« スーパーラグビーは選手との契約が進行中 | トップページ | 陸上競技場でのワールドカップ開催の懸念 »

2016年10月16日 (日)

2019年ラグビーワールドカップは日本でのラグビーの新たな始まり

イングランド協会は収益は大きかったようです。
http://www.afpbb.com/articles/-/3104490
ラグビーが世界のトレンドなんですよね。
日本もその流れに乗ると思います。

豊田自動織機27-22東芝でした。
東芝、ヤマハにも負け、サニックスにも負けて織機にも
ということは、チーム状態が良くないんでしょうね。
本業の不正経理問題が影を落としているのでしょうか。
有望な若手がいるだけに、気になります。
不正でなくとも、本業の不振がチームに影響した例が
ラグビーではあります。
今のパナソニックの前進のチーム三洋も
チーム存続の危機がありました。秩父宮での
試合後、チーム関係者が全員、輪になって深刻な
話し合いをしていたのをJスポーツで見たことあります。
Jスポーツもよく映してくれたと思います。
30分ぐらい。あれから立ち直って今のチームがあります。
またヤマハもプロ選手廃止という危機がありました。
それから今年の快進撃を見ると驚きです。
東芝も、ここから立ち直ってほしいですね。

日本代表もたくさん、入っていてABsも3人入っています。

よほどのことがあっての不調なんでしょうね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« スーパーラグビーは選手との契約が進行中 | トップページ | 陸上競技場でのワールドカップ開催の懸念 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/64354417

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年ラグビーワールドカップは日本でのラグビーの新たな始まり:

« スーパーラグビーは選手との契約が進行中 | トップページ | 陸上競技場でのワールドカップ開催の懸念 »