« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

J SPORTSさんend of year tour放送があると国際ラグビー放送が完全に近くなります。

国際ラグビー、テストマッチのJ SPORTSでの放送は増えてきて、大分満足に近くなっていますが、秋、11月~12月にかけての、南半球の北半球遠征の放送が増えると
世界のラグビーカレンダーをほぼカバーすることになります。

the Rugby Championship、6ネーションズは完全生中継ですし、
スーパーラグビー、ハイネケンカップも放送が多いです。

6月の北半球から南への遠征もカバーされています。ただ残されているのが
秋のツアーですね。南北交流も重要な行事です。
南半球がやや力は上ですが、100年前から続いているツアーです。
幾多のドラマも生んでいます。「あれはトライだった。」1905年のNZとウエールズ戦での
出来事でした。
今年は2015年ラグビーワールドカップまで2年を切り、前哨戦のおもむきが
あります。今出ている選手が中心になるのは事実です。
さらに今年の興味として、ライオンズがオーストラリア遠征をして、勝ち越しましたが
中心になったウエールズとワラビーズは再戦します。
返り討ちにするのか、リベンジを果たすのか、興味がありますし、
次のワールドカップの優勝候補同士のウエールズとスプリングボックスの対戦も
興味深いです。
NZも去年、ツアーの疲労がたまって負けた、イングランド戦があります。

J SPORTSさん、秋のツアーの放送が増えると、国際ラグビーの
中継がほぼ、完全なものになると思います。

2015年イギリスでの8回大会は300万人の観客を目指しています。実現すると思います。9回大会は日本ですし。もうラグビーワールドカップは3大メジャースポーツ大会になっています。まだ7,8回、30年未満でです。急成長ですし、さらに五輪で7人制ラグビーも
採用されました。最近ラグビーファンになって良かったと言うか、誇りを感じることが
あります。小さい頃は、川上哲治さん、亡くなられましたが、V9で育ちました。
でもパインツリーを知ってラグビーが好きになりました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッコーNO8,ケインNO7のようです。

ルーク・ホワイトロックもNO8で出そうですが、控えのようです。

メンバーは
15 Beauden Barrett, 14 Frank Halai, 13 Ben Smith, 12 Francis Saili, 11 Charles Piutau, 10 Daniel Carter, 9 Tawera Kerr-Barlow, 8 Richie McCaw, 7 Sam Cane, 6 Steven Luatua, 5 Dominic Bird, 4 Jeremy Thrush, 3 Ben Franks, 2 Dane Coles, 1 Wyatt Crockett

Reserves:
16 Andrew Hore, 17 Jeffery Toomaga-Allen, 18 Charlie Faumuina, 19 Brodie Retallick, 20 Luke Whitelock, 21 Aaron Smith, 22 Tom Taylor, 23 Ryan Crotty.

になりそうです。
ペレナラがリザーブという記事もありましたが。ノヌーは出ないんですね。
プロップが穴があるかも。クロケットとフランクス兄はスターターになれない
のはポカがあるからです。ファムイナにすぐ変わるかもしれませんが。

ABsも若い選手を育てるなら、サモアやトンガ、フィージーのほうが
いいのですが、日本より強いですから、日本にしたのは、
ツアーの途中の位置にあることと、キャッシュもあると
グレガー・ポール記者も書いています。まあ日本も少し強くはなりましたが。
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11149002
再訪もあるでしょうしね。大きいスタジアムで。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

ネマニ・ナドロ(Nemani Nadolo)NEC、2014年クルセーダーズでプレー

皆さん良くご存じのNECの巨漢ウイングのナドロが、前にワラタスに少し
属していたことが、あるようですが、本格的にスーパーラグビー参戦です。

ジョナー・ロムーのようで、ブラッカダーも
「hulk図体がばかでかい」でロムーのようで、スーパーラグビーに
解き放つっって話しています。

クルセーダーズにはコリン・スレードが戻りました。

ナドロのツイッターです。
https://twitter.com/nemani_nadolo

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/crusaders-unleash-giant-fijian-winger-5663753

NZ5チームのスカッドです。
http://tvnz.co.nz/rugby-news/2014-super-squads-5663689

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

マッコー、カーター、ノヌーら先発はボーナス?

日本とのテストは若手にチャンスを与えるということで
組まれたのですが。英遠性でウエールズとのテストを
回避した?こともあったと思います。
マッコーとカーターは怪我でゲームが不足しているので
日本戦先発すると思います。
他にもノヌー、ベン・スミス(センターとしてのゲーム経験のため)
オーウエン・フランクスが出てくればこれはボーナスですね。
オーウエンはアルゼンチン戦でグロインを痛めて
その後出ていないですが、回復したのでしょうか。

フッカーはホア、ミアラム、コールと3人とも来ていますし。

ルースヘッドはクロケットがポカやりそうですが。

レタリック(2m4)は今年成長しました。バードの2m6との
ツインタワー復活です。
ルアツアとケインは次世代レギュラーでしょう。
SHも正メンバーです。ペレナラがでれるかどうか。

カーターとバレットも楽しみです。

ミッドフィールドはノヌーとB・スミスでサユリが
控えでしょうか。
バック3がクロティ、ハライ、ピアタウと経験不足ですが
ピアタウは期待しています。

イキのいいリードとメッサム、サヴイア、ダグは来ていませんが

そう見劣りしませんね。

ただ、マッコーとカーターだけのチームではありません。
レタリック、ケイン、ルアツア、ペレナラ、バレット、ピアタウらも
同じように注目しています。

カーターは

Konnichiwa Japanとツイートしています。

https://twitter.com/dancarter

寿司好きですから、食べにいくんでしょうね。

カーターが小さな町をシークレット訪問したようです。
http://www.stuff.co.nz/auckland/local-news/national-news/9322358/Dan-Carters-secret-visit-to-Opotiki

