« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

認識館 帳票OCR 複合機だけでできるようになり、身近になりました。

モノクロ罫線帳票の認識精度が上がりましたので、エクセルで作成した帳票を複合機でモノクロで普通紙にプリントして、複合機、スキャナでモノクロスキャンして認識可能です。

帳票OCRは多くの人が書いた原稿・伝票(帳票)を複合機、ScanSnap等のスキャナーで連続スキャンし一括文字認識処理をしてCSVファイルに出力するソフトです。

例として確定申告提出用用紙やパスポート申請用紙の認識 A等があります。

上記の例Aはタイミングマークと赤枠(カラー印刷)の帳票と赤枠ドロップアウトカラー機能という業務用スキャナが必要でした。複合機には通常この機能はついていません。

手書きのデータ入力を効率化したいという方は多いと思います。
普通の環境でも費用が大幅に低価格で使えるようになりました。
ご関心のある方は

認識館帳票OCRのページ  B
手書きの数字、カタカナ、英字大その他活字が認識できます。
http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOHOR_index.htm
価格7は7万4千円です。(消費税別)
手書き日本語は開発中です。
OCRソフトメーカーですのでできる価格です。

Aの費用 大手電機さん

帳票OCRソフト 50万から100万円
業務用スキャナ 10万から50万
帳票カラー印刷費

B 認識館帳票OCR
ソフト 7万4千円 
お持ちの 複合機、スキャナ(ADF付)
印刷 普通紙でモノクロ印刷

帳票OCRの簡単お試しができます。
http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOPlusotameshi.htm

尚認識館帳票OCR病院、法人に納入している業務用ソフトです。

手書き数字は認識率99.5%以上が出ます。こちらは性能チェック用に多くの人がに

たくさん書いていただいても一度にチエックできます。同じエンジンが載っています。

こちらの帳票機能はほとんどありません。
http://iinada.la.coocan.jp/NHPHOR_index/HandSUJI_index.htm

帳票OCRで出てくる言葉の説明です。
タイミングマーク
http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOPlustimingmark.htm

業務用スキャナー
http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOPlusgyoumuscanner.htm

*赤枠ドロップアウトカラー機能
ハガキや封書の郵便番号を記入する枠は赤です。これはスキャンしたとき
消えますので、文字のみが残り認識しやすくなります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台音楽喜劇「のど自慢」初日みてきました。

20dscn0319

上を向いて歩こう♪

20dscn0320


初めて生の歌聞きました。
ひゅるり♪
https://www.youtube.com/watch?v=dukHeVzX6e0

博、寅さんの前田吟さんも

有楽町国際フォーラムCホール
http://www.nodojiman.jp/

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

ライオンズもオールブラックスにフイジカルで負けている

ジャパンがアイルランドに感じたことと同じことをライオンズが言っています。
https://www.theguardian.com/sport/2017/jun/24/lions-all-blacks-new-zealand-gatland-hansen

タイトファイブの強さと、さらに3列のカイノ、キーラン・リードが
前に出ています。
2,3回あったトライチャンスをものにできなかったとも。
ジャパンとおんなじですね。笑い。

ライオンズの歴史の中で第1戦に負けて、勝ち越したのは118年で1回しかないようで
難しい状況になりました。

1戦目はHats off to them脱帽と。

ABsはけが人が出ました。
ベン・スミスがコンカッションで、スーパーラグビーでも
あってそれが影響しているようです。今年3回目のようです。
ダミアン・マッケンジーが呼ばれました。
ダグが好調なのでFBに回って、サヴィア兄がウイングにもどるかも
しれません。層は厚いです。
ライアン・クロテイは肉離れです。
ライオンズはジョージ・ノース出してほしいですね。

RKK(熊本のテレビ局。日テレ系ではないです。)で7人制のニュースが。
ワールドカップ効果ですね。
http://rkk.jp/news/index-google.php?id=NS003201706251806500111

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

All Blacks勝負所でライオンズをスクラムで圧倒、ジャパン選手がそろわずアイルランドから取り切れず

ライオンズはリアム・ウイリアムズからジョナサン・デービスのウエールズコンビ
のカウンターが決まりました。後半半ばまで競っていたのですが
イトジェが交代でアラウインに変わった後の
スクラムでABsが押してそれが決定的リエコのトライになりました。
その後一方的になりました。
イトジェが軽いのか、116kgありますが
スクラムが弱いというのでここぞと
勝負をかけました。狙ってましたね。
ライオンズはマレーがSHで先発していましたが、ウエブのほうが
前に出るので次戦は先発させたほうが良さそうです。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/94050231/all-blacks-overcome-lions-in-eden-park-showdown

ジャパンはトンプソンは良く出てくれましたが、ロック陣が怪我で
さらにセンターも立川、ラファエロ、ツポウと出られず、これでは
善戦が精いっぱいでしょうか。アニセ サムエラが特に。
後半のメンバーがベストだと思いますが、前半の失点が大きかったです。
アイルランドはタックルしにくい角度で走ってきます。
JJはダブルキャプテン、ダブルメンバー?とダブルが好きですね。
JJ風に書いてみました。

私は仕事もあり、行かなかったのですが
テストの同じ時刻にサントリー対東芝の試合等やっているのは
なんなんでしょうね。チームメイトを応援したくないんでしょうか。
応援ビデオでごまかしてる?試合は日曜にやればいいんじゃ。
ウエールズが同じようにライオンズ遠征年に来た時は
選手の応援多かったです。

今年のアイルランドはあの時のウエールズより強くてプレーは

正確でした。

昨日の試合急に呼ばれて
出ることになった
渡邊選手
https://twitter.com/taka02_yakan
ひげも急ですね。笑い。
こけおどし髭。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

All Blacks対ライオンズ、ジャパン対アイルランド

試合の順は逆ですが
メンバーが発表されました。

ライオンズ
Liam Williams, Anthony Watson, Jonathan Davies, Ben Te'o, Elliot Daly, Owen Farrell, Conor Murray, Taulupe Faletau, Sean O'Brien, Peter O'Mahony (captain), George Kruis, Alun Wyn Jones, Tadhg Furlong, Jamie George, Mako Vunipola. Reserves: Ken Owens, Jack McGrath, Kyle Sinckler, Maro Itoje, Sam Warburton, Rhys Webb, Johnny Sexton, Leigh Halfpenny
主将がマホニーになりました。ファレルスタート、イトジェベンチです。

ABs
1. Joe Moody (25)
2. Codie Taylor (16)
3. Owen Franks (91)
4. Brodie Retallick (61)
5. Samuel Whitelock (85)
6. Jerome Kaino (78)
7. Sam Cane (41)
8. Kieran Read (97) - Captain
9. Aaron Smith (59)
10. Beauden Barrett (50)
11. Rieko Ioane (2)
12. Sonny Bill Williams (34)
13. Ryan Crotty (26)
14. Israel Dagg (62)
15. Ben Smith (61)

16. Nathan Harris (5)
17. Wyatt Crockett (59)
18. Charlie Faumuina (47)
19. Scott Barrett (5)
20. Ardie Savea (13)
21. TJ Perenara (30)
22. Aaron Cruden (47) / Lima Sopoaga (7)
23. Anton Lienert-Brown (10)
ウイングがジュリアン・サヴィアとナホロに変わって
ダグとリエコになりました。
キックDFを考えてのようです。

ライオンズバックスはウエールズ勢がおおいですね。
アラウインが経験でイトジェがベンチです。

ヘンリーもライオンズが強いと言っていますので、熱戦になりそうです。
ヘンリーはライオンズのコーチもしていて
クライブ・ウッドワードのライオンズには
ABsで勝っています。

日本がワールドカップで対戦するアイルランドとスコットランドは
ランク上昇で5位以内になりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000536-sanspo-spo
強敵ですね。

アイルランド2戦目ジャパン
https://www.rugby-japan.jp/2017/06/22/japan_squad_against_ireland_2/
渡邉選手が入って、ガッキーと共に大きくなりました。これが国際標準でしょ。
リーチ選手がゲームキャプテンになりましたが、チーフスでも経験積んで
リフレッシュしたようですから、リードしてくれると思います。
堀江選手、立川選手はワールドカップからサンウルブズ、ジャパン、トップリーグと
休みなくプレーしているので疲労が蓄積しているようです。

日本ラグビーをずっと支えてきた精神的負担も。それは忘れてはなりません。
ジャパンはけが人が多く、やりくりの感じがありますが、田村選手の2FEは有だと思います。
ただこの前のようなタッチに出るキック等は良くありません。

エコパでは堀江選手タックルの鬼でした。

アイルランドメンバー
https://www.rugby-japan.jp/2017/06/22/lipod_3_ireland/
1列に注目してください。185cm平均。
リザーブも大きいです。スクラムは腕力も必要だと思いますが。
ロックも含めて大人と子供です。

日本のプロップ、フッカー小さい人が増えていますね。
当初の合宿メンバー
https://www.rugby-japan.jp/2017/05/29/lipovitan_d_challenge_cup_2017_member/
175cmってテストラグビーではありえません。何十年に一人ぐらいしかいないです。
それが3人も。非力ですよね。
何かおかしい。ラスプーチンがいるんでしょうか。
間違った方向に行っていると思います。
木津もいないし。怪我でなければ、経験を積む大事な時間。
堀江選手のあとでしょう。エデイも気にしています。

2戦目の先発の1列はやや小柄、ベンチは修正されています。
1戦目スクラムとタックルが悪かったですが。
JJもトニー・ブラウンも雑音をシャットアウトして欲しい。

白鳳がワールドカップ成功祈念
白鳳には長岡駅ですれ違ったことがあります。
横幅はありましたが身長はロックを見慣れているせいか、それほどではありませんでした。
靴じゃなく草履?履いていました。
プチ自慢でした。ラグビーやったらいいプレーヤーであることは
言うまでもありませんが。
https://higashiosaka.keizai.biz/headline/520/

スタンとコリンのミーズ兄弟は健在です。
https://twitter.com/KeithQuinn88

ブログ村ラグビーに参加しています。

 


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

ベクターさんに「OCRフリー」ソフトとして登録しています。

認識領域は10までです。

認識館帳票OCR 手書き数字、カタカナ、英数字版(Lite)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se486408.html

製品版の手書き数字の認識率は新規原稿でも99.5%以上が出ます。

http://iinada.la.coocan.jp/CHPHOR_index/CYOHYOHOR_index.htm

速度も秒700文字(3.10GHz)と高速です。高認識率・高速と言えると思います。

こちらは宣伝・広告の意味があって「OCRフリー」として登録しています。

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

エデイ時代より明らかに弱くなった日本代表のスクラム

スクラムプレシャー受けてましたよね。
それがブレイクダウンの差にもつながっていました。

アイルランドやりたい放題でした。
スクラムとブレイクダウンを押されてカオスなのはジャパン
大混乱に陥っていました。苦笑。
キックでカオスを作り出すということが無意味なくらいでした。

互角なのはラインアウトのみ。
アイルランドは徹底してそこを突いてきました。
ダルマゾ呼んだら。JJはハイランダーズに借りたことあるので

コネあるし、サントリーにも来ているようですから。
さらにルーマニア戦に続いて
シンビンした人がいます。同じ人でした。
何で選ぶんでしょ。そんなプレーしても
何も言われなかったんでしょうね。シンビンの間に

3トライ21点ですか。結局はこれが決定的。

ぶち壊していました。これがなければ29対22で善戦になったかも。

1試合だけじゃないので。

ほとんどの新聞がこのことが大きいと書いています。

http://www.asahi.com/articles/ASK6K420TK6KUTQP014.html

この期に及んでそのことに触れない人もいるようですが

なんなんでしょうね。

エデイ時代にはイタリアにも押し負けていませんでしたし。

スクラムを押して、ペナルテイを貰い、五郎丸のキックで得点とよくある

パターンでした。
スクラムは土台、基本です。
それがなってないのに、キックの話しても。
基礎ができてないのに応用って。バックスももちろん、
3列のリーチやマフイも前5人が押されたら動けません。

トップリーグで強いと言ったってインターナショナルは違います。

サンウルブズもスクラムから崩されています。

ツイのお決まりノッコンもありましたが。

前5人はアップフロントと言ってここでほとんど決まります。

アイルランドは日本に対して3点セットで攻めてきました。

スクラム、ブレイクダウン、モール。

畠山選手を呼ばないんでしょうか。堀江選手と同じ年でしょ。

プロップは経験が必要ですし、またほかの選手も総キャップ数が必要と

エデイも言っているでしょ。FWが押されるとすべてがうまくいかないように

見えます。

エデイ以前に戻った試合でした。50点取られて、勝負が決まって

相手が力を抜いて20点ぐらい返す。

元に戻ってしまいました。NHKの生放送ももうしばらくなさそうですね。

ジェミー・ジョゼフ国代表のコーチ経験ないわけですが。何故一番大事なスクラムコーチを日本人で妥協したんでしょうか。

スコットランドはワラビーズに勝ちました。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/93797333/scotland-hold-on-to-stun-wallabies-in-sydney
相性がいいですね。
日本の2019年対戦相手は強いです。ベスト8ということがいかに

大変かです。

普通テストマッチでシンビンがあっても1トライか、ノートライに抑えること多いです。

3トライは取られすぎですね。

ライオンズはマオリに圧勝。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/93791710/lions-tour-lions-roar-back-to-life-with-impressive-victory-over-new-zealand-maori-in-rotorua
テストが楽しみになってきました。ライオンズ強いです。

ABsのタイトファイブが強かったですね。第1テスト

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

郷土意識を掻き立てるラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップ2019開催都市特別サポーター
http://www.rugbyworldcup.com/news/256682

熊本だったら
水前寺清子さん
八代亜紀さん
石川さゆりさん
の演歌御三家 
森高千里さんも住んだことはあるらしいです。
うっちゃんとか。

皆さんの地域は誰が良さそうですか。

ドリームサポーター
ビデオもあります。
http://www.rugbyworldcup.com/news/256688

猫みたいな身のこなしでハイボールをキャッチし、回転トライでルーマニア戦トライとった
福岡選手
https://twitter.com/nekojisin/status/874923787015393284

パススキルがある、堀江選手がSOの位置に入って、相手を惑わせているのも
フッカーでこういうプレーをする人はほかにいないので
面白いですね。

ジョー・シュミットは日本を研究しているようです。
http://www.sanspo.com/rugby/news/20170616/wld17061605020001-n1.html

シュミットも相撲部屋に行っていますね。好奇心旺盛。
https://twitter.com/IrishRugby/status/874911117692334080/photo/1
将来のABsコーチ候補の一人です。

ハイランダーズがライオンズに勝ったので
新旧コーチのジャパンにも期待したいです。

試合はNHK総合で生中継です。
https://tv.yahoo.co.jp/program/30936088/
20年ぶり以上?ぐらいじゃないでしょうか。

エコパの周辺区域も熊本と同じようです。
http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/370206.html
この方法はアンツーカーを掘り起こす方法と違い
短期間ですみそうで、陸上等他のスポーツに与える影響も
なさそうです。

熊本より広く取ってあってトラックも緑にしています。

ナイスですね。

https://twitter.com/irishrugby

ABsがシカゴでアイルランドに40-25で初めて負けましたが

この試合はサム・ホワイトロックとぶロデイ・レタリックが出ていなかったからです。

http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=2272

この試合の前の対戦では僅差ですが勝っています。

http://stats.allblacks.com/asp/testrecords.asp?team1=NZ&team2=4&sdate=1884&edate=2017&ground=&country=&tourn=&submit.x=92&submit.y=10

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

Awesome atmosphere in Kumamoto by ワールドラグビー

ワールドラグビーゴスパーCEOもチェックしています。
https://twitter.com/brettgosper
バックスタンドがいっぱいでしたね。

大きくて遠いですが、こんなバカでかいスタジアム作ったのが
功を奏しました。ワールドカップ本戦は盛り上がると思います。
binoculars双眼鏡が必要のようです。
熊本でこういう大きい国際大会を開けるのは
仙台と新潟のラグビーワールドカップ開催をやる気のなさの
おかげではあります。でも熊本もスポーツ県なので
今後ラグビー選手が出てきてくれるといいのですが。
柔道の山下とか世界的な人も出ています。
熊本にとっては大きいです。

周辺区域(perimeter area)しっかりとってありましたね。

プレイヤーの安全と美観もクリアされたと思います。陸上トラックが台無しに

することはなくなりました。
私のブログにまとめてあります。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/perimeter-area-.html
インゴール付近はフリーマン記者のツイッターでよくわかります。
https://twitter.com/FreemanrugbyJPN
トラック部分に天然芝に見える人工芝を敷いてあるようですね。
他のワールドカップ会場の陸上競技場も同じ方式でしょう。

1万7702人の観客でした。最初にしては多かったです。それにルーマニア相手で。
秩父宮も2万人を超えるのには時間がかかりましたので
3万2千人収容ですから。

リーチ選手はウエルカンバックですね。
躍動しています。やはり締まります。
マフィは疲れがあるのか前半のみでしたが。

ルーマニアのジャージーはミズノでした。
代表ではめずらしいです。国内では多く使われていますが。
NEC,近鉄、明治、同志社、高校ラグビーでは多いです。
アシックスに水を空けられていますが。

タッチジャッジでJP Doyle が来ていたようです。
アイルランド戦を吹くのでしょう。ボックス戦ヘスケスのトライを
一番近くで見た人です。笑い。
アイルランド11人がNZに行っていますから
いい結果になるといいです。

相手を疲れさせるために、後ろのキックを多用しているようですが
シンビンが出るまで問題はなかったです。モールコラプシング癖を
直さないと。

ライオンズがクルセーダーズに12対3で勝ちました。
クルセーダーズはスパーラグビーで連勝中でNZのスーパーラググビーでは
最強なだけに、NZには気になることだと思います。
http://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/93551118/lions-tour-owen-farrell-kicks-lions-to-123-win-over-crusaders

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

熊本は一足早いワールドカップ気分

何週間ぶりになります。仕事が忙しくて、ラグビーのことを
考える暇もありませんでした。ブログ書かないと楽ですね。
結構調べて書いているので。これからも時間があったら
更新します。

どこかで聞いたようなタイトルですが。笑い。西日本新聞さんの。ナイスでした。

熊本の試合が世界に向けて放送されます。

満員になってほしいですが。2年後のワールドカップ本戦でいい試合が来るように。

熊本でオリンピックがあるようなものですから。2万人ぐらいのようですね。

ラグビーの知名度が少ないところです。日本の地方都市と同じく野球ファンが多いです。

テレビでやってたからというものです。本戦では海外からの何万という

観光客が訪れます。

熊本協会のツイッターが頑張っています。
https://twitter.com/kumamotorugby01

対戦相手のルーマニアは言葉がわからないですが。
https://twitter.com/rugbyromania

簡単なルーマニア語です。ラテン語系のようです。
http://www.ro.emb-japan.go.jp/romania_j_05.htm

明日日テレで全国生中継です。
https://tv.yahoo.co.jp/program/30710498/
今度帰省したらラグビーの話増えそうです。

ルーマニアがジョージアに今年勝った試合です。
長いので見てないですが、8-7だったようです。
https://www.youtube.com/watch?v=0SY22vfYokk

15分ぐらいにトライがあります。

ルーマニアは昔からラグビーは盛んでした。
チャウシェスク体制の時に、縮小したようですが、
フランスにも勝ったりしたことがありブカレストのスタジアムに11万人の観客を集めたりしてていました。

ジャパン、サンウルブズのキック戦術に不満が多いようですが
この案の持主のトニー・ブラウンが参加していない試合を
もとに話しても意味ありません。

ジャパンは前5人、というかプロップとロックがが迫力不足ですが畠山選手はもう呼ばれないのでしょうか。
引退?勇退?

熊本市の観光地は水前寺公園も。大きい鯉がいます。

http://higojournal.com/archives/6452540.html

水前寺清子さん、チータさんの名の由来です。

熊本へ初めて行かれる方も多いかもしれませんが
熊本の交通です。
1 市電(路面電車)です。これは幹線のみで、東京でいえば中央線という感じです。
http://www.kotsu-kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=9&id=1&set_doc=1
やはり熊本城が中心で、市役所、それからバスの交通センターが近くにあります。
JR新幹線の熊本駅は10分ぐらい離れています。
熊本空港は交通センターから50分ぐらいでしょうか。城下町なので

城が中心で発展しています。

交通センター 路線
http://www.kyusanko.co.jp/sankobus/ttsys/noriba_map.php?Tei_Cd=002245

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »