« BBCも日本の話題 | トップページ | ウエールズ対ジャパンの前にreview1983 24-29 »

2016年11月18日 (金)

World Rugby Hall of Fame がラグビー発祥の町ラグビーにオープン

今まで架空のものでしたが
会館として物理的にラグビーにできるものです。
発生の町ですね。
http://www.worldrugby.org/news/204487
BBC
http://www.bbc.com/news/uk-england-coventry-warwickshire-38003317
ラグビー校とともに観光の名所になりそうです。
大畑アンバサダーの展示もあるかも。

ラグビー校で始まったわけですが、ラグビーという町が
大本です。wiki

https://en.wikipedia.org/wiki/Rugby,_Warwickshire

ゴスパーCEOのツイッターに参加者が

https://twitter.com/brettgosper

ウエールズもメンバー発表
アラウイン・ジョーンズ出てきましたね。そのかわりチャタリズが
休みです。
ウオービトンが主将で、センターはジョナサン・デービスと
医者のジェイミー・ロバーツです。このミッドフィールドは経験豊富で
要注意です。ハーフペニーはウイングで
スクラムハーフが、ガレス・デービス先発でなくロイド・ウイリアムズです。
これはアンスコムとコンビだからのようです。
日本キックが多いですが、リアム・ウイリアムズのカウンター注意です。
Wales: Liam Williams; Leigh Halfpenny Jonathan Davies, Jamie Roberts, Alex Cuthbert; Gareth Anscombe, Lloyd Williams; Nicky Smith, Scott Baldwin, Samson Lee, Cory Hill, Alun Wyn Jones, Dan Lydiate, Sam Warburton (capt), James King.

Replacements: Kristian Dacey, Rhys Gill, Scott Andrews, Jake Ball, Ross Moriarty, Gareth Davies, Sam Davies, Keelan Giles.

ロックのCory Hillは1キャップですね。

ブライアン・オドリスコールは来年のライオンズのNZ遠征の主将にアラウインを押しているようです。
前回NZ遠征の時の、ライオンズ主将でした。
アイルランドがABsに勝ったのはAndy Farrell のデイフェンスコーチに力があるとも
言っています。アイルランドには当然詳しいです。

日本代表のメンバーです。
https://www.rugby-japan.jp/2016/11/17/%e3%80%8c%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%bc%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8-%e3%83%aa%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%b3d%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc2016/

木津が出ませんね。

100メートル10.28sec の選手がNZサウスランドのセブンズメンバーになったようです。
アメリカ人ですがNZでラグビーやりたいようです。
速そうですね。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/86587076/fastest-man-in-nz-rugby-joins-southland-sevens-team

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« BBCも日本の話題 | トップページ | ウエールズ対ジャパンの前にreview1983 24-29 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/64508141

この記事へのトラックバック一覧です: World Rugby Hall of Fame がラグビー発祥の町ラグビーにオープン:

« BBCも日本の話題 | トップページ | ウエールズ対ジャパンの前にreview1983 24-29 »