« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

日本サモアに勝利で通算3勝9敗。

なかなか勝てない相手でしたが33-14で快勝でした。
松島幸太朗選手センターで出場しましたが
良かったですね。

香港のこーチから日本代表のDFコーチになったリー・ジョーンズ
28日の項
http://sakura.rugby-japan.jp/japan/2014/id25805.html
はチーフスのバックスコーチのウエイン・スミスに
少し似ていますね。世界一のアタックコーチですが
リー・ジョーンズも似ていいコーチになって欲しいです。

スクラムが良かったです。終始押していました。
モールも。相手が若手で練習不足気味でしたが
明らかな差がありました。

キース・クインも日本の勝利をツイートしています。

https://twitter.com/KeithQuinn88

サモアは1軍ではないけど、それにもかかわらずnonetheless

いい勝利だと。藤田に注目していますね。

田中史朗選手はレッズ戦でトライあげています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11265016

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

日本、スーパーラグビーはオーストラリア・カンファレンスを希望すべし

5月はじめにSANZARがその時点の枠組みを考えていたようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/9993926/Super-Rugby-2016-expansion-plans-revealed

私は海外の記事を読んでいるようで、全て精読しているわけではありません。

この記事によると、南アフリカを8チームにして、2カンファレンスにして
南ア1チーム、アルゼンチンを入れて、あと1チームをアジアからに
したいという希望のようです。あくまで流動的でしょ。
決まったものではないはずです。決まったように書くのは

おかしいです。

日本が加入するなら、そこという誘いかもしれませんが
絶対失敗すると思います。

なぜなら真夜中の試合、25時間のフライト、
http://www.glp21.com/flight-time/
何もメリットないです。

日本はオーストラリアに加入希望して、アルゼンチンが
NZ(日本からNZの距離と同じ)に加入すれば、各6チームとなって
丸く収まります。日本の経済力、マーケットも期待されているので
その主張しても通ると思います。オーストラリアとNZにもメリットが
あるからです。エデイ・ジョーンズやJ・カーワン、その他シンパが両国には

多いですから、発言してくれると思います。

南アフリカからは選手はたくさん日本に来ていますが、
チームで遠征してきたのはほとんどないと思います。スプリングボックスも
来ません。メリットがないからでしょう。日本からもほとんど行ってないのでは。
南アを増やそうというのはヨーロッパのチームも考えていたようですし、
あるいはアメリカからも。それぞれ日本より近いです。

NZから南アフリカには14時間ですが、一大旅行です。さらに10時間もかかるのでは
交流戦、1,2回にしておいたほうがいいです。

私はラグビーファンですが南アフリカのスーパーラグビーの
試合ほとんどみません。
一般ファンが見るでしょうか。
オーストラリアだと夕方からのゴールデンタイムです
スポンサーもつきやすいです。ファンも観戦に行きやすいです。
日本のラグビーファン、人気を増やすならそれが一番いい姿だと思います。

地上波の放送を増やさないと人気は出ません。

真夜中の試合にスポンサー集まらないです。

日本がそう主張すれば、NZとオーストラリアは賛成すると思います。
両国の日本の加入を期待が一番多いです。南アフリカとしても
日本の試合をしても観客は集まらないのでいやだと思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イングランドNZ到着

6月7日のイーデンパークの第1テストに備えます。

former bad boyのダニー・シピリアニが成長して
出てきそうです。
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/27589381

コーチのスチューアート・ランカスターは
今夜のスーパーラグビーを見たいようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11264184

ABsでは1FEが誰になるかですね。
クルーデンかバレットカ、はたまた、スレードか。
ピアタウの怪我で3人とも出場もあるかもしれません。

エリスカップ日本ツアーの様子です。

大畑、シェーンが出てきます。シェーンは相撲を。

https://www.youtube.com/watch?v=hrknsvkxr9A&feature=youtu.be

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

Kieran Read 6週間ぶりにプレー

チーフス戦で脳震盪になり、ずっと休んでいましたが
今週のフォース戦でプレーできるようです。

イングランド戦間に合うでしょうか。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11263393

ザビエル・ラッシュ、元ブルーズでABsですが、長い間ウエールズのカーデイフブルーズで
プレーしていましたが、NZに戻り、ITMカップ、オークランドで
アシスタントコーチにつくようです。

I have many fond memories of my time in the blue

fond 好きな

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/xavier-rush-returning-home-auckland-coaching-role-5984612

新国立競技場の設計案が了承されましたね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

ウエールズ10年ぶりにProbables v Possibles

スプリングボックwスと6月に対戦するウエールズは10年ぶりに
1軍と2軍候補の試合を金曜日に行い選考するようです。
それだけ、層が厚くなっているようです。

Probablesは主将がアラウイン・ジョーンズ、フライハーフがダン・ビガーです。
怪我のハーフペニーとジョージ・ノースはイングランドでのゲームが残っていて出ませんが
あとはライオンズのバックスが並んでいます。
キャップがない人も4人入っています。

記事
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/probables-v-possibles-james-hook-7176195

Ihaia West がブルーズで先発のチャンスを得そうです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/10090243/Its-time-for-the-Blues-to-head-West-with-Ihaia

スポーツ選手の体の大きさの変化の記事があります。

http://edition.cnn.com/2014/05/27/sport/rugby-sporting-physique-compared/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

日本スーパーラグビー参加を表明へ

2016年に18チームに増えるのですが、南アから1、
アルゼンチンが1は決まっていて、あと1に
応募するようです。
南アカンファレンスに日本が加入という記事も一部ありましたが
本当でしょうか。南アの試合はほとんどが真夜中、
移動も日本からだと20時間以上?のフライトになると
思います。テレビ見る人ほとんどいないと思いますが。
南アで1増えますし、アルゼンチンと南アは割りと近いのですが。

日本のスーパーラグビー加入の記事が一番多かったのは
オーストラリアとNZだと思います。
時差もほとんどないですし、距離も割りと近いです。
日本への期待大きかったです。
テレビは夕方のゴールデンタイムになります。
日本で試合をするにも、春から夏のシーズン、気温の関係で
夕方になりそうです。

私はてっきりオーストラリアカンファレンスだと思っていました。

カイノが脳震盪の影響のあるリードに変わってNO8で出そうです。
メッサムが6番でしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

日本ラグビーワールドカップ出場権獲得のニュース

2015年ラグビーワールドカップのサイトのニュースです。
http://www.rugbyworldcup.com/home/news/newsid=2071549.html#japan+book+place+rugby+world+cup+2015

bumper(満杯)とありますが、1万6千人ですよね。
日本はバックスが相手につかまてモールにされて
ターンオーバーされることが多かったです。
真壁や小さい頃相撲やってた木津、ツイらの活躍で
リズムが変わりました。

藤田も3トライで良かったです。

エデイ・ジョーンズは東京オリンピックのときは4歳ぐらいだと
言っていました。ピーター・スネルの陸上中距離が印象に
残っていると。国立競技場のことをかすかに覚えているようです。

シドニーモーニングヘラルドの記事です。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/japan-qualify-for-2015-rugby-world-cup-20140525-zrnu2.html

エデイ・ジョーンズの国だからでしょうか。昨日から早かったです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

日本49-8で香港を破りワールドカップ出場権獲得

8回連続になります。
おめでとう。
BBCの記事が出ています。
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/27565028

B組に入ります。
Scotland, South Africa, Samoa and the United States

エデイ・ジョーンズコーチが準々決勝進出が目標だと語りましたが
スコットランド、サモア、アメリカと
超強力チームではありません。
スコットランド、サモアは強力なチームであることは確かですが。

楽観的な予想をするとはずれますから
アメリカには勝てる可能性が高そうです。
スコットランドとサモアには今日の試合から
かなり上積みが必要です。ブロードハーストは
今日出てませんでしたね。

もうクレイグ・ウイングは呼ばないのでしょうか。

さよなら国立競技場のセレモニーは印象的でしたね。
聖火がきれいでした。
バックス攻撃にもう少しキレがないとと思います。

今日は出場権獲得を喜んで
さらに力をつけて欲しいです。

ワールドカップで世界を日本を驚かせるゲームをして欲しいです。

それができるチームになるかも。

さっそく来週はサモアと対戦します。

国立競技場の周辺区域は人工芝が敷いてあり、色は緑になっていました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立競技場ラグビー観戦の思い出

1974年度 近鉄対早稲田  初めて日本チーム同士で国立が満員になった試合だと思い       ます。国立競技場についた時観客の轟音がしていた気がしました。

1975年 ウエールズ対日本
      スコットランド対日本
      フランス 対 日本

フィジー対日本

1987年 ABs対選抜チーム  雨の中の試合でした。
       ABs対日本

2009年 ブレデイスローカップ

1979年からの新日鉄釜石のV7も国立でした。全部見ています。

1985年の慶応がトヨタを破った試合はテレビだったかも。

1988年からの神戸製鋼のV7も全部見ていると思います。

早明戦も、八幡山が近かったこともあり、明治の試合も良く見ていました。
82年の6万6999人入った試合とその年の大学選手権の決勝も。

こう見てくると、私も国立競技場で30試合以上ぐらいはラグビーを
見ています。

国立競技場の観客のトップ10に4回ラグビーが入っているようです。

新になっても有力なスポーツだと思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

新国立競技場、現在の国立競技場解体を始めないと2019年ラグビーワールドカップに間に合わない

昨日の記事で
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014052300252
文部科学相が「改修だと計画を最初からやり直すこととなり、19年開催のラグビーワールドカップに間に合わない」と述べ、19年3月の完成を目指して計画通り進める考えを強調した。」とあります。

建築家の人達は2019年ラグビーワールドカップに間に合わなくても
いいと考え改修案を提案しているのでしょうか。

8万人はワールドカップ招致の条件だったと思います。
国際公約です。間に合わなくても、ワールドカップのことはどうでも
いいんでしょうか。建築家諸氏はラグビーのことを出さないですよね。

改修案は今後50年以上にわたって日本からのスポーツイベントを世界に発信するに

ふさわしい最新施設は難しいと思います。みみっちい発想です。もったいないようで

使えないものを残すのがより不経済です。新しく最新のものを作ったほうがいいです。

建築とはそういうものでしょ。

もし規模を縮小したり、間に合わなかったりしたら日本人が二度と
ラグビーワールド、いや世界から信用されなくなると思います。

景観とか費用の問題ではありません。日本人の信用の問題です。

建築家の人達は国内のエゴを行っているようにしか思えません。

建築家協会の要望書にはラグビーワールドカップのことが触れられていません。

改築ですまそうというなら、2019年に間に合わせますという保証が
ないといけないでしょ。それがないと単なる建築家の好みで終わっています。

無責任ですよね。

http://www.jia.or.jp/resources/news_files/000/426/0000110/bVAWwYNT.pdf

来年のラグビーワールドカップの観客は300万人、日本での2019年大会も
200万人は越すと思います。さらに40億以上のテレビ視聴があります。

ラグビーファン、ラグビー関係者を敵に回すんでしょうか。

リオ五輪は施設が間に合わないかもしれないので返上になることも
ありうるかもといわれていますが。日本のラグビーワールドカップがそうなっても
建築家の人達は平気なんでしょうか。

日本でのラグビーワールドカップが急に決まったのもあるかもしれませんが

この機会は逃さず、成功に導いて欲しいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

ABsは6月はイングランドとのテスト


All Blacks v England予定は

07 Jun Auckland

14 Jun Dunedin

21 Jun Hamilton

になっています。

イングランドは第1テストのフライハーフにDanny Cipriani が
使われるかもしれません。

ABsのほうは1FEはクルーデンかバレットかになります。
親指の怪我は治ってチーフスのゲームにでるようですが
テストで先発につかうかはまだわかりません。

ワラビーズにNZ生まれの、といっても10歳のときに
オーストラリアに行ったらしいですが
ワラタスのロックWill Skelton が選ばれています。
22歳6ft 8in (2.03cm) で135kgだそうです。

プロフィール
http://www.waratahs.com.au/Waratahs/Team/SuperRugbySquad/PlayerDetail.aspx?pid=141

エリスカップ(ワールドカップトロフィー)の日本ツアーが始まりましたが
NZ大会前に日本にきたとき、秩父宮で見たことあります。

エリスカップの日本への旅立ちの模様です。

https://www.youtube.com/watch?v=DL2WL1WHGnk

日本到着の模様です。トロフイーツアーのページです。

http://offerpop.com/hashtag/gallery/3111

2015ラグビーワールドカップのページで日本-香港戦が取り上げられています。

http://www.rugbyworldcup.com/qualifying/news/newsid=2071497.html#japan%20sets%20world%20cup%20decider%20tokyo

ブログ村ラグビーに参加しています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

2019年ラグビーワールドカップ開催地立候補やや進展あり

組織委員会は22の自治体を視察したそうです。

札幌市、釜石市(岩手)、仙台市、埼玉県と熊谷市、東京都、港区(東京)、横浜市、長野市、新潟県、豊田市(愛知)、静岡県、大阪市、東大阪市、京都市、神戸市、広島市、福岡県と福岡市、北九州市、大分県、長崎県と長崎市、佐賀県と鳥栖市、熊本県と熊本市

新潟県が入っているのが新しいですね。やはり地域的に開催して欲しいところです。
スタジアムも大きいですし。
札幌、仙台、横浜、新潟、豊田、静岡、神戸がそうです。
大分もそうでしょうか。

九州が他に福岡、長崎、佐賀、熊本と5県あります。

以下は私の単なる予想ですが
収容人員の大きいところは決まりやすいと思います。

大分ビッグアイ 4万人
神戸ウイングスタジアム 34,000人
札幌ドーム 41,484
宮城スタジアム 49,133人
横浜国際総合競技場 72,327人
豊田スタジアム 45,000
エコパスタジアム 50,889人
ヤンマースタジアム長居 50,000人
デンカビッグスワンスタジアム 42,300人

熊本県民総合運動公園陸上競技場 32,000人

釜石、熊谷、花園も可能性はあると思います。

西日本新聞の記事
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/89520

陸上競技場のトラックとまったく重なる、ラグビーグラウンドの周辺区域は確保してくれるものと思います。

http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/perimeter-area-.html

このなかで、横浜、新潟などが立候補しませんでした。周辺区域の問題が大きいとのことですが、そのほかに政治的?な理由がありそうです。日本のラグビーがおかれている

状況が影響してそうです。ラグビーが人気がでたら困る?人達がいるのかもしれません。

それもラグビーワールドカップを日本でやったら吹き飛ばして欲しいです。希望ですが。

締め切りすぎた後に、横浜は立候補しました。!とても大きな決断でした。ラグビーにも

横浜にも良かったです。7万2千人のスタジアムでも開催ということはワールドカップの成長にもいい影響ですし、横浜も国際都市の名をキープしましたし。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年5月21日 (水)

日本スーパーラグビー参戦を検討

http://mainichi.jp/sports/news/20140521k0000m050048000c.html

SingaporeがAsia Pacific Dragons でスーパーラグビーに
参加するというニュースも流れましたが、チームが
強いという強みはありますが、ラグビー人気という点で
シンガポールで観客が集まるとは考えられません。

日本だと、スポンサー、2019年ラグビーワールドカップということもあり
成長する可能性はあると思います。

日本のシーズンと一部重なるのが検討材料ですね。スーパーラグビーは南半球の

チームばかりですから。日本の2月、3月と重なります。難しい問題ですね。

さらに日本のシーズンが終わって、スーパーラグビーではシーズンが長すぎかも。

日本の気候もありますし。

難題だらけかもしれません。

このニュースは5月はじめにNZとオーストラリアで
流れています。私も取り上げています。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/201618-ac6b.html

個人的には是非このチャンスを生かして参加して欲しいですね。
誘われるということは日本の参加を期待されていることですから。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

Dan Carter Southbridge clubでプレー

カンバックはクラブでした。
クルセーダーズでイングランドとの対戦のゲームには出ないようです。

カーターは
,440 Tests points
と 1,547 points in 123 matches for the Crusadersです。

32歳ですが引退を表明したウイルキンソンより194点多いです。

記事
http://www.allblacks.com/News/25070/carter-will-make-his-return-via-southbridge

ウイルキンソンの記事
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/27467391

ツーロンのコーチになるようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

Sir Colin Meads も注目。18歳のTaniela (Daniel) Tupou

またハットトリックだったようで、ロムー以来の注目を集めている
135kgの高校生プロップですが、大御所松ノ木ミーズも
注目しているようです。

ミーズもツポーをロムーと比較して
NZの新しいロムーが必要といっています。

ロムーは19歳でABsになりましたからツポーは18歳に
なったばかりです。来年間に合うかも。

ワラビーズになりたいと思っているようですが
ここはトンガの先輩ロムーの出番でしょう。

トンガ人は時々とてつもない選手が出てきますね。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11257316

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

TJ Perenara 対Aaron Smith のポジション争いスタート

金曜日のケーンズ対ハイランダーズ戦でペレナラが
アーロンに宣戦布告してましたね。さかんにプレシャーかけてました。
パワーの差がありますから、アーロンたじたじでした。

ABsの弱点が解消されそうです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11256960

同じゲームでマラカイ・フェキトアとジュリアン・sヴィアの対決が
あり、タックルでとめてました。

そして、こちらでも
カイノとメッサムの争いが始まっています。今日から3日間のキャンプのようです。
メッサムはここ2年高いラグビーのレベルでプレーして、ABsのポジションを
キープしました。カイノもすぐにはそのレベルでプレーできないかもしれません。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/10056178/Blindside-beasts-Messam-Kaino-brace-for-battle

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

ロムーにTaniela "Daniel" Tupou's 君を説得して欲しい。

18歳のトンガ人の高校生プロップの135kgの少年のビデオ
見た人多いと思います。

巨体にかかわらず、スキルとスピードを持っています。
ビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=-93oAF4qtSQ

ただワラビーズファンらしいです。トンガ系プレーヤーが多いと
思っているらしくて。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11256462

ここはトンガの先輩ABsのジョナー・ロムーに説得してもらいたいです。

田中史朗選手、今年はオタゴでプレーしないようです。
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/highlanders/302495/rugby-several-possibilities-replace-unavailable-tanaka

オタゴのスクラムハーフ候補に
イーリー・ニコラスの名前もあがっています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

ダン・ビガー(Dan Biggar)スプリングボックス戦のフライハーフに

イングランドはスカッドを発表し、シプラニは選ばれました。
ウエールズは今月30日に
Probables
Possibles
の試合を行い発表するようです。若手が出てきて
試合でアピールする機会を設けたようです。

ビガーはProbablesのフライハーフとして、ボックス戦をリードすることに
なりそうです。

Player of the Year at the RaboDirect Pro 12にも選ばれて好調です。

日本ツアーが彼を精神的に強くしたかもしれません。ライオンズには
呼ばれることなく、日本にも負けました。

記事
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/dan-biggar-looks-set-lead-7125480

ライバルのプリーストランドは膝の怪我でツアーに参加できません。

Gavin Henson もトライアルマッチに出るようです。
まだラグビーやってたのという感じです。

ウエールズの黄金時代の写真がありました。
Barry John や Gareth Edwards の
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/most-iconic-rugby-pictures-history-7124447

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

Danny Ciprianiイングランドに呼ばれそう。

2008年に20歳で選ばれ8キャップ獲得しましたが
それ以来6年間選ばれていませんでした。
最近イイプレーをしているというニュースが
流れて、イングランドのコーチのランカスターも
答えたようです。

"Danny's definitely improved and Sale have played well. Danny has controlled the games really well. I'm pleased with what he's done and he's in the equation."

ファレルがプレミアシップファイナルの試合があり、
オークランドの第1テストに出られないこともあるようです。

記事
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/27417566

Kelly Brookとの恋の行方はどうなんでしょう。

ABsの選考で興味を引くのが右ウイングです。
ベン・スミスとコーリー・ジェーンですね。
好調さではスミスのような気がします。
FBもセンターもできますし。

ジェーンはキック処理がうまいです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11254995

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

Andy Ellis 海外に行かず、ABsのわずかなチャンスを待つ

ハンセンから、スクラムハーフの若返りで無視されてABsに呼ばれてない
エリスですが、普通は海外のチームに行く人が多いですが
来年もクルセーダーズでプレーするようです。
力的には、アーロン・スミスと変わらないという記事もあります。

2011年の1FEにけが人が相次いだ状況がないとも限りませんので
ABsでプレーすることがあるかもしれません。

クルセーダーズで118ゲームプレーしています。

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/andy-ellis-not-joining-in-player-exodus-5971372

イングランドとの6月のテストで1FEが誰になるかという話題もあります。
カーターはまだ休んでいます。クルーデンは親指を怪我して
チーフスではプレーはできそうですが、テストとなると
バレットとスレードがいます。
スレードが精神的に成長して、クルセーダーズの5連勝に
貢献しています。
スレードはタックルもいいようで、他のポジション、FB、ウイングも
できます。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11254410

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

Nathan Harris、Liam Coltman 、Patrick Tuipulotu 、Malakai Fekitoa 、TJ Perenara

新人のみ上げてみましたが、ペレナラもまだキャップなしでした。
フッカーのNathan HarrisはチーフスのNO4でしたがABsのNO4になりました。
ラインアウトスローが正確のようです。
ミアラムもベテランでコールもまだ若いです。髭のコルトマンと共に
層を厚くしたいところです。

ヴィクター・ヴィトも呼ばれましたね。
海外に行くのかと思いましたが。
今年残ったことは来年も可能性ありそうです。

Patrick Tuipulotu は突進力とスキルも持っているようです。
5テストのJeremy Thrush に変わって選ばれました。

ABsの選考は他のどのスポーツよりも厳しいのではないかと思います。

全体的な感想では3列は豊富です。来年ソニーが帰って来ると
バックスもそろってきます。

フッカーがベテランのミアラムとホアが長い間プレーしてたので
若い人が育たなかったですが、今回の若手が経験をつんで
いいプレーヤーになれるかというところも気になるところです。

