« ジャパン、フィージーに2007年フランスワールドカップのリベンジなるか | トップページ | 12試合で4勝のスプリングボックス変えるにはいい機会 »

2016年11月27日 (日)

オールブラックスひどいセカンドジャージー、バーンズでしたが逃げ切る。

24-19フランスでした。スポンサーに魂を
売ったようなジャージーでした。

これです。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/86910920/all-blacks-beat-france-2419-in-paris

2007年もレフリー、ウエイン・バーンズで灰色のセカンドジャージーでした。

こんなレプリカジャージ誰も買わないと思います。

日本はクレイグ・ジュベールワールドカップサモア戦に続いて
シンビン二つでレッドカード取ってくれましたが
いかせませんでした。
ジャパンとトップリーグ選抜の後者のタックルが悪かったです。
ジョゼフが選んでいるのではないかもしれませんね。
インターナショナルじゃない人がたくさんいます。
JJJじゃないんじゃ。スクラムも押されていました。
去年のワールドカップ前にフィージーと対戦したゲームと似ていました。
15人制でセブンズをやられたみたいでした。
フィージーは個々に強く、攻守でも差がありました。
ずっとゲームをコントロールされていました。終盤は
時間稼ぎも自由でした。

ウエールズ対スプリングボックス27-13でウエールズの勝利でした。
ウエールズリードでハーフペニーのキックで大きくリードしました。
あと20分でサム・デービスも出てきました。
期待の大きさがわかります。
ハーフペニーもキックの累積得点が600点を超えたと思います。
ウイルキンソンが1200点を超えていますからまだまだですね。
今年28歳です。

Was this REALLY South Africa?

って言われていますし、史上最弱のボックスだったですね。

アイルランドがABsに続いて、ワラビーズにも勝利しました、
シミットは将来のABsコーチに名乗りを上げましたね。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/38117637

アイルランドは来年6月来日するそうです。

日本もフルメンバーで対戦してほしい。

日本のこと話す気がしない試合でなくて。

http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20161127-OHT1T50011.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« ジャパン、フィージーに2007年フランスワールドカップのリベンジなるか | トップページ | 12試合で4勝のスプリングボックス変えるにはいい機会 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/64548669

この記事へのトラックバック一覧です: オールブラックスひどいセカンドジャージー、バーンズでしたが逃げ切る。:

« ジャパン、フィージーに2007年フランスワールドカップのリベンジなるか | トップページ | 12試合で4勝のスプリングボックス変えるにはいい機会 »