフェンスが固くトライを許しませんでした。
クルーデンのキックも安定しています。
全員坊主というのは区別がつきにくいですね。
髪型も判別の要素で体つきとで区別していると思います。
南アで2試合あるので省エネという感じもありました。
パースはNZと南アの中間よりややNZ寄りにあり、
時差調整にはいいところのようです。
レタリックは先週は17タックルしたようですが、
今日はおとなしめながらまあまあのプレーでした。
カーバーロウ、まだ持ちこんだのが生きてないことも
あります。タウマロロ(トンガ)とシュワルガー(サモア)とアイランダーの人が
いてチーフスにはマオリの人も多くそれが強さにも
なっている感じがします。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログのカレンダーに前月、次月を追加しました。

私のブログのカレンダー(ココログ標準)は今まで前月(<<)、次月(>>)に
移動ができなかったのですが、追加しました。
合わせて日付の上にマウスを置くとその日のタイトルも表示されるようになりました。
これで読みやすくなったと思います。

このブログパーツは風柳亭さんのココログカレンダーPlus
http://furyu.tea-nifty.com/annex/2008/01/plus_aa88.html
というスクリプトを使用しました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

羽根木公園の桜

3分咲きですね。今週末が花見に適していそうです。

Dscn001110

Dscn001710

接写もいいかもです。

Sessa

日本一の桜の名所は
弘前城址だと思います。

城と数千本の桜とお濠と岩木山がありとてもきれいです。
http://senbonzakura.skr.jp/01sakura/hirosaki1705/hirosaki0701.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

All Blacksもリオ五輪セブンズに参加

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/sevens/6696342/NZ-rugby-stars-may-switch-to-sevens-for-Games

7人制は独特なので五輪の前数か月は専念する
必要があるとGordon Tietjensは言ってますね。
セブンズ向きのABsというと、カーターが若ければ
いいと思います。抜くのがうまいですから。ホセア・ギアーは
プレーしていましたから。またヴィクター・ヴィトは
すごいプレーしてましたし。セブンズのときは大きく見えましたが
15人制ではそうでもありませんが。あとハイランダーズの
トムソンもアタックはダイナミックです。
エリック・ラッシュはABsにもなりましたがラッシュのような
動きのいい選手を見つけるのも必要だと思います。
バックスはロムーやカレンのような。4年後ですから
新しい人が出てくるのだと思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

(ゴードン・テイトジェンス)Gordon Tietjens リオ五輪コーチに。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/6693267/Tietjens-to-coach-NZ-sevens-at-Rio-Olympics 1994年から18年間NZセブンズのコーチをしています。

五輪でも指揮するのは当然でしょうね。五輪と似ている英連邦大会でも3回優勝しています。

1996年のホンコンセブンズNZ-フィジー NZにはラッシュ、カレン、そしてロムーがいて、フィジーにはセレビがいます。ロムーはこの年からやや病気の影が。ロムーは1994年のホンコンでのデビューが鮮烈でしたね。

五輪となるとABsも参加すると思います。コモンウエルスでは追加されていましたから。ラッシュとかダラス・セイモアとか7人制に向いた人もいますが DJフォーブスは前の二人ほどではなかったです。 Tietjensはこちらに詳しいです。 http://www.magazinestoday.co.nz/Features/Interviews/Gordon+Tietjens.html

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

キース・クイン(Keith Quinn)は東京に来なかったようです。

http://tvnz.co.nz/rugby-news/keith-quinn-sevens-sizzling-super-dribbling-4813694
NZ TVONEのラグビー解説者で知的な解説で有名な人です。
昨年のワールドカップでは解説していたようです。
TVONEは1995年まではラグビーの放送は一手に引き受けて
いたと思います。その後はスカイ中心になり、それでもセブンズは
11年前の東京にきて放送していました。
キース・クインとアナウンサーのジョン・マクベスと話して
写真を撮ってもらったことがあります。
今回も来てたらと思いましたがその様子はなかったです。
ラグビーの解説は、解説はABsのOBやコーチ経験者が
しますのでコメンタリーもインテリジェンスが必要です。
一番油の乗り切ったころに方法が少なくなったのは
残念でした。

こちらに主な経歴が
http://www.celebspeakers.com/keith-quinn/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

序盤戦スーパーラグビー成績

スーパーラグビーテーブル
http://www.superxv.com/table/
ブルーズを除いてNZ勢が好調です。
全体で16勝11敗(ブルーズが1勝4敗で一人で下げていますが。)
南ア14勝13敗
オーストラリア11勝17敗
The Brumbies lead the Australian conference, but are overall running sixth, ahead of the Reds in ninth spot, Waratahs (10th), Force (11th) and Rebels (last).

NZではハイランダーズとチーフスがよく、
クルセーダーズはカーターが復帰して回復しそうです。
南アはストーマーズ、ブルズ、シャークスはよく
チーターズ、ライオンズは低位置ですね。
AUはけが人が多く層の薄さが気になります。
昨年のワールドカップでもワラビーズはつぎはぎのような
感じを受けました。それでも強さはありますが。

昨日の東京セブンズで優勝したのはオーストラリアでした。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/australia-claim-tokyo-sevens-title-20120401-1w6fn.html
この中からスーパーラグビーに出てくる選手もいると思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

東京セブンズ最終日行ってきました。

午前中は家でテレビを見てNZの試合後
見に出かけました。
サモアがフィージーに勝ったのも見ましたが
サモアも強かったですが、フィジーは先週で
目標を達成し多様な感じでした。
その出かける前の試合でトマシ・ザマ(Tomasi Cama)が
試合終了直前怪我をしましたがそれが大きく響きました。
NZとサモアの試合ではザマがいないせいか、NZが
最初から押されていました。NZのセブンズはDJフォブズ等の
ベテランと後は10代の若手というより少年というチームに
なってしまい混乱しているようでした。ベテランも今リーグ戦
真っ只中のスーパーラグビーに入れなかった人たちです。
それにスーパーラグビーにはベイビー過ぎて入れない
人たちになってしまいました。これではとても勝てないと思いました。
今までNZセブンズの輪郭がわからなかったのですがそれは
見えた試合でした。
もちろん他のチームも強くなっていると思います。

NZのチーム

Nzseves

ケニア

Kenia

今日は仕事の知人の方と行ったのですNZが
負けてからは仕事の話が多くなりました。

観客は今日は快晴でかなり入っていましたが空席は
目立ちました。やはり純粋なラグビーファンは少ないですね。
今日も入口のところでリーチ選手と少し話せたのは
良かったです。

ログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーフス(Chiefs) ワラタス(Waratahs)に勝利

全員まる米君(坊主)になっていましたが。チームに勢いがありますね。

ソニーも溶け込んでいますし。私が何故か気になるロビー・ロビンソンも良かったようですし。

Dave Rennieのコーチがいいと思います。さらにW・Smithもいますし。試合の動画です。 にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »