« スプリングボックス復活の兆し | トップページ | 乗ってるリアム・ウイリアムズLiam Williams »

2017年8月 1日 (火)

かってウエールズ代表125人が炭鉱夫だったようです。

アイルランド系のジョン・フォード監督が撮ったウエールズ石炭産業華やかなりしころの
映画 How Green Was My Valley.1941 「我が谷は緑なりき」を見ましたら
https://www.youtube.com/watch?v=cogJkmF7nJ8
RhonddaValley ロンダ渓谷が石炭が掘られた炭鉱地帯のようです。

カーデイフから近いです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Rhondda

現在。石炭産業は寂れてきました。最近のValley
https://www.youtube.com/watch?v=9vvpHnicqTA

一大産業だったころ
ウエールズ代表で125人が炭鉱夫だったようです。
http://www.telegraph.co.uk/sport/rugbyunion/8680551/Day-jobs-how-amateur-rugby-players-used-to-pay-the-bills.html

ラグビーではRhonddaValleyには
Pontypriddがあります。
最近ではゲシンとニールのジェンキンスがいます。出身でしょうか。?

ウエールズというと炭鉱夫がラグビーをやっているというイメージが
ありますが、ウエールズの5大クラブはカーデイフ、ラネリー、スワンジー、
ニース、ニューポートとポンテイプリッドで
他の産業地帯のところが多いです。Pontypridd以外は海沿いの都市です。

Pro12には現在4チームが加入しています。
Cardiff Blues
Newport,  Dragons
Ospreys  Swansea
Scarlets Llanelli

デンジル・ウイリアムズは製鉄のようです。

http://www.ebay.co.uk/itm/WELSH-RUGBY-MAGAZINE-APRIL-1971-LLANTWIT-MAJOR-BURRY-PORT-DENZIL-WILLIAMS-/302156319447

Welsh Rugbyは懐かしい雑誌です。数年購読していました。

映画のFull Film
https://www.youtube.com/watch?v=e-kE3CC2uDc

1941年アカデミー賞、作品賞、監督賞でした。
原作はRichard Llewellyn
Barry Llewelynという13キャップのプロップがいました。

宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」もロンダ渓谷をモデルにしているようです。
http://forestlamp.blog50.fc2.com/blog-entry-23.html
モーリン・オハラにも会って感動とありますので
我が谷は緑なりきを見ていますね。

http://www.sanspo.com/geino/news/20141110/oth14111005040010-n2.html

Pontypridd生まれの、トム・ジョーンズがその名も
Come Home Rhondda Boy を歌っています。
https://www.youtube.com/watch?v=gjFPkuohwqk

トム・ジョーンズというとDelilahですね。
https://www.youtube.com/watch?v=8a_T3U1rg2I

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« スプリングボックス復活の兆し | トップページ | 乗ってるリアム・ウイリアムズLiam Williams »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かってウエールズ代表125人が炭鉱夫だったようです。:

« スプリングボックス復活の兆し | トップページ | 乗ってるリアム・ウイリアムズLiam Williams »