« クレイグ・ジュvベールCraig Joubertテストからは引退 | トップページ | フィジアンFijianで日本代表の系譜 »

2016年12月 9日 (金)

ケンブリッジCambridge男子Varsity matchesに勝利

女子はOxfordだったようです。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/38254392
ジェイミー・ロバーツはケンブリッジですが出てないようです。
今年は怪我のようです。
両校は日本にはよくきていましたが、最近はこないですね。

サクラフィフティーンはビジュアルでも勝負するようです。
動画もあります。
ドーベルマン富田もいますね。
http://www.asahi.com/articles/ASJD845WTJD8UTQP00H.html

あの選手もいます。
http://www.nikkansports.com/sports/news/1749281.html

協会の写真とメンバー
https://www.rugby-japan.jp/2016/12/08/%e5%a5%b3%e5%ad%90%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e3%80%8c%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%972017-%e3%82%a2/

Sir Colin Meads の銅像が生まれ故郷に建つようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/87338461/statue-of-sir-colin-meads-to-be-built-in-te-kuiti

bronze(青銅)で2.9mの高さのようです。
キングカントリーのホームタウンのTe Kuitiに。
ミーズはNZのthe Player of the Centuryに選ばれています。

選手時代の動画などもあるこの話題の動画。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/video.cfm?c_id=80&gal_cid=80&gallery_id=169011
私はパインツリーを見て、嶋も大鵬も消えていきましたので。

銅像と言えば寅さんも柴又にありますね。
寅さん
https://www.tora-san.jp/news/922/
さくらのは来年のおうです。

それと岩崎弥太郎の銅像は見たことあります。
安芸氏に生家を見に行った時にありました。

https://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=200

畠山選手のフィージー戦の感想がナンバーにありましたが
2点ほど違和感がありました。
http://number.bunshun.jp/articles/-/827021

1 フィージーはW杯では1987年の第1回大会、2007年の第6回大会の2大会でしかベスト8に進出できていない。
「でしか」って。笑い。あの日本は一度もベスト8に出てないんですけど。
フィジーが格上です。格下のチームの選手がこういう意識で勝てるわけないですね。

>遠征や試合の疲労が蓄積した身体で

言い訳がましいですね。

1999年はレフリーのPaddy O'Brienの意図的なフランス贔屓の笛がなければベスト8に出ていたと思います。3回ですね。この笛はワールドカップ不正としていつもでてきます。

https://www.youtube.com/watch?v=cirUVt3dCKQ

フランスのスローフォワードがあったのにトライを与え、フィージーの正しいトライにノッコンに
しています。デルマゾが頭を抜いたのに逆にフランスに認定トライ与えています。
ショーン・フィッツパトリックも疑問をていしています。ほかにもありました。

オブライエンは2007年はレフレリーのトップでバーンズの八百長にも

関係してたと思います。NZ出身ですが。

2 W杯で勝てるのであれば、それまですべての試合に負けて構わないと思っている
ワールドカップ間の試合に勝てないのに、ワールドカップで勝てるわけないでしょ。
ABsでそんな選手皆無です。相手はワールドカップ一番強い人が出てきます。

間に技と力を磨かないと。

日本代表の一部の人の意識の低さにあきれました。だから前半で交代させたんですね。

フィージーには完敗でした。格の違いがあきらかでした。

この知事、テレビ局の記者時代から腰が据わっていない人に思えました。
選挙のスローガン聞いて以外でしたが、やっぱり利用しただけのようです。
故郷が天草なので、川内はとても近いので気になります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016120902000140.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« クレイグ・ジュvベールCraig Joubertテストからは引退 | トップページ | フィジアンFijianで日本代表の系譜 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/64600999

この記事へのトラックバック一覧です: ケンブリッジCambridge男子Varsity matchesに勝利:

« クレイグ・ジュvベールCraig Joubertテストからは引退 | トップページ | フィジアンFijianで日本代表の系譜 »