« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

Amy Perrett 女性で始めてスーパーラグビーのタッチジャyッジに

メルボルンのRebels v Stormers でデビューします。
次週のRebels-Reds も同じタッチジャッジです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11665944
アイルランドのHelen O'Reilly も去年Pro12でタッチジャッジをやっています。

トンガ人のTaniela Tupou、20歳、130kgののプロップですが
レッズでデビューするようです。ジョージ・スミスにあこがれて
NZに住んでいましたが、ワラビーズになりたいようです。
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11665771

男女リオ五輪セブンズの14人が発表されましたが
試合出場のトウロクメンバーは12人でまた絞られるんですね。
バックアップメンバーも選ばれていますが、3日間の競技
けが人も出ると思いますが、リオに連れて行くんでしょうか。
日本から行くということは時間的に難しいと思いますが。
ジェイミー・ヘンリーがバックアップメンバーに入っていますが
実績のある選手は本メンバーに選ばれませんでしたね。
外国人出身者を4人選べば、勝つチャンスが広がりそうですが。

ツーロンがヤマハとの試合を中止したようですが
今までのラグビークラブらしからぬ動きです。
オーナーが金に厳しい人ですから。
リー・ハーフペニーがウエルーズの遠征に参加したら
サラリーを払わないといったようで、そりや、怪我でツーロンの
試合に殆ど出てなかったですが、ラグビーに怪我はつきものですし。
ラグビーの伝統にそぐわないオーナーのようだと思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

リオ五輪セブズプール決定OLYMPIC RUGBY SEVENS GROUPS

Aug. 6-11

MEN
Group A: Fiji, USA, Argentina, Brazil
Group B: South Africa, Australia, France, Spain
Group C: New Zealand, Great Britain, Kenya, Japan

WOMEN
Group A: Australia, USA, Fiji, Colombia
Group B: New Zealand, France, Spain, Kenya
Group C: Canada, Great Britain, Brazil, Japan

日本は男女とも英国と対戦しますね。
女子はブラジルがいます。
Edna Santini という、ステップとスピードのあるスターがいます。ビデオあり。

https://www.rio2016.com/en/news/rugby-groups-announced-for-rio-2016-as-stadium-nears-completion

スコットランドは長崎を訪問しています。
コッターコーチも行っているんですね。
https://twitter.com/Scotlandteam

Rugby World誌のスコットランド日本ツアーの記事です。
2019年は湿度が高くない秋なので違った形になるだろうということです、
http://www.rugbyworld.com/countries/scotland/scotland-five-things-learnt-tour-japan-59394

エディーが古巣ランドウッククラブを訪ねています。
http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/club-rugby-eddie-jones-makes-surprise-appearance-at-randwick-training-20160628-gptqhx.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

エディー・ジョンズ、ワラビーズ3連勝の後にもさらにイングランドを鍛える

どこまでも上ろうとするエディーです。
エディーになって、9連勝です。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36643341
秋のテストはSouth Africa, Fiji, Argentina and Australia.になります。

イングランドはJames Haskell 、Maro Itoje 、Owen Farrellが
良くなりましたね。

window monthを6月から7月に移そうという意見もあります。
5月までずっとラグビーが続いて披露困憊のチームもあるようです。

イタリアは20-18 でカナダに勝っています。
カナダも盛り返してきましたね。FWが日本戦のように強くなっています。

スコットランドはかえって行きましたが
リッチー・グレイ等は長崎の原爆関連施設を訪問しています。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/254794

ダン・カーターも東北と熊本の力になりたいと来日するようです。
クライストチャーチも地震の被害にあいました。
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/i/29496835/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

次はRugby Championship

ココログやっと回復しました。

スコットランドサマージャパンツアーも終わりました。
エピソード12
https://twitter.com/Scotlandteam

スコトランドと日本2戦目の視聴率は7.3%だとのことです。
裏で陸上番組があったようです。短距離で日本が活躍するのは
それほど期待できないと思っています。
世界クラスのスコットランド戦が低いのは何なんでしょうね。
まだラグビーのアピール不足なんでしょうね。

スーパーラグビーのプレーオフもありますが。
NZの予定です。
http://www.allblacks.com/Fixtures/2016

他の国のウインドウズ・マンスは11月になります。

05 Nov All Blacks v Ireland Chicago

13 Nov All Blacks v Italy
20 Nov All Blacks v Ireland Dublin
27 Nov All Blacks v France
アイルランドと2試合、イングランドとは対戦しませんね。

ABsに対抗できそうなのはイングランドしかいないですね。
エデイは9連勝です。ABsとの対戦経験も豊富ですから。
一極集中は良くないので。

イングランド、ワラビーズに3連勝です。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36634138

これでも交代しないんでしょうか。
http://www.nikkansports.com/sports/news/1669053.html
大事な世代の指導はトップの指導経験者じゃないと。
178cm、81kgの人を主将にしていましたよね。
U20と言っても相手はシニアと変わらない体格です。
これじゃ中学生相手でしょ。
https://www.rugby-japan.jp/2016/06/25/u20%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e3%80%8c%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%93%e3%83%bcu20%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83-4/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

スコットランド7PGで日本に勝利Scotland 21-16 Japan

試合前の舘ひろしさんとリーチ選手

25dscn0767




日本のカウンターのトライはいいものでしたが、スコットランドは
後半勝負で完勝しました。

flower of scotlandの斉唱

25dscn0774

日本のトライは誉められていますね。

https://twitter.com/BBCSportScot/status/746712694376456192

松田が抜け出して走ったことが始まりです。

本職はFBではありませんがいい経験したと思います。

畠山

25dscn0775


田村のキックはすっかり安定しました。

25dscn0779_2

Greig Laidlaw が出てきて、スコットランドペースになりました。
スクラムをおして、コラプシングを誘いPGを決めていました。
木津の1試合に1度ある、ノットストレイトの後は
流れが完全にスコットランドになりました。

田村も一皮むけたのですから、木津も直さないと。

その前に、ゴールラインが何度もちかかっただけに

とても重大なミスでした。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36629440

両陛下はハーフタイムに着かれたようでした。
試合開始前にグラウンドにおりて両チーム激励は
ありませんでした。

25dscn0780


25dscn0781


一人6kgの差があるスクラム、スコットランド強いです。

25dscn0788

ゴールポスト裏のほうの席でしたが遠いですね。
手荷物検査があったので、飛田給についてから
席に座るまで1時間ほどかかりました。

観客は3万4073人でしたが、周囲の席には飛び飛びで空席が
ありました。

試合開始1時間ほど前に京王線で人身事故があったようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000090-dal-spo
私は5時半前に飛田給についたのでよかったですが
以前、井の頭線と京王線で一日2回あったことあります。
政治が悪いということです。ワールドカップのときも
そのことを考えていたほうがいいと思います。
政治がよくならないといけませんね。

この3人がいたので試合になりましたね。ありがとう。

ツイとマレ・サウの同級生残りのスーパーラグビーも頑張って。

ナキは2トライにからみました。国際的な選手になると思います。

https://twitter.com/Hendrix2E

試合中の重低音のBGMうるさかったですね。やめて欲しい。

写真を撮ったのですが、今日後ほどアップします。

8月からのジェイミー・ジョゼフとトニー・ブラウンに期待しましょう。

Scotland / Japan games over the years:の記録に追加されました。

スコットランドは日本との対戦が多く、日本を良く研究しています。
2016 apan 16-21 Scotland, Ajinomoto Stadium

2016: Japan 13-26 Scotland, Toyota City Stadium
2015: Scotland 45-10 Japan, Kingsholm Stadium, Gloucester (RWC 2015)
2013: Scotland 42-17 Japan, BT Murrayfield, Edinburgh
2010: Scotland XV 24-5 Japan Select, BT Murrayfield, Edinburgh (uncapped match)
2004: Scotland 100-8 Japan, McDiarmid Park, Perth
2003: Japan 11-32 Scotland, Dairy Farmers Stadium, Townsville (RWC 2003)
1991: Scotland 47-9 Japan, BT Murrayfield, Edinburgh (RWC 1991)
1989: Japan 28-24 Scotland XV, Prince Chichibu Memorial Stadium, Tokyo (uncapped match)
1986: Scotland XV 33-18 Japan, BT Murrayfield, Edinburgh (uncapped match)
1977: Japan 9-74 Scotland XV, Olympic Stadium, Tokyo (uncapped match)
1976: Scotland XV 34-9 Japan,  BT Murrayfield, Edinburgh (uncapped match)

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

リー・ハーフペニーLeigh Halfpenny 来年ツーロンやめてウエールズ戻るかも

フランスリーグはテストマッチにも影響するので、ライオンズに選ばれたい
ハーフペニーはウエールズに戻るかもしれません。
ツーロンのオーナーはけちなのでそのほうがいいでしょう。
金で選手を集めているところは、元を取ろうとします。
ウエールズでもハーフペニーの存在は大きかったですね。
ここが怪我人が出たので、他にも派生してきました。
小柄ですがFBのプレーは安定していました。
五郎丸もジャパンとしての活動も制限されるかもしれませんね。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/leigh-halfpenny-could-set-sensational-11518932

シドニー・モーニング・ヘラルドに天覧試合の記事があります。

http://www.smh.com.au/rugby-union/japans-emperor-akihito-to-attend-rugby-test-match-against-scotland-20160624-gprljw.html

スコットランドの選手も興奮しています。

今日見に行きますが

テストマッチ日本の0勝7敗ですか。

スコットランド優位は動きません。6月の2試合で日本のウイングのトライはゼロのようです。得点力不足ですね。

イギリスがEU離脱派が勝利しましたが、女王も離脱を望んでいたようですね。

http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q2S8TJ6QUHBI00D.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

スコットランド対日本の第2テストは天覧試合

国際試合では初めて、天皇皇后両陛下が観戦されます。
試合前に両ちームを激励されるのでしょうか。
雨の予報ですが。

観客席のほうは屋根ついていますね。

今朝のキャプテンズランの取材でしょうか。

https://twitter.com/GarySNSPix

両チームのメンバーが発表されています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36604111
Greig Laidlawがベンチスタートになりましたね。
6人変えてきました。
日本ではマレ・サウがウイングに入り、コリーが
ベンチです。第一テストより少しパワーアップしています。

試合は日テレ地上波で生中継されます。
http://tv.yahoo.co.jp/program/17782996/

京王線飛田給に特急、準特急が止まるようです。
ワールドカップの予行演習のようです。
https://www.rugby-japan.jp/2016/06/22/jpnvssco20160625-event/

ABs対ウエールズはABs若手を使っています。
All Blacks: 15: Israel Dagg 14: Ben Smith 13: George Moala 12: Ryan Crotty 11: Julian Savea 10: Beauden Barrett 9: Aaron Smith 8: Kieran Read (C) 7: Sam Cane 6: Elliot Dixon 5: Sam Whitelock 4: Brodie Retallick 3: Charlie Faumuina 2: Dane Coles 1: Joe Moody
Reserves: 16: Codie Taylor 17: Wyatt Crockett 18: Ofa Tu’ungafasi 19: Luke Romano 20: Liam Squire 21: Tawera Kerr-Barlow 22: Lima Sopoaga 23: Waisake Naholo.

Wales: 15: Rhys Patchell 14: Liam Williams 13: Jonathan Davies 12: Jamie Roberts 11: Hallam Amos 10: Dan Biggar 9: Rhys Webb 8: Taulupe Faletau 7: Sam Warburton 6: Ross Moriaty 5: Alun Wynn Jones 4: Luke Charteris 3: Rob Evans 2: Ken Owens 1: Tomas Francis
Reserves: 16: Scott Baldwin 17: Aaron Jarvis 18: Samson Lee 19: Jake Ball 20: Ellis Jenkins 21: Gareth Davies 22: Rhys Priestland 23: Scott Williams

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

今週はウインドウズマンス最終テスト

今週末が6月のテストシリーズ最終戦になります。
メンバーが発表されています。
フロントローにけが人が出てもうすでに帰っています。
Wales: Rhys Patchell, Liam Williams, Jonathan Davies, Jamie Roberts, Hallam Amos, Dan Biggar, Rhys Webb, Taulupe Faletau, Sam Warburton (captain), Ross Moriarty, Alun Wyn Jones, Luke Charteris, Tomas Francis, Ken Owens, Rob Evans. Replacements: Scott Baldwin, Aaron Jarvis, Samson Lee, Jake Ball, Ellis Jenkins, Gareth Davies, Rhys Priestland, Scott Williams

ABsでは、ダニーデンのテストですからElliot Dixon がデビューしそうです。
Julian Savea も戻りそうで、Liam Squire はベンチのようです。
ダミアン・マッケンジーがデビューが注目です。

ハリー王子がストリートラグビーやっています。
http://www.telegraph.co.uk/news/2016/06/21/prince-harry-almost-takes-out-cameraman-while-catching-pass-in-r/

スコトランド随行記者は東京観光しています。
https://twitter.com/GarySNSPix

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

マッサン エリーの話がラグビー記者会見に登場

スコットランド人ですからね。
2019年ラグビーワールドカップ事務総長のお嶋津 昭氏の
スコットランド随行記者団と記者会見したようです。
日本大会はユニークなものになると語り
スコットランド人の話題ということでエリーの話になりました。
Kirkintillochカーキンティロック生まれということで、それだけでわかるんでしょうね。
グラスゴーの近くです。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36583877

エリー、Jessie Roberta “Rita” Cowanの記事です。

The Scottish mother of Japanese whisky
http://www.bbc.com/news/uk-scotland-scotland-business-30682239

エリー役だったシャーロット・ケイト・フォックスです。
http://matome.naver.jp/odai/2139392311324070701

コリーノビッグヒットはまだ必要でしょうね。
堀江と一緒にシュウマイ食べたましたし。
ツイ、マフィ、コリーの3列にして欲しい。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=109818&code_s=1000

五郎丸はツーロンでウイルキンソンと再会するんですね。
あのルーチンもかって指導を受けたからのようです。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/21/kiji/K20160621012824960.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

スペイン残り0秒でサモアを逆転リオ出場権獲得

Spain qualify for Olympic sevens rugby with dramatic win over Samoa
最後時間ありませんでした。
https://www.youtube.com/watch?v=mx3rOQu7A7E

イングランドがランク2位になりました。
http://www.worldrugby.org/rankings/mru
エデイが就任した時は8位でした。
8連勝で2位まで上がってきました。

スコットランドは8位に、日本は11位になりました。

日本対スコットランドは雪辱(リベンジ)というより悲願の1勝ですね。
斉藤記者が正しい記事を書いています。
テストマッチとスコットランドが認めた対戦成績は
0勝6敗、先週負けたので0勝7敗?
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201606200004-spnavi

第一テストの視聴率は6.6%だったようです。
思っていたより低いですね。通常番組より
低いと思います。
視聴者は賢明ですね。

セーフテイリードを奪った後は守りに専念した感じがあります。

第二テストもスーパープレーがないと。代理コーチのずるずるした

ラグビーでは。ジョゼフ、ブラウンの秋は全く違うでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

スコットランド湿度humidityの高さに苦しむ

夜のゲームで気温は30度より下がりましたが湿度は
高かったようです。

交代で出て20分しか出ていないNO8デントンは
皆、今までで一番厳しいゲームだったと話しています。
以前赤道直下のサモアとフィージー戦以来だそうです。
でもデントンは正NO8ですよね。
途中出場ですから。

ブレイクダウンではターンオーバーが多く
安定していました。

スコットランドはけが人も何人かいるようです。

東京に戻って渋谷の交差点に行っています。
東京名所ですね。
http://www.bbc.com/sport/scotland/36570820

BBCのTom English記者の記事です。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36568560

Tom English記者のツイターです。
https://twitter.com/BBCTomEnglish

豊田スタジアムインゴールの周囲がシートが敷いてあって

スコットランドの選手、ジャパンにとっても気の毒でしたね。

周辺区域も芝である必要があります。

思い切ったプレーができないです。

http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/perimeter-area-.html

尚全国の湿度は
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/
にあります。都市を選んで赤いマークのところを
クリックすると表形式になっています。
ちなみに東京の現在は
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-44132.html?areaCode=000&groupCode=30
湿度100%ですね。

世界ランクは3位イングランドが2位オーストラリアに勝ったので
イングランド2位に上がりそうですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

点差以上の力の差がスコットランド23-13ジャパン

松田力也のインテンショナルノッコンは
イタリア戦の山田のプレーを思い出します。
一度経験をつめば二度とはしないでしょうが
経験したプレーヤーを集められないというjことが
敗因でしょう。
スコットランドはワールドカップに出た人をほとんど
そろえました。日本は傍観者が大勢います。
この差ですよ。選手の意識もあります。
選手に被害者意識もありそう。
休みも必要ですが、それはクラブで休み
代表最優先にしないと。
スコットランドがそのことをshameと批判しています。
ワールドカップでた4人のウイングが一人も
いないわけです。苦笑。

スクラムで圧力をかけてきました。稲垣が
何回も落ちてペナルテイを取られました。

相手陣でのモールも不発でした。
それに松島が早々と交代してビッグガンが
不足ですね。

観客は2万4113人でした。

ラグビーのテストマッチは手加減してくれませんから
ゴールデンタイムの放送は一般の人はどう感じたでしょうか。

New Zealand  36 Wales  22 でした。
先週とスコアは同じですが
勝負どころでウエールズにラインアウトミスが
ありました。ウエールズのFWコーチが良くないですね。
日本に負けたコーチです。

イングランドはワラビーズに23-7で2連勝です。

イングランドとABsの対戦が面白くなりそうです。
いつですかね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

