« 正月ラグビー | トップページ | ボーデン・バレットBeauden Barrett婚約おめでとう。 »

2018年1月 8日 (月)

NZで日本選手権にも関心

ロビー・デイーンズが4回目のタイトル挑戦ということで記事が
載っています。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/100376267/robbie-deans-closes-in-on-fourth-rugby-title-in-japan
よく知った名前ののポコック、デイグビー・イオアネらがワイルドナイツですから
サンゴリアスにはギタウ、マクマホン、ウイーラーがいます。
トヨタにはジェイク・ホワイトも。
来シーズンはカーターがいるのでもっと記事が載るでしょうね。

大学選手権は観客が多かったですね。秩父宮ラグビー場ですから2万人ですが
新国立競技場が完成すると決勝や準決勝はそちらで開催になると思います。
2年後のシーズンから使えるようになるのでしょうか。また満員になることが
あるでしょうか。今度は8万人ですから6万の時代と少し違いそうですが。
秩父宮ラグビー場の芝生の問題も解決するかも。
帝京大対明治大勝負を分けたのは、ゴールキックのミスもありましたが
勝負どころの後半の後半、帝京大のFWの前に出る力が優っていたこと
だと思います。ロックとNO7.。明治がバックスでトライを取れるようになりましたが

効果的にFWで前に出るプレーが帝京に比べて少なかったです。

明治はここ数年リクルートがうまくいっていましたね。選手の質に差が少なく

なってきました。
明治の指導陣にバックス出身者が多く、FWを教えられないのかもしれません。
帝京はでも長い時間明治に押されていました。スタンドオフが松田が卒業して
若い選手になったこともあります。ミスキックが多かったです。デッドボールライン、タッチインゴールラインを

超えたキックが2本ありました。戻ってスクラムでしたから。竹山をスタンドオフにしたらどうでしょう。

高校ラグビーは今年は190cm台の選手が何人か見受けられました。
花園に来なかったチームにもいるかもしれませんが。
2019年ワールドカップ後にはもっと増えて欲しいです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« 正月ラグビー | トップページ | ボーデン・バレットBeauden Barrett婚約おめでとう。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532563/66254259

この記事へのトラックバック一覧です: NZで日本選手権にも関心:

« 正月ラグビー | トップページ | ボーデン・バレットBeauden Barrett婚約おめでとう。 »