« ウオーレン・ガトランドの株が上昇。将来のオールブラックスのコーチという声も | トップページ | 力が接近していた2017年のthe All BlacksとBritish & Irish Lions »

2017年7月 6日 (木)

ライオンズ変わらず、オールブラックス、バックス変えてきました。

リエコに変わり、サヴィア兄、突進小僧Laumapeがソニーに
変わって、ジョデイ・バレットがFBです。
コンビが新しくなります。ハンセン迷っていますね。

1. Joe Moody (27)
2. Codie Taylor (18)
3. Owen Franks (93)
4. Brodie Retallick (63)
5. Samuel Whitelock (87)
6. Jerome Kaino (80)
7. Sam Cane (43)
8. Kieran Read (99) - Captain
9. Aaron Smith (61)
10. Beauden Barrett (52)
11. Julian Savea (53)
12. Ngani Laumape (1)
13. Anton Lienert-Brown (12)
14. Israel Dagg (64)
15. Jordie Barrett (1)

16. Nathan Harris (7)
17. Wyatt Crockett (61)
18. Charlie Faumuina (49)
19. Scott Barrett (7)
20. Ardie Savea (15)
21. TJ Perenara (32)
22. Aaron Cruden (49)
23. Malakai Fekitoa (23)

ガトランドは一貫しています。
Lions: Liam Williams (Wales); Anthony Watson (England), Jonathan Davies (Wales), Owen Farrell (England), Elliot Daly (England); Johnny Sexton (Ireland), Conor Murray (Ireland); Mako Vunipola (England), Jamie George (England) Tadhg Furlong (Ireland), Maro Itoje (England), Alun Wyn Jones (Wales) Sam Warburton (capt, Wales), Sean O'Brien (Ireland), Taulupe Faletau (Wales)

Replacements: Ken Owens (Wales), Jack McGrath (Ireland), Kyle Sinckler (England), Courtney Lawes (England), CJ Stander (Ireland), Rhys Webb (Wales), Ben Te'o (England), Jack Nowell (England)

ライオンズの3番、アイルランドのタイトヘッドプロップTADHG FURLONG のニックネームはRIKISHI
だそうです。ピッタリですね。
http://www.walesonline.co.uk/sport/rugby/brilliant-nicknames-lions-players-reasons-13284265
日本にはもちろん来ていないですが、ワールドカップでは
出てくるでしょう。スクラム強そう。日本も力士のような大きくて強いプロップを発掘して使わないと。
盆栽プロップ(175cm以下)ではテストでは通用しません。
各国は大きくて強い選手がラグビーをやるのですが、日本はまだ
そうでないところがあります。考え方もそうです。
相撲取りを見たことある人多いと思いますが、横幅,厚みはとても大きいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウオーレン・ガトランドの株が上昇。将来のオールブラックスのコーチという声も | トップページ | 力が接近していた2017年のthe All BlacksとBritish & Irish Lions »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

リエコは病気、SBWは前戦でレッドカード、ナホロは脳震盪。
ハンセンは迷ってる訳ではないんじゃないでしょうか。

投稿: NZファン | 2017年7月 7日 (金) 05時08分

リエコはフルーでしょうか。ナホロはオブライエンにラリアート?くらったんですね。
ベン・スミスはコンカッションでなくめまいだそうですが
怪我などでABsのバックスが少なくなってきました。コンビの
経験が少ない新しい選手が増えています。

投稿: recabs | 2017年7月 7日 (金) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/65499590

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンズ変わらず、オールブラックス、バックス変えてきました。:

« ウオーレン・ガトランドの株が上昇。将来のオールブラックスのコーチという声も | トップページ | 力が接近していた2017年のthe All BlacksとBritish & Irish Lions »