« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月21日 (日)

the All Blacks 史上最強FWの1967年

http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11860021

この写真の4人、Colin Meads, Ken Gray, Kel Tremain and Brian Lochore
いつもベスト15に入っている人たちです。耳が全員大きいですね。

あとミーズの手が。ボールをわしづかみできそうです。
若々しいですね。
忘れてならないのがFred Allen というコーチです。両者が
揃ってABsらしいABsが生まれました。
そしてABsのゲームを変えました。
65年からですが、67年も出てきます。
http://www.youtube.com/embed/iwIAnr1zm3I

シャークス8勝強いですね。
南ア2で2位です。
マネータイムに差がでました。
http://www.sanzarrugby.com/superrugby/
松橋が前に出るのが目立ちました。
立川もキャプテンとして引っ張っていました。
堀江選手の早いときの怪我が影響しましたね。

クルセーダーズの強さはフィットネスだそうです。
ABsが何人かいなくてもチーフスに勝ちました。
前半はリードされたことがあるようですが、後半が
強いようです。ハリケーンズも前半リードしていましたが
逆転されました。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/92714345/razors-regime-reaping-rewards-as-crusaders-look-set-to-seal-top-spot-in-super-rugbys-new-zealand-conference

ラグビー関係の始球式続いていますね。
小山大輝選手
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1826570.html

外角ですね。西武球場外側にいったことあります。
http://tv.pacificleague.jp/vod/pc/topics/opening_ceremony/20274

Ken Owens はライオンズ大丈夫そうですね。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/39962845

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

NHK地上波でjジャパン対アイルランドのテスト第1戦を生中継

6月2試合目がわからなかったですが、やっぱりNHKでしたね。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=111366&page=1
NHKでラグビー日本代表の放送があるのはいつ以来でしょう。
25年ぶりくらい?
最近NHKのラグビー情報が増えていますので
ワールドカップの放送を考えてのことだと思います。
日テレも頑張っていますが、NHKは全国に影響大きいです。

クルセーダーズはフィジーでチーフスに勝って12連勝です。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/92714147/crusaders-pip-chiefs-in-scintillating-super-rugby-clash-in-suva

フィジーは6月にはワラビーズとイタリア、スコットランドともテストがあります。

イタリアはシンガポールでスコットランドとテスト。またワラビーズともあります。

ウエールズはNZでトンガとまたサモアともテストがあります。

フランスはボックスと。

イングランドはアルゼンチンですが。
6ネージョンズ、ひっぱりだこというか、押しかけています。

7月にはフィージー。トンガ、サモアのワールドカップPacific Nations Cup
があります。またカナダとアメリカの予選も。
fixtures
http://www.espnscrum.com/scrum/rugby/match/fixtures/international.html

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

ウエイン・スミスWayne Smith、All Blacksのアシスタントコーチをリタイア

60歳で、20年間ABsと関係していました。ABsのアタックが
多彩なのはW・スミスに負うことが多いと思います。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11858974
海外からオファーが殺到するかもしれませんが。

カーターが個人的にuberッドライバーをやとったようです。
昔からの知り合いのキャシー・ラウララがそうです。
酒飲み運転後からのようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11858581

uberは知っている人も多いと思いますが
http://toyokeizai.net/articles/-/57990

始球式はバッターにあてないように外目にはずすのが
基本でしょ。めったに投げない人が投げるので
ホームベースめがけて、ストレート投げたら
引っかけてバッターに当たるかも。
硬球は石ですからね。ケガさせないように。
そういう意味ではストライクでした。

くまモン結構大きいんですね。中に人が
入っているので当然ですが。
日本代表入りを目指しているようです。笑い。
https://twitter.com/kumamotorugby01

Dylan Hartley はケン・オーウエンスが怪我したので
ライイオンズに呼ばれるようです。
当初の3人には入っていませんでしたが。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11858838

書きたいことがないときには更新がないと思います。
話題がないときもあります。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

アイルランドの英雄、ライオンズ伝説のロック、ウイリー・ジョン・マクブライドWillie John McBride、ライオンズを守りたい

1971年のライオンズ不動のロックで、1974年のライオンズ南ア遠征の
主将だった人です。5回のライオンズ遠征に参加しています。17テストに出ています。
コリン・ミーズのカウンターパートの人でもありました。

幅広のヘッドバンドがトレードマークでした。
イングランドのクラブが選手をライオンズに出したがらないのを批判しています。
71年のABs戦の写真が豊富で懐かしいです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/92680424/lions-tour-english-clubs-killing-the-lions-willie-john-mcbride

ウイリー・ジョンは身長はそう大きくありませんでしたが192cm、102kgで
ストロングスタイルの選手でした。2m級はバスケットタイプが多く
当たりあいは弱いです。、

ライオンズのサイト
http://www.lionsrugby.com/news/15776.php#.WRzMq0e1tjo

NZ,オールブラックス側の来年のテストについての報道、発表です。
テレビ
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/confirmed-all-blacks-play-japan-next-year-ahead-2019-world-cup

http://www.allblacks.com/News/30791/all-blacks-and-japan-rugby-confirm-2018-test
首相まで発表に同席するのはちょっとどうか?と思います。

柏英樹記者もAプール楽観できないと書いています。
http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20170517/spo1705171100003-n1.htm
報知新聞で、1974年ウエールズが最初来た時、ウエールズまで取材に行って
特集号が出ていました。
f弾丸畠山の記事覚えています。

松田凛日選手はお父さんそっくりですね。
http://www.asahi.com/articles/ASK5J4PPZK5JUTQP01L.html
15歳で風格があります。

鈴木大地さんはスポーツマンですねl。

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

ジェイミー・ジョゼフ楽観論に警鐘。大迷惑だと。All Blacks 来年来日し日本とテストへ

ダブルタイトルにしたのはどちらも重要なので。

JJの発言です。
選手が影響されて努力しなくなるからです。
http://www.rugbyworldcup.com/news/246026

ABsとジャパンのテスト
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11857471
正式にはすぐ発表されるようです。
ワールドカップ前に日本での試合を経験したいというのがあるようです。
エデイ時代にも来ています。秋のツアーの途中で寄るんでしょうね。

ジェイミー・ジョゼフはオールブラックスの選手時代、アイルランドとスコットランドと
それぞれ2回対戦しています。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=446

ABsが僅差のゲームもしています。

アイルランド
1992年 24-21 
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1945
1995年 ワールドカップ 43-19 
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1988
スコットランド 
1993年 51-15 
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1976
1995年 ワールドカップ  48-30 
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=1991

ワールドカップでは点差がついていますが、ロムーがいて計3トライあげていますし

このときはABsも特別強かったです。

エディ・ジョーンズとジェイミー・ジョゼフという新旧ジャパンのコーチ、
しかも実際に2チームと対戦したことがある人が言っています。

楽観論を言う人は、JJやエデイよりすごい人なんでしょうか。苦笑。
ありえないですね。エデイ風に言うと、馬鹿馬鹿しい。
オールブラックスやイングランドと対戦する時は相手はベストメンバーで
きます。日本でのワールドカップも同様でしょう。

楽観論、そういう人嘘を言っているんですね。
不勉強。
本当にいい機会です。楽観論を言う人が信頼できる人かどうか。
現時点両チームに1勝でも勝つ可能性は
50%ぐらいでしょうか。
70%冗談でしょ。
50%以下でしょうね。そう思って努力するしかないです。

70%と言われると力を抜いても大丈夫となり
50%以下だと言われたら死に物狂いで頑張るでしょう。

つまり、100%努力してプラスになります。

アイルランドは8人の新人
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/39936800

https://twitter.com/IrishRugby

秋の日本、フランスとのテストは
Stade Pierre-Mauroyになったようです。
Capacity
50,186

タイン・ランデルの顔が。まだ若いですね。
ホークスベイのクラブに関係しているようです。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11857247

ジェイソン・ウッドワードがイングランドのキャンプに呼ばれたようです。
ハリケーンズ、レベルズでもプレーしました。祖先がイングランド系のようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/92666766/eddie-jones-ill-pick-kiwis-for-england-if-they-qualify

クルセーダーズにいたハインツも呼ばれたようで、イングランドにこれで4人目kiwiに

なりそうです。彼らもNZにいたらABsになれないのでイギリスに行ったと思います。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

エディ・ジョーンズは日本ラグビーの最大の功労者・恩人

そして2015年の日本代表も大いに努力してくれました。
もちろん、今までのジャパンの経験の上にあるわけですが。
そうでなきゃ、こんなにプールドローが盛り上がりません。

彼が日本の実力を一番知っていますし、さらにアイルランドとスコットランドとは6ネーションズでここ2年対戦しています。日本も相手も知っているのですからこれ以上の正確な事実を言える人はありません。さらにその前はジャパンとしてスコットランドと対戦しています。

再掲になりますが、日本がAプールで、WC優勝経験のない、アイルランドと
スコットランドと同組になって、ベスト8に進出しやすいと受け止められた
ことについての最近の発言をまとめてみました。

「ばかげてる。これまでにないパーフォマンスと準備がなければ難しい」
サンスポ
http://www.sanspo.com/rugby/news/20170512/wld17051217310001-n1.html

フリーマン記者の独占スクープ
http://english.kyodonews.net/news/2017/05/aa1d8d4199cf-exclusive-rugby-england-may-play-japan-at-twickenham-hold-camp-in-japan-in-2018.html

後半に同趣旨の発言があり、選手が努力しなくなるとあります。

松尾雄治氏も現時点では同様な発言しています。松尾主将の1983年ウエールズ遠征は
ジャパンの歴史の中でもベストの中のひとつだったと思います。
https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12136-390539/

私のブログ ウエールズ対ジャパンの前におさらい。review1983 24-29
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/review1983-24-2.html

ただ他の元日本代表の発言と言っても、吟味する必要のある記事もあります。

エデイが言うように、前回以上の努力をすれば可能性はなくもないのですから
その方向でチェックすればいいのではないでしょうか。
根拠のない空想ではなく。

根拠のない空想が一部蔓延している理由はなんでしょうか。今年もそうですが
ライオンズの遠征と関係していると思います。主力を取られたチームは10人前後
一軍が日本にこないで、また暑い6月か9月に日本に来ていました。
気候も相まって、日本が善戦したり、勝ったこともあります。
それが誤解の元でしたね。
特に1971年のイングランド、1989年のスコットランドがそうだと思います。
テストマッチと認めていない試合です。
このブログの読者は読まれたことがある記事もあって恐縮ですが
新規の人もいますので。

1971年はイングランドはライオンズに6人が行き、彼らは日本に来ていません。
https://en.wikipedia.org/wiki/1971_British_Lions_tour_to_New_Zealand
Bob Hiller
David Duckham
John Spencer
John Pullin
Brian 'Stack' Stevens
Peter Dixon
6人だけといっても、ダッカム、ピュリン、デイクソンはあのライオンズ最強のチームのレギュラーでしたしヒラーはJPRがいなければ出ていたと思います。スペンサーがそのころの
イングランドの主将で、今回のライオンズの団長です。
主軸でした。
こちらに詳しく
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/1971-british-li.html
2戦目は秩父宮で見ましたが9月の蒸し暑いナイトゲームでした。

1989年のスコットランドは
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/1989british-iri.html

あるいはウエールズにサントリーが勝った試合も。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-194d.html

最近のジャパンがウエールズに勝った試合はテストと認めています。

2軍とは言え、善戦、勝利は価値はあると思います。
でも相手がテストマッチと認めていないのに、何故だか「テストマッチのようなもの」で、
通用したという曖昧な状況になったのは、新聞、雑誌の売らんかな主義があったのではないかと
思います。あるいは人気を維持したいという、明確に否定しなかったのですから。

記者だけではなかったんでしょうが。
そんなことしたって、ワールドカップでは勝てないのでメッキはすぐ
剥げていたんですが。

私はこいういうこともあって、日本のラグビー雑誌を読むのをやめました。
2015年のナンバーを買ったのは何十年ぶりでした。

それを根本から変えた、スプリングボックスに勝った試合はエディも選手達も賞賛に値します。2勝も価値あります。そんな不健全な状態を正してくれました。旧IRB8国に本当のテストに勝ったのは日本ラグビー史上初めてのことでした。ワールドカップだけでなく。
それ以上の努力を2019年にしてくれたら同等以上のものがあると思います。

今年のアイルランドもライオンズに11人とられていますので、その点は
考えて観戦しましょう。

もう、そんな空虚な記事、それに影響された考えはやめましょう。不要です。ジェイミー・ジョゼフも警鐘を鳴らしました。楽観ムードは選手にも悪影響があります。百害あって一利なしですね。無知は迷惑です。この際いい機会だと思います。楽観論を言う人が今後も意見を参考にすべきかどうか。

http://www.rugbyworldcup.com/news/246026

1968年のNZ遠征からジャパンは飛び始めたのですが、2015年まで47年かかってしまいました。何故こんなにかかったんでしょう。近づいたことは何度かありましたが、その時もっと上があるということを明確な目標にすべきでした。誠実さが少し欠けてたかもしれませんね。その時々の監督は知っていたはずです。まだ到達していないと。

とても忙しいので更新は減ると思います。

行が飛び飛びなのはココログのエデイタのためです。すみません。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

クルセーダーズ、ハリケーンズに勝利で11連勝

強いですね。ジャパンと香港のゲームがあったので、途中までは
ケーンズがリードしていましたが。FWが差があったようです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/92548155/crusaders-too-good-for-hurricanes-in-super-rugby-thriller-in-christchurch
バレット兄弟が敵味方に分かれて戦いました。

ソニーは南ツアーに行くようで、コンカッションはクリアしたようです。

Rieko Ioane は20歳を超えたばかりで、両親と住んでいるようです。
ライオンズ戦選ばれそうで、活躍すると思います。

ジャパンは香港に苦戦しました。16-0だったようです。
後半の後半、画像が送ってこなかったです。
スタンドオフは山沢でしたが、まだ経験不足ですね。
松田もそうですが、2019年はメンバーには入っても
主力になるのは難しそうです。
ダン・カーターも2003年の最初のワールドカップは、スペンサーがいましたし、
2FEで出ていましたが、アーロン・メージャーが重要な試合に出ていました。

ジャパンの3列はリーチ、ツイ、マフィ、そして、ブリッツ等サンウルブズ勢に
なりそうです。日本人はどうでしょうか。布巻が聞きますけど。
プロップは知念と渡邊がどうですかね。

Aプールでまたしても同組になったスコットランドは
Gregor Townsendが新しくコーチになります。
フライハーフやってた人です。
ホストとここ数年最も進歩しているチームと同じで興奮を
抑えきれないようです。
http://www.rbs6nations.com/en/news/scotland/31679.php#6bRyWLKY4m3iqZpJ.97
日本とは満員の観衆の前で戦うことになるのも覚悟しているようです。
どの試合も満員になると思いますが。

シェーン・ウイリアムズはワールドカップでは、国際向け解説者として来ると思います。
2015年もそうで、日本とボックス戦の解説していました。
日本を良く知っているということで、その可能性が強いと思います。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=111327&page=1

Jスポーツはワールドカップ全試合完全生中継するそうですが、NHKが
どうなるか気になります。総合力のあるNHKにも期待しています。
地上波があるかどうかで全然違います。昨日の様に画像が途切れることが

あってはいけませんので。複数局が望ましいです。NHKも第2回スコットランド戦は

途切れましたが。

6月の日本でのテスト日テレが2試合生中継するようです。
http://www.ntv.co.jp/rugby2019/
6月17日のアイルランド戦がもう1試合ありますが、他局でしょうか。

このMRJの記事、技術がわかってないですね。スケジュール通りいく訳ないです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000012-mai-bus_all

あのエデイが中三日ということも含めて、周到な準備をしてそれでもスコットランドに勝てなかったんですから。「これまでにない準備しなければ突破は難しい」と言っています。

前回ワールドカップ以上の準備が必要ということですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

日本が6月とプールAで対戦するアイルランドの話題等

NZ人のジョー・シュミットJoe Schmidtコーチのインタビューがあります。
http://www.independent.ie/sport/rugby/world-cup/rugby-world-cup-2019-ireland-to-face-japan-and-scotland-while-england-in-pool-of-death-35699270.html
あのプールドローて使ったボール各国コーチが貰ったようです。
アイルランドはトップシードは初めてです。
アイルランドと日本は5回のテストがあり、アイルランドが全勝です。
今年の6ネーションズではスコットランドがアイルランドに地元マレーフィールドで
勝っています。

アイルランド協会のツイッターです。
https://twitter.com/irishrugby

イングランドと2018年ツウッケナムでジャパンが試合しそうです。
リッチー・フリーマン記者の独占記事です。
http://english.kyodonews.net/news/2017/05/aa1d8d4199cf-exclusive-rugby-england-may-play-japan-at-twickenham-hold-camp-in-japan-in-2018.html

ワールドカップの前年ツイッケナムで試合を経験するのはいいことだと思います。
英国で日本は人気ですから、満員になると思います。

エデイもこれまでにない努力をしないとと戒めていますね。http://www.sanspo.com/rugby/news/20170512/wld17051217310001-n1.html

JJにもエデイにもあっさり否定されてます。自らの不明を恥じるべきです。

ラグビーメデイアも国際水準にならないと、日本ラグビーにとっていいこと何もありません。

甘い予想は選手が努力しないですし、ファンも結果に落胆しラグビー離れするばかりです。選手が努力するような記事を書くべきでしょ。自国開催なので失敗は許されないので

これまで以上の努力が求められます。

大学ラグビーのなあなあな記事を書いて

その癖が抜けないんでしょうね。テストラグビーは妥協が許されません。

ピチョット副会長がワールドカップ後、日本もラグビーチャンピオンシップに
加入したらと言ってくれています。
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO16269340R10C17A5UU8000/
スーパーラグビーに加入しているんですから自然な流れかもしれません。

ありがたいことですね。今回の3年を5年にした功労者です。6月、11がつだけでなく

7,8月もラグビーが続きます。最高ですね。トップリーグはNZのNPCのようになり

若手のチャレンジになりそうです。毎年ABsやワラビーズ、ボックスと試合ができます。

うーん厳しすぎるかな。笑い。

アルゼンチンには日系移民が3万人ほどいて親日的ですし、ルゼンチンもラグビーチャンピオンシップでは仲間が欲しいのかもしれません。いずれにしてもワールドラグビーの副会長の好意はいいことだと思います。Daniel Hourcadeというピューマズトジャガーズのコーチを兼ねているようですが、東洋系の血が混じっているように感じました。

http://www.zimbio.com/Daniel+Hourcade/pictures/pro

蹴鞠やってたとき大畑アンバサダーがいるのかとと思いました。

スプリングボックスが日本に抱いていたものは1995年地元開催でABsに145点取られたのを
見たと言うのもあるかもしれませんね。あの印象が強すぎたのかも。

the Rugby World Cup 2019 Pool Draw  フル
もう一度見たい人は30分ほどあります。
World Rugby
https://www.youtube.com/watch?v=AJ9Ls_PKCR0
ハンセンは紳士なんですね。

でも内心、ガトランドやエデイとは火花が散ったと思います。
林市長は開催自治体の会長になったようです。
http://rugby-rp.com/news.asp?idx=111315&page=1
日本全国12か所の連帯が強くなりますね。

東京でないのは、新国立競技場ができなかったからです。しょぼい開幕戦になりました。

熊本空港にも巨大ラグビーボールが。
http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20170512000151
クマモンと並んでいるようです。
熊本空港は熊本市へのアクセスに時間がかかって。

私は何十回利用したかわかりません。天草に飛行機が飛ぶようになって

福岡空港を利用することも増えましたが。

ブルーズはNZのチームで5位で5敗しています。
サンウルブズにもチャンスあるかもしれません。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

大分がラグビーワールドカップ認知度でトップのようです。

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/05/11/JD0055739141
新聞記事、テレビニュースが一番多いです。

岩手、熊本と続きます。

抽選会のあと、取材陣が増えていますね。
日本協会のツイッターの記者会見の模様。
JJと山田選手の会見
https://twitter.com/JRFUMedia
50人近く?
テレビカメラも。
2015年ワールドカップの取材に似てきましたかね。
香港までついていくんでしょうか。国内だけですかね。

私のブログもアクセスがアップしています。

エデイが神戸で木津選手と遭遇
面白すぎる。
https://twitter.com/takesu02
いつまでもキッズだね?と言いたいのかも。
素質はあるのに成長がじれったい。
ノットストレイトは直りかけていますが。
エデイはジャパンをフォローしてるんですね。

カイノはライオンズ戦でれそうです。

カーターは抽選会の間にthe English Rugby Players' Association Hall of Fameの殿堂入りしました。ワールドラグビーのじゃないですね。

忙しさに変わりはないですが、アクセスが多い時には。笑い。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

他のプールより上位2チームが少し力が落ちても日本には厳しいことには変わりがありません。

アイルランドやスコットランドのベストにいままで一度も勝ったことは
ないので、スプリグボックスに勝ったような、努力と運がないと
この2チームには1勝もできないと思います。FWが違いすぎます。
スコットランドには今まで全部負けてるでしょ。
アイルランドはABsやスプリングボックスやイングランドにも勝っています。
そんな簡単に勝てる相手じゃないです。
http://www.irishrugby.ie/rugby/fixturesandresults/
ワラビーズも勝っていますね。
JJはわかっています。
http://www.sankei.com/sports/news/170510/spo1705100027-n1.html
堀江選手も。
ジャガーズがモール等であっという間に3トライ取ったように
弱いところをずっと突いてきます。
スコットランドは対戦が多く日本の弱点を一番知っています。
スクラム、モールをもっと強くしないといけません。
あとホームのアドバンテージ。

2チームに1勝でもしたらボックス戦と同じ偉業です。
一つの目安というか、日本人の2mのロックがいないです。
日本人にいないわけでなくて、ラグビー選手にいないです。
まだラグビー国じゃないです。2mのロックがたくさん出てきたら
勝てるような機会が増えるでしょうね。宇佐美はいますがおとなしいし

試合に出ていません。
そういう国技の国との対戦です。

スコットランドとアイルランドの日本に対する反応が載っています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/39868565

抽選のビデオ
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11853285

Pool A: Ireland, Scotland, Japan, Europe 1, play-off winner (Europe 2 v Oceania 3)
Pool B: New Zealand, South Africa, Italy, Africa 1, repechage winner
Pool C: England, France, Argentina, Americas 1, Oceania 2
Pool D: Australia, Wales, Georgia, Oceania 1, Americas 2

もし日本がものすごい努力の末、ベスト8に残ったとしたら
プールBの1位と対戦します。ABsになりそうです。
奇跡的に1位でしたらボックスと再戦です。

ベスト8以降の対戦予想をNZのサイトがしています。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/92456603/all-blacks-could-face-rugby-world-cup-final-rematch-with-wallabies
セミファイナルがABs対イングランドになりそうです。
ここには日本の名はありません。標準的予想でしょう。
世界はそう見ているということになります。

これをくつがえせるかどうかですね。

ボックスに勝ったのはラッキーな面もありました。日本と初対戦で、真剣に研究していなかったことと、簡単に勝てると思っていたのかも。何人かベストでありませんでした。ハーフ団とFB、NO8。ABsとの試合に出た人たちです。http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=2260

今度やったら勝てないでしょう。

エデイのイングランドは死のプールに入り、その次がウエールズかワラビーズ

そしてABsという最も厳しいルートになりました。

イングランドからGeoff Parling というロックがトップリーグ入りするようです。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/39875228
またロックですね。

他のプールではフランスとアルゼンチンが同じでこの2チームはWCでは
良く対戦しています。
またオーストラリアとウエールズも前回同じでしたね。ウエールズにとっては
リベンジの機会です。ウエールズは前回はけが人が多く、それでもベスト8に行ったので

次はという思いもあるでしょう。
ABsはイタリアとは第1回で対戦しています。

スコットランドを除く世界のコーチも来てましたね。
http://www.rugbyworldcup.com/pooldraw/gallery
ハンセンとガトランドがツアーの前に顔合せしていました。
kiwiは後ろに並んでいます。

吉田沙保里選手
https://twitter.com/sao_sao53
これを機にいつかラグビーやるときがくるかもしれませんね。

ワールドカップのテレビ放送はNHKが地上波で全試合生中継してほしいですね。

あと日テレとTBSも。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

New Zealand, South Africa、Argentina 同じプールの可能性も

スプリングボックスの負けすぎが影響していますね。
アルゼンチンもラグビーチャンピオンシップで強いところと
対戦し負けすぎが影響しているのかもしれません。

http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/92360262/japan-hoping-for-good-2019-rugby-world-cup-draw-as-pumas-lurk
そうなったら日本でラグビーチャンピオンシップが見れることに
なりそうです。

日本がどのプールに入るかも興味ありますが
嶋津事務総長が言っているように、どのゲームも面白いものに
なると思います。
https://twitter.com/rugbyworldcupjp

鏡開きしたようです。
http://kyoto-np.co.jp/top/article/20170509000173

グレガー・ポール記者相変わらずサンウルブズの悪口書いています。
他にジャガーズやフォース、チーターズ。レベルズも混ぜていますが
サンウルブズが気に入らないみたいです。
フィージーやサモア、トンガを入れた方がよかったと
言っています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11852587

他のテレビのアナウンサー、解説者はサンウルブズが進歩していると
認めている人が増えています。
ブルーズについて東京来ると思いますので
その試合に勝って本当に鼻を明かしてほしいです。
ジャパンは英国では人気ですね。

仕事がまだ忙しく、更新は不定期になるのは続きます。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

Rugby World の注目は京都に

ということでサーチしましたら、新しい記事はこれでした。
3年を5年にという投票もあるようです。
http://www.scotsman.com/sport/rugby-union/scotland/comment-sru-look-isolated-in-residency-vote-1-4438982
アイルランドもワールドカップを開催したいので変わるようですが
イングランドやフランスが指示しているようです。

ハリケーンズ
PGを狙わないんですね。
タッチ蹴ってトライ狙っていました。
ストーマーズに守られて危なそうでしたが
最後は突き放しました。

香港線、日本は相手FWの大きさに苦しみました。
日本の小柄な3列はスクラムとラインアウトが劣勢です。
小柄なのでスクラムの押しが弱いです。
6番と8番はロック級の押しとラインアウトが取れないと。
JJどうしたんでしょ。若手は英国や南半球でクラブラグビーやった
人たちとそう変わらないという感じでしたね。

サンウルブズががほとんどピューマズのジャガーズに惜敗したのは
いい試合しました。ラファエレのキックがタッチになっていたら
もっともつれたと思います。
田村優選手が一人で活躍しました。2トライとキックも1本はずしただけです。
彼のキャリアの中で一番じゃないでしょうか。
パスも守りもできるオールラウンダーです。
彼の素質については上田昭夫さんがよく知っていましたね。
私が、NECに入って間もないころ、学生時代の悪い癖が出ている
と書いたら、むきになって反論していました。

Greig Laidlaw が家族の病気でツアーを辞退したBen Youngs
に変わるようです。

ソニーも脳震盪でABsにけが人が出ていますが、スーパーラグビーでは
オーストラリアのチームに17勝0敗と強さが続いています。
ライオンズ戦どうなりますか。

まだ忙しいので、しばらくは書き留めたことを書くことに
なると思います。不定期になるかもしれません。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

Windows 64bit版手書き数字認識dll(ライブラリ)をリリースしました。

高認識率、高速の手書き数字認識dllに64ビット版が
追加になりました。
http://www.geocities.jp/itsuoinada/HOR_index/Hor64bitnumericlib.htm

私の認識プログラムは実質64ビットでしたので64ビット版への
書き換えは10ステップ以内でできました。

今までの32ビット版は64bit版OSでは32ビット互換モードで動作します。

連休中の一つの課題ができました。
もう一つあるのでラグビーの話題はそれが
終わってからになります。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

ショーン・ジョンソンShaun Johnsonと同じようにすごいステップ切るプレイヤー

Welcome to Rugby World!

ショーン・ジョンソンはNZのリーグラグビー(13人制、スクラムなし等)の選手です。

以下の4人はユニオンラグビー(15人制)の人たちです。

リーグからユニオンに変わる人は増えていますが。リーグラグビーと日本が

対戦することはないです。

22歳になったばかりのDamian McKenzie ダミアン・マッケンジー チーフスでAll Blacksこの前サンウルブズはチーフスに彼の走りでまけました。2019年日本でのワールドカップでも楽しみです。
https://www.youtube.com/watch?v=cfCyyczrscg

Shane Williams ウエールズのトライゲッターですね。
テストマッチのラグビーからは引退して村ラグビーではプレーしています。
https://www.youtube.com/watch?v=mWZHeTuFXRk

Christian Cullen
オールブラックスのレジェンドの一人。
ハリケーンズ時代100m近く走ったのがあります。
57秒過ぎにあります。
https://www.youtube.com/watch?v=boujhV56Cq0

All Blacksの頃 トライシーンが貰うだけのも多いです。
スキーの回転のように鋭角的に走った時もありましたが。
https://www.youtube.com/watch?v=y0945lQKP7I

日本にも大畑大介氏がいます。世界最多トライの持ち主です。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-f84c.html

以上の4人は国際ラグビーの選手では小柄な人たちですが
大男をきりきり舞いさせています。彼らはサイドステップとそれから

スピードも持っています。

Shane Williamsと大畑氏は去年同時にラグビーの世界殿堂入りしました。
http://www.worldrugby.org/halloffame/inductees?lang=ja

他の競技、フットボールの方たちも読んでいただいているようです。
ありがとうございます。

GW連休中ブログ更新を休みます。

私の仕事のことも、複合機だけで帳票OCRが使えるようになりました。

手書きのデータを効率的に入力できます。

認識館帳票OCR

http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOHOR_index.htm

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

羽根木公園の梅林のツツジが満開です。

5月のゴールデンウイークの最中ですが、この季節の花といいますと
道端に多く咲いているツツジ躑躅)やさつき(皐月)があります。
羽根木公園、今まで気づかなかったですが、ツツジがすごく増えています。
咲き誇っています。
花がカラフルですね。新緑の中で映えます。

散歩の人たちの「綺麗ですね。」という感嘆の声も聞かれます。
羽根木公園は梅が650本あり、桜は40本(数えました。)で花が楽しめますが
あらたにツツジの名所になっているかもしれません。
http://iinada.la.coocan.jp/JEHOR_index/30tutuji/NEWJEHOR_inada-taka22.htm

梅の根を保護するために、植えられたこともあるようです。

ちなみにさつきはツツジ科のようです。花も木も小さく
盆栽用がさつきのようです。

躑躅のそれぞれの言葉の意味は
漢字辞典オンライン
http://kanji.jitenon.jp/kanjii/4297.html
こちらで検索できます。
いずれもあしへんですね。

由来は
http://gogen-allguide.com/tu/tsutsuji.html

ライオンズのFWコーチのステイーブ・ボズウイックがオスプレイズのアラウイン・ジョーンズを
見に行っています。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/rugby-news/british-irish-lions-pay-personal-12965640

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »