« Braveheartスコットランド29-18フランス | トップページ | トニー・ブラウンTony Brownハイランダーズのアシスタントコーチとして契約延長 »

2016年3月15日 (火)

Bill Beaumont次のWorld Rugbyのchairmanになりそうです。

一人だけの立候補のようです。副会長候補にはアルゼンチンのピチョットです。
5月に選挙で7月から会長としてスタートになります。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/77881941/new-zealand-back-england-great-bill-beaumont-as-world-rugbys-new-chairman

ビーモントはイングランド代表として日本に着ています。
上田昭夫さんは試合しているのではないかと思います。

2019年大会はは再来日になります。

イングランドのプロップJoe Marlerは処分を受けました。
いろいろ批判されているようです。エデイからも。
"It's not within the spirit of the game,"

ロブショーに少し似ていますね。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/35802422

山田章仁選手が五輪セブンズに出たくて、6月のテストを
辞退したいそうですが、本末転倒ですね。
15人制が最重要です。基本です。
基本がおろそかになると全てに影響します。
藤田や福岡もセブンズというのもおかしな話だと思います。

ベストでくるスコットランドに日本がベストでないということが
許されるわけありません。日本がベストでないと
スコットランドにたちうちできるわけありません。
15人制の大事さを知らないです。
オリンピックで目立ちたいということじゃないですかね。
スコットランドとのテストはもっと重いです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160313-00000244-sph-spo
スコットランドにもし50点取られて負けたとき
どうなるでしょうか。
1991年のワールドカップで大敗した時の二の舞です。

スコットランドのウイングは高いボールに強い、シーモアとヴィッサーが
います。
若いウイングでは無理です。松島はいいですが。

ジョゼフが指導できなく、ハメットが代理ですが
それは関係なくテストマッチとして世界で評価されます。
地上波でもゴールデンタイムに中継されそうですし。
国内での影響も大きいです。

どうしても出たいというのなら7月からにすればいいです。

NZでセブンズにはソニー、メッサムを除いて入る人が
少ないですよね。去年は名前が他にもあがっていましたが
ABs、スーパーラグビー優先になっています。
ソニーも今のところ成功しているとはいえません。

ソニーも香港までは出そうですが。

トニー・ブラウンはまだハイランダーズのコーチになりたくないようですね。

謙遜しています。他に探すことになりそうです。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« Braveheartスコットランド29-18フランス | トップページ | トニー・ブラウンTony Brownハイランダーズのアシスタントコーチとして契約延長 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bill Beaumont次のWorld Rugbyのchairmanになりそうです。:

« Braveheartスコットランド29-18フランス | トップページ | トニー・ブラウンTony Brownハイランダーズのアシスタントコーチとして契約延長 »