« イタリア戦はリアルテスト。エデイ・ジョーンズ | トップページ | 日本26-23でイタリアに歴史的勝利 »

2014年6月21日 (土)

カーター復帰はクルーデンが犠牲になりそう。

カーターは今週もクラブのゲームをしてthe Rugby ChampionshipでのABsへの
先発復帰ができそうです。
そうしたら1FEが誰がリザーブになりそうかといいますと
今週はコンラッド・スミスが怪我したために、ノヌー、フェキトアの
新コンビになったため、調子はバレットがいいのに、経験豊富な
クルーデンが先発になりましたが、明らかにバレットがいい状態です。

クルーデンが犠牲になりそうです。

バレットはFBもできて、相手をつかれさせる能力も持っています。
そういう点はクルーデンは持ってないだけに
カーターが復帰するとリザーブはバレットになりそうです。

今年、バレットは成長しています。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11278508

私は日本代表は1971年のイングランド戦から、主だった試合は見ていますが
今年が一番強いですね。個々には優れた人もいましたが、チームとしては
強いです。

イタリアは強いチームとのゲームが多いので、敗戦も多く、ランクが下がっていますが
格上のチームです。今日日本がどういう試合をするかは
とても重要だと思います。

1974年のBritish and Irish Lions が40周年を祝ったようです。
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/27922448

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« イタリア戦はリアルテスト。エデイ・ジョーンズ | トップページ | 日本26-23でイタリアに歴史的勝利 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーター復帰はクルーデンが犠牲になりそう。:

« イタリア戦はリアルテスト。エデイ・ジョーンズ | トップページ | 日本26-23でイタリアに歴史的勝利 »