« 力が接近していた2017年のthe All BlacksとBritish & Irish Lions | トップページ | 秋のツアーで再戦、決着はあるかも? »

2017年7月 9日 (日)

ウオーレン・ガトランドの会見での道化の鼻

ガトランドがNZヘラルドに皮肉をきかせました。
道化の鼻をつけて会見に臨みました。

https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/94535145/lions-tour-gatland-praises-lions-captain-warburton-for-convincing-ref-poite-to-not-award-that-penalty
ツアーの初めにヘラルドの風刺漫画でからかわれたのにたいしたものです。
ヘラルドの記者も含めて驕り高ぶった状態を笑ったものです。
ワラビーズのコーチ、チェイカにも同じことをしていましたね。
ABsもいつも強いわけではありません。
勝てなかった時代もあるので、謙虚でなきゃいけません。

Jonathan Davies がライオンズ選手が選ぶplayer of the series に。
タックルが良かったですね。
灰色ヘッドキャップが目印です。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/40544586
名選手になりましたね。

サンウルブズ対ストーマーズは高地から降りてきて
前半は競っていました。
松島の奮闘もありました。
田村選手のキックが二本入っていればもう少し
ついて行けたのですが。ジャパン戦からちょっと調子悪いですね。
五郎丸が安定しているかも。
後半は一方的で50点取られました。
2試合やるために南アフリカに行くのは大変だとは
思いますが。

サクラフィフテイーンは香港にいいゲームしていましたが
福島わさな選手がスタンドオフでリードしていました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000044-sanspo-spo

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« 力が接近していた2017年のthe All BlacksとBritish & Irish Lions | トップページ | 秋のツアーで再戦、決着はあるかも? »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/65511148

この記事へのトラックバック一覧です: ウオーレン・ガトランドの会見での道化の鼻 :

« 力が接近していた2017年のthe All BlacksとBritish & Irish Lions | トップページ | 秋のツアーで再戦、決着はあるかも? »