« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

ファーギー・マコーミック、ウェイン・スミス

アンガスのお父さんでABsのFBで活躍しましたが
病気のようです。カンタベリー代表としての222の記録を持っていると思います。
78歳。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12020860

1.70m, 83kgのFBでしたががっしりした人でした。

http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=557

ウエイン・スミスが神鋼のジェネラル・マネージャーになりましたが
ABsのアシスタントコーチを辞める時、病気って聞いた感じがしたんですが。
カーター、エリスとクルセーダーズ、カンタベリーの人がいます。
http://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11970816

木津選手が神鋼やめたんですね。日本代表まだできるでしょ。

ラグビー協会本チャン体質?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180330-00830359-number-spo&p=1
仲間内なんでしょう。
私は期待していないです。あまり。
野球よりラグビーが閉鎖的なんですね。
野球で力をふるった人がラグビーではさせてもらわなかったんですから。

例外もいたと思います。
上田昭夫さんとか。

なのでNZ協会が好きです。
開かれています。
ラグビー協会の会長がABsの選手だった人が多いです。

キース・マードックが亡くなったようですね。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/102735587/controversial-former-all-blacks-prop-keith-murdoch-has-died
1972年のツアーで問題を起こして、途中のオーストラリアで降りて
そのまま行方不明になった人です。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=641
マコーミックより少し後のABです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

南アフリカ帰りはつらい、ダミアン・マッケンジーは次のABsの1FE

移動、時差で帰ってきてすぐの試合はNZのチームでも50点ほど
取られる試合があります。残っていた人も大分でてますけど。

リーチもブリッツも疲れでいつもほどのプレーしてなかったと思います。

ダミアン・マッケンジー

30damiandscn0357



一人早く出てきてました。
フィル・ベネットに似ていますね。再来です。
1FEにも慣れてきて、ステップとスピード、パス、キックも
良くなっています。魔術を見せてくれました。
トライを取れてキックも良くなったので得点が多いです。

才能です。チーフスだけでなく、ABsも大事に育てています。

ブロデイ・レタリック 2.04m, 123kg

30blodydscn0358



不幸があってABsの試合にもしばらく出ていませんでした。
プレーする気持ちが出てきたようです。
ロックはこうでなきゃ。
サンウルブズロックが弱点ですね。弱すぎます。

日本のロック暴れてないです。
姫野はフランカーで使えばいいと思います。カークの代わりに。

チーフスのハドル

30chiefsdscn0359

チーフスのABsのサム・ケイン、ネーザン・ハリス、レナート・ブラウンもいますから
やはりNZのスーパーラグビーチームは強いです.

田村優選手

30tanuradscn0360



キック2本はずしていました。

サウマキはハリスとダミアンのタックルを外していましたね。
売り出し中です。

レメキはタックルミスを恥じて頭をまるめていました。
サンウルブズはノッコンが多かったです。

ロビー・ロビンソン

20robdscn0361


古巣といとこ対決でした。チーフス時代より

スピード落ちていますね。

ソフトトライが多くて、観客も減っています。
バイをはさんでワラターズ戦はやってもらわないと。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

サンウルブズ2点差もモールに差が

タックルも良くなって、サウマキも活躍しましたが
ライオンズはモールで簡単に得点していました。
ラインアウトも良くなかったです。

レメキが3本タックルはずしたのが痛かったですね。

アイルランド対イングランドと試合が重なっていたので
全部は見ていないですが。

アイルランドは守り勝ちでグランドスラムでした。ファレル父がライオンズDFコーチの
力を見せました。
FWも強く、SH、FH,FBがしっかりしています。
イングランドは3敗で5位でした。
Wales ("a shit place") and "scummy" Irelandとエデイが言った
イルランドやウエールズよりも下ですから
英語で何というんでしょう。笑い。
scummyくだらない shit うんち
https://www.theguardian.com/sport/2018/mar/14/england-rugby-six-nations

コーチが口が悪すぎで、選手も規律が良くないですね。
各国イングランドを研究しています。
エデイが日本のコーチ時代ベストのテイア1に勝ったのはボックスだけだと思います。
スコットランドには勝っていません。
このレベルになるとそう勝てるものでもありません。
エデイ礼賛一色が変わるかもしれませんね。
ワールドカップ後、ワラビーズコーチに戻ったりして。

今年来日するイタリアは若手が出てきています。
全敗でしたが、いい局面もありました。
スコットランドには惜しい試合をしました。

スコットランドは得点力とラインアウトがやや弱いようです。
日本には強いですけどね。

ウエールズはフランスに1点差の勝利でした。
ケガ人が戻ってきて、あとジョナサン・デービスです。
ワールドカップでは今度はそろって欲しいです。
フランスもワールドカップになると変わるかもしれません。?

東京で桜が開花ということですが近くの羽根木公園と北沢川緑道は
まだ数本で咲き始めた段階です。
満開になるのはまだ何日か必要です。
北沢川緑道桜道 去年
http://iinada.la.coocan.jp/JEHOR_index/NEWJEHOR_inada-taka2.htm

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

アイルランド優勝、イングランド、フランスに敗れ連敗

アイルランドはスコットランドに完勝でした。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/43319510
アイルランドは強力ですね。
フランスはパリでイングランドに快勝でしょうか。
http://www.bbc.com/sport/rugby-union/43309179
イングランドはペナルティが多かったですね。
次のツイッケナムでのアイルランドも強敵です。

イングランドはフライハーフのフォードが平凡ですね。
セクストンやラッセルに比べても目立ちません。
ライオンズにも選ばれていませんし。

1FEはカーターのこのプレーです。
https://twitter.com/AllBlacks
3月5日の誕生日のところにライオンズ戦のビデオがあります。
一人で33点取りました。
アンデイー・レズリーはピトーン、ウエリントンの元ABs主将で
NO8でした。小柄でした。キャプテンシーがあったので。

http://www.petonerugby.com/latest-news/news-archive/display/102
カーターとバレットを比較している記事もありましたが
得点記録が
テスト
112 1,598
62 465

サンウルウズはセットプレーが弱いのは相変わらず。
スクラムはずっとですが、ラインアウトも差があります。
それにタックル弱かったですね。
簡単に抜かれすぎです。
相手チームは弱点を突いてきます。
エデイ時代はここで耐えられましたが、
サンウルウズ、ジャパンもこれでは
アイルランド、スコットランドに対抗できるまで
なるでしょうか。
とにかくスクラムとラインアウトが弱いです。

見るに堪えないので、時間が重なっていた6ネーションズを見てしまいました。
あとはハイライトを。

それに流がスーパーラグビーデビュー年なのに
主将というのは早すぎる気がします。
インゴールで抑えそこなってトライ取られました。
トップリーグでいいから、スーパーラグビーで
通じるとは言えません。
こう見てくるとブランビーズ戦が惜しかったです。
スタジアムで観客を入れて、ニュースになるような
ウオームアップゲームをやったほうが良かったんじゃ。
ラグビーを磨いて開幕を迎えないと。
サンウルウズ、今年はトップ5を目指すようですが
ボトム5になりそう。これからさらに強いNZのチームと
当たります。ブルーズも強くなっています。
勝利のためにはフィットしている人を使うべきで
日本人が怪我も多いので使わないことは問題では
ありません。強ければ観客も入ります。

今日は311ですね。津波地震でした。
http://en-trance.jp/rugby

三か所で起き、三角波で高くなりました。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

レベルズセットプレーでサンウルブズを圧倒

フォースから移った主将でワラビーズのロック、アダム・コールマン
https://www.rugby.com.au/players/adam-coleman#Super-Rugby
を中心にラインアウト、スクラムで圧倒し
インターセプトしかチャンスありませんでした。
ラインアウトは投げるところがありませんでした。
去年のジャパンのワラビーズ戦もそうでしたが。
その時の研究したものをおなじだったかも。
レベルズ、レッズにも勝っていたんですね。
前5人が押されて、リーチも動けませんでした。
ジャパンは、この試合はアイルランドとスコットランドは見ると思うので
同じく大きさで圧倒しにくりと思います。
サム・ワイクスが細く見えました。ワイクスもフォースだったんですね。
コールマンが出てきたので日本に来たのかも。コールマンがワイクスを
良く知っているので、それでラインアウトが取れないことがあったかもしれません。

記事
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/101952828/melbourne-rebels-roll-sunwolves-for-unbeaten-start

エデイ、スコットランドファンに囲まれていろいろ言われたようです。
こういう行動は良くないことは当然です。

エデイの試合前の相手チームへの発言が原因であることは明らかですね。
パッチェルやラッセルへの発言は、相手チームのファンにとって、好感を持つものなど
いません。反発がほとんどでしょう。
何もなくてこの事件が起きたわけではないと思います。挑発したからです。
これでエデイももう言うことはないでしょう。

Filo Tiatia オークランドのFWコーチになったようです。
去年サンウルブズのコーチでブルーズに勝ったことですし。
オークランドはアラマ・イエレミアがコーチです。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/former-all-blacks-forward-filo-tiatia-joins-auckland-coaching-line-up

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »