« 日本26-23でイタリアに歴史的勝利 | トップページ | ダン・カーターSouthbridgeクラブで確かなプレー »

2014年6月22日 (日)

Japan beat Italy の記事

日本はラインアウトが余りよくなかったようです。

イタリアの主将Quintin Geldenhuys が日本のことを
"All credit to them. They are a completely different team from the one we played three years ago. They've improved a lot in all phases. Now they're playing in the men's league."

と言っています。最後が面白いですね。

観客が、ウエールズの2軍戦よりやや少なかったのが残念でした。
今回は1軍ですから、満員になって欲しかったです。

やっぱりラグビーファンが少ないんでしょうね。
メデイアの露出を嘆く前に、ファンを集めることをしないと。

エデイ・ジョーンズが

"I want to make the quarter-finals of the World Cup and become the most popular sports team in Japan. There's no reason why we can't."

と話しています。日本でもっとも人気のあるスポーツ。
ラグビーはそれはできると思いますが、日本では大変でしょうね。

記事
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-match-report/japan-beat-italy-for-10-rugby-wins-in-row-20140621-zshmc.html

ジャパンタイムズの記事
http://www.japantimes.co.jp/sports/2014/06/21/more-sports/rugby/japan-earns-historic-win-italy/#.U6XhEGflrIU

ボックスとウエールズの第2テストは終始ウエールズがリードして
最後に、ウエールズのライアム・ウイリアムズがノーバインドのタックルをして
認定トライとシンビンで逆転されました。レフリーのステイーブ・ウオルシュが
判定を丁寧に、長い時間をかけてアラウインに説明をしていました。
ウエールズは南アフリカでボックスを破るチャンスでしたが。
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/27959336
ワールドカップで期待しましょう。ハーフペニーやウオービトンがいなかったですから。

トンガのSona Taumalolo がチーフスに来年戻るかもしれません。
フランスの契約が終わるようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« 日本26-23でイタリアに歴史的勝利 | トップページ | ダン・カーターSouthbridgeクラブで確かなプレー »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Japan beat Italy の記事:

« 日本26-23でイタリアに歴史的勝利 | トップページ | ダン・カーターSouthbridgeクラブで確かなプレー »