私ツイッターは誰もフォローしていませんが
(というか、つぶやきを呼んでいる暇がありません。)
拾い読みしています。
ABs来日だと読むことが多くなりそうです。

かってに反応します。笑い。
ダイアナがプリンセスオブウエールズでラグビーファンだったので
二人の子供、ウイリアムとヘンリーを連れて
よく、ミレニアムで見ていました。母親っこのウイリアムもすっかり
ラグビーファンで、プリンスオブウエールズとなってケイトと見ています。

ちなみに、ダイアナと同じ誕生日(7月1日)なのでよく

見ていました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

Jeffery Toomaga-Allen出発前日にABsコール

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9333225/Trip-put-off-as-All-Blacks-come-calling

の写真が物語っていますね。前に撮られた写真ですが。
記者の好意を感じます。

ITMカップ決勝を戦ったカンタベリーとウエリントンで優勝したカンタベリーで
遠征メンバーに選ばれていた、ムーディが怪我して、替わりに
負けたウエリントンからToomaga-Allenが選ばれました。
ジェフリーは今年最初はスカッドにえらばれていましたが
膝の怪我ではずれただけに、嬉しいと思います。
Toomaga-Allenはサイズがあるだけに、いつか選ばれるとは
思っていました。

奥さんとタイ旅行に行く予定を遅らして、ウエリントンからオークランドに行き、スーツのサイズを測ったり、ラグビーギアーをパックしたり、忙しい日になったようです。

ABsは今日NZを出発し、東京に到着します。

11月1日 午前に
All Blacks in Shibuya Adidas
のプロモーションがあるようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

All Blacks日本戦メンバー絞られてきました。

先ずパリ直行の10人は
Julian Savea, Israel Dagg, Liam Messam, Kieran Read, Tony Woodcock, Sam Whitelock, Aaron Cruden,
injured pair Cory Jane and Luke Romano
and apprentice openside flanker Ardie Savea - のようです。
若いレタリックと、オーウエン・フランクスは来るんですね。

ロック Jeremy Thrush レタリック、
NO8 Luke Whitelock
wing Frank Halai
FB Charles Piutau
2FE Francis Saili
SH Tawera Kerr-Barlow

センター Ben Smith センターとしてのゲームが必要

Prop  Wyatt Crockett
hooker Dane Coles
lock Jeremy Thrush
blindside flanker Steven Luatua

パリに行かないOwen Franks
ノヌー。バレット、ホア、ケイン、
アーロン・スミスも出てきそうですね。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9331480/Carter-McCaw-to-return-to-start-against-Japan

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

All Blacksとジャパンどっちを応援。?

All Blacksでしょうね。
売国奴。?外国かぶれ。?
完成度が違います。All BlacksはNZの最も優れたスポーツマンの
代表です。コーチの考え方もそうです。
日本代表は?日本でラグビーやっている人の代表ですよね。
まだ日本の優れたスポーツマンの代表じゃないですよね。

完成度の高いチームが好きなのです。

かといって、私が日本代表のため、何もしてこなかったかというと
違います。
少しでも強くなって欲しいと、何かはやってきました。辛口で批判するばかりじゃなくて。
ヤフー掲示板ラグビーの
NZオールブラックスファンです。
http://textream.yahoo.co.jp/message/1834934/a3na3za5aaa1bca5ka5va5ia5ca5afa59a5ua5a1a5sa4ga49a1a3
はABsの話だけでなく、世界のどの国にも勝ち越しているトップ、トップタイヤーのラグビーはどういうものかを知ってもらうためにも続けていますし。ABsのラグビーを知らずして国際ラグビーは語れないでしょ。目標がわからないで、日本が強くなるはずもありません。

あとかって、niftyサーブのラグビーフォーラムで1995年ワールドカップ前に、ロペティ・オト選手が当初選ばれていませんでしたが、オト選手はいいんじゃないと書いたら、すぐに
代表に選ばれたことがあります。関係あるかも。?

それからABsが最初日本に来た時、その前のウエールズに日本代表が行ったのですが
これは成功の部類に入るチームでした。
それを代表監督の日比野弘さんに手紙書いたら、ABs戦の監督でもあり、私に話を
聞きたいということで渋谷で焼き鳥を御馳走になりながら話したことがあります。
当時は日本のフランカー、特にブラインドサイドが小柄なのでロック級のサイズが必要と
話したら、桜庭選手が大阪の試合では起用されました。付け焼刃でリチャード・ローに
跳ね飛ばされていましたが。
またこの時私が国際ラグビーファンになった「wales in New Zealand 1969」という雑誌を
見て貰い、お貸しし、コピーして返送して頂きました。
いつか日本の強化のために役立てたいという言葉と共に。役に立ったでしょうか?
トップタイヤーというのは余りに巨大な山ですが。

宿沢さんにも、スコットランド選抜は二軍ですから、テストに勝つチームを作ってくださいと
書いたら何も返事はありませんでした。その代わり、道で2回すれ違いましたが。

All Blacksにかぶれていますが、日本ラグビーも応援しています。

ちなみに、私はチケットが取れなかったのでテレビ観戦です。

私徳川家康が好きです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーロン・スミス(Aaron Smith )田中史朗選手との対戦が楽しみ

ハイランダーズのチームメイトですが、ABsと日本で対戦します。
アーロンは数回先発を田中にゆずっただけに、心中複雑かも。?

この1年でいい友達になった。彼はタフなdude(男、伊達男)だ。
田中の妥協しないプレーはダニーデンで多くのファンをつかんだ。
田中は小さいbugger(あんちゃん)だが素晴らしい態度とラグビーを
愛した。NZのファンは彼をリスペクトしていると思う。

田中とアーロンは先発を競った間柄です。

チーム力の差がありますから、二人の対戦は
スーパーラグビーの時とは違います。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9329518/Smith-relishes-the-chance-of-battle-with-Tanaka

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

Browny、ハイランダーズと共に

トニー・ブラウンが心から望んでいるオタゴ・ハイランダーズの
アタック担当のアシスタントコーチに選ばれました。

ジェイミー・ジョゼフからの依頼はすぐに受諾できる決断だったようです。
This is where my heart is - with the Highlanders and Otago. I want to help and I think I can

Scott McLeod and Jon Prestonの現在のアシスタントコーチは別の役割に変わるようです。
ブラウニーは1995年から2004年までハイランダーズでプレー、2011年もプレーしました。

ハイランダーズの仕事が忙しくなるので、パナソニックとは少なくなるでしょうね。

将来はジョゼフに変わって、コーチになるでしょうね。

記事
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/278500/rugby-browny-follows-his-heart

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

Tony Brown ハイランダーズのバックスコーチに。

ITMカップオタゴのコーチになって、この2年の活躍は特筆すべきものが
ありました。財政的に破綻して、チーム力も落ち込んでタイのを
良く立て直しました。低迷するハイランダーズのコーチに迎えられるのは
当然だと思います。

オタゴのコーチは来年も続けるようです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/provincial/9321776/Tony-Brown-added-to-Highlanders-coaching-group

こちらに就任ビデオがあります。
https://www.facebook.com/?ref=tn_tnmn#!/itsuo.inada

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本(Brave Blossoms)All Blacks 戦への夢

All Blacks を破る夢を見てるという記事が出ています。
夢を見るのは自由ですから、それが実現するかどうかは冷静に
見る必要があります。

Eddie Jones はAll Blacksを破るためのトレーニングをしていると言っています。
ウエールズに勝ったと言え、15人も主力がライオンズでオーストラリアに
行って日本に来たのは若手でしたからね。迫力ほとんどなかったです。
このチームに勝っても、マッチメーキングにあまり役に立たなかったと
日本のマネージャーが言っていたと思います。
そのチームとABsは違いますからね。展開力が全く違います。
FWの強さも。

Shoichi Midoroさんhead of communications at the Japan Rugby Football Unionですが、朝日の元記者でしょうか。私niftyのラグビーフォーラム時代
メール交換したことあります。

マッコーとカーターもプレーし、FWが親善試合でなく、テストマッチだと
思えば普段のABsの力が出ると思います。

今回のABsを6月のウエールズと同じと考えない方がいいです。

日本の力を証明するゲームはトンガやフィージーが一番
質が高かったと思います。カナダやアメリカより強いチームでした。
日本に来たウエールズより。

日本に厳しいからと言って応援していないわけではありません。
トップタイヤーは厳しいですから。
ABsも自信過剰でなく、全力でプレーし、日本も食いつく場面が
ある試合を期待しています。テストでしか評価されませんから。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/9319645/Brave-Blossoms-dream-of-beating-the-All-Blacks

ヤフーの掲示板に書きましたが
http://textream.yahoo.co.jp/message/1834934/a3na3za5aaa1bca5ka5va5ia5ca5afa59a5ua5a1a5sa4ga49a1a3?comment=12557

1995年のABsのコーチローリー・メインズは1968年日本に負けたジュニアーにいたんですね。
145点も容赦なく攻めて、これでもかとトライを取ったのは、個人的な気持ちも
あったと思います。さらにABsは日本戦になると他国より点を多く取りますが
この試合のこともあるとおもいます。その点は今回も変わらないと思います。
あの時破壊されて日本はラグビーが長い低迷を迎えます。18年後どうなりますか。
あの試合の薫田主将がJスポーツの番組で監督がやる気がなかったと人のせいに
していましたが日本の今までの誰もであっても50歩、100歩だったと思います。

当時のコーチのせいにして、本質的な検討がなされなかったと思います。
メインズの怒りはすさまじかったです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

リッチー・マッコー、ダン・カーター日本戦出場しそうです。

リッチーはもちろん主将です。
キーラン・リードはパリ組み。後の6人は決まっていませんが
先の二人はゲームが足りてないので、日本戦出るようです。

今週ITMカップがあるので、その後決まるようです。

ロックのJeremy Thrush は日本戦出そうです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11144411

トニー・ブラウンは来年もオタゴのコーチを続けるようです。
ホークスベイにレフリーの変な笛出負けて決勝行けませんでしたが
来年は3年契約の最終年になります。オタゴは
立ち直ってきていますから。

田中史朗選手夫妻は女の子の赤ちゃんと共に日本に帰るようです。

http://www.odt.co.nz/sport/rugby/278149/rugby-proud-brown-coach-otago-again-next-year

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

ホークスベイIhaia West は楽しみ。

Hawke's Bay の1FEでオタゴのランフリーシールド防衛をはばんだ
人ですが、マオリオールブラックスに選ばれました。
21才、体はそう大きくありませんが、鋭角的なステップ踏みます。
トニー・ブラウンや、田中史朗選手もしてやられたと思ったことでしょう。

というか田中選手のタックルが届いていませんね。

ビデオです。
http://www.youtube.com/watch?v=wrq_Cfxpw1g

NZU20ですが、マオリに選ばれて、スーパーラグビーはどこかと
思いましたが、まだ決まってないようです。ハリケーンズが
フランチャイズなのですが、ハメットはバレット一人でいいと
思っているのかサインしていません。

今回マオリに抜擢したのは、コリン・クーパーです。

マオリのバックスはいい選手が揃っていますね。

ピリ・ウイプ、ザク・ギルフォード、ロビー・ロビンソン等。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/9312873/Exciting-backs-headline-Maori-All-Blacks-squad

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーラグビーは手抜きをしていたマー・ノヌー(Ma'a Nonu )ようやくブルーズと契約

ABsでテストで出ているときのプレーと明らかに違い
本気度が疑われたので、なかなかスーパーラグビーのチームが
決まらなかったきまぐれノヌーですが、ようやく
JKが引き取ってくれました。1年ぶりに戻ることになります。

フランスからも誘われていたようですが、そちらは断りました。
来年6月のテストには出られるようです。NZ協会からの
ブルーズへの依頼もあったと思います。

日本に来ないかもしれない選手ですが候補をあげてみました。
*こないかも
O きそう
△微妙

Keven Mealamu*
Owen Franks* 怪我がち
Tony Woodcock*
Samuel Whitelock△
Brodie Retallick*
Liam Messam△微妙
Richie McCaw*怪我がち
Kieran Read*出ずっぱり
Aaron Smith *
Daniel CarterO 98テスト目に
Aaron Cruden△ 怪我がち
Ma'a Nonu*ベテラン
Ben Smith△出ずっぱり
Israel Dagg*出ずっぱり

カーターは日本戦出ると言う記事ありましたし、今年中に100テスト行きたいので。
リードは疲れがたまっています。
ただ若手を指導する鬼軍曹のような人が必要なので、その役目を
誰がするかですね。フッカーでホアがその役目を。あとMessamも。
あとのテストを考えると
リード、レタリックは休ませたいところです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/9308096/All-Blacks-Ma-a-Nonu-signs-deal-with-the-Blues

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

認識館帳票OCR 手書き数字・版 PFUスキャナScanSnap(スキャンスナップ)に対応しました。

ォルダに読みためたjpgファイルを認識処理できます。ScanSnapはドキュメントスキャナですからドロップアウトカラー機能がありませんが文字記入枠を点線で作成しモノクロ印刷し、記入した帳票をスキャンします。

点線枠を消去して認識します。

http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOscansnapsyoriDOT.html

ドロップアウトのための赤等カラー印刷・コピーはモノクロに比べて費用がかさみますが、その点でも節約できます。ScanSnapでなくても複合機など、モノクロの場合

同じ処理ができます。

認識館 帳票OCR 手書き数字、カタカナ、英数字版Plus V1.0 

http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOHOR_index.htm

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルーク・ホワイトロック(Luke Whitelock)の選考は驚きでした。

ホワイトロック4兄弟の末っ子ですが、兄弟3人目sibling selection のキャップを取るかもしれません。ABsには42の兄弟ペアがいるようです。3人となると初めてです。長男のジョージは2009年にテストに出ています。

190cmとさほど大きくはないですが、器用でセンスがあるのを
ハンセンに買われたようです。キーラン・リードのカバーとして。ハリケーンズのV・ヴィトやブラッド・シールズを
越えて選ばれました。

カンタベリーからはレスリングNZ代表でもある、プロップのJoe Moody 、2m6cmの
ロックDominic Bird も選ばれています。レタリックの2m4cmとコンビを組んでいた
大型ロックです。6ft 9inchですね。

ルークとドミニシは大学の試験の最中のようです。

バードはオールブラックスの歴代長身NO1のMark Cooksleyの2m5cmより1cm
高いようです。

3人はそれぞれ、メールや電話で初選出を祝福されたようです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9306037/Lukes-selection-gets-family-into-record-books

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

秋のツアーメンバー発表

若手が多いのは日本戦のメンバーでしょうか。

Hookers
Dane Coles Wellington (11)
Andrew Hore Taranaki (81)
Keven Mealamu Auckland (108)

Props
Wyatt Crockett Canterbury (20)
Charlie Faumuina Auckland (14)
Ben Franks Hawke's Bay (29)
Owen Franks Canterbury (51)
Joe Moody Canterbury *
Tony Woodcock North Harbour (105)

Locks
Dominic Bird Canterbury *
Brodie Retallick Bay of Plenty (21)
Luke Romano Canterbury (15)
Jeremy Thrush Wellington (4)
Samuel Whitelock Canterbury (48)

Loose Forwards
Sam Cane Bay of Plenty (13)
Steven Luatua Auckland (8)
Richie McCaw - captain - Canterbury (120)
Liam Messam Waikato (26)
Kieran Read Canterbury (58)
Luke Whitelock Canterbury *

Halfbacks
Tawera Kerr-Barlow Waikato (11)
TJ Perenara Wellington *
Aaron Smith Manawatu (22)

First five-eighths
Beauden Barrett Taranaki (14)
Daniel Carter Canterbury (97)
Aaron Cruden Manawatu (26)
Tom Taylor Canterbury (2)

Midfielders
Ryan Crotty Canterbury (1)
Ma'a Nonu Wellington (85)
Francis Saili North Harbour (1)

Outside backs
Israel Dagg Hawke's Bay (35)
Frank Halai Counties Manukau *
Cory Jane Wellington (43)
Charles Piutau Auckland (7)
Julian Savea Wellington (18)
Ben Smith Otago (22)

層が厚いですね。5人のノンキャップ
ペレナラ入っていますが大丈夫でしょうか。

27人が日本に来て9人がパリ直行です。

記事
http://www.allblacks.com/news/23647/All-Blacks-squad-for-AirNZ-European-Tour-and-Japan

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強さが目立ったサム・ケイン(Sam Cane)

オープンサイドフランカーとして成長著しいケインですが
もう十分テストプレーヤーと言えると思います。

ブレイクダウンも強く、前に出る力もタックルもいいです。
リッチー・マッコーがいるので出場機会が
マッコーが怪我した時ですが、層が厚くなっています。
今年のボックス第一試合でも活躍が目立ちました。

日本とのテストでも注目のプレーヤーですね。

昨日の試合ワラビーズも少し進歩した感じです。
クエイド・クーパーとツムアの10,12コンビが良く、
FBのフォラウもいいです。

今日ABsツアーメンバーの発表です。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9304748/Outstanding-Cane-helps-All-Blacks-stay-perfect

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

2019年ラグビーワールドカップのためにも作る東京の New National Stadium 新国立競技場議論海外でも報道

2019年日本でのラグビーワールドカップ用にまず作る、ザハ・ハディドの流線形のカブトムシのような斬新で未来的なデザインについて国内でも2020年の東京オリンピックだけに使うのは収容人員8万人は大きすぎるという議論が起きていますが、その議論に欠如しているのが前年のラグビーワールドカップの主会場として使われるということです。
ラグビーは8万人が普通というか、最低ラインです。2週間ちょっとの五輪では6万も
あれば十分なんでしょうけど、陸上トラック付きのピッチでは余り、利用価値もない
んですね。ラグビーではタッチ、インゴール側が国際ラグビーでは際どい、ダイナミックなプレーが多いです。攻めるほうも、守るほうも全速力で走るので、アンツーカーでは危険です。柔道の場外が畳でなく板張りみたいなものです。大きい試合はできないと言ってもいいでしょう。IRBの規格に合わないので横浜国際総合競技場を主会場にできなかったと思います。今回のデザインは移動式なのか、陸上トラックも移せるとか隠せるようなので、全面芝生のピッチができそうです。利用価値が高まると思います。

2015年の第8回、ラグビーワールドカップイギリス大会は290万の観客を
目指しています。ラグビーファンも多く実現するでしょう。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/2015-rwcvenues-.html
6回目の2003年オーストラリア、2007年フランスでは200万以上を集めました。決勝等は8万人のスタジアムでした。2011年のNZ大会は人口400万ですから160万でしたが
主会場は6万人でした。8万人を作れというのはNZには酷です。9回目になる日本大会も200万は集めると思います。
その主会場が6万であとは仮設というのはみすぼらしいと思います。
ラグビーというスポーツが大きいんですね。7,8回、26年ぐらいでサッカーとオリンピックと肩を並べる存在になっています。急成長です。

日本では国際ラグビー、ワールドカップは地上波では無視され、存在しないかのような
扱いなのでこういう条件の半分を無視した議論が出てくるのだと思います。

観客席は8万人は必要です。それが開催条件だと思います。成長しているラグビーワールドカップの勢いをそいではいけません。

ただ付帯施設で不要なものもあるかもしれません。それは削ることも。
ザハのデザインはラグビーワールドには強烈な印象で打電されています。

このコンペで審査委員長の安藤さんが言われていましたが今後100年東京から
スポーツを世界に発信するということは可能になると思います。

ロンドンのツイッケナムやウエンブレーは毎年ビッグマッチをして海外のファンに
知られていますからね。10年、20年でなくて1世紀に渡ります。

1964年の旧国立競技場は五輪の時以来それほど使われていませんでした。
フットボールに、少なくともラグビーには国際試合には使えないピッチでした。
ブレディスローカップでは問題になり試合挙行が危ぶまれたことがあります。
ラグビーも国内では大学や、日本選手権では何度も満員になりましたが。

シドニーのオリンピックスタジアムは今ではラグビーとリーグの両ラグビーと

サッカーで満員になることよくあります。陸上だけではほとんどないと思います。

記事と写真
http://news.nationalpost.com/2013/10/16/tokyos-olympic-stadium-is-too-big-too-expensive-and-will-have-damaging-effects-on-scenery-architect-argues/

私はザハのデザインは好きです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

TJペレナラ(TJ Perenara's )のかかとの怪我

去年ABsのスカッドにハンセンが選ばず、ケーンズでレッズとの練習試合で
怪我したペレナラのかかとですが、慢性化しているようです。

あの時選んでいればと思います。今年はスカッドに選ばれましたが
21才でテスト出場なしです。師匠のウイプーに替わられてしまいました。

ハンセンはA・スミスがお気に入りなので去年ペレナラを
選ばなかったのですが。

日本でプレーを見られると思っていましたが
将来のためにここは無理しないで休んだ方がいいと思います。

ルーク・ロマーノとドミニシ・バードはツアー候補になりそうです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9295916/Another-anxious-wait-for-injured-TJ-Perenara

オタゴの32歳のトム・ドネリーは今年ITMカップで活躍しましたが
ブルーズと1年契約したようです。ラインアウトが強いです。
ハイランダーズには入りませんね。ジョゼフとは合わないみたいです。

ハイランダーズの弱点はラインアウトなんですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

Eddie Jones suffers stroke

エディー・ジョーンズコーチが軽い脳梗塞で病院で
検査しているというニュース世界に打電されています。
軽いことを願っています。

ハードワークだったんでしょうか、53歳という年齢は
出やすい時だとも思います。

医師によるとlight cerebral infarctionを示しているようです。

日本記者クラブでの日本代表メンバー発表だったと思いますが
ABs戦もありますので、通常記者会見より海外の記者
が集まっているところでした。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/former-wallabies-coach-eddie-jones-suffers-stroke-20131016-2vn11.html

ジェイク・ホワイトが奥さんに電話したそうですが体の左側が動かないようですが
話はできるようです。言語機能は左脳だと思います。右側に症状が出たようです。
来週集中治療を受けるようです。

http://www.theguardian.com/sport/2013/oct/16/eddie-jones-intensive-care-stroke

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

Ben Smith はnamesakeコンラッドにセンターで替われるか。

センターの先輩のTana Umagaがセンターに合わせるのはタフな頼みだと語っています。
コンラッドは11月から半年のサバティカルに入りました。
今年10トライのウイングのベン・スミスが同名のコンラッド・スミスに替わって
センターでワラビーズと対戦します。

タナはベン・スミスの大ファンのようですが
スムースなウイングかセンターへの遷移は難しいと言っています。
デフェンスも中心に考えないといけないので。

今までに1テストで1回しかセンターやったことないようです。

この記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9287070/Tough-ask-for-Ben-Smith-at-centre-Umaga

ソニーはノヌーを助けた。
ヘラルドのGregor Paul記者気づきましたね。
この記事の写真を見ると
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/all-blacks/277047/rugby-how-sbw-has-helped-nonu
二人は仲がよさそう。
同じサモア系としてソニーはノヌーを立てているのかも。

ソニーが来年ラグビーに戻ればノヌーは消耗品になるかもしれないので。

Otago Daily Timesとブラウニーと地元記者がビデオで熱く
語っています。好きですね。私もその熱さ。

トップリーグ、3連休試合なしなのは主な観客の社員が休みたいから。?
ふーん日本のトップのラグビーって社員のレクレーションなんですね。

地域のファン第一に移行したらその5倍以上は観客集まるように

なるのに。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

James Horwill ソニーはABsのラインアップに戻るだろう。

ワラビーズの主将ジェームズ・ホーウイルですがソニーの
議論に参加しています。
かまびすしい「喧しい」「囂しい」ですね。
私もソニーとログ検索しましたら400回書いていました。笑い。

ホーウイルは2015年にラグビーに戻ってもすぐ対応できるかということに
対してルースターズでもリーグに対応したのでできるだろうと言っています。

ホーウイルはソニーのことは余り心配していないと言っています。
初めてホーウイルにいい関心を持ちました。

今週はコーリー・ジェーンがテストに戻ってきますね。

ラグビーリーグのNZ代表kiwisのロゴ初めて見ました。下のビデオで
ソニーがきています。キィウィの下にしだファーンがあります。

ソニーの話題は最初だけです。

記事
http://www.heraldsun.com.au/sport/rugby/james-horwill-says-sonny-bill-williams-will-walk-back-into-all-blacks-line-up/story-fnibc42r-1226739844667

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams  SBW)2017年のライオンズのNZ遠征まで契約を。

キーラン・リードとサム・ホワイトロックが2017年までの4年契約を
交わしました。ソニーも2015年から3年にしたいところです。
ソニーは向こう3年間ボクシングは封印するようです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9278839/SBW-sought-for-Lions-series

ビデオインタビューにもこたえています。
すっきりしたようです。
http://www.3news.co.nz/Sonny-Bill-Williams-comes-clean/tabid/415/articleID/317043/Default.aspx

オーストラリアもファラウらをセブンズに出したいようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーごめんなさい。

ソニーは純粋だそうです。
ハンセンが言っているので間違いないでしょう。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/sonny-bill-williams-is-genuine-says-all-blacks-coach-steve-hansen-20131013-2vg7o.html

最後まで信じてあげなくて。

私はブログではこのころから
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/sonny-bill-will.html
ヤフー掲示板では
さらに1年前から(古いの見えないようです。)
ソニーを見ていいABsになるだろうと思っていました。

数々の悪口雑言反省しています。

2015年から活躍してくれるでしょう。

2015年ラグビーワールドカップ、2016年リオ五輪セブンズ、2017年ライオンズ来征で

活躍して立派なAll Blacksになってください。

あとマネージャー等の人にもごめんなさい。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

Steve Hansen と連絡は保たれているようです。

ABsコーチですが、特に不満はないようで、2015年に戻ればいいと
考えているようです。
ソニーはリーグとしがらみがあるのでもう1年やりたいと
言ったようです。

ただラグビーはワールドカップイヤーにプレーすればいいものではなく
前年から慣れてうまくなる必要はあると思います。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9278229/Hansen-has-no-problem-with-Sonny-Bill-decision

この辺の事情を本人がまとめてます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131013-00000023-jij_afp-spo

意志はもっているようですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SBW2015年はNZラグビーに戻るそうです。(笑い)

へー。
http://www.abc.net.au/news/2013-10-13/sonny-bill-confirms-return-to-rugby-in-2015/5019102

来年なったら変わったりして。
自分じゃ判断がつかない状態なんでしょうね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーフスもマー・ノヌー獲得へ

八方美人でいいとこどりで優柔不断で煮え切らない、金の亡者で取り巻きの悪いSBW(苦笑)が
2014年にチーフスにこないので、空けてまってた
チーフスもノヌー取りに動き出しました。信頼を裏切られたので。

これで2015年もノヌーと契約するかもしれませんね。
打算に走ったSBWは2015年さまようかもしれません。

リーグワールドカップにNZ代表は若手で決まってたのを後で
出場すると言ってみたり、大物気どりのSBWですから
今後自分の思う通りに全て進むとは限りません。

SBWは去年ようやくABsでノヌーが怪我したときすこし先発できただけでそれまでは
ノヌー、カフイより下手な補欠でした。
いきなり先発できるほど甘いものではありません。
来年ノヌーとポジション争いして先発できて初めて
ABsと言えたかもしれません。

リーグにABsがこけにされたと思っていれば
大間違いです。後でそのことを知ることになるでしょう。

悪口言うの余りすっきりしないですが、SBWはABs歴代のプレーヤーに
比べれば、2流です。
オフロードの省エネプレーだけですからね。

チーフスをやめるとき、コーチのウエイン・スミスの前で涙を
流しましたが、それが嘘でしたから。W・スミスはABsなんですから。

All Blacksは力だけでなく人間的にもいい選手でないとなれません。
SBWはほんと取り撒きが悪いです。10代の頃からむしり取られて寄生されています。
取り撒きとSBWも含めてABsのカルチャアに合わないと思います。

人間的に未熟なんでしょう。
自然淘汰されるでしょうね。

今度は入れてくれと泣きついてきてもそうはいきません。

マーの記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/9277519/Chiefs-join-the-market-for-enigmatic-Ma-a-Nonu

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

マー・ノヌー(Ma'a Nonu )ブルーズに入るかも。

ノヌーがABs以外で気のないプレーしてたのは、ソニーの
存在もあったかもしれません。
少なくとも来年は戻ってこないので、ノヌーも平穏に
プレーできそうです。
ソニーもノヌーとコンラッド・スミスのミッドフィールドコンビに
割って入ることを躊躇したのかもしれません。

デイブ・レニーは2015年にはチーフスに戻ると言っていますので
チーフスとは何と言うか、あちこち、ソニーが顔を立てる
優柔不断さの会合だったようです。

ソニーへ非難ごうごうの感じもしますが
先輩ノヌーとの血で血を洗う対決を避けたような
気がします。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

ソニーは来年チーフスには戻らないようです。

リーグのルースターズに残るようです。2015年はわかりません。
うーん何と言うか、ハッキリしないプレーヤーです。
相当リーグからお金積まれたのかも。
取り撒きも悪いですし。

ラグビーのワールドカップとリオ五輪いいとこどりばかりかも。

今までソニー情報載せてきましたが今後はどうするか
考えます。

私はオールブラックスに忠誠を誓わない選手には
興味がなりので。

まだオールブラックスでは補欠でしかなかったので。

その点ジョナー・ロムーは立派でした。

うーんノヌーに遠慮したのかも。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams  SBW)チーフス戻るまで2週間かかりそうです。

お人よしと言うか、優柔不断が少しありそうです。リーグのワールドカップメンバーに
決まってた若手を押しのけて参加するので遅れそうです。
もともとルースーターズと1年のhandshakeをしたのも周りの
取り撒きに影響された感じです。シャキッとしませんね。
昨日チーフスのD・レニー、W・スミスとNZ協会の人
3人と会っているのに決まらないです。

ABsになりたい、リオ5輪にも出たいと
欲張りすぎ。

私はAll Blacks1本でないと気にいりません。笑い。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-league/league-news/chiefs-give-sonny-bill-williams-thinking-time-20131010-2vbim.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

今年のThe Rugby Championship

ABsはワールドカップ優勝の翌年より、今年は洗練されたかんじで
無敗で連勝を続けました。今年は特にスプリングボックスの力が
上がりタフな相手でしたが。
層が厚く特に1FEは若手を使いました。
またルアツアもワークレートが高かったです。
世界の目標ですが、ギャップは少し縮まってきています。

スプリングボックスは今年はトライが多くなり成長しました。
去年はプレーが予想できましたが、今年はAB戦では
3列を絡めてトライをとる等工夫していました。
ただなれてないというか、FBがカウンターの力がないですね。
普段と違うことをやろうとしても、続きません。
前5人の強さは他のチームには有功でした。
来年は楽しみです。

記事
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/275998/rugby-championship-teams-review

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams  SBW)リーグワールドカップに出るかも。

ソニーもしがらみがあるようです。リーグのワールドカップは
今月末からイングランドとウエールズで行われます。
kiwis(NZリーグ代表)のコーチがソニーをスカッドに
含めたようです。

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-league-news/kiwis-exploring-options-include-sbw-5624262

ベン・スミスはthe Rugby Championship8トライの新記録作ったようです。
今年10トライですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

キーラン・リード(Kieran Read) world's best number eightの声も。

ボックス戦ではベン・スミスの最初のトライと自らのトライと絡み
確実にゲインを切るプレーを見せました。

イングランドの辛口のというか口悪?の(過去に何度か読んだ時の印象です。)の
ガスコットも
http://www.bbc.co.uk/sport/0/rugby-union/24438935
現在世界NO1 NO8と言っています。
エデイ・ジョーンズもいい選手だと言っていましたね。

リードは最初印象的だったのがタックルの強さでボックスの
大きいマットフィールドを勢いのあるタックルで倒した時でした。
攻めも守りも強いですね。

ABsでは
Brian Lochore
Wayne Shelford
Zinzan Brooke
とここ45年ぐらいの3人がいい選手でしたが
3人を混ぜたような選手のようです。
それぞれ、キャプテンシー、強さ、うまさだったと思いますが
それを三つとも持っていますね。

鼻が高いいかにも外国人みたいな顔していますが
これからのプレーも楽しみです。

プロフィール 27歳
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=1083

他の記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11135835

トライシーン

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/video.cfm?c_id=80&gal_objectid=11135835&gallery_id=138273

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダン・カーター(Dan Carter )が11月2日東京での日本戦に出そうです。

ボックス戦でビスマルクの強いタックルを受けて、肩を痛めて
休んでいますが、来週ののダニーデンのブレディスローカップまでは
出ないようですが、カンバックに日本戦がちょうどいいようです。

現在97キャップ、今年100行きたいところです。
カーターのプロフィール
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=1031

その代わり、コンラッド・スミスはツアーそのものに行かないので
ベン・スミスがセンターをやるかもしれません。
ベンもコンラッドに似た、2代目スネーキー(蛇のような)動きしてますから。

記事
http://tvnz.co.nz/all-blacks/dan-carter-firming-tokyo-return-5612144

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

クルーデンとバレットの1FE争い。

ボックス戦最後の20分で交替してバレットが優勝を
決定づける4トライ目あげて、またトライ防ぐタックルを見せて
伸びていることが明らかになりました。
クルデーンも小柄ながらタックル良かったですが
膝が少し悪いみたいです。

二人とも他国に比べてレベルが高いと思います。
あと1試合ブレデイスローカップが残っていますが。
日本でもどちらが先発するかですね。

バレットがケーンズでチーム力に恵まれてないのは
経験に影響すると思います。クルーデンはチーフスで
2年連続優勝ですから。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/9251845/Gallant-efforts-leave-Cruden-scarred

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

 38-27 14人でもトライ取ります。ボックスも4トライ取りました。

メッサムすごい。
やはり経験ははずせません。
トライ・スコアリングマシーンのベン・スミスも。

ボックスは3列を絡めてハバナが2トライでしたが
ラインアウトモールの固執してくれたので
対策済みでした。
ジョン・デ・バリアーズの4トライ目はバレットとA・スミスの
タックルミスでした。弱いところです。
トライで帳消しでしたが。優勝です。
アンクルタップも良かったです。
キーラン・リードとイスラエル・ダグがいいですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams  SBW)リーグからそろそろ

ラグビーに戻るころで、リーグ側からいろいろ出ています。
ソニーの人柄のなせる技だと思います。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-league/league-news/sonny-bill-williams-the-strong-silent-type-20131004-2uzlm.html

記事の一番下にvoteがあります。

Will Sonny Bill Williams stay in rugby league in 2014?

View resultsをクリックしてみてください。

今朝はパソコンのデスプレイの交換に時間がかかり遅くなりました。
夏と冬用2台あって。気温が低いと動かないのと、夏は高すぎて
動かないのに、冬大丈夫のものです。笑い。

記事の内容は余り読んでいません。写真でも。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

SpringboksはABsから4トライ取れるでしょうか。?

The Rugby Champion Shipで優勝するためには
ボックスは4トライ取ってABsに一つのポーナスポイントを与えないようで
勝つ必要があります。

ボックスはスクラムもハードで、ラインアウトからのモールも強くいです。
O・フランクスが出ないので、少しスクラムが気になります。

そこで
halfback Fourie du Preez と  first-five Morne Steyn
のハーフ団の動きが必要になります。

du Preezはともかく、モン・スタインはフレアーがなく、キックばかり
です。バックスに回してトライをたくさん撮れるとは思えません。

それにFWが重量すぎて、機動力を欠いています。
モール攻撃ぐらいしかなさそう。

ABsがよっぽどFWで負けない限り4トライ取れないと思います。・・・

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11134392

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams  SBW)リーググランドファイナル前。

ソニーのビデオ豊富です。

一つの記事の中に三つのビデオが。
リーグのジャージー密度が濃いですね。
縞が狭いです。色も複数使っていて。
オーストラリアでの人気はユニオンよりありそうです。
観客も選手も取られている感じがします。

困った時のソニー頼みでした。

記事
http://www.heraldsun.com.au/sport/nrl/sonny-bill-williams-made-michael-jennings-realise-he-had-to-get-out-of-his-comfort-zone/story-fni3fbgt-1226731558770

ABsはマッコーが主将に戻るようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

アシックス、スプリングボックスに続いてワラビーズとも契約。

ボックスが世界ランク2位ですが、ワラビーズは4位です。
一気に2大国です。

オーストラリア協会のリリースです。
http://www.rugby.com.au/News/NewsArticle/tabid/1699/ArticleID/10305/Default.aspx
すごいですね。突然目覚めたにしても。ラグビーに大進出ですね。

ラグビー好きな人がいるんでしょうね。単なる経済的利益だけじゃ
ない気がします。日本代表のスポンサーはリポビタンDの
大正製薬ですが、ラグビー好きな人がいるようですし。

ボックスとワラビーズサポートするの大変だと思います。
旅行多いですし。さらに各グレードのラグビーと国内の
サポートですから、相当人員が必要になると思います。
男女のセブンズもこれから試合が多くなりそうですし。

日本企業がインターナショナルのラグビーに参加することは
それも興味深いです。

ライバルのミズノはどうなんでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中史朗選手来季もハイランダーズ

昨日のオタゴ・デイリー・タイムズですが
発表されていました。

オタゴの二人の若いFWと共に、契約しました。
ジョゼフはオタゴ ITMカップで調子が良かった。
フミは今年はエネルギーを注入した。アーロン・スミスにも
違うプレーで対抗したと言っています。

記事
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/highlanders/275312/rugby-highlanders-recruit-otago-players-re-sign-tanaka

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マシュー・バークが日本加入はスーパーアイデアと書いています。

ウエールズ戦勝利の写真が大きく使われています。
記事の最初は南アフリカやアルゼンチンの話ですが
後半日本のことが出てきています。

バークは日本からゲームでもオフでも厚遇されたようです。
何人かに聞いたところ
日本は海外からのコーチを受けスキルも向上し、サイズも
大きくなった。(まだですね。)

日本での2019年ラグビーワールドカップ開催ですから
スーパーラグビー参加すれば、関心を呼びそうです。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/japan-expansion-could-prove-to-be-a-super-idea-20130907-2tcfd.html

バークは時々日本に来ているようです。

http://www.rugby-japan.jp/future/mini_jr/2009/id7168.html

イールズも。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pacific Islands のチームがスーパーラグビーに加入か?

2016年からスーパーラグビーの新しい契約が始まるのに合わせて
今の15チームから18チームへ増加する計画があるようです。
NZベースではオークランドからサモア、トンガ、フィジー合同チームが
考えられています。NZ協会から長い間無視されていましたが
3国にとっては進歩です。オークランドにこの3国の人達が住んでおり
ラグビーをプレーしています。ラグビーもNZ育ちです。
だから強いという面も。

オーストラリアベースで日本も参加という話も載っています。
時差はほぼないですが、移動がどうなんでしょう。

もう1チームは南アフリカからです。

ただオークランドとなるとブルーズのファンと分けることになります。

ウーパーラグビーが3国でも開催されるようです。
ABsは3国ではテストマッチはしたことないようです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11133135

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

手書き数字版窓の杜さんに掲載して頂きました。

ダイジェストニュース
http://www.forest.impress.co.jp/docs/digest/
下から2番目ですが、この掲載の意味は大きいのです。
動作確認して頂いてからの掲載になります。
ひとつホットしました。
あとひとつあります。

私のHPへのリンクになっていますので
アクセスが集中しています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティーブン・ラーカム(Stephen Larkham )がブランビーズコーチに有力か。

Owen Finegan がホワイトに変わって、ブランビーズにランニングラグビーを
もたらすだろうと話しています。

ラーカムは2001年と2004年、ブランビーズがスーパーラグビーで優勝した時の
1FEでした。

Jeremy Paul も同意しています。フッカーでしたね。

ブランビーズは今年はチーフスに次いで準優勝でした。
オーストラリアももう少し強くなって欲しいです。
ラグビーチャンピオンシップでの力の差が広がっていますから。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/finegan-says-larkhams-got-the-inside-running-for-brumbies-job-20130930-2uozp.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »