« 平尾誠二氏死去 | トップページ | カーター、クーパーへのブーイングを批判 »

2016年10月22日 (土)

トライを取る力とタックルの強さで結果的には大勝でした。

ワラビーズも途中まで試合になっていましたが、両チームの差は
開いていますね。ベン・スミス、ダン・コールズ、TJ・ペレナラ、ジュリアン・サヴィアなどが
差を見せました。
ただナイジェル・オーウエンスのスパイトのトライ取り消しは
どうなんでしょう。あとフォーリーもプレシャに弱いですね。
簡単なキックをはずして勢いそいでいました。
ワラビーズの巨漢両ロックとオープンサイドフランカーを一人にしていたのは
成功していました。ただバックスではファラウだけ孤軍奮闘で
生かせませんでした。

スクラムでは勝負になったので、これは80分続く必要があります。
FWはいい傾向が見えましたがバックスも規律が悪いし
全体的に低下したチーム力を立て直すのは時間がかかります。
ただFWはいい点は見えたと思います。今までは全くありませんでしたから。

ABsもバレットキック3本入らなくて、トライでしか点が取れません。
FWが互角だとABsも弱点があるというのが見えた試合でした。

これでテイアー1への連勝記録を作りましたが
いいチームではあると思います。

これでエンドオブイヤーツアーに行きます。

トライの世界記録は69の大畑ですが。
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_leading_rugby_union_test_try_scorers
テイアー1相手ではありません。

http://www.espnscrum.com/statsguru/rugby/player/12383.html?class=1;filter=advanced;orderby=date;template=results;type=player;view=match
台湾、香港相手に8トライとか6トライ入っています。

連勝記録のみがタイアー1というのは変ですね。
トライと同じ基準だと日本が世界記録作れるかも。あ、無理ですね。
6月、11月やる気ないし。強い相手には勝てませんから。

キックも五郎丸がカーター抜いたりして。

今回のABsの記録が独り歩きしそうですが
私は60年台がベストであること変わりないです。
昔はよかったと年寄り臭いですかね。
違います。見てない若い人が知らないだけです。

両方見ているので。

あのベストのAll Blacksを知らないなんてね。

国際ラグビーファンは昔からいて、詳しい人たくさんいますが、たいして自慢できることでは

ありません。兄には誰でもできるって言われました。そういうもんでしょう。

ただ趣味なので好きなことを書いているわけです。

ベン・スミスはいいかも。彼がずいぶん立て直しています。

まあ、ラグビーの普及のためにはたくさん出てきてほしいです。

女子のBlack Fernsと Wallaroos は67-3 で
セブンズの敵をとったようです。

新日鉄釜石×同志社の再放送があるようです。
http://tv.yahoo.co.jp/program/22248138/
最初、瀬川と大八木の当たりあいがあると思います。
それから松尾の8の字サインでNO8千田美智仁のトライも。

ラグビーブーム真っ盛りのころで、こういうときがまた

来ると思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« 平尾誠二氏死去 | トップページ | カーター、クーパーへのブーイングを批判 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

>あとフォーリーもプレシャに弱いですね。

英語コメンテーターは風が強いと言ってました。
個人的には、どんなキッカーも入らない時は入りません。
ウィルコでも。
W杯でも良いキック蹴ってた印象でしたので、
プレッシャーに弱いとは思いません。

ファラウはフォラウと英語では発音してると感じます。

とても英語でもタイアー1とは聞こえません。ティア1と聞こえます。

大畑が過去最高のフィニッシャーとは思いませんが、対戦相手は彼にコントロール出来るものではありません。オールブラックスもサモアやトンガ、W杯でのプールマッチでは100点位取ったりしてましたし、1番の常勝チームと言って良いです。つまり1番トライを取れる環境です。
対して大畑が出た時の勝率は50%以下です。苦戦していればトライは取りづらいです。
因みに私は大畑はあまり好きではありません。言動が軽い感じしますし、アイルランド戦で余裕かましてインゴールノッコンしてたと思います。スピードが速すぎるのか、ノッコンも多かった印象です。

>松尾の8の字サインでNO8千田美智仁のトライも。

あれは8ではなく、C2です。Cは千田、ChidaのCです。2は2番目にボールもらうか、第2センターの所に入るというサインだったと思います。

投稿: ポッポ | 2016年10月23日 (日) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/64384109

この記事へのトラックバック一覧です: トライを取る力とタックルの強さで結果的には大勝でした。:

« 平尾誠二氏死去 | トップページ | カーター、クーパーへのブーイングを批判 »