« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

ウエールズ、ボックスに12-6で15年ぶり勝利。!

今日はスクラムも安定して、タックルも良くノートライでした。
ハーフペニーが抜けてきたロックのエステベスを一発のタックルで倒しましたし
全員よく守っていました。
ウエールズはゲシン・ジェンキンズが1番に入って
スクラムが安定しました。そうするとバックスはライオンズが
揃っていますし。ハーフ団のウエブとダン・ビガーが成長しています。
ダン・ビガータックルもよくいっていて、体張っています。
他のプレーヤーからの信頼も上がっています。一人
ライオンズに選ばれず、日本に来ていましたが。
次の遠征は選ばれそうです。

ボックスはハバナやパナソニックのピータセンを欠いていましたが
デビリエー主将も膝を怪我して、ワールドカップに間に合うか心配です。
アイルランドにも負けましたし、チームが若いんでしょうね。

ウエールズは6月の南アでのテストで終了間際までリードしていましたが
ライアム・ウイリアムズのミスで逆転負けしていました。
この記事の写真
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11366574
右側が彼ですが、人一倍喜んでいますね。彼も日本に来ています。

ちょび髭のジョージ・ノースの穴を埋めました。

6月には終了間際にショルダーチャージで認定トライでした。

http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/30236014

ウエールズの新聞のラグビー頁です。勝利の記事ばっかですね。笑い。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/

イングランドは26-17 でワラビーズに勝利です。フライハーフを
変えたのが良かったみたいです。

来年のAグループ楽しみになりましたね。この3チームが同じです。

サントリーの松島いい走りしましたね。
http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20141129-1402714.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

今夜のワラビーズ対イングランドでワールドカップが始まる。?

来年、同じプールAでウエールズも同じで死のグループと言われていますが
その前哨戦です。
この秋はどちらもパッとしませんが。
イングランドはサム・バージェスに期待のようです。
ファレルをフライハーフから2FEに変えたり迷っているようです。

ワラビーズはコーチが変わったばかりですから。

ガトランドに対して、元ワイカトでチームメイトだった
ミッチェルが批判しています。最近のABsの最低のコーチ(2003年)で
人間性も問題のある人?なのでねたんでいるんでしょうね。

ツイッケナムのABs-イングランド戦のレフリーのナイジェル・オーウエンスに
差別的な野次を飛ばした観客に2年間の観戦禁止と罰金の処分があったようです。

昨日のトップリーグ、キヤノン対NTTコムでマフィが最初のランをしたとき
低いタックルで止めたのが197cmのロック宇佐美でした。
日本はロックの身長が足りないだけに、活躍して欲しいですが、来年に
間に合うでしょうか。もっとパワーが必要です。
イッシー(石神勝選手)が100試合出場でした。ヤマハの頃は良く見ていました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

ABsイン北京

3人のABs、Aaron Cruden, TJ Perenara , Patrick Tuipulotuが
ツアーの帰りに中国に行っています。
スポンサーのプロモーションですね。
北京農業大を訪問しています。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11365613

ツアーには怪我で行きませんでしたが、マー・ノヌーがNZを訪問中の
周主席にジャージーをプレゼントしています。

http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11361957

中国はGDP世界一になったんでしたっけ。経済力は伸びるでしょうね。
http://blogos.com/article/96135/

クリスチャン・ロアマヌが資格停止解除されたようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141127-00000575-san-spo

田中選手が出た、カーワンコーチの今年のバーバリアンズのレスター・タイガーズ戦に
出ていますね。
http://www.leicestertigers.com/news/21052.php#.VHcwhGdxnIU

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

Sam Burgess バースデビュー間間近

顔をけがしていましたが治ってきたようです。
イングランドはずっと連敗続きで、サマアには勝ちましたが
秘密兵器が欲しいはずです。手術から8週間ですから
早いですね。

記事。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/sam-burgess-close-to-rugby-union-debut-with-bath-20141126-11ub3f.html

ウエールズコーチ、ガトランドを批判している人もいるようです。
ABsには長年勝てないのはウエールズの層の薄さでガトランドのせいでは
ありません。今はプロップの交代期になっています。

ガトランドになって、69テストで33勝1分け35敗です。

記事
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-rugby-coach-warren-gatland-8166616

NZでは賞の候補者が発表されています。

ITM Cup Player of the Year
Shane Christie
Nehe Milner-Skudder
Seta Tamanivalu

Investec Super Rugby Player of the Year
Jerome Kaino
Nemani Nadolo
Brodie Retallick

Tom French Memorial Maori Player of the Year
Liam Messam
Charlie Ngatai
Aaron Smith

Kelvin R Tremain Memorial Player of the Year
Richie McCaw
Brodie Retallick
Aaron Smith

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

サウスランド、ハイランダーズフランカーJohn Hardie スコットランドでプレーか

オタゴの隣のサウスランドのプレーヤーですが、祖父がスコットランドからの
移民のようです。来年のワールドカップにスコットランドも本人も
プレーを考えているようです。
NZ協会との契約が微妙です。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/provincial/63529415/Scotland-chase-Southland-flanker-John-Hardie

オタゴからスコットランド代表になった人は数多いですね。

首の怪我が治ったHika Elliot がチーフスと再契約したようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11364527

チーフスのフッカーはネーザン・ハリスがいます。
この秋のツアー第1戦アメリカ戦で怪我しましたが。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

アーロン・メイジャー(Aaron Mauger )Leicester Tigersのコーチに。

クルセーダーズのアシスタントコーチを2年しましたが、ABsの後
53ゲームプレーしたレスタータイガースのヘッドコーチに就任することに
なりました。
まだ33ですが、早いですね。レスターで2年主将をしたこともあるようです。
Brad Thorn と Scott Hamilton.もいるようです。
来年のスーパーラグビーが終了して3年契約のようです。

スコット・ハミルトンは元クルセーダーズの背の大きいウイングですね。

2キャップです。

クルセーダーズではブラッカダーとマオリのバックスコーチで来た
タンバイ・マトソンがいるからでしょうか。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11363982

一般誌のダイアモンドにスーパーラグビーの記事が載っています。
http://diamond.jp/articles/-/62603

日本ランク11位に。
http://www.worldrugby.org/rankings
アイルランドが3位になりましたね。ワラビーズが5位へ。

10位以内でないので下のFULLランキングで見るようになりました。

アイルランドとサモアに抜かれました。

ABsでは珍しい口ひげのスクラムハーフデイブ・ラバリッジは相変わらずです。
11月24日のキース・クイーンのツイッター
https://twitter.com/KeithQuinn88
ABsの頃
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=509

タラナキでグラハム・ムーリーと一緒に日本に来ています。

ひげ鼻の下の髭は薄いのも含めていますが、

あご全体の髭は少なかったです。

ひげで凄かったのはフランスのロックで髭の中に顔があるという人が

いました。猿の惑星のような人です。頬骨の辺りも。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

ウェールズファンも混じってカーデイフでハカ

http://www.walesonline.co.uk/news/local-news/nations-rugby-fans-cardiff-wales-8156515

ゲーム後の通りでABsファンとウエールズのファンが
一緒に踊っています。警官まで。

オーストラリアのリーグチャンピオンのうさぎsが
フラグスタッフで高地トレーニングしているようです。
日本の水泳チームが好く行くところです。
http://www.azcentral.com/story/news/local/arizona/2014/11/20/12news-australian-rugby-team-trains-in-flagstaff/70032460/

日本24-35でジョージアに負けましたね。
スクラム、モールで圧倒的な差があり、完敗でした。
ジョージアのスクラムはイタリアより強いのでしょうか。
ヨーロッパのプロリーグでプレーしている選手が多いようで
バックスも良かったです。2年前より進歩していますね。先週
アイルランドと対戦しているのも影響しているかもしれません。

日本は攻め込んではハンドリングエラーが何回かありました。
それだけ圧力があったんでしょう。ランク10位が15位に負けたので
日本下がるでしょうね。

日本は8人ベストが出てないということですが
出てたらもう少し強いと思いたいです。堀江、田中、
ブロードハーストでてないのがが大きいですね。あとリーチ主将も。

矢富が後半出てきましたが久しぶりの日本代表復帰でした。2007年ワールドカップ

フィージー戦で無理なサイドアタックをして怪我、その後トップリーグで

2回の怪我と、日本代表には縁がなかったですが、無難にパスしていました。

田中、日和佐と違うプレーを来年できそうです。

高倉健さんが亡くなりましたが、最近、内田吐夢監督の「 飢餓海峡」を
見ました。

http://asa10.eiga.com/2014/cinema/418.html
犯人役の三國連太郎 の犬飼多吉を追い詰める刑事を伴淳三郎と
共に演じていました。「君よ憤怒の河を渉れ」も見てみたいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

ABs最後15分で34-16でウエールズに勝利

61年負け無しが続きます。
ウエールズはそれまで互角に進めていましたが
ラグビーは最後の10分で決まります。
キーラン・リードがうまいです。NZはボールに
絡み、ノッコンを誘います。あとキックを使い
トライに結びつけます。ラグビーが新しいですね。
ワラビーズを破ったライオンズがウエールズに10人いましたが
15人の差が出ました。
ウエールズではダン・ビガーが目立ちました。
サヴィアへのタックルを一つはずしましたが
それ以外はよく守っていました。スクラムハーフの
ウエブも良かったですが、交代してから
マイク・フィリップスの緩慢なプレーで
トライ取られました。
ABsはバレットが狙われ、タックルの弱さが
出ました。

ソニーもそれほど、目立たず、ジェイミー・ラバーツが
うまかったです。

ABsの背番号は銀色に変わったようですが、やっぱり見にくいです。角度によっては見えないときがあります。襟も黒にしてなんだか余裕がなくなりました。選手、スタッフが決めるんでしょうが、2007年のダサイセカンドジャージーを思い起こさせます。arrogantでなければ

いいですが。
ウエールズはスクラムの弱さがありましたが
アラウイン・ジョーンズはいいプレーをしていました。

長い間レギュラーだったプロップのゲシン・ジェンキンズ(ウエールズ109キャップ、ライオンズ5キャップ)とアダム・ジョーンズ(95キャップ、ライオンズ5キャップ)がプレーしてたので新人を使うのは時間がかかります。最後とっチラかったように見えたのは

そのせいもあるでしょう。ガトランドもどうすることもできない感じです。

アイルランドはワラビーズにも26 - 23で勝ったようです。
ボックスに続いて2勝です。

ブロデイ・レタリックがプレイヤーオザイヤーに選ばれました。

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11363173

今年途中で息切れしましたが前半の活躍はすごかったです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

ABsが最後にウエールズに負けた1953年

写真がありました。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-vs-new-zealand-lifetime-8150467

その後61年たち25連勝です。
それ以前はウエールズの2勝1敗でした。
1905年の対戦はあのトライが認められていれば
という伝説の試合でした。
http://www.nzhistory.net.nz/wales-beat-the-all-blacks-in-controversial-match

マッコーは100試合目の主将になります。

今回の出場選手など
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/30136234

Andy Ellis は来年のワールドカップまだチャンスがあるとグレガー・ポール記者が
書いていますが、テストをプレーしていませんからね。
錆ついているでしょう。ただ4人目としては可能性あるかも。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11362500

日本がスーパーラグビー参加で、注目されるのはコーチでしょうね。
スーパーラグブーも日本も良く知っている人になると思います。

J・ジョゼフとトニー・ブラウンのハイランダーズコンビが浮かびますが
NZが離さないかも。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

ウエールズ、ABsとセンター勝負

ソニー、C・スミス対ロバーツ、デービスの対戦ですね。
ウエールズのほうが、コンビが長いです。ABsのほうは
新しいです。ノヌーが長いですから。
カーターは錆ついているので、1FEはバレットになりました。
やはりいきなりテストで出るのは難しいですね。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11361879

ウエールズの新聞は互角にしていますが。
http://www.walesonline.co.uk/sport/football/football-news/wales-vs-new-zealand-head-to-heads-8142909
ABsが有利だと思います。ただうえーるずにもチャンスはありそうです。
このメンバーのとき、勝てないと今後もずっと勝てないでしょう。

日本のスーパーラグビー加入海外の記事が出ています。
あの写真が使われています。
NZのS・チューが矢部さんの右後ろにいます。SANZAR会長が左後ろに。

日本が南アカンファレンスに入るのは南アの試合を増やすことが目的のようです。
アルゼンチンは近いですが、日本は遠いですから、何年後かに
NZ,オーストラリアに加入するかも。?

南アカンファレンスを増やすのは南ア引止めのためですね。

そういえば数年前、南アがNZとオーストラリアが遠いのでSANZAR

から脱退して、ヨーロッパに加入(フランスと同じ時間帯)ということが

ありましたから、NZも
南アを離したくなかったんでしょう。南アも離れたくは
なかったので。長期化しそうですね。日本。

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/63402136/Japan-Argentina-officially-join-Super-Rugby

フランク・バンスの子供がNZセブンズに選ばれたようです。

http://www.worldrugby.org/news/37826

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

日本スーパーラグビー参加正式決定。

スーパーラグビーサイトでのニュース
http://www.sanzarrugby.com/superrugby/news/japan-and-argentina-officially-join-super-rugby/

日本協会のリリース
http://www.rugby-japan.jp/news/2014/id28911.html

日本協会のツイッター。ホットです。
https://twitter.com/JRFUMedia

ABsのツイッターも歓迎
https://twitter.com/AllBlacks

始まりましたね。

記事はまだ余り出てないようです。

速報でした。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gareth Anscombe のGareth は Gareth Edwards から

アンスコムのお母さんがウエールズ人ですから、その名がついたようです。
なるほど。今週のテストには呼ばれないでカーデイフブルーズのゲームに
出るようですが、ウエールズ代表になるのもすぐでしょう。
ガレス・エドワーズのようにウエールズで愛されるプレーヤーに
なって欲しいです。ABsとウエールズファンの私はそう思います。

記事
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/cardiff-blues-gareth-anscombe-mum-8135945

name after ~にちなんで名付ける、~の名をとって命名する

髪すこし伸ばしましたね。

ガレス・エドワーズのビデオです。9月の再掲です。
http://www.youtube.com/watch?v=Ghe96LfUTcI

Dai Watkins、Barry John、Phil Bennettらを擁して
フライハーフの工場(The fly-half factory)といわれたウエールズ
http://www.espnscrum.com/wales/rugby/story/214379.html
最近名プレーヤーが出ていませんが。この記事を書いている
ジョン・テイラーはウエールズ黄金時代のオープンサイドフランカーです。
その前にCliff Morganもいたようですが。

ウエールズは長年ABsに勝っていませんが、1971年のブリテイッシュライオンズ(当時はそう)の主力はウエールズでNZは負け越しましたから。強いチームでした。

ウエールズは1953年からABsに勝っていませんので
ABsコーチのハンセンも2002年から2004年にウエールズコーチで
ABsとはワールドカップで対戦していますが負けています。
Graham Henryも同様です。

ガトランドはその先輩二人に続いたkiwiのコーチですが、ABsでは
ありますがキャップは持っていません。フィっ津パトリックと重なりましたから。
ただコーチとしては先輩より実績を残しています。

the British and Irish Lions, Six Nations, Triple Crown and Grand Slam titles with Wales and a Heineken Cup with English club Waspsですね。
現在ABsに6連敗中ですが。今週のウエールズもバックスはライオンズが揃いましたが
FWがやや弱いです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

ウエールズ、ジョナサン・デービスをABs戦に投入

秋のシリーズ初テストです。
ウエールズもライオンズでもキーマンだと私は思っています。
ハーフペニー、ビガーも戻りました。

ハーフ団を除いて、ワラビーズをやぶったライオンズのバックラインに戻りました。

ウエールズはベストメンバーになりました。
強いウエールズが戻ってきそうです。

ABsも油断できないです。

Leigh Halfpenny, Alex Cuthbert, Jonathan Davies, Jamie Roberts, George North, Dan Biggar, Rhys Webb; Taulupe Faletau, Sam Warburton (captain), Dan Lydiate, Alun Wyn Jones, Jake Ball, Samson Lee, Richard Hibbard, Paul James.

Reserves: Scott Baldwin, Nicky Smith, Rhodri Jones, Luke Charteris, Justin Tipuric, Mike Phillips, James Hook, Liam Williams.

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/wales-boosted-all-blacks-showdown-6135378

1953年以来ABsに勝っていないウエールズ。ただクラブチームは2回勝っています。
ニューポートが勝ったゲーム
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/24743759
コリン・ミーズが若いですね。

ラネりが勝ったゲーム
http://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-20161903

ソニーに女の子が生まれたようです。おめでとう。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/63328971/Baby-daughter-for-All-Black-Sonny-Bill-Williams

こちらもIRBに変わって World Rugbyの誕生です。
http://www.worldrugby.org/

ツイッターは
https://twitter.com/WorldRugby

日本での2019年ラグビーワールドカップは認知度がまだ少ないようです。
http://www.hostcity.net/event-management-news/rugby-and-olympic-ticket-sales-will-be-challenge-japan

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

ガレス・アンスコム(Gareth Anscombe)もウエールズ代表に選ばれるかも。

チーフス、オークランドでプレーして、まだウエールズに移って
10日ぐらいですが、ウエールズがフライハーフが頼りないので
ガトランドもこの秋のシリーズにデビューさせるかもしれません。
ダン・ビガーがボックス戦怪我で、代わりに出てきた
リス・プリースランドがミレニアムの観客からブーイングを
浴びるほど不人気です。彼のプレーによります。
それに対してシャウン・エドワーヅデフェンスコーチが
"You boo one of us, you boo all of us," Edwards said. "If you boo Rhys Priestland, you boo myself, you boo Warren Gatland, you boo Leigh Halfpenny, you boo the Welsh jersey. Personally, I don't think that's on."
と言っています。

フックも呼ばれていますが、今週のABs戦誰になるかわかりません。

アンスコムはABsには同世代の友人がたくさんいます。U20、チーフスで一緒の
サム・ケインもそうです。
チーフスはたくさんいます。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11360246

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

リッチー・マッコウ(Richie McCaw )はスコットランド系だそうです。

スコットランド代表の資格もあったようです。
マッコーは3回world player of the yearに選ばれています。
シルバーファーンをアザミにと言っています。
今更無理なことですが、スコットランド欲しいようです。

2010 - Richie McCaw (New Zealand)
2009 - Richie McCaw (New Zealand)
2006 - Richie McCaw (New Zealand)

あとカーターが2回です。

彼の3代遠い祖父(アレキサンダーMcCaw)が
新しい研究(スコットランドの観光旅行代理店とグラスゴーのミッチェル図書館)
でエアシャーへのリンクがあるようです。前から
スコットランド系だといわれていたようですが、はっきりした
資料があったようです。1877年にニュージーランドに移住したようです。

スコットランド人はオタゴに多いですね。ハイランダーズ。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11359554

TJ Perenara はアメリカ戦に続いてようやく2回目のテストスタートしましたね。
アーロン・スミスのパスの速さはまだですが、サイド攻撃は威力があります。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/63252582/All-Black-TJ-Perenara-endures-trying-day-in-Scotland

帝京と明治のゲーム見ましたがサイズに勝る帝京がモールで押し込んでいました。
明治は 後ろへ でしたね。松田と梶村が何度か対していましたが
梶村がスピードがあった感じでした。帝京と他の大学チームとの差は大きいです。

翁長氏が沖縄県知事に当選したことは良かったと思います。
沖縄は島のいいところは全部基地で、端を道路が通っているようです。
負担を減らすべきでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

ABsとスコットランド背番号が見にくい両チームの対戦でした。

ABsは小さくて、白が足りない感じです。スコットランドは
赤系のセカンゴジャージーに黒で見にくかったです。
試合は24-16でABsの勝利でした。
若手が多くてもスコットランドには負けません。

