« カイノNO8、コリー・ジェーンウイング? | トップページ | 第1戦ABsには3人のFB »

2014年6月 5日 (木)

イングランド第1テストABsメンバー

15 Israel Dagg
14 Ben Smith
13 Conrad Smith
12 Ma'a Nonu
11 Cory Jane
10 Aaron Cruden
9 Aaron Smith
8 Jerome Kaino
7 Richie McCaw (c)
6 Liam Messam
5 Sam Whitelock
4 Brodie Retallick
3 Owen Franks
2 Dane Coles
1 Tony Woodcock

Reserves
Keven Mealamu, Wyatt Crockett, Charlie Faumuina, Patrick Tuipulotu, Victor Vito, TJ Perenara, Beauden Barrett, Malakai Fekitoa

親指を怪我して、試合に出てない、クルーデンがバレットの代わりに
先発です。
NO8はカイノになりました。
カイノはNZの戻って、爆発力が増しています。
すごいタックルすると思います。

ペレナラ、ツイプロツ、フェキトアの期待の若手が
リザーブに入っています。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11267687

イングランド生まれのボート選手でチーフスデプレーしている
Matt SymonsがイングランドのFWコーチと話をしているようです。
http://www.theguardian.com/sport/2014/jun/03/matt-symons-english-rugby-lock-plying-trade-new-zealand

かべさんぽ、ツイッターをリブログでツイートします。
https://twitter.com/makaberian

日本のラグビーが何故人気がでないかということに
真剣な議論がなされています。選手が考えているのは

面白いです。

一番いいのは大きいテストに勝つことですね。

イタリア戦とか。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« カイノNO8、コリー・ジェーンウイング? | トップページ | 第1戦ABsには3人のFB »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングランド第1テストABsメンバー:

« カイノNO8、コリー・ジェーンウイング? | トップページ | 第1戦ABsには3人のFB »