« ウエールスがオールブラックスに勝ったのは19 December 1953 | トップページ | ボーデン・バレットBeauden Barrett World Rugby Men's Player of the Year に »

2017年11月26日 (日)

テストマッチでは相手陣では狙うべき

モールにこだわって、点を取れない時がありました。
またトライを取るのは難しいです。
トップリーグのような試合運びは通じません。
ティア1はモールデイフェンスも強いので。
田村優コンバージョン2本はずしましたが、PGで
リズム作ったほうがいいと思います。
1点差でも勝ですから。

ラストワプレーで逆転などを除いて。

NZのサイトが大きく取り上げています。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/99254151/missed-kick-leads-to-japan-draw-in-france

こちらはビデオ付き。

https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/brave-blossoms-nearly-stun-france-late-try-settle-draw-after-missed-conversion

福岡の早い交代も痛かったですね。藤田はまだ
フィジカルが弱いです。ラインアウトも取られたのが
あるし、ハイタックルも。
ここまできたら小さい積み重ねも大事です。
フランスは6,11月全敗ですか。6ネーションズの3勝のみ。
ジャパン勝つチャンスでしたね。

具と愛が一列を強くしています。
2019年に向けて、楽しみになりました。
ただスコットランドが
Scotland 53-24 Australia
8 tries ワラビーズから取りました。
今年のBritish and Irish Lionsには最初、ホグとセーモアの二人しか選ばれていませんでした。
ABsへの善戦、ワラビーズに大勝というのはそのうっぷんをはらしたのでしょうか。

ワラビーズにレッドカードがあったようです。ハイライト

https://twitter.com/Scotlandteam
ウエールズは多かったのに、またもや突き放されて敗戦。

アイルランドはアルゼンチンに勝利
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/42124049

日本のワールドカップ対戦相手強いですね。

グレガー・ポール記者(笑い)がカーターの神戸入りを書いています。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=11947990
カーターを習って日本通にならないとラグビー記者もこれからは
やっていけません。カーターはSNSも自ら更新しているようですから

子供たちとの写真を選んだのも日本好きがわかります。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウエールスがオールブラックスに勝ったのは19 December 1953 | トップページ | ボーデン・バレットBeauden Barrett World Rugby Men's Player of the Year に »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

そうですよね。今日の試合では相手が14人になってからPGを狙っていたので、ちぐはぐな感じがしました。田村は試合によってキックの精度がかなり変わる気がします。(トンガ戦は良く、今日はダメ

投稿: | 2017年11月26日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/66087982

この記事へのトラックバック一覧です: テストマッチでは相手陣では狙うべき:

« ウエールスがオールブラックスに勝ったのは19 December 1953 | トップページ | ボーデン・バレットBeauden Barrett World Rugby Men's Player of the Year に »