日本とルーマニアは18-13で日本の勝利です。
ランク9位と18位互角でした。
ルーマニアス腕力が強く。クラム強かったです。
五郎丸6PGでノートライでの勝利です。
ひとまずテスト11連勝です。
攻め込んでのミスもありました。
バックスせめてが少ないです。
相手のフッカーが強くて木津がやられたようです。
木津はもっと伸びる力はあると思いますが。
ルーマニアのスタジアムは1万も行かないところで
テストマッチには小さいところです。ずっと以前、フランスに
ルーマニアが勝ったこともあったと思いますが、その頃は
10万ぐらい集めたこともあったと思います。
それにルーマニアのテレビは女性をアップで映すのが
他の国より多いです。5倍ぐらい多い感じです。ラグビーに
集中してないのでしょう。それほど美人でなくても。

ノーサイドでは両チームとも固まって、握手は引き上げるときのみ。
強くないチームにカルチャアとして、根付いていないですね。
選手もチームも成熟していません。試合後に円陣組んでも
無意味だと思うのですが。次の試合に向けての反省なら
次の試合までにコーチも含めたミーテイングをするはずですから。

マフィとヘスケス、稲垣啓太初キャップでした。
マフィ戻りもいいです。
矢富は出場機会ありませんでした。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

スコットランドのリッチー(126kg)とジョニー(121kg)のグレイ兄弟ロックの家での食費は凄そう

グレガー・ポール記者が書いています。
兄は2m6cm、弟は198cmです。兄はABsのドミニク・バードと同じですが
バードの112kgより重いです。

スコットランドには Richard Metcalfeという2m13cmの選手もプレーしていました。
NZではマーク・クックスリーの2m5cmをバードが越しましたが。

ABsはバードとスラッシュ(198cm)ですからラインアウト苦労しそうですね。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11358747

NZU20コーチ交代しました。
最近の余りの低成績に変えてきました。

Scott Robertson コーチ
Leon MacDonald アタックコーチ
Tana Umaga   DFコーチ

記事
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/63204614/Former-All-Blacks-to-take-charge-of-under-20s

私の田舎は天草ですが牛深ハイヤ大橋というモダンな橋ができているようです。
http://www.yado.co.jp/hasi/kumamoto/amakusa/haiya/haiya_big01.jpg
鯵が大きいのが釣れるらしいです。
牛深には陸からは行ったことがありません。船では鯛を釣りに行ったことがあります。

牛深は漁港でハイヤ節という踊りがあります。gogoかツイストみたいです。?

http://www.youtube.com/watch?v=y3OlKfNjLlI
地図
http://www.t-island.jp/p/spot/detail/18
鹿児島に近いです。川内にも。火力発電で十分なのに。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

スコットランド戦ABs若手を試す

アルゼンチンを破ったスコットランドですがABsはどちらかと
いうと一軍ではありません。リザーブには控えていますが。

15. Ben Smith (36)
14. Colin Slade (15)
13. Malakai Fekitoa (7)
12. Ryan Crotty (11)
11. Charles Piutau (12)
10. Dan Carter (101)
9. TJ Perenara (9)
8. Victor Vito (25)
7. Sam Cane (21)
6. Richie McCaw (c) (135)
5. Dominic Bird (1)
4. Jeremy Thrush (10)
3. Charlie Faumuina (25)
2. James Parsons (0)
1. Joe Moody (6)

Reserves
16. Dane Coles (25)
17. Wyatt Crockett (34)
18. Ben Franks (40)
19. Luke Romano (16)
20. Liam Messam (38)
21. Augustine Pulu (1)
22. Sonny Bill Williams (21)
23. Julian Savea (31)

カーターが先発です。
スレイドとパーソンズも。スレイドは1FEの
カバーも考えています。
それでも戦力は落ちなさそうなのが層の厚さですね。
記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11358092

ゴルフを楽しんだ人達もいるようです。
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11357947

スコットランドは変わっていません。グレイ兄弟がロックです。

Scotland team to play New Zealand: Stuart Hogg; Sean Maitland, Mark Bennett, Alex Dunbar, Tommy Seymour; Finn Russell, Greig Laidlaw; Alasdair Dickinson, Ross Ford, Euan Murray, Richie Gray, Jonny Gray, Rob Harley, Blair Cowan, Adam Ashe.

Replacements: Fraser Brown, Gordon Reid, Geoff Cross, Tim Swinson, Johnnie Beattie, Chris Cusiter, Duncan Weir, Sean Lamont.

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

world player of the year nominations

5人候補にあがっています。
Two All Blacks,
lock Brodie Retallick
winger Julian Savea, who has 10 tries in 11 Tests
two Springboks
No. 8 Duane Vermuelen
fullback Willie le Roux
Ireland first five-eighth Jonny Sexton

選ぶのは9人です。
John Eales(Australia)
Will Greenwood (England)
Gavin Hastings (Scotland)
Raphael Ibanez (France)
Francois Pienaar South Africa)
Agustin Pichot (Argentina)
Scott Quinnell (Wales)
Tana Umaga (New Zealand)
Paul Wallace (Ireland)

最近の受賞者です。

2013 -- Kieran Read (New Zealand)
2012 - Dan Carter (New Zealand)
2011 - Thierry Dusautoir (France)
2010 - Richie McCaw (New Zealand)
2009 - Richie McCaw (New Zealand)
2008 - Shane Williams (Wales)
2007 - Bryan Habana (South Africa)
2006 - Richie McCaw (New Zealand)
2005 - Dan Carter (New Zealand)
2004 - Schalk Burger (South Africa)
2003 - Jonny Wilkinson (England)
2002 - Fabien Galthie (France)
2001 - Keith Wood (Ireland)

記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/all-blacks-headline-world-player-year-nominations-6128764

先週のABs対イングランドのレフリー、Nigel Owens はゲイとカミングアウトしていて
ツイッケナムの観客から人種差別の野次うけたようです。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/nigel-owens-hits-out-alleged-8100193

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

エデイ・ジョーンズ世界ランク9位でon cloud nine(嬉しくて天にも昇る気分だ)

日本が9位になって記事が出ています。そのタイトルが
Jones on cloud nine after Japan rise 等
記事
http://www.straitstimes.com/news/sport/more-sport-stories/story/rugby-jones-cloud-nine-after-japan-rise-9th-rankings-20141111

9位とon cloud nineをかけてもいますね。
「 ninth heaven が神に一番近く、いちばん幸福とされたことから」
http://eow.alc.co.jp/search?q=cloud+nine
のようです。
seventh heavenとも使うようです。

選手を褒めていますが、エデイに負うこと大ですね。

スコットランドがNZ人のVern Cotter によって強くなっています。
http://tvnz.co.nz/rugby-news/scotland-embracing-vern-cotter-influence-6127873

アルゼンチンに41-31 で勝ったのは驚きでした。今週はABsと対戦しますが
スコットランドはNZには勝ったことがありません。
ただABsも油断は禁物です。

日本にもワールドカップでスコットランドが強敵になりそうです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

ラグビーの場内放送、ワールドカップではIRB独立系に?

ABsとイングランド戦でレフリーのナイジェル・オーエンスがトライを
すでに宣言した後に、場内のBBCの放送がスローを繰り返したために
再度TMOに確認することがありました。
ABsはボックス戦にレフリー陣が気づかなかったハイタックルを
場内テレビが繰り返したスローによりペナルテイになり
ランビーのキックが決まり負けています。
地元テレビを使うと地元寄りになってしまい
レフリーの判定より優先するものが存在し問題になっています。

ただIRBだけにすると2007年のような八百長もあるのでNZはクリケットやテニスの場合コーチがレフリーに言えるようでな制度がいいと考えているようです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11356250

日本が世界ランク9位になったそうですが
http://www.irb.com/rankings/sportid=1/ranking/index.html
連敗して上がるなんてラッキーでしょうか。
マオリがランク計算対象外だからですね。2連敗で40点差負けもあるのに
対象チームだったら下がるはずです。
アルゼンチンより上だとは思えません。それわかってて利用するのはいいかもしれませんが今回実力で上がったとは言いがたいです。

ウエールズの2軍に勝ったからトップ10に上がるようになったり、フルメンバーでない
サモアに勝ったのもそうかも。本当の1軍はイタリアぐらいしかありません。
マオリ2点差負けは価値はありますが。スコットランドも強くなっているようですし
選手が勘違いしなければいいですが。次の点もあり、まだ選手は経験不足です。
来年のワールドカップまでその経験をつむことができないようです。
エデイは浮かれてないでしょうが。

それが証拠に今の日本よりランクが下?のフィージーやサモアやアルゼンチンはこの

秋の遠征で強豪国とテストをしています。日本は?

勝って上がればいいです。

セットプレーが強いスコットランド、第1戦のマオリのようなサモア、現時点では

アメリカに1勝のみの力と思われます。メンバーが1軍か2軍を加味してないランキング

一喜一憂してもしょうがないです。

改善して欲しい日本のノーサイド。
マオリ第2戦のとき
日本はトップリーグの悪しき習慣、自チームだけで
まとまって、マオリの人達が握手を待っているのに
延々とミーテイングしていました。
ノーサイドという言葉は日本発(この5~10年)で世界に広めようということでは
なかったのでしょうか。Steve Walshがノーサイドって言っていましたよね。
ノーサイドって試合が終われば、敵も味方もないということだと思います。
あれだと敵のままでしょ。
なんか男らしくない。みじめったらしい。負けたっていいんです。日本だけでしょ。あんなことやっているのは。
トップリーグが何故あれをやるかというと、私が思うに、バックスタンドの会社の応援の前で握手するからだと思います。他のスタンドの観客は眼中にないのだと思います。その二つしか観客はいないと思っているのでしょう。
エデイがリーチを主将にしたのは、英語が話せるからで、プレーヤーとしては一番だからじゃないと思います。私は堀江だと思います。リーチの人間性を知っていてあえて言います。トップリーグに毒されている。

終了間際の逆転というのはNZではしょっちゅうあります。新聞記事に last gasp(土壇場)という言葉がよくあります。ブラッド・ソーンは最後がマネータイムと言って一番力を
出す時間だと言っています。日本でも、ケヴィン・シューラーがコーチのときの
ヤマハがよく最後に逆転していました。
そういうものも折り込んでの日本代表であってほしい。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

New York Times のヨーロッパテストラグビー記事

バランスよく紹介しています。

アイルランドはワールドカップでは南3強と唯一同一チームでは
ないですね。ウエールズとイングランドがワラビーズと同組で
スコットランドがボックスと同じです。

アイルランドは今年の6ネーションズチャンピオンですが
ワールドカップではセミファイナルには進出したことがないようです。

ボックスを29-15でやぶったのには少し驚きました。
Robbie Henshaw とJared Payne という新しい、合わせて3キャップのミッドフイールドで試合終盤のボックスのシンビンを生かしたようです。

イングランドはダン・コールのシンビンを生かせず、その間に
リードw広げられてしまいました。ABsはスロースターターで試合の
最後には勝っているというパターンが多いですね。

記事
http://www.nytimes.com/2014/11/10/sports/rugby/ireland-savors-rugby-win-over-powerful-springboks.html?_r=0

日本代表のゲーム、ちょっと前までは
1万人行かないって嘆いていましたが
ジャパンが強くなるにしたがって
今は満員の2万人が普通になりました。
赤白、桜のジャージー着ている人も
増えました。私もそうですが。
ラグビー党?、ラグビー好きだと主張している感じがします。
私はNZのチームと日本のゲームだと
黒にするか赤白にするか迷います。

ラグビー日本代表打ち破る殻が二つあるような気がします。
一つは2万人以上の観客数、どのスタジアムになるかが不明ですが。
あと他の地上波テレビの放送。

マオリABsは日本を発ちシンガポールに行ったようです。
芝生の状態が悪くAsia Pacific Dragons のゲームはキャンセルされましたが
練習を一緒にして、学校など訪問するようです。
http://www.straitstimes.com/news/sport/more-sport-stories/story/rugby-maori-all-blacks-and-asia-pacific-dragons-train-students-t

タナ・ウマンガどうするんでしょうね。ケーンズのコーチを辞退してこちらにかけていた
感じですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

新国立競技場はスポーツスタジアムなので中身で評価議論すべきでしょう

新国立競技場についての建築家の磯崎新氏の粗大ごみという主張はおかしい点があると思います。今まで日本になかった8万人収容のラグビー、サッカーに使えるフットボール用競技場は全然粗大ごみにならずに、利用が増加するでしょう。ラグビーの大きい試合は日本には持ってこれませんでした。(下記*)新国立競技場は外観だけを見れば、ザハの最初のデザインが、当たり障りのないものに変化していったことはわかります。
オリンピックの開会式の入場行進、陸上競技にだけ使われるものではもちろんありません。当たり前ですが。

磯崎氏の主張

http://societas.blog.jp/archives/1013085375.html

磯崎氏も槇氏も、そもそも2019年ラグビーワールドカップ用に新築することを
触れていません。どちらも80歳を超えた人ですが、世界のスポーツ潮流を
知らないということは年をとられた?としか言えません。景観の次は外観か。そううことでなくて遅れたら日本人の信用にかかわる外交問題です。建築家の範囲を超えた問題です。
世界的に著名な建築家だったら、ツイッケナムやミレニアムを知らないことはないでしょ。
オリンピックのことしか知らない古い世代ですね。まあ、今の日本人にはラグビーワールドカップのことは知られてないですから。まだ7回の開催で来年8回目のイギリス大会は

300万近くの観客を集める大会になります。4年ごと30年もたってないのに急成長ですから知らないのも無理ないかもしれません。

日経新聞のラグビーワールドカップ規模拡大について

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO78619300Q4A021C1000000/

それに2019年に間に合わないことをも書いています。無責任ですね。今デザインを変えて間に合うわけありません。待ち焦がれているラグビーファンの考えを無神経に傷つける意見は再考して欲しいです。知ればわかるんでしょうけど。

ツイッケナム

http://www.rfu.com/twickenhamstadium

ミレニアム

http://www.millenniumstadium.com/home.php

両スタジアムとも外観を気にする人はいません。フィールドと観客席の印象ばかり残ります。建築家が決めるのではなく主役はプレイヤーとファン、そしてテレビ視聴者だからです。

*周辺区域と陸上トラックの重なり

http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/perimeter-area-.html

プレイヤーの安全のため、思い切ってプレーするため必要です。建築家だったらこの問題を解決する、簡単に切り替えられる設計を考えて欲しいです。

ラグビーはオリンピック種目にも復帰しましたので。この問題のため、横浜国際や新潟スタジアムが2019年開催地に立候補しませんでした。ラグビーワールドカップの成長を足を

引っ張る愚昧?な首長の判断がありました。今後糾されることもあるかもしれません。

ラグビー日本代表のマオリABsの試合は秩父宮でも満員、神戸でも昨年の花園での

ウエールズ戦も満員でしたが、もっと多く収容できるスタジアムでも開催できれば

いいですね。そろそろたりなくなりそうです。まだですかね。

かって早明戦でいっぱいになり、旧国立競技場に移った頃に似てきました。

今度は日本代表ですから本物です。ラグビーファンが多いです。

前はラグビー好きでなく、大学好きな人達が混ざっていましたから。移り気でした。

そういう人は日本代表の試合は見に来ません。トップリーグも似ています。会社好きの人は同じです。

昨日はラグビースクールの子供たちと家族も多かったです。

新国立競技場が完成する2019年が待たれます。昨日の試合は勝つべき試合でした。

人気がもっと上がり、大きいスタジアムへの期待が強まるからです。

マオリが連勝しているのもテストマッチでないからもあると思います。

キャップ対象でないので、どうしても相手はメンバーが落ちます。

Internationals Scores

昨日はたくさんの試合が組まれていました。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/international-match/live-scores

ABsは後半圧倒し、ダン・コルのシンビンがありましたが
逃げ切り今年イングランドに4連勝でした。

ウエールズは一時スクラムの認定トライで逆転しましたがワラビーズに
10連敗です。

スコットランドもピューマズに勝っています。

ボックス、アイルランドに負けたようです。

NZはABsとマオリABsと2チームを秋の遠征に送り出しています。層の厚さはNZだけですね。マオリABsのプレーヤーもいい経験をして何人かはABsにいつか呼ばれると思います

NZのキーという政治家、ABsを政治利用していますね。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11355693
2011年のワールドカップ決勝の表彰のとき、みっともなく
しゃしゃり出ていました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

日本大魚を逃す。18-20。マオリ

後半同点になって、2回PGチャンスあったと思います。
狙っていれば。後半は日本が押し気味で、マオリたじたじという
感じがありました。松島、マフィが良かったです。
NZのチームは、ゲームはLast gasp(土壇場)の逆転が多く
最後まであきらめません。

前半も何度かチャンスがありましたがミスで得点にならなかったです。

写真です。
ゲーム前の練習でダルマゾ

Darumazo

マフイ

Mafi

ハカ1

Haka1

ハカ2

Haka2

ハカに対しての日本

Hakajapan

前半山田選手トライ後

Yamadatry

日本のスクラムは強力

Nihonscrum

スクラム、モール?

Scrummoul

同点にしました。

Douten

五郎丸リードのキック前

Goroumaruread

木津。素質はあるのですがもう一段成長して欲しいです。

Kizu

マオリ逆転トライ後1

Maorigyakuten

マオリ逆転トライ後2

Maorigyakuten2

結果

Result

40分ぐらい並んだラムチョップ
手羽先みたいです。

Ramcyop

マオリもようやく勝ったというゲームでした。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/10721618/Late-try-helps-NZ-Maori-snatch-win-over-Japan

日本ベストが8人出てない中でのこのゲームで層は厚くなっているようです。
ただ勝つべき試合だったと思います。

マレ・サウがスパイクの特注中敷きを探しているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141108-00000131-spnannex-spo

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shane Williams ウエールズに帰国。プレーも引退してコーチに

三菱ダイナボアズでの3年間のプレーを終わり、プレーも引退して
ウエールズでコーチをしたいようです。
またBBCのコメンターも続けたいようです。

記事
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-rugby-legend-shane-williams-8060164

Jonathan Davies met Jonathan Davies
という記事がありました。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/jonathan-davies-met-jonathan-davies-8066429#rlabs=1

同じ名前で活躍する人達って珍しいですね。

ABsが10年前ハカをやめようと考えたこともあったようです。
新しいKapa o Pangoをすることになって継続したようです。
http://www.odt.co.nz/sport/rugby/all-blacks/322647/rugby-all-blacks-considered-ditching-haka

やっている人達も色々考えているんですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

明日ラグビー日本代表とマオリABsのゲームは日テレで中継

http://tv.yahoo.co.jp/program/95684734/
地上波での珍しいラグビー日本代表のゲームの放送です。

日本代表は国内今シーズン最後のゲームになります。1時間delayですが。
1年に1度あるかないかです。異常ですね。
1995年のワールドカップ以降強くなくて勝てない試合が
続いたこともあります。ただ昨年からテストマッチ10連勝で
世界ランクも11位に上がっています。
マオリとの第1戦はエデイ・ジョーンズによると実験も
あったようですが、それでもあの惨敗は良くなかったです。
ただ日本が得意なスクラムやモールに持ち込むことが
少なかったです。
土曜日の試合は前売り券も売り切れでメンバーも変えてきています。
http://sakura.rugby-japan.jp/japan/2014/id28671.html
ロックに真壁を入れ、NO8にマフィを使ってFWのパワーは
増しました。
私は見に行きますが、1戦で見れなかった闘志を見せて欲しいです。

マオリ
http://sakura.rugby-japan.jp/japan/2014/id28681.html
ロビー・ロビンソンに変わってスキュダーが入りましたね。

