« クレイグ・ジュベールCraig Joubert イングランド対ウエールズ戦のレフリーでテストシーンにに復活 | トップページ | Rugby going to America. »

2016年3月11日 (金)

今年6月のスコットランドとの2テストはスプリングボックス戦と同じくらい重要

2試合ともナイターです。
地上波のテレビ中継があるのでしょうか。
2019年ワールドカップの前哨戦なので
日テレとNHKに期待しています。 
両スタジアムも5万近い観客ですし。
運営ということでも練習になります。
交通が混雑しそうです。

6/18(土)19:20KO@愛知・豊田スタジアム 4万5千人
6/25(土)19:20KO@東京・味の素スタジアム 49970人
https://www.rugby-japan.jp/2016/03/10/v_scotland_kickofftime_announced/

何回も書いていますが、スコットランドはベストメンバーできたときは
いずれもジャパンは大敗しています。
私が見たのは3回ありましたが
去年のワールドカップは10-45で敗れています。
1991年のワールドカップでスコットランドと対戦し9-47です。
1977.9.18 スコットランド 国立競技場 ● 9 - 74

日本をよく研究して、日本の弱点をついてきます。
しかも何回も対戦しているのでその方法を熟知徹底しています。
本当のテストマッチになりそうです。
これに勝ったら、日本の実力も本物です。

スコットランドが優位だと思います。かなり。

スプリングボックスに勝ったのは、相手が日本とは初めてで、
研究してませんでしたし、油断していました。4人ほどベストメンバーでは
ありませんでした。それでも価値はありますが。
もう一度対戦したら同じ結果にはならないでしょう。

今度はラインアウトモールを多用してくるでしょう。uglyにきます。

ジャパンの選手もワールドカップのチームが再現されそうですし
選手達もリベンジしたがっていると思います。
とても重要な試合というのは自覚していると思います。
ボックス戦と同じくらい重要です。

スコットランド選抜に勝ったのは論外です。

Mick ‘The Kick’ Byrne はワラビーズのスキルコーチに
なりそうです。11年ABsを主にキックの指導していました。
その間日本代表も。

エデイはウエールズに口撃始めました。
スクラムが反則気味だと。ウエールズも負けていません。
イングランドのプロップの組み方がおかしいと。
試合は始まっています。

五郎丸はベンチを厚く、キックを期待されているようです。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/japan-world-cup-star-ayumu-goromaru-benched-by-queensland-reds-for-melbourne-rebels-clash-20160310-gnfcat.html

シンガポールで、日本から8時間と南アフリカから11時間のチームが
スーパーラグビー初試合を行います。
5万5千の観客席はどのくらい埋まるでしょうか。
イギリス系の人も多いようですが、アジアの人が見に来るでしょうか。

テクノロジー雑誌のジャパン続編です。
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/110200006/030800020/

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« クレイグ・ジュベールCraig Joubert イングランド対ウエールズ戦のレフリーでテストシーンにに復活 | トップページ | Rugby going to America. »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年6月のスコットランドとの2テストはスプリングボックス戦と同じくらい重要:

« クレイグ・ジュベールCraig Joubert イングランド対ウエールズ戦のレフリーでテストシーンにに復活 | トップページ | Rugby going to America. »