« 攻めのサントリーが受け身のパナソニックに勝利 | トップページ | Thugbyもインターナショナルスタンダードか? »

2018年1月16日 (火)

真壁伸弥選手デビッド・ポコック選手をノックアウト

日本選手権&トップリーグプレイオフ決勝前半の
後半に、サントリーロック真壁がボールを持って突進したとき
パナソニックポコックと頭がぶつかりました。真壁選手は前傾姿勢で
ポコックはやや高かったです。麻生レフリーはすぐポコックのHIA(Head Injury Assessment) を指示していました。
このプレーが勝敗をわけたかもしれませんね。
真壁選手は試合開始前入場の時、ものすごい顔していました。

ポコックに限らず、日本に来る外国人選手は日本は
フィジィカルさでヨーロッパより楽だという考えがあります。
それで面食らったと思います。ただ頭は双方にとっては危険なものだと思います。

やられたほうが弱いのは確かですね。予期してないので危険です。

やはり危険防止からあれはレッドカードではないかと思います。

ロックのプレーはこういうものです。パインツリー
http://www.youtube.com/watch?v=iwIAnr1zm3I&feature=related

元ウエールズのライアン・ジョーンズが九州に来るようです。
https://twitter.com/kumamotorugby01
今はウエールズ協会で働いています。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/35493268

アイルランドのウイング、トミー・ボーは引退するようですね。
肩の古傷があるようです。

ラグビー次はスーパーラグビーの前に2月3日からの
6ネーションズですね。
http://www.wowow.co.jp/detail/112194

パナソニックのFWがやや押され気味だったのは、フランカーがポコックと
布巻の二人オープンサイドフランカーを使ったからもあると思います。
コリーが怪我したからだと思いますが、ロビー・デイーンズはワラビーズでも
二人オープンサイドフランカーを使ったことあります。
サントリーはツイが目立っていました。フランカーは守りだけではだめです。
攻守に活躍しないと。

日本の正月番組でABsプロップの Nepo Laulala が出て優勝したのは知っていましたが
NZ同士の対戦だったようですね。shot put (砲丸投げ)のリオ五輪銅メダルの
Tomas Walshに勝ったようです。使う筋肉が違うんでしょうね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Tomas_Walsh

そのビデオが今頃NZサイトに。
https://www.stuff.co.nz/sport/other-sports/100619238/all-blacks-prop-nepo-laulala-destroys-shot-put-star-tom-walsh-in-test-of-strength

予選から見たい人は
パワー・ウオール ラウララ youtube
でサーチしてください。

Nepo Laulala
クルセーダーズで13テストです。Owen Franksの後継者でしょうか。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=1139

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« 攻めのサントリーが受け身のパナソニックに勝利 | トップページ | Thugbyもインターナショナルスタンダードか? »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真壁伸弥選手デビッド・ポコック選手をノックアウト:

« 攻めのサントリーが受け身のパナソニックに勝利 | トップページ | Thugbyもインターナショナルスタンダードか? »