スコットランド対日本第一テスト

第2テストは天皇皇后両陛下もご覧になるようです。
皇太子の頃、ジュニアーオールブラックスと日本の
試合を見られたことはあると思います。

名古屋は昨日は気温28度、今日は33度と暑くなるようです。
ナイトゲームですが。

BBCはスコットランド優位という記事書いています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36556771

スコット・ロバートソンScott Robertson がクルセーダーズのコーチになったようです。
後輩に先を越されてタンバイ・マトソンTabai Matsonの去就がどうなるのでしょうか。

リーグからアメラグ、そしてフィージーセブンズのJarryd Hayneが
フランスか日本に誘われているようです。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/like-red-wine-and-sushi-jarryd-hayne-hints-french-japanese-rugby-switch

リー・ハーフペニーLeigh Halfpenny は9ヶ月ぶりにツーロンの
ゲームに出るようです。けちなオーナーでウエールズの試合に出たら
払わないといわれたようです。

ブライアン・ハバナBryan Habana は南アフリカのセブンズ代表になったようです。
15人制からは4人選ばれています。
http://www.usatoday.com/story/sports/olympics/2016/06/17/bryan-habana-in-south-africas-olympic-rugby-sevens-squad/86026506/

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

フランスではラグビーは最も人気のあるチームスポーツ

ラグビーワールド誌のレポートです。
39% rugby
to football’s 29%
だそうです。
2007年のワールドカップ開催後顕著ですね。
日本も2019年後人気が出そうです。
フランスの6月はアルゼンチンとのテストがあるようです。

http://www.rugbyworld.com/countries/france-countries/france-rugby-the-most-popular-team-sport-58934

スコットランドはDamien Hoyland が
1テストですが抜擢されました。マイトランドをベンチにして。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36546362
ロンドンセブンズでスコットランド優勝に貢献したようです。
スコットランドはベスメンバーです。

ジャパンはコリーはどうしたんでしょう。
それに宇佐美も。フィットしてないんでしょうか。
マレ・サウもヘスケスもいないです。
ウイングが物足りないですね。
テストの重要性が浸透していない気もします。

リベンジされる側がベストメンバーで、リベンジしたい

チームがメンバーが少し足りない感じです。

まずいハメットのサンウルブズのラグビーでは良くないです。

エデイジャパンというより負け続けのサンウルブズでは。

エデイジャパンのメンバーに期待したいです。

堀江選手と畠山選手のこの写真は似ています。

http://www.sanspo.com/rugby/photos/20160617/jap16061705010003-p3.html

NZ対ウエールズはNZのメデイアはウエールズ批判大合唱です。
あと2テストあるのに。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

Rwy'n dy garu di♪ I love you.  ウエールズチームソングを披露

心と耳に残る歌です。、それは後のほうで

BBCスコットランドの特派員が話しています。
http://www.bbc.com/sport/scotland/36540082
田村の名前が出ています。

スコットランドは新幹線に乗ってトヨタに移動しています。
https://www.youtube.com/watch?v=5yAJyIAR4O0&feature=youtu.be

スコットランド、ジャパン戦第一テストメンバーです。

http://thescotlandteam.com/2016/06/16/hoyland-handed-first-scotland-start/

U20でもNZとウエールズが対戦し、終了間際に
バレット弟のJordieのPGで18-17で逆転しました。

ウエールズ第二テストのABsが発表されています。
サヴィアがはずれて、サム・ホワイトロックが入りました。

ALL BLACKS: Israel Dagg, Ben Smith, Malakai Fekitoa, Ryan Crotty, Waisake Naholo, Aaron Cruden, Aaron Smith, Kieran Read (c), Sam Cane, Jerome Kaino, Brodie Retallick, Samuel Whitelock, Owen Franks, Dane Coles, Joe Moody. Reserves: Nathan Harris, Wyatt Crockett, Charlie Faumuina, Patrick Tuipulotu, Ardie Savea, TJ Perenara, Beauden Barrett, Seta Tamanivalu.

ウエールズは二人変わりました。チャタリスが入り、FBに2キャップの23歳のRhys Patchellを起用しました。日本戦の2キャップのようです。ダン・ビガー、リアム・ウイリアムズ、ブラッドリー・デービスも日本に来ていましたね。

Wales team: Rhys Patchell,, Liam Williams, Jonathan Davies, Jamie Roberts, Hallam Amos, Dan Biggar, Rhys Webb, Gethin Jenkins, Ken Owens, Samson Lee, Luke Charteris, Alun Wyn Jones, Ross Moriarty, Sam Warburton (capt), Taulupe Faletau.

Replacements: Scott Baldwin, Rob Evans, Tomas Francis, Bradley Davies, Ellis Jenkins, Gareth Davies, Rhys Priestland, Scott Williams.

ウエールズ伝統のラウソングを歌っています。
この曲は去年のワールドカップでも歌っていたようです。
プリーストランドとブラッドリー・デービスが歌をリードしていますね。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/welsh-team-sings-traditional-love-song-wellington-powhiri?autoPlay=4941831734001

歌詞です。

Here are the lyrics to Lawr Ar Lan Y Mor

1. Mi gwrddais i a merch fach ddel

(I met a pretty girl)

Lawr ar lan y mor

(Down by the seaside)

Lawr ar lan y mor

(Down by the seaside)

Lawr ar lan y mor

(Down by the seaside)

Mi gwrddais i a merch fach ddel

(I met a pretty girl)

Lawr ar lan y mor

(Down by the seaside)

Lawr ar lan y mor

(Down by the seaside)

Cytgan (chorus)

O, rwy'n dy garu di

(Oh, I love you)

O, rwy'n dy garu di

(Oh, I love you)

Yr eneth ar lan y mor

(The girl at the seaside)

O, rwy'n dy garu di

O. rwy'n dy garu di

Yr eneth ar lan y mor

2. Gofynnais i am gusan fach, Lawr ar lan y mor

(I asked for a little kiss, Down by the seaside)

3. Mi gefais i un gusan fach, Lawr ar lan y mor

(I got a little kiss, Down by the seaside)

4. Rhyw ddiwrnod fe'i priodaf hi, Lawr ar lan y mor

(One day I'll marry her/Down by the seaside)

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

Humiliation in Hamilton ?Chiefs 40-7 Wales

6トライ取られたのは、ガトランドの
ウエールズで初めてだそうです。
ABsにカーターがいたころ、5トライ取られましたが。
ウエールズは層が薄いですね。
だからと言って、あと2テスト残っています。

週中のゲーム、主力ほとんど出てないので気が入らないのは

当然でしょう。

遅れて参加したルーク・チャタリスぐらいしか

先発は出てないでしょ。調整試合。

昔もオタゴやオークランドが代表チームやライオンズに

勝ったことありますが。これは週末の試合でした。

チーフスのハカです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/81072582/chiefs-welcome-wales-to-waikato-with-a-rousing-prematch-haka

スコットランドは渋谷交差点に行ったようです。
外国人には有名なところですね。

https://twitter.com/Scotlandteam

スコットランドは日本を警戒しています。
スクラム重視のようです。

http://www.belfasttelegraph.co.uk/sport/rugby/scotlands-alasdair-dickinson-expecting-a-tough-test-against-japan-34799521.html

BBCもきています。
生中継しますから。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36527065

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

2.07 mのスコットランドロックリッチー・グレイRichie Gray今日チーム合流

6ft 10ins 、126kgあります。
フランスリーグが6月にかかっていたので遅れましたが
週末のテストには間に合いそうです。

下の記事に写真がありますが、とにかく大きいです。ただ

フィジカルは余り強くないですが。

http://www.eveningtimes.co.uk/sport/14553906.Former_Glasgow_Warrior_Richie_Gray_joins_Scotland_rugby_squad_in_Japan_after_French_season_overruns/

弟のJonny Grayも大きくて
198cm、119kgあります。

スコットランドのスカッドです。
来日メンバーかどうかは。
http://www.scottishrugby.org/scotlandteam

見たことある人多いかもしれませんが
スコットランド東京第一日目です。
https://www.youtube.com/watch?v=eOyGHEao1bk&feature=youtu.be

イングランドとワラビーズは心理戦が多いですね。
第一テストでワラビーズのアシスタントコーチのNathan Grey がタッチキックを
取ろうとしてイングランドのFBMike Brownとぶつかりそうになりました。
Greyが悪いと思います。

http://www.smh.com.au/rugby-union/union-news/england-fullback-mike-brown-pushes-wallabies-assistant-coach-nathan-grey-20160611-gph70n.html

エデイをカッカさせようとして、記者会見で変な質問をしたり。

ウエールズとの試合のチーフスに
やんぶーが出ています。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/world-cup-winner-former-shepherd-11465688
センターのAndrew Horrellを見ると
アラウイン・ジョーンズに似ていると思います。

南アフリカ生まれでアイルランドフランカーのCJ Stander はランビーにお尻で当たって
レッドカードでしたが、奥さんと家族も見ていたようです。
http://www.independent.ie/sport/rugby/international-rugby/a-memorable-day-for-irish-rugby-in-spite-of-that-red-card-34795045.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

スコットランドラグビーチーム東京到着

スコットランド協会のツイッターです。
https://twitter.com/Scotlandteam

ジャパン対カナダ戦は薄氷の勝利でした。

カナダとかアメリカは若手を出して簡単に

勝てる相手ではありません。

田村優選手がキック6本蹴って全部成功していました。
一皮向けるといいのですが。
タッチキックの飛距離もありました。
スコットランド戦の先発だと思います。
田村選手はワールドカップスコットランド戦
マレ・サウへのパスをシーモアですか、
インターセプトされてからスコットランド側に
ゲームの主導権が行っただけに。

堀江 恭佑選手がジャパンのNO8をやっていましたが
インターナショナルでは中途半端なプレーヤーですね。
184cm、110kgですが、NOでは身長、パワー不足です。
オープンサイドフランカーではスピードとスキル不足です。

スコットランドのNO8David Denton
http://www.scottishrugby.org/scotland/player/david-denton
は196cm、18ストーン、114kgほどです。

エデイが使わなかった理由です。
フッカーが向いていると思います。
フッカーはこのくらいのサイズです。
日本の体の小さいチームでお山の大将で
育ってきたので、国際試合では足りないところが
目立ちます。
本人が早くからそれに気付いて転向していれば
いいフッカーになったかもしれません。

ツイ、マフィ、コリーでないとスコットランドには

通用しません。

この松松コンビには期待しています。

https://www.instagram.com/p/BGi_AqdRbyK/

松田はボールさわったかどうかわかりませんが。

ウエールズロックLuke Charteris は遅くNZに
着いたので、チーフス戦に出て主将を
します。
フランスリーグがウインドウズマンスと
かぶっています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

アイルランド26-20スプリングボックス 南アで歴史的初勝利

南アフリカで歴史的初勝利です。
フランカーのCJ Stander が20分にsent off になって
14人での勝利です。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/80971227/14man-ireland-write-history-against-springboks-with-firstever-win-in-south-africa

アイルランドはベイビーブラックスにも33-24で

勝ち二重の喜びですね。

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11655099

イングランドもワラビーズに勝ちました。
Australia 28-39 England
エデイはまだ満足していないようですが。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36508181

ABs39-21 ウエールズは裏返しでした。

ウエールズの3列に190cm以上がいません。
カイノとリードのラインアウトでの存在が
大きかったですね。勝負どころで3つ取られました。
ウエールズが結果が出る時は、ルーク・チャタリズ(2m9ch)
が出てる時が多いです。ツアーには同行していますが
まだフィットしていないのでしょうか。

ABsは後半の後半のラッシュは相変わらずでした。
ウエールズはジョージ・ノースがハムをやり
ツアーオーバーかもしれません。
もともと悪くて、足はテープだらけでした。

今朝は日テレ地上波で朝7時から
カナダ対ジャパン戦ですね。

U20はフランスに大敗。

ハイライトがあります。

https://twitter.com/WorldRugby

フランスに勝つ?軽々しく言うのが

国際ラグビーを知らない証拠。

去年ウエールズにも同様でしたね。

https://twitter.com/WorldRugby

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

The All Blacks イーデンパークで34連勝、ウエールズNZに26連敗

ですが、今日どうなりますか。
続くでしょうか。
ABsは1994年フランスに負けて以来勝っています。
ウエールズは2011年ワールドカップ以来のイーデン・パークに
なります。
それほど、このスタジアムを恐れていないようです。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36491377

レフリーはWayne Barnes です。

ボックスはアイルランドと対戦です。
新コーチのAllister Coetzee、前神鋼コーチでしたが、
5人の黒人系プレーヤーを先発に選んだようです。
スクラムハーフも新人のFaf de Klerk が出るようです。
新キャプテンはフッカーのAdriaan Strauss です。

新しい夜明けですね。

http://www.iol.co.za/sport/rugby/springboks/new-dawn-for-sa-rugby-2033094

イングランドはフライハーフをOwen Farrell にしました。
George Ford に変わります。

ここでもポジション争いがあります。

ファレルはサラセンズでも好調で、タックルが強いですね。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36494335

6月25日日本代表対スコットランド代表戦で
味の素スタジアム内にファンゾーンが
もうけられるようです。

日テレ動画にジャパンの話題が
https://www.youtube.com/watch?v=Kp605JdU1w0&feature=youtu.be

フィガロの結婚の序曲です。
今日放送あるようなので。
https://www.youtube.com/watch?v=Mp6UAGN_Ir4

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

トニー・ブラウン、ジャパンのアタックコーチに

いい人選ですね。
ジョゼフとのコンビは期待できます。
松田力也がスカッドに入ったのは
トニー・ブラウンの意見かもしれませんね。
1FE出身ですから。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=109763&page=1

サンウルブズとの兼任はいけません。
新たにさがすべきです。

ワラビーズはRory Arnoldという2m8chのロックを使います。
イトジェはロックでロブショーが出るようです。

ABsとウエールズの選手を比較しています。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/wales-v-blacks-head-head-11448729
ABsが上回っていますね。
キーラン・リードとファラタウは逆だと思います。

レタリックとアラウインも。
ラインアウトは強いですが。

アーロン・スミスとリス・ウエブも。
ウエールズにはガレス・デービスもいます。

クルーデンとビガーも面白いですね。
ハーフ団がしめる割合も大きいです。

ウイングの
Julian Savea と George North も
大型選手同士です。

WOWOWOがフランスリーグを放送するようです。
ラグビー参入本気ですね。
6月、11月の南北戦を放送して欲しかったですが
こちらはJスポーツが頑張ったんでしょう。
ビデオオンデマンドはパソコンなのでやはり
テレビで見たいです。
http://cyclestyle.net/article/2016/06/09/36891.html

Tommy Seymour、スコットランドのウイングですが
日本の文化に興味津々のようです。明日チームは
出発し、日曜に東京着のようです。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36493917

Alun Wyn Jones はウエールズ史上NO1ロックの評価です。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/13-greatest-second-rows-played-11449905
いつもジャージーを腕まくりしていたDelme Thomas
Allan Martin とGeoff Wheel は日本にきたと思います。
Brian Price もいましたね。

エデイがサム・バージェスを評価しました。
non-event 評判ほどでない[期待はずれだと。
リーグはスキルフルではなく、ぶちかましのスポーツだとも。
http://www.dailymail.co.uk/sport/rugbyunion/article-3632219/England-rugby-coach-Eddie-Jones-slams-rugby-league-Sam-Burgess.html

サム・バージェスはユニオンの技術に悩んだので

その通りですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

サム・ウオービトンSam Warburton、イーデンパークで汚名返上なるか。

ウエールズは2011年ワールドカップNZ大会でセミファイナルの
フランス戦、主将のウオービトンが危険なタックルで
退場になりました。イーデンパークでした。
それで8-9で敗れています。
これがなければ決勝に出ていたかもしれません。
準々決勝では10-22でアイルランドに勝って好調でした。
3位決定戦では18-21でワラビーズに負けています。

ウオービトンにとっては、第一テストは借りを返すチャンスです。

John Hart 、元ABsコーチですが、
ABsのミッドフィールドの経験不足を言っています。
Ryan Crotty 15キャップ、Malakai Fekitoa13キャップです
第一テストが発表になりました。
http://www.allblacks.com/News/29287/all-blacks-team-for-first-steinlager-series-test
キャップ数合計ウエールズと変わらないかも。

サム・ホワイトロックがいないですね。
ウエールズはあと1時間ほどしてです。

発表になりました。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11653262
チャタリスが入っていませんが。

Jonathan Davies 56キャップ
Jamie Roberts  83キャップ
45回目のペアになります。
ノヌーとC・スミスは61回のペアだったようです。
ここが強さの一つでした。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36477884

ベイビーボックス戦3トライあげたAtaata Moeakiolaが新しい
怪物をunearth発掘したとありますが、まだまだでしょうね。
かわしたプレーが多かったです。
http://www.dailytelegraph.com.au/sport/rugby/japanese-rugby-has-unearthed-a-beast-named-ataata-moeakiola/news-story/733c9d72d0ce9dd9cf3b778cfa291fef

この試合
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/06/08/kiji/K20160608012745120.html
こういう試合があって今のジャパンは強くなったんでしょうけど
テストマッチではないです。
二年後の第2回ワールドカップでのスコットランド戦が
真価を問われる試合でした。

1989年と1991年の日本-スコットランド戦
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/--4271.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

マロ・イトジェMaro Itoje 、ロブショーChris Robshawと変わりそう

エデイが前キャプテンの6番を新鋭ロックの21歳のイトジェに変えそうです。
イトジぇは2mはアリマセンガ、バネがありロックしていましたが
6番が向いているかもしれません。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36466036
6ネーションズのイタリア戦では6番だったようです。

前イングランドのコーチのStuart Lancaster はクインズランドレッズの
コーチになるかもしれません。
オーストラリアはNZからはスーパーラグビーの
コーチを招いています。ワラタスのダリル・ギブソンなど。

ベイビーボックスがジャパンU20に大勝しました。
59-19 でした。
http://www.sport24.co.za/Rugby/junior-boks-overpower-japan-20160607

前半は19-14で日本リードだったようですが、8トライとられました。

Ataata Moeakiola がハットトリックだったようです。

日本協会のツイッターにビデオがあります。

https://twitter.com/JRFUMedia

ABsの1FEはクルーデンになりそうです。
バレットはリザーブでしょうね。

戯曲アマデウスの作家が亡くなったようです。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/07/peter-shaffer-die_n_10333286.html
映画を、見ましたが、これはあくまで戯曲でしたね。
モーツアルトを軽兆浮薄に描きすぎ、彼の天才性が薄められていました。
サリエリが毒殺したということはありえません。
モーツアルトを共同墓地に埋葬して、墓参りに一度も行かなかった人でしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

ウオーレン・ガトランドWarren Gatland ウエールズコーチとして89 tests

47勝40敗2分です。
ライオンズコーチとしては
2勝1敗です。

ABsのステーブ・ハンセンもウエールズコーチをしていたことがあります。
さらに先輩ののサーグラハム・ヘンリーもです。

ガトランドは奥さんと二人の子供をNZに残して単身赴任を
しています。

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11651519

ヘンリーが予想しています。
competitiveだがABs優位で高級classyだと。
守りとキックはいいが、アタックが平凡だといっています。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/80790288/sir-graham-henry-all-blacks-too-classy-for-competitive-wales

久しぶりのMike Brewer歯雨が降らないとチャンスはないと
言っています。

ウエールズのアシスタンドコーチのRob Howley は歴史を作るために来たと言っています。
1953年以来勝っておらず、26連敗中です。
対戦成績です。

http://www.bbc.com/sport/rugby-union/36457393

スコットランドのRichie Grayはフランスでプレーしていて、まだ

試合があるようなので日本に来るのが遅れそうです。

映画の話題ですが
オードリー・ヘプバーンの
ローマの休日に出演するまでの
前半生が凄いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%97%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3#.E5.89.8D.E5.8D.8A.E7.94.9F
苦難に満ちていますね。それであの明るさです。

オードリーがローマの休日でオスカー貰った時です。
https://www.youtube.com/watch?v=p-vR7D21wqI
“It’s too much. I want to say thank you to everybody who in these past months and years have helped, guided and given me so much. I’m truly, truly grateful and terribly happy.” - Audrey Hepburn

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

ジャステイン・マーシャルJustin Marshall のテスト予想

NZヘラルドとウエールズオンラインに記事が出ています。
ABsスクラムハーフのマーシャルはウエールズオスプレイズでも
プレーしたことがあります。

http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/justin-marshall-verdict-wales-chance-11429516
ウエールズはイングランドとの走行試合が錆抜きによかったということで
ABsは今年はじめてになります。
ABsは2012年クライストチャーチでのアイルランドに負けかかったことがあります。
カーターのドロップゴールで逆転しましたが。

NZのほうの新聞はウエールズを甘く見ないでした。

キース・クインも6月2日のウエールズの記事読んでいました。
デルメー・トーマスとブライアン・プライスが握手している写真の記事です。
ガレスが中にはさまっています。
NZの人にも印象的なんでしょうね。
https://twitter.com/KeithQuinn88

ジャパンはカナダバンクーバーに着いたようですが
松田力也選手は田中フミと内田啓介選手の高校の後輩なんですね。
ジャパンのレポートの最後の写真に3人が写っています。
https://www.rugby-japan.jp/2016/06/05/japan_june_report/

それでパナソニックに入るんですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

あらためて英国ラグビー史上最高のゲーム

Greatest Try と言っているのですから
Greatest Gameと言ってもいいと思います。
英国でです。
1973 All Blacks vs. Barbariansがその試合です。

1試合分ですから長いです。

https://www.youtube.com/watch?v=89h49kubZI4
このチームのほとんどが1971年のライオンズでNZに
史上初めて勝ち越しました。このころは長期遠征で5月中旬から8月中旬までの
3ヶ月におよびます。チームワークもできています。
フッカーのプリン、ウイングのダッカムはイングランドで
この年の日本には来ていません。

ライオンズのサイトの1971年のチーム
結果やスカッドを見てください。
http://www.lionsrugby.com/history/timeline/1971_new_zealand_and_australia.php#.V1MxTZBJmP8

さらに1974年ボックスに3勝1分で完勝しています。
このバーバリアンズは若いABsのハイタックルのも
動じず貫禄を感じます。
ガレス・エドワーズという英国NO1のプレーヤーと
ABsのスーパー、シド・ゴーイングのSHの
対戦もあります。

Greatest Try はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=AwCbG4I0QyA

昨日とだぶりましたが単独のタイトルにすべき試合内容でした。

この試合に出ていたBGウイリアムズも年取りました。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/80745433/bryan-williams-the-rugby-club-is-my-real-home

今年のウエールズに対して
クリスチャン・カレンが1次元でABsのスキルに対抗できないと
言っています。

それにウエールズだけでなく、第一テストのイーデンパークでは
1994以降どのチームにもABsは負けていません。

ボクシングのムハムマド・アリが亡くなりました。
ジョージ・フォアマンとの試合が記憶に残っています。
パワーを技で封じた試合でした。
Muhammad Ali vs George Foreman (Highlights)
https://www.youtube.com/watch?v=bVseoF1-p3M

最近のヘビー級チャンピオンはアメリカの選手じゃないようですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

アラ・ウイン・ジョーンズAlun Wyn Jones ABs第一テストで100キャップ

ウエールズ主将のサム・ウオービトンSam Warburton は第一テストに
出場jできそうです。
ウオーレン・ガトランドはABsとして17試合出てますが
テストはゼロです。ずっとショーン・フィッツパトリックがいましたから。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/80740281/wales-coach-warren-gatland-has-plenty-of-respect-for-the-newera-all-blacks

下のほうに、ラインアウトでアンデイ・ヘーデンが卑怯に
自分で倒れているビデオがあります。
今だったらビデオレフリーがいるので絶対できないことですが
以前でもABsでこんなことした人はいません。

最近余り話題になりませんが
1973年BarbariansとABsの試合で
バーバリアンズが素晴らしいトライ上げています。
https://www.youtube.com/watch?v=AwCbG4I0QyA

このバーバリアンズがABsをやぶった1971年ライオンズの主力でした。

この試合フルであります。
https://www.youtube.com/watch?v=89h49kubZI4
私はあとで見ます。
そのころのハカがあります。どじょう救いみたいですね。
上のトライは試合開始そうそうです。
ガレス・エドワーズの素晴らしさがわかります。
10番のフィル・ベネットに私はダミアン・マッケンジーが
似ていると思います。ステップとキックです。
ライオンズとバーバリアンズのメンバーは
この年のライオンズです。
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1609
10番がベネットの先輩バリー・ジョンでしたが。

バーバリアンズというと、今は花試合になtっていますが

この試合はテスト級の緊迫したい試合でした。

1971年負けた相手ですからABsも真剣でしたが。

ガレス・エドワーズとシド・ゴーイングのSHの

対戦も見ものです。ゴーイングはABsでも歴代有力ナプレーヤーです。

この試合は11-23 でバーバリアンズの勝利でした。1971年からの

ライオンズ戦の第5テストでした。

この試合は最初のトライにフォーカスされて全体見たのは初めてですが

英国ラグビー史の残る、いやトップゲームかもしれません。

今まで見なかったのが惜しまれます。バーバリアンズというかライオンズの

メンバーの自信に溢れたプレーはABsを圧倒しています。

1970年代のABsは1960年代最強のメンバーが引退して特にバックスが弱くなりました。

若干、カーター、マッコー、ノヌー、C・スミスなどが抜けた今の状態と

似ています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

Colin Pinetree Meads 松ノ木コリン・ミーズ今日80才に

オールブラックスの中のオールブラックス、ミーズですが
タフで年を感じさせません。
記事
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11649708
Pinetreeというニックネームがついたのは自伝では日本遠征だったと思います。
ビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=fHt1G0W_O_o

ウエールズ1969年のNZツアーの記事写真がありました。
私はこの年の2テストがラグビーそのもののファーストタッチでした。
とても懐かしいです。
ミーズを知ったのもこのゲームです。
ウエールズ黄金時代の頃です。
1960年代世界一のABsと1970年代世界一のウエールズの対戦でした。この年は
ABsが2勝しています。1971年にはウエールズ中心のライオンズが
史上初めてABsに勝ち越しました。

ウエールズではガレス・エドワーズ、バリー・ジョン、JPRウイリアムズ、マービン・デービス
等間違いなく、世界15に選ばれるか、候補がいます。バリー・ジョンは
ダン・カーターの次でしょうが。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/untold-story-how-gareth-barry-11419515

そのほかに、いつもジャージーを腕まくりしていたロックのデルメー・トーマスも
います。
Luke Charteris がABsとのテスト出場可能のようです。2m9cmの
彼がいるかいないかは大きい違いがあります。

この記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160602-00000080-mai-spo
>1989年に28-24で勝った後は5連敗
となっていますが、テストマッチでは
日本は勝ったことありません。
間違っています。あきれました。

男子バレーが五輪出場権を逃したようですが、若いプレーヤーで

ラグビーをしたいという人いないでしょうか。ラグビーも

190cm以上が必要です。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

ソニー・ビル・ウイリアムズ(Sonny Bill Williams歴史に残るAll Blacksになる

連日のソニーにつていですが、彼は腰をすえて、greatになることを
選んだようです。
若くして、リーグに行ったのでしがらみがあってユニオンから
リーグに一旦戻りました。それを済ませてから戻ってきてからは
落ち着いています。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/80617818/all-blacks-coach-steve-hansen-to-make-sonny-bill-williams-the-rock-of-his-midfield

Gareth Anscombeがウエールズ代表でNZに帰ってきたようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/80646838/gareth-anscombe-returns-home-as-wales-touch-down-for-all-blacks-tests

ジャヤパンのカナダ遠征のメンバーが発表されましたが
ワールドカップ出場の外国人プレーヤー抜きでしたが、
アンスコム父のカナダに大丈夫でしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

ソニー・ビル・ウイリアムズ(Sonny Bill Williamsがリーグに戻らないのは

今日、スーパーラグビーはブルーズが正式に決まるようですが
3年契約でラグビーすることになりました。
リーグのシドニー・ルースターズ、フランスのツーロン等からの
誘いもあるようですが、All Blacksを選びました。
理由は
2019年ワールドカップに出たいからのようです。
前2回は先輩マー・ノヌーがいたので2011年は
控え、2016年はノヌー、コンラッド・スミスと交代出場でしたが
やや欲求不満が残りました。
他にセブンズやボクシングもしていいとのことで
NZ協会と契約したようです。
http://www.smh.com.au/rugby-league/league-news/2019-world-cup-sevens-and-boxing-why-sonny-bill-williams-wont-return-to-nrl-20160530-gp7b45.html

確かなAllBlacksになりたいようです。

ウオーレン・ガトランドのワイカト時代の写真があります。
記事の中ほどに。
若いですね。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/80601163/old-friends-ian-foster-and-warren-gatland-square-off-in-all-blacks-june-series

ウエールズは明日NZに到着です。

松田力也がジャパンスカッドに選ばれましたが、ダミアン・マッケンジーと同じ
世代です。
キックの正確性では小野、立川を上回りそうです。
いきないFEはむずかしいかもしれませんが、ウイングで出場もあるかも
しれません。
http://www.sanspo.com/rugby/news/20160601/jap16060105000001-n2.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »