« Rugby going to America. | トップページ | Braveheartスコットランド29-18フランス »

2016年3月13日 (日)

イングランド25-21ウエールズ

ウエールズの反撃が遅すぎました。
リス・ウエブが出てきてリズムが出てきましたが。
イングランドはイトジェの活躍が目立ちました。
195cmとロックとしては身長はないですが
バネがあります。
ハスケルがウオービトンにネックロール、
シンビンじゃないですかね。
あとフランシスがコールに目潰し気味。
ホワイトカードだと思います。
イングランドがバックスが動いていましたが
ウエブが出てきてからはうえーるずも
バックスが良くなりました。

エデイがコーチになって、イングランドもしまってきましたね。

ナショナルアンセムはキャサリン・ジェンキンズと
ローラ・ライトですたがmキャサリンだけ少し写っていました
イングランドのwinner takes it all
でした。

ジュベールは慎重な笛でした。

サンウルブズは山田のハットトリック等で
前半大きくリードしましたが、後半はチーターズがアグリーに
ラインアウトモールで攻めてきました。
1点差負けです。
他のチームをこれをやってくるでしょうね。

ピシと田村のPGキックミスが響きました。
前半はいいプレーしてましたが
後半が勝負です。
田村は失敗しても笑っていました。
やはり大学でゆるいゲームをやっているので
こういうミスをします。

マネータイムに活躍するかが大事です。

シンガポールは観客が1万人ほどで、これでは
交通の便がいいだけになりそうです。
日本でやったほうがよさそうです。
セブンズも香港のあとあるようですが
ラグビー-ファンが少ないのでは。

ロビー・デイーンズはパナソニックが気に入ってて

あと3年ぐらいは日本にいると思います。待遇もいいのではないかと

思います。今休暇でNZに帰国しているようですが、ハイランダーズに

行くことはありません。カンタベリーとオタゴは南島のライバルで

それもありますし、トニー・ブラウンを放さないでしょう。

spikes 記事を没にするという記事が出ました。苦笑。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/77754073/deans-spikes-talk-of-coaching-the-highlanders

私NZに何十年も住んでいて、ラグビーもよく知っている日本人の人を

3人知っています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« Rugby going to America. | トップページ | Braveheartスコットランド29-18フランス »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イングランド25-21ウエールズ:

« Rugby going to America. | トップページ | Braveheartスコットランド29-18フランス »