クルセーダーズからはコリー・フリンもタイラー・ブラインダールも
海外に行くようです。
ブラインダールはU20の主将をやり、体も大きく期待されましたが
キックが決まらずABsに呼ばれることはありませんでした。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

4人の新人を含む35人のトレーニングスカッド発表

予想通り新人の
フッカーのNathan Harris と Liam Coltman、ロックのPatrick Tuipulotu
そしてMalakai Fekitoa が選ばれました。

カイノが戻りました。スレイドも呼ばれています。

Hookers:Keven Mealamu (Blues), Nathan Harris (Chiefs), Dane Coles (Hurricanes) and Liam Coltman (Highlanders).

Props:Charlie Faumuina and Tony Woodcock (Blues), Ben Franks (Hurricanes) and Wyatt Crockett and Owen Franks (Crusaders).

Locks:Patrick Tuipulotu (Blues), Brodie Retallick (Chiefs), Jeremy Thrush * (Hurricanes) and Dominic Bird and Sam Whitelock (Crusaders).

Loose forwards:Jerome Kaino and Steven Luatua (Blues), Sam Cane and Liam Messam (Chiefs), Victor Vito (Hurricanes) and Richie McCaw, Kieran Read and Luke Whitelock * (Crusaders).

Halfbacks:Tawera Kerr-Barlow (Chiefs), TJ Perenara (Hurricanes) and Aaron Smith (Highlanders).

First five-eighths:Aaron Cruden (Chiefs), Beauden Barrett (Hurricanes) and Colin Slade (Crusaders).

記事
http://tvnz.co.nz/all-blacks/four-new-caps-in-wider-training-group-5969628

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NZ Sevens 52-33 Australia in London Sevens final

NZ決勝でオーストラリアに逆転勝ちして優勝しました。
準決勝のフィージーには辛勝だったようです。

イングランドに負けたのは予選だったのでしょうか。

カカは髪切ってますね。

IRBの記事とビデオ
http://www.irbsevens.com/destination/edition=8/news/newsid=2071335.html#new+zealand+strike+gold+twickenham

クルセーダーズはサンコープでレッズに57-29 と大勝しました。
50点以上取られるのはブランビーズ戦以来のようです。

コリン・スレイドがキックが良かったです。最近
おどおどした感じがなくなっていますね。イングランド戦呼ばれるかも。

ルーク・ロマーノは怪我で呼ばれないと思います。

スカッドは今日発表です。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

今年11月ABs、シカゴでイーグルスとテストマッチ

スポンサーの関係もあるんでしょうね。
63,500のスタジアムのようです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/10032291/All-Blacks-set-for-match-against-USA-in-Chicago

NZセブンズはロンドンの決勝でイングランドに負けましたが
シリーズチャンピオンになりました。

ブルーズの21歳のロック、Patrick Tuipulotu は突進力があるようですね。
198cm、120kgとやや小柄ですが、ブラッド・ソーンみたいな
選手は必要です。
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/all-blacks/301728/rugby-tuipulotu-and-fekitoa-big-winners-all-blacks-squad

Wilson Whinerayが1955年にコルツでセイロンに遠征しています。
今のスリランカですね。ラグビーの歴史あります。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

月曜発表ABs squad 予想

新人では
Malakai Fekitoa  22歳

Nathan Harris  チーフス 22歳
http://www.chiefs.co.nz/the-team/team-gallery/nathan-harris.html

Patrick Tuipulotu ブルーズ 21歳
http://www.theblues.co.nz/players/222-Patrick-Tuipulotu.aspx

が有力のようです。

ハイランダーズフッカーのLiam Coltman も呼ばれそうです。

POSSIBLE ALL BLACKS SQUAD 

Outside backs: Israel Dagg, Ben Smith, Julian Savea, Charles Piutau (subject to fitness), Cory Jane
Midfield: Conrad Smith, Ma'a Nonu, Ryan Crotty, Malakai Fekitoa
First five-eighth: Aaron Cruden, Beauden Barrett, Colin Slade
Halfbacks: Aaron Smith, Tawera Kerr-Barlow, TJ Perenara
Loose forwards: Kieran Read, Richie McCaw, Sam Cane, Liam Messam, Jerome Kaino, Steven Luatua
Locks: Sam Whitelock, Luke Romano, Brodie Retallick, Patrick Tuipulotu
Props: Owen Franks, Ben Franks, Charlie Faumuina, Tony Woodcock, Wyatt Crockett, Jeffery Toomaga-Allen
Hookers: Dane Coles, Keven Mealamu, Liam Coltman, Nathan Harris