スコットランドではリッチーとジョニーのグレイ兄弟がピューマズ戦でスタート
するようです。弟が小さくて
1.98 m (6 ft 6 in)
119 kg です。
兄のリッチーは
2.08 m (6 ft 10 in)
128 kg   10cm高いですね。

ウエールズ対ワラビーズ選手を比較してあります。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-vs-australia-rate-players-8062256

ウエールズが勝っていますが。
キーマン、ジョナサン・デービスがいないのが惜しいです。
ウエールズはワラビーズを苦手としています。
最近は僅差ですが勝てていません。ライオンズでは圧倒しましたが。

イングランド戦のABsメンバーです。
All Blacks: Israel Dagg, Ben Smith, Conrad Smith, Sonny Bill Williams, Julian Savea, Aaron Cruden, Aaron Smith, Kieran Read, Richie McCaw (c), Jerome Kaino, Sam Whitelock, Brodie Retallick, Owen Franks, Dane Coles, Wyatt Crockett. Reserves: Keven Mealamu, Ben Franks, Charlie Faumuina, Patrick Tuipulotu, Liam Messam, TJ Perenara, Beauden Barrett, Ryan Crotty

ソニーが先発で、コンラッド・スミスと組みます。
カーターは休ませましたね。

新国立競技場についての磯崎新さんの
「当初のダイナミズムがうせ、亀のような鈍重な姿に失望した」
については賛成です。最初見たときの驚きが、当たり障りのないもに
変わっていますね。ただ間にあいません。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

All Blacksの新ジャージーはAll Black

先ずは写真を。
記事
http://tvnz.co.nz/rugby-news/all-blacks-unveil-blackest-jersey-yet-6123747

個人的には襟は白が好きです。

Julian Saveaは謙虚ないい選手でした。
ジョナ・ロムーはベスト
小さい頃からアイドルで、ヘアースタイルもまねたようです。

イングランドFWコーチのGraham Rowntree はハカが好きなようです。
選手にも見て敬意を払えと言っています。
彼が好きな経験だったようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/10704478/Englands-haka-message-Watch-it-respect-it
いろいろな反応したチームありますが。

2019年ワールドカップ試合開催立候補地発表になりました。
組織委員会
http://jp.rugbyworldcup.com/rugbyworldcup2019/news/newsid=2072488.html#14

新潟は何故応募しなかったんでしょうか。東京から近いのに。
ときに乗るとすぐなんですが。
新潟の新聞は報道していますが
http://www.niigata-nippo.co.jp/world/main/20141105143888.html

ワールドカップ開催期間は、今までの大会では国中が盛り上がり一色になります。
日本でも北海道、東北、東京、東海、関西、九州と盛り上がると思います。
日本海側、中国地方は置いてけぼりというか疎外感を味わうと思います。
世界にアピールする機会もなくしました。
選手の安全を確保する周辺区域のため陸上トラックの一時的撤去と
はかりにかけなくともどちらがいい選択かはあきらかでしたが。

横浜国際総合競技場も立候補してないですが、芝生がサッカー専用で張り替えるのに

1年かかるというのが理由のようですが、これは違うみたいで、

陸上トラックを芝生に変えるのに時間と費用がかかるという理由のようです。

来年ウエンブレーでも開催しますし

日本のスタジアムもサッカー使っていると思います。税金でできた

スタジアムではないのでしょうか。

準決勝以降の4試合を1週間で新国立でするとなると
相当グラウンドが痛みます。
ワールドカップの成功、成長を邪魔したことになるのでは。

静岡に行くかもしれませんね。国際都市としての責任を放棄したともいえます。

NZ大会を参考にしたようですが、447.1万 (2013年)の人口と横浜市の人口は368.9万 で(2010年)そう変わりません。無意味です。その前のフランス大会かその前のオーストラリア大会を参考にすべきです。

ちなみにペンフィールドのホムンクルスです。
http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/32/index-32.html
手と顔に多くの脳神経が繋がっています。

文字認識に関して、プリンター対応も今していますが、個人的には
リコーのフォントが一番好きです。気品があります。病院や大学などで
使われているのもうなずけます。
次に購入するプリンターはリコー製と決めています。ビジネスレター、その他
レターも受け取った人の印象も違うと思います。
プリンターフォントの中には偏旁のバランスが悪かったり、ボールド体(縦線が太い)のも
あり認識率で違いが出てきます。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

ウイリアムズとケイト(Duke and Duchess of Cambridge)今週カーデイフでラグビー観戦

ラグビー好きな二人はいてもたってもいられないのでしょう。
ウエールズとワラビーズのテストがあります。

記事
http://www.bbc.com/news/uk-wales-29887486

ウエールズは南3強と対戦します。
Wales' autumn Tests 
Saturday, 8 November: v Australia (14:30 GMT)
Saturday, 15 November: v Fiji (14:30 GMT)
Saturday, 22 November: v New Zealand (17:30 GMT)
Saturday, 29 November: v South Africa (14:30 GMT)

ジョナサン・デービスはワラビーズ戦は無理しないようです。
ノースがセンターに。バックスは揃ってきました。
去年のライオンズのメンバーですね。
Wales: Leigh Halfpenny (Toulon), Alex Cuthbert (Cardiff Blues), George North (Northampton Saints), Jamie Roberts (Racing Metro), Liam Williams (Scarlets), Dan Biggar (Ospreys), Rhys Webb (Ospreys), Paul James (Bath), Richard Hibbard (Gloucester), Samson Lee (Scarlets), Jake Ball (Scarlets), Alun Wyn Jones (Ospreys), Dan Lydiate (Unattached), Sam Warburton (Capt), Taulupe Faletau (Newport Gwent Dragons).
Replacements: Scott Baldwin (Ospreys), Gethin Jenkins (Cardiff Blues), Rhodri Jones (Scarlets), Bradley Davies (London Wasps), Justin Tipuric (Ospreys), Mike Phillips (Racing Metro), Rhys Priestland (Scarlets), Cory Allen (Cardiff Blues).

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/10702067/Warburton-Halfpenny-recalled-to-Wales-team

今日2019年ワールドカップ立候補都市発表ですね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141105/k10015945071000.html

14都市が立候補を明らかにしているようです。
札幌市
岩手県と釜石市
仙台市
埼玉県と熊谷市
東京都
静岡県
愛知県豊田市
大阪府と東大阪市
京都市
神戸市
福岡市
大分県
長崎県
熊本県と熊本市

京都と長崎の記事見てないですが。

新潟と神奈川はないのでしょうか。
寂しいですね。

大西将太郎選手のツイッター

https://twitter.com/shotaroonishi

で知ったのですが
マオリテレビがマオリABsに取材同行しているようです。知らなかったです。
元主将のラテイマーが訪れています。
http://www.maoritelevision.com/news/sport/tanerau-latimer-catches-maori-all-blacks-online-special

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

バーバリアンズのフッカーJames ParsonsとColin SladeがABsに呼ばれました。

英国滞在中でスムースです。カーワンに頼んでいましたね。
フッカーのネーザン・ハリスとコーリー・ジェーンがNZに帰りましたので
その代わりです。

スレードはバーバリアンズでいいプレーしたようです。今年は
ABsに呼ばれるプレーしていますね。
イーグルズ戦ではウイングをヴィトやペレナラがやっていたようです。

記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11352744

イングランド戦1FEがバレットかカーターかクルーデンの誰を使うか
興味があります。ゴールキックならカーターですが、バレット先発で
カーターリザーブでもいいですね。

以外で嬉しかったのですが
このブログ、ラグビーとソフト、健康でブログ村に
登録しているのですが
ランキングでソフトで4位になっていました。
http://it.blogmura.com/software/
最近ソフトのことを書いてないのに。
ラグビーファン全てに読んで貰う書き方でも
ないとは思っています。ABs中心でトップ3の考え方
が多いですから。読んでいただく人に
読んで貰えば。
ソフトは柔軟な考え方の人も多いので
読んでもらっているのかも知れませんね。
ソフト業界にラグビーファンを増やそうとも
思います。

シカゴではラグビーファンスタジアムの外でも盛り上がったようです。
http://breakingnews.suntimes.com/sports/rugby-fans-cheer-on-us-team-in-game/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

All Blacksとイーグルズ満員でSix Nationsもアメリカでの試合を

IRBのBrett Gosperが話しています。
NBCが土曜日の午後prime-time のライブ放送しました。

スポンサーの影響かもしれません。
シカゴはベア-ズ、ブルズ、カプス、ホワイトソックス、ブラックホークスと
スポーツチームが多い都市で注目を集めました。
ラグビーとアメフット、バスケットボール、野球、アイスホッケーとの
比較に関心をもたれたと思います。
英国プレミアシップラグビーも選手のアメリカ選手のリリースに協力していたようです。
時差が少ないこともありますね。5時間ぐらいです。

アメリカ紙も補導しています。

ちらtt見る程度でお願いします。

シカゴトリビューン
http://www.chicagotribune.com/sports/breaking/ct-rugby-us-new-zealand-spt-1102-20141101-story.html
アメリカのファンに聞いています。

USAツデイ
http://www.usatoday.com/story/sports/olympics/2014/11/01/us-rugby-opportunity-to-build-off-game-all-blacks/18352677/
スポンサーも今後集まりそうです。

ABCニューズ
http://abcnews.go.com/Sports/wireStory/blacks-74-usa-26627259
アメリカが50点ぐらいに抑えると思っていたようですが
ABsベストだしましたね。

アメリカのラグビーは大卒エリートもプレーしています。
カリフォルニア大バークレー校のBlaine Scullyも鼻血を出しながら
奮闘していました。

ABsではジェーンがハムストリング、ハリスがアンクルでゲームに
出られないようです。ソニーもお尻を痛めたようでsが
数日で大丈夫のようです。

カーターは30分プレーしてゴールキック難しい位置から
決めていました。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

日本代表 マオリ対日本 2008年22-65 2014年21-61

マオリとの対戦では進歩なしというかほとんど同じですね。
日本は堀江と田中が出てないのが響きましたね。
あとブロードハースト、ウイング、コリーも。
リーチ主将より引っ張っている人がいる感じです。

マオリの対外成績です。
http://www.allblacks.com/Fixtures/Maori

去年のカナダ、アメリカ戦と今年の日本の両チームの対戦から
もう少しできるとおもいましたが。
日本は尺取虫ラグビーで自陣にとどまるばかり。
マオリはターンオーバーとカウンターから一気のトライが
多かったです。

2戦目は見に行きますのでもうすこしいい試合を期待します。

神戸は観客数2万1234人でワールドカップ立候補しましたから
いい予行演習にはなったと思います。

個人的に私だけだと思いますが
MZマオリの中に懐かしい名前が

Nehe Milner-Skudder はgorge Skudderの甥のようです。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=799
スキュダーは1969年ウエールズがNZツアーをしたとき
グラハム・ソーンが怪我したので第2テストに呼ばれました。
この1テストのみだったようです。

Marty McKenzie はNZU20のダミアンの兄ですね。
最後ゴール前でシンビンになりましたが。
ということはRobbie Robinson はいとこになります。
RRはスピードがありましたね。
回復したようです。スーパーラグビー復帰も期待したいです。

ワラビーズとBarbariansは 40-36 だったようです。
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/29865610

スーパーラグビーに日本参加となると、形骸化している
日本選手権がなくなるかもしれませんね。トップリーグ
のチームはプレイオフで日本一決まったと思っていますから。
さらに学生リーグも変更したほうがいいと思います。
100点ゲームのミスマッチはなくさないと100害あって一利なしです。
日本の選手が伸び悩んでいるのは学生のとき厳しいゲームが
少ないからです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

連勝中日本とマオリABsどちらが伸ばすか

日本は10連勝、マオリは16連勝中です。

日本代表でリザーブに入ったワイルドな奴マフィ(夕べ放送)が活躍するか
も興味があります。マオリも2003年から国代表に負けていません。

マオリはヤフーの掲示板にも書きましたが
去年はベテランが多くいました。
Hika Elliott
Corey Flynn
Ben Afeaki
Jarrad Hoeata
Luke Braid
Piri Weepu
Tim Bateman
Zac Guildford
Andre Taylor

Canada  15-40  Maori All Blacks
United States 19-29  Maori All Blacks
それでややアメリカには迫られていますね。
今年はこれらのベテランが海外に行っています。
日本にチャンスもあるのではないかと思います。

Ihaia West には気をつけたほうがいいです。ホークスベイとブルーズで
活躍しています。

記事
http://www.sportal.co.nz/rugby/news/preview-new-zealand-maori-v-japan/kotlfz83ks1e1gl4sccx9qi49

サム・バージェスはユニオン顔になっていますね。笑い。
http://www.bbc.com/sport/0/rugby-union/29848681
4人兄弟の次男です。

リパブリックによるどABs対イーグルスのゲームは
ストリーミングで見れるようです。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=106787&page=1
日曜5時からだと思います。

2019年ラグビーワールドカップでこけら?落としする
新国立競技場は
建築関連5団体改修が難しいとの点にはJSCの説明に理解
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/10/31/kiji/K20141031009202370.html
説明するとわかってもらえると思います。

施工者も決まったようです。
http://www.asahi.com/articles/ASGB07295GB0UTQP01R.html
解体が遅れているようですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »