« ベクターさんに「OCRフリー」ソフトとして登録しています。 | トップページ | All Blacks勝負所でライオンズをスクラムで圧倒、ジャパン選手がそろわずアイルランドから取り切れず »

2017年6月23日 (金)

All Blacks対ライオンズ、ジャパン対アイルランド

試合の順は逆ですが
メンバーが発表されました。

ライオンズ
Liam Williams, Anthony Watson, Jonathan Davies, Ben Te'o, Elliot Daly, Owen Farrell, Conor Murray, Taulupe Faletau, Sean O'Brien, Peter O'Mahony (captain), George Kruis, Alun Wyn Jones, Tadhg Furlong, Jamie George, Mako Vunipola. Reserves: Ken Owens, Jack McGrath, Kyle Sinckler, Maro Itoje, Sam Warburton, Rhys Webb, Johnny Sexton, Leigh Halfpenny
主将がマホニーになりました。ファレルスタート、イトジェベンチです。

ABs
1. Joe Moody (25)
2. Codie Taylor (16)
3. Owen Franks (91)
4. Brodie Retallick (61)
5. Samuel Whitelock (85)
6. Jerome Kaino (78)
7. Sam Cane (41)
8. Kieran Read (97) - Captain
9. Aaron Smith (59)
10. Beauden Barrett (50)
11. Rieko Ioane (2)
12. Sonny Bill Williams (34)
13. Ryan Crotty (26)
14. Israel Dagg (62)
15. Ben Smith (61)

16. Nathan Harris (5)
17. Wyatt Crockett (59)
18. Charlie Faumuina (47)
19. Scott Barrett (5)
20. Ardie Savea (13)
21. TJ Perenara (30)
22. Aaron Cruden (47) / Lima Sopoaga (7)
23. Anton Lienert-Brown (10)
ウイングがジュリアン・サヴィアとナホロに変わって
ダグとリエコになりました。
キックDFを考えてのようです。

ライオンズバックスはウエールズ勢がおおいですね。
アラウインが経験でイトジェがベンチです。

ヘンリーもライオンズが強いと言っていますので、熱戦になりそうです。
ヘンリーはライオンズのコーチもしていて
クライブ・ウッドワードのライオンズには
ABsで勝っています。

日本がワールドカップで対戦するアイルランドとスコットランドは
ランク上昇で5位以内になりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000536-sanspo-spo
強敵ですね。

アイルランド2戦目ジャパン
https://www.rugby-japan.jp/2017/06/22/japan_squad_against_ireland_2/
渡邉選手が入って、ガッキーと共に大きくなりました。これが国際標準でしょ。
リーチ選手がゲームキャプテンになりましたが、チーフスでも経験積んで
リフレッシュしたようですから、リードしてくれると思います。
堀江選手、立川選手はワールドカップからサンウルブズ、ジャパン、トップリーグと
休みなくプレーしているので疲労が蓄積しているようです。

日本ラグビーをずっと支えてきた精神的負担も。それは忘れてはなりません。
ジャパンはけが人が多く、やりくりの感じがありますが、田村選手の2FEは有だと思います。
ただこの前のようなタッチに出るキック等は良くありません。

エコパでは堀江選手タックルの鬼でした。

アイルランドメンバー
https://www.rugby-japan.jp/2017/06/22/lipod_3_ireland/
1列に注目してください。185cm平均。
リザーブも大きいです。スクラムは腕力も必要だと思いますが。
ロックも含めて大人と子供です。

日本のプロップ、フッカー小さい人が増えていますね。
当初の合宿メンバー
https://www.rugby-japan.jp/2017/05/29/lipovitan_d_challenge_cup_2017_member/
175cmってテストラグビーではありえません。何十年に一人ぐらいしかいないです。
それが3人も。非力ですよね。
何かおかしい。ラスプーチンがいるんでしょうか。
間違った方向に行っていると思います。
木津もいないし。怪我でなければ、経験を積む大事な時間。
堀江選手のあとでしょう。エデイも気にしています。

2戦目の先発の1列はやや小柄、ベンチは修正されています。
1戦目スクラムとタックルが悪かったですが。
JJもトニー・ブラウンも雑音をシャットアウトして欲しい。

白鳳がワールドカップ成功祈念
白鳳には長岡駅ですれ違ったことがあります。
横幅はありましたが身長はロックを見慣れているせいか、それほどではありませんでした。
靴じゃなく草履?履いていました。
プチ自慢でした。ラグビーやったらいいプレーヤーであることは
言うまでもありませんが。
https://higashiosaka.keizai.biz/headline/520/

スタンとコリンのミーズ兄弟は健在です。
https://twitter.com/KeithQuinn88

ブログ村ラグビーに参加しています。

 


ラグビーランキング

|

« ベクターさんに「OCRフリー」ソフトとして登録しています。 | トップページ | All Blacks勝負所でライオンズをスクラムで圧倒、ジャパン選手がそろわずアイルランドから取り切れず »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/65446310

この記事へのトラックバック一覧です: All Blacks対ライオンズ、ジャパン対アイルランド:

« ベクターさんに「OCRフリー」ソフトとして登録しています。 | トップページ | All Blacks勝負所でライオンズをスクラムで圧倒、ジャパン選手がそろわずアイルランドから取り切れず »