Injured: Francis Saili, Ben Afeaki, Augustine Pulu
Unavailable: Dan Carter
On the fringes: Shane Christie, Brad Shields, Victor Vito, Ben Tameifuna, Andy Ellis, Luke Braid, Luke Whitelock, Lima Sopoaga, Frank Halai, Kane Hames, Jeremy Thrush

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/10030327/Hansen-poised-to-unveil-newcomers-in-squad

そういえば今日 Brave BlossomsとBrave Elephantsの
テストですね。勇気ある象 スリランカです。

フィリピンはヴォルケーノでしたが。

エーデルワイスという名を持ったラグビー代表があります。

スイスです。

ラグビー代表名
http://www.topendsports.com/sport/union/team-nicknames.htm

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

Malakai Fekitoa 月曜発表ABs候補の興味の中心

名前があがるのは確実でイングランド戦スカッドにも
名を連ねるであろう選手がマラカイ・フェキトアです。

ブルーズにはレジェクトされましたが、ハイランダーズで
開花しました。

今年はたくさんサクセスしています。
チームメイトのベン・スミスも彼は特別なプレーヤーだと
言っています。

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/highlanders-fekitoa-centre-attention-5966748

Rich Freeman記者のツイート
https://twitter.com/FreemanrugbyJap
をツイッターではフォローしていませんが
ブログでリツイートします。?
ヴァン・ヘイレンのヴォーカルの
David Lee Rothがブレイブ・ブロッサムズのファンの
ようです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=662664383769377

ジャンプは聞いたことあります。
http://www.youtube.com/watch?v=dmfrPrN1L_s&feature=kp

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

Kelly Brazier NZ Women's Sevens に戻る。

女マーテンズのようなプレーするNZ女子ラグビーのキーウーマンのケリー・ブレイジャーですが
来週アムステルダムのワールドシリーズに参加するようです。

すごいセンスがあります。キックを決めますし。

NZ15人制女子代表のBlack Ferns の中心選手でもあります。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/sevens/10021114/Brazier-return-puts-NZ-on-a-high-for-Amsterdam

Brad Thorn は39歳ですが来年もプレーするようです。
ソーンの20年のロラグビー選手生活で始めての大きい怪我をしたようですが

まだコーチになることは考えてないようです。

記事
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/301324/rugby-thorn-not-about-quit-yet

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

he is, probably, the heir apparent to Conrad Smith. by Gregor Paul

久しぶりにグレガー・ポール記者の記事を
読んでみました。マラカイ・フェキトアについての
記事です。タイトルはポール記者もフェキタがコンラッド・スミスの
相続人と感じているようです。
体の大きさ、強さだけでない技術、スピード持っていますよね。

フェキトアは4年前にオークランドのウエズリーカレッジでプレーしていて
ここで将来のインターナショナルとみなされていたようです。

Aucklandのhigh performance directorの Ant Strachanが
分析していたようです。ストラチャンは日本戦のスクラムハーフでしたね。
フットワークとスピードを当時から持っていたようです。

荒削りでしたが、それは練習でよくなるものでした。実際
デフェンスも強くなりハンドリングもパスも良くなりました。

突破力とスピードがありますよね。

ウオリアーズのKonrad Hurrell はグラマーで比較されたようです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/gregor-paul/news/article.cfm?a_id=196&objectid=11249107

来年のワールドカップで観客席がファンによって分けられるsegregatedという記事が
一時流れましたが、ラグビーの伝統を変えるもので
否定のニュースやツイートが流れました。

http://www.theguardian.com/sport/2014/may/06/fans-not-segregated-2015-rugby-world-cup

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

ダン・カーター、サバテイカルは世界を飛び回っていたようです。

あちこち顔出していましたね。
ハリウッドやオーガスタやホンコン、ニューヨーク、マカオ、
クアラルンプール、ロンドンなどです。
ゴルフが印象に残っているようです。
これで旅行は終わりだそうです。

復帰は6月のイングランドのテストのあと
のスーパーラグビーの残り3試合からのようです。

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/dan-carter-gets-back-basics-5949381

ムリアイナはアイルランドと契約したようです。
ちゃんとプレーしないと。日本では怪我もありましたが。

フランスのロックのチャバルが37歳で引退したようです。

Caveman(石器時代の)穴居人)というニックネームがありました。
16年プレーしたようです。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/sebastien-chabal-to-retire-20140506-zr550.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

Nemani Nadoloナンドロ、センターにも動じず

副音声はナンドロと言っています・
フィジーやサモアの発音でa はアンと発音するのに
ならっているようです。ウマンガ、タンバイ・マトソンetc

ナンドロはブランブーズ戦センターが怪我しましたので
ウイングからセンターに移りました。
フィジー代表で11テスト出ていますがセンターでもプレーしています。

40-20 でブランビーズにクルセーダーズが勝ったのは
ハイランダーズがシャークスと上位に勝ったのと
合わせてNZのチーム強くなっていますね。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/10008106/Nemani-Nadolo-unfazed-by-his-shift-to-centre

スコットランドのグラスゴー7sはNZがカナダを破って優勝したようです。
カナダが決勝に残ったのは驚きです。日本に予選で大勝してました。
http://www.irbsevens.com/destination/edition=10/news/newsid=2071108.html#nz+take+step+closer+12th+series+title

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

Jerome Kaino ABsの3列を強くしそうです。

ブルーズでの存在感が大きいです。ルアツアおとなしいこともありますが
かすんでしまいました。
ブルーズのFWの強さの中心ですし、これはカーワンというより
ヘンリーなんでしょうね。1列もABsですから。ロックのドネリーも
ラインアウトは強いですから。

メッサムも去年からいいプレーしていますが
カイノとだと厳しいです。

マッコー、カイノ、リードだとワールドカップ優勝メンバーですが
マッコーを除いて力をよりつけている感じです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11249120

ハイランダーズはシャークスにわずかに及びませんでしたが
1FEのソポアンガの交代が痛かったですね。
フォエキトアは1トライとって力を見せました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

日本2016年からのスーパーラグビー18番目のチームに最有力。

私の飛ばし記事にならなければいいですが
もし実現したらエキサイテイングですね。

スーパーラグビーは2016年から今の15から3チーム増えて
18になります。その三つは南アフリカからサザンキングス、そして
アルゼンチンのチーム、三つ目がまだ決まっていないようです。
アジアからとアメリカ西海岸、ヨーロッパも候補のようです。

こちらの記事では
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/10004396/Japan-leading-contender-for-18th-Super-team
日本が18番目のチームとして最有力と書いてあります。写真も日本代表です。

日本を押す人も出てきています。

Andy Friendというサントリーとブランビーズでコーチしている人ですが
日本は準備できていると話しています。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/japan-ready-to-join-expanded-super-rugby-andy-friend-20140502-zr3d4.html

今年日本代表3人がスーパーラグビーでプレーしてよくやっているのは
追い風ですね。
昨日のレベルズでは堀江もサウも先発で、日本代表ってさかんに
言われていました。大きくアピールしています。

日本は地理的に近いのと、2019年のラグビーワールドカップが日本開催ですから
スーパーラグビーのチームでできると両方にメリットがあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

ロムーIRB Junior World Cup ambassadorに

ロムーは健康危機は脱したんでしょうか。
各地に顔見せていますね。38歳になりました。

ロムーはNZunder-17s, secondary schools, under-19s and under-21sを
経てABsになったのでこの仕事には最適です。
来月大会が始まります。

2008年以来30人がU20からテストに昇格したようです。
Aaron Cruden, Sam Warburton,Quade Cooper,Owen Farrell,Conor Murray, Yoann Maestri ,Eben Etzebeth等です。

NZは最初の大会から4連勝しましたが、ここ2年はは
優勝できていません。
地元ですから奪還したいものです。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/9997054/Jonah-Lomu-IRB-ambassador-for-Junior-World-Cup

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

All Blacks 歴代NO1プロップと思われるKen Gray

ヘラルドで始まっている100人のABsで紹介されています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11208990
私はそう思います。

かっこよかったです。

ロックからタイトヘッドに変わり、体が大きく、スクラムも強かったです。
コリン・ミーズ時代のあABs最強時代の強力FWの一人でした。
もう一人時代を作ったフランカーのケル・トリメーンと早くなくなりました。

プレー時代の写真の紹介
http://www.youtube.com/watch?v=BJkfHoA2EZE

アパルトヘイトに反対して、南ア遠征への参加を拒否して引退しました。
国会議員にもなりました。

Jerome Kainoがブルーズに復帰して、ルアツアが圧倒されているようです。
ABsの6番はメッサムもいて競争が激しくなっています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »