« Springboks tactical switch | トップページ | Israel Dagg comes of age. »

2012年10月 3日 (水)

Springboksのtactics を推測

ダイナミックな変化を見せているボックスですが、
ABsもいろいろ考えているようです。

この写真と記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/7761882/Springboks-tactics-have-All-Blacks-guessing

写真ですが、ミック・バーン大きいですね。
それからアーロン・スミスとなっていますが、ホセア・ギアーです。
アーロンはウイプより小さいですから。

20歳のSam Cane がこの数年ボックスはFWで支配しキッキングゲームを
していたと言っています。今年ABsになったばかりですが。
Johan Goosen が入って攻撃の考え方になったと。

子の前のダニーデンでのボックスとのゲームはボックスのFWが重さで
対抗してきてましたが、今週の試合はどうなりますか。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« Springboks tactical switch | トップページ | Israel Dagg comes of age. »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Springboksのtactics を推測:

« Springboks tactical switch | トップページ | Israel Dagg comes of age. »