« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月28日 (土)

ブルーズ、ジャガーズに力負け

ジャガーズNZで初めて勝ちました。
ホームでも勝ってないですかね?
ほとんどアルゼンチン代表ですから
FWが強く、スクラム等で圧倒していました。
ブルーズはほんとうに弱くなりました。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/103463551/jaguares-beat-hapless-blues-to-claim-first-super-rugby-win-in-new-zealand
雨のイーデンパークは観客はガラガラ。

サンウルブズとハリケーンズは肝心なところでスクラムで
崩されていましたね。プロップも弱いですが、3列の軽さも
影響しています。
ハリケーンズはスクラムは強いチームじゃないのに簡単に
押されていました。JJのスクラム軽視は。
サウマキがラインアウトにはいっていたりしてましたが
規律が悪くて、FWじゃないですね。
解説は先週はマーテンズでしたが、昨日はカレンでした。
サンウルブズの今年未勝利はまた Sanzaar の印象を悪くしているようです。
グレガー・ポールがまた書いています。
こう考える人が多いと思います。
http://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12041338

驚いたのはジュリアン・サヴィアの顔が小さくなって
別人のようになっていました。そうとう絞っています。
復活しそうです。?

ブラッド・ソーンのレッズはライオンズに勝ったようです。
サンウルブズにとっては簡単な相手ではありません。

歴史的南北会談。
同じ民族、同じ言葉を話す人たちですから。分断に終止符を。
SPがラグビー選手のように走っていましたが。

仕事が超多忙で、一日ほとんど仕事しています。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

ケリー・ブレジャー80m独走トライで金メダル

女マーテンズ活躍したようですね。コモンウエルス女子セブンズ
https://www.stuff.co.nz/sport/commonwealth-games/103118175/new-zealand-womens-sevens-team-to-play-australia-in-gold-medal-match

voice of rugby Keith Quinn
John McBeth もラグビーワールドカップで聞けるようです。
日本では無理でしょうか。
ずっとスカイに取られていたのがTVNZで放送されるようです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/103142297/world-cup-commentators-will-be-familiar-voices-to-kiwis-doyen-keith-quinn-says

やはり長年の経験の声を聞きたいです。

スーパーラグビーはテストマッチの気持ちで試合しないといけません。
甘っちょろいタックルでは。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

スーパーラグビーで勝つことはワールドカップで勝つことより難しい。

サンウルブズは今まで3勝していますが、1勝目のジャガーズは
相手が世界一周したようなツアーで疲労困憊の状態でした。
去年のブルズもそうだったと思います。
ブルーズは33度の気温に相手がへばっていました。

スーパーラグビーはワールドカップ8回のうち、7勝している
国代表の母体のチームです。あとベスト4経験があるジャガーズ、下手な国より強いです。

NZの州代表は国代表より強いです。
簡単には勝てません。

世界ランク10位以下の日本が旧IRB8か国、アルゼンチン、フィジー(日本より強いですよね。)のトップ10と同じくらいのスーパーラグビーのチームに簡単に勝てません。

オークランドはカンタベリーと並んで輝かしい歴史がありますが。

ワールドカップのサモアやアメリカより強いです。
ワールドカップのいい練習と思えば、無理な期待を
しなくてもすみます。
ただ今年のサンウルブズFWに迫力ないですね。
テイアテイアをFWコーチで残したほうが良かったんじゃ。
2勝しましたから。

3列もどんどん小柄になってきて、相手にプレシャーがかかりません。
前に出てません。横に動いているだけです。3列のキャリーの差が大きいです。

190cmが一人もいない3列。これも海外だったら高校ラグビーのサイズです。

それともオープンサイドフランカーばかり3人です。

190cm級以上が二人以上いないと耐えられないのは、インターナショナルでは

常識です。FWは健闘って書いてる記者もいましたが。苦笑。ラグビーと同じレベル。

明が活躍していました。カイノは来ていませんでしたが。ハッテイングは大きさで対抗していましたが。

パスとキックだけのスクラムハーフ。ランがありません。

相手に予想がつきます。

ラグビーが軽いです。何故ブリッツを先発で出さないんでしょ。
スクラムも1回だけで、安定継続して押していません。
いいボールが出ないので尻すぼみでした。

この2年間は山田や福岡が通用していましたよね。リハビリ中でしょうか。

Aでハイランダーズに出てますけど。

今日はメインスタンドの端で見てましたが、高いですね。

ガラガラ。ゴールポストの後ろのみ入っていました。

こういう試合内容じゃ観客は減るばかりでしょ。

今日は前半は風上だったのでリードできましたが、後半は
余りチャンスなかったです。

強敵ぞろいですが、勝てるラグビーやってません。

ジョゼフのラグビー、去年のワラビーズ戦、今年2試合、同じような
経過です。正常な判断力を持てない状態なんじゃないでしょうか。

カーワンに似てきましたね。

ジョゼフは松島に八つ当たりしているようですが、確かに決定的な二つはずしていました。

レべルの低いトップリーグでいい気になっていたんでしょう。この試合戦犯は

松島のタックルミスですね。い薬でしょう。そのミスがあったら跳ね返せないギリギリの状態ですから。

ジャパンはロックはワイクスとハッテイング、そしてNZに行っているフィージアン、3列は

マフィとリーチ。

190cmにちょっと足りないですが、実績で。あとブリッツ。

不調のブルーズに輪をかけたサンウルブズの不調。勝負が見えています。

ブルーズのハドル

30dscn0438

ブルーズは、アイランダーズが多くなったことも影響していそうです。

他のチームに比べて多いと思います。やはり奔放なラグビーだけでは。

理詰めの所が少ない感じです。

ラインアウト

30dscn0445

ハーフタイムショー

30dscn0443

水泳自由形の塩浦選手が観戦していたようです。ラグビーに向いた体格ですが。
https://twitter.com/shinri_shioura

ブログ村ラグビーに参加しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »