« 熊本は一足早いワールドカップ気分 | トップページ | 郷土意識を掻き立てるラグビーワールドカップ »

2017年6月11日 (日)

Awesome atmosphere in Kumamoto by ワールドラグビー

ワールドラグビーゴスパーCEOもチェックしています。
https://twitter.com/brettgosper
バックスタンドがいっぱいでしたね。

大きくて遠いですが、こんなバカでかいスタジアム作ったのが
功を奏しました。ワールドカップ本戦は盛り上がると思います。
binoculars双眼鏡が必要のようです。
熊本でこういう大きい国際大会を開けるのは
仙台と新潟のラグビーワールドカップ開催をやる気のなさの
おかげではあります。でも熊本もスポーツ県なので
今後ラグビー選手が出てきてくれるといいのですが。
柔道の山下とか世界的な人も出ています。
熊本にとっては大きいです。

周辺区域(perimeter area)しっかりとってありましたね。

プレイヤーの安全と美観もクリアされたと思います。陸上トラックが台無しに

することはなくなりました。
私のブログにまとめてあります。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/perimeter-area-.html
インゴール付近はフリーマン記者のツイッターでよくわかります。
https://twitter.com/FreemanrugbyJPN
トラック部分に天然芝に見える人工芝を敷いてあるようですね。
他のワールドカップ会場の陸上競技場も同じ方式でしょう。

1万7702人の観客でした。最初にしては多かったです。それにルーマニア相手で。
秩父宮も2万人を超えるのには時間がかかりましたので
3万2千人収容ですから。

リーチ選手はウエルカンバックですね。
躍動しています。やはり締まります。
マフィは疲れがあるのか前半のみでしたが。

ルーマニアのジャージーはミズノでした。
代表ではめずらしいです。国内では多く使われていますが。
NEC,近鉄、明治、同志社、高校ラグビーでは多いです。
アシックスに水を空けられていますが。

タッチジャッジでJP Doyle が来ていたようです。
アイルランド戦を吹くのでしょう。ボックス戦ヘスケスのトライを
一番近くで見た人です。笑い。
アイルランド11人がNZに行っていますから
いい結果になるといいです。

相手を疲れさせるために、後ろのキックを多用しているようですが
シンビンが出るまで問題はなかったです。モールコラプシング癖を
直さないと。

ライオンズがクルセーダーズに12対3で勝ちました。
クルセーダーズはスパーラグビーで連勝中でNZのスーパーラググビーでは
最強なだけに、NZには気になることだと思います。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/93551118/lions-tour-owen-farrell-kicks-lions-to-123-win-over-crusaders

ブログ村ラグビーに参加しています。

|

« 熊本は一足早いワールドカップ気分 | トップページ | 郷土意識を掻き立てるラグビーワールドカップ »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/65396514

この記事へのトラックバック一覧です: Awesome atmosphere in Kumamoto by ワールドラグビー:

« 熊本は一足早いワールドカップ気分 | トップページ | 郷土意識を掻き立てるラグビーワールドカップ »