« ボックスには勝ったので次はオールブラックス、エディ | トップページ | エディー・ジョンズ、6ネーションズグランドスラムでも手綱はゆるめず »

2016年3月22日 (火)

ウエールズにとっては今年6月のオールブラックス戦は千載一遇のチャンス?

ABsはRichie McCaw, Dan Carter, Ma’a Nonu, Conrad Smith, Tony Woodcock , Keven Mealamu, はリタイアしてSonny Bill Williams はセブンズでベテランがいません。

それでもABsが有利だと思います。ウエールズはかなり頑張らないと
1953年以来の勝利は難しいでしょう。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/35857432

アイルランドがダブリンでカーターが出てない試合で
New Zealand 24,  Ireland 22でクルーデンの終了間際の
逆転PGで勝ったことがあります。こういうことがないとも
限らないと思います。
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=2235
ちなみにアイルランドはABsには1分のみでABsの27勝ち1ドローで
一度も勝ったことありません。
ウエールズとはABsの27勝3敗です。
ABsはクラブチームに2敗していますし、1971年のライオンズは
ウエールズが主力で負け越しています。

ただ、ほとんどアルゼンチンピューマズのジャガーズにチーフスが

勝ちます。これがスーパーたる事実です。

Rieko理恵子・イオネアが19歳でブルーズでデビューしましたが
強さと言うより、スピードとステップでいいところを見せました。
ウイングなんでしょうね。セブンズにも呼ばれそうですが。

イングランドが勝ったことで、来年のライオンズのNZ遠征のメンバーで
マーテイン・ジョンソンが思い切りイングランドびいきの選考をしています。
アラウイン・ジョーンズは足を怪我していたので、調子を落としていました。
イングランドのロックはボズウイックのコーチがいいので、ラインアウトが強かったです。

シンガポールはラグビーブームのようですが
まだまだ観客少ないですね。交通の便が良く、英国系の人も
多そうですが、現地の人が増えないと。
サンウルブズとセブンズの試合があります。
アジアに広がるきっかけにはなりそうです。
http://www.espn.com.au/rugby/story/_/id/15029629/singapore-looks-ride-super-sevens-wave-rugby-boom

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« ボックスには勝ったので次はオールブラックス、エディ | トップページ | エディー・ジョンズ、6ネーションズグランドスラムでも手綱はゆるめず »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウエールズにとっては今年6月のオールブラックス戦は千載一遇のチャンス?:

« ボックスには勝ったので次はオールブラックス、エディ | トップページ | エディー・ジョンズ、6ネーションズグランドスラムでも手綱はゆるめず »