« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月24日 (日)

ダニー・シプリアニDanny Cipriani これでポジション取ったでしょう。

Beauty

イングランド息を吹き返しました。

インゴールコーナーへのキックで勝利を決定づける
トライになりました。
ボックス戦の記事
https://www.bbc.com/sport/rugby-union/44590605

悪童、随分回り道してきましたがイングランドのフライハーフとして
ジョージ・フォードに変わると思います。

フォードはまともすぎて予想される動きしていますからね。
相手と差があるときはいいですが、相手が同じか上だと
平凡な選手です。ライオンズにも選ばれませんでした。
ダニー・シプリアニは前からなぜか気になるプレイヤーで何度か
書いています。
ケリー・ブルックとはどうなったんでしょう。

リンクは切れているのもあるようです。
http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/danny-cipriani-.html

http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/danny-cipriani-.html

http://recab.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/danny-cipriani-.html

エデイがシプリアニをほめていますね。トライまでの写真が。
http://www.dailymail.co.uk/sport/rugbyunion/article-5878387/Eddie-Jones-praises-Danny-Cipriani-kickstarting-Englands-revival-South-Africa-win.html

オールブラックス対ジョージア
ラグビーミュージアムにはありませんでしがヘラルドに
記事がありました。
前回ワールカップで対戦したようです。
スコアは43-10
https://www.nzherald.co.nz/sport/news/article.cfm?c_id=4&objectid=11523300
スクラムが押されたビデオが放送されていますが
プロップ先発はリザーブ勢でした。
Tony Woodcock とOwen Franks が出てきてスクラム安定したようです。

ダミアン・マッケンジーの1FEに試合前に疑問という記事がありましたが
ABsでは珍しいタイプですが、フィル・ベネットという成功した例が
ありますのでマッケンジープロジェクトは続行しべきだと思います。

ジャパンはジョージアを完封し、点差も開きました。
進歩があるようです。
ジョージアは機動力がないですね。
レメキのインタビュー言葉使いが。敬語を教えてあげて欲しいです。

熊本のワールカップチケットが目標の3分の1ほどのようです。
熊本は野球と相撲とサッカー等テレビでやってる以外は
少ないところです。ジャパンとルーマニア戦は入りましたが。
フランス対トンガ
ウエールズ対ウルグアイ
の2試合ですが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

6ネーションズで揉まれているイタリアFWにジャパン完敗

イタリアがティア1とは思いませんが
ラインアウトモールとオフロードで終始押されていました。
圧力がかかっていたので
ゲインできませんでした。
福岡も走れませんでした。
やはりヴィンピーとかロックで使ったり
3列も軽量化したので
その差が出ましたね。
イタリアのロック目立っていました。髪つかんだだけでなく。
松島の腰高のタックルミスもありましたし。
日本のキックは相手に渡すことが多かったです。
私は副音声しか聞かないのですが、英語放送は
なくて場内の音だけですが、観客は正しい反応を
示しています。前半、後半の中頃までほとんど
盛り上がっていませんでした。ずっとイタリアペースでした。

イタリアはスクラム、ラインアウトにはフォーカスしてませんでした。

リーチもインタビューで言っていましたが、日本相手に
いつもくる方法に対応できませんでした。
ティア1はバックスももっといいので差が開きます。
イタリアは時間稼ぎしていましたね。

日本は当然まだティア1に勝てるレベルではありません。
ジョゼフがナショナルチームの指導の経験の少なさがあると思います。
サンウルブズが勝ったのはハッテイング、ワイクスがいたのが
大きいですが、ジャパンにはまだいません。
サンウルブズがジャパンより強そうですね。
マフイは来年、レベルズから移ったほうがいいかも。
試合出すぎのようです。田村選手はサンウルブズで今年は
試合経験が少なかったですね。

松田はキックは良かったです。一本ポールに当てましたが。

フィージーがジョージアに37-15 で順当勝したようです。
https://www.newshub.co.nz/home/sport/2018/06/rugby-fiji-crowned-pacific-nations-cup-champions-after-win-over-georgia.html

福岡がSHの位置に入るのは本来はSHがあのくらいの出足がないといけないのですが
日本では大抵パス、キックマシンであることが多いので
スクラムから抜け出すプレーは少ないです。
SHはチャンスに一番近いのでティア1の国では
福岡のようなプレーするSHはいます。

ABs対フランスはボーデンに危険なプレーしたフランス選手に対して一発レッドカードでした。
他の競技にないレフリーの判断です。
ただ14人の相手に対して、26 - 13でややすっきりしません。
キーラン・リードは走り始めたようですが、ルーク・ホワイトロックでは。
ソニーは来週出るようですが、無理はしてほしくないです。
ひげの似合わないサム・ケインはペナルティが多いです。
マッコー、カーターのころのような安定した力がない感じがします。
レタリックが出ていないこともあります。U20の仇を大勝で取ってほしかったですが。U20はレイザーが
立て直しましたが、指導者の力が大きいです。

アイルランドはワラビーズにオーストラリアで39年ぶりに
勝ったようです。

テストマッチはライブでないと価値が半減します。
なんでdelayなんでしょう。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

ジャパンは強くなりましたが、イタリアはいつからティア1になったのか。

2勝目をあげたのは価値があります。

下手な国より強いスーパーラグビーでのサンウルブズの経験が
生きましたね。サムエラは使えそうで、ハッテイングとワイクスが入ればボールが
取れそうです。

6ネーションズで最近勝ててないし、

https://www.six-nations-guide.co.uk/2018/italy-fixtures.html

スコットランドとは僅差でしたが、あとは大敗しています。

2017年は大敗続きでした。

https://en.wikipedia.org/wiki/2017_Six_Nations_Championship

今年は去年に比べて、若手が出てきて良くはなっていますが。

ティア1というのは
旧IRB8国+アルゼンチンでしょ。
6ネーションズのwooden spoonのイタリアです。
ワールドカップでも日本と同じくベスト8に進出したことはありません。
ランク14位のティア1があるわけないです。
https://www.worldrugby.org/rankings/mru?lang=en
ウイキにTier 1の項目がありますが
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_international_rugby_union_teams#Tier_1
これおかしいです。6ネーションズメンバー効果なのかもしれませんね。

World Rugbyの半分を占めていますから。
関連国との通算対戦成績です。
フィージーとイタリアは6勝6敗です。フィージーもティア1にしないと。

フィージーは3回ベスト8に進出しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Fiji_and_Italy
アルゼンチン対イタリアは16勝5敗でアルゼンチン
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Argentina_and_Italy

スコットランド 21勝8敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Italy_and_Scotland

アイルランド 24勝4敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_Ireland_and_Italy

フランス 37勝3敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_France_and_Italy

イングランド 24勝0敗
https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_rugby_union_matches_between_England_and_Italy

ABs 13勝0敗

日本より試合が多い、イタリアはティア1には日本より勝っています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Italy_national_rugby_union_team#Wins_against_Tier_1_nations

ティア1がイタリアの力だと思ったら大間違い。

こういう質問をしている人もいます。
https://www.quora.com/Are-Scotland-and-Italy-really-Tier-1-rugby-nations-Is-Argentina

日本の雑誌でもイタリアを除いている考え方があります。
これが主流でしょ。
https://diamond.jp/articles/-/79089

日本がティア1に勝ったのはボックスだけです。

ウエールズはテストと認めましたがライオンズに主力を取られた2軍でした。

この前ウエールズがボックスに勝ったような試合です。若手同士で。

ABsは後半フランスを一蹴しました。
スクラムでも圧倒していました。
クロノがいますからね。
バック3の競争が激しくなっています。ジョーデイとマッケンジーの若手がいるので
スミスがウイングに回って、ナホロもはじき出されてしまいました。

ナイジェル・オーウエンスがタッチジャッジしていましたね。

来週ふくんでしょうか。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

ダン・カーター日本で2年プレーして引退

ワールドカップ、オリンピックの期間に日本にいることに
関心があるようです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/104388105/dan-carter-reveals-noble-plans-once-he-retires-after-two-years-playing-in-japan

同じフランスにいて、ABsのチームメイトのマア・ノヌーはハリケーンズに戻るのでしょうか?
家族と過ごしたいとツーロンと契約しないようですが
NZに戻る可能性もありますね。36歳まだできるでしょう。

https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/super-rugby/104325906/it-would-be-news-to-chris-boyd-if-maa-nonu-was-headed-back-to-the-hurricanes

三菱地所が国際ラグビースポンサーに積極的進出
スーパーラグビーのサンウルブズの試合にスポンサーに
なっていましたが、アイルランドとワラビーズの6月の試合、
さらにラグビーチャンピオンシップにもなるようです。
https://www.sankei.com/economy/news/180530/prl1805300374-n1.html

三井不動産はABsキャンプに参加ですか。

サッカーワールドカップを開催した、新潟がラグビーワールドカップ開催されませんが42,300人の新潟スタジアムがあるのに
開催地に立候補しなかったからです。当時の知事が乗り気でなかったからだと思います。
日和見だったんでしょうね。今を見ると人間性が見える時があります。

他競技に関して、ラグビーのことを伝聞で書いている人いますね。
エデイがインターナショナルスタンダードのコーチとしては日本で初めてだったのは
なぜかということですが。

マイケル・リトルひざに負担がかかる走り方していますね。
ウオルターとは違うプレースタイルのようです。

競泳の伊藤華英さんがラグビーワールドカップ2019ドリームサポーターに
なりましたが、2015年前からラグビーファンで水泳出身なのに
ラグビーの広報みたいでした。
ジャパンオープンのプレゼンターの時見かけました。

Photo_3


ジャパンのSOに松田が選ばれていますね。
NZで活躍したようですが。トニー・ブラウンの考えでしょうか。
経験を積む段階ですが何かやってくれそうな気がします。

相撲の話で古い、私が幼稚園のころ以前?だと思います。ラグビー全く知らない時代です。

栃ノ心が大関になりましたが、春日野部屋では栃の海と栃光の同時昇進以来56年ぶりのようです。
栃光は郷土天草の英雄でした。
栃光 大内山6尺6寸2m2chmの相撲です。

https://www.youtube.com/watch?v=KcygtNYUZyg

1フィートは304.8 mm、1尺は約303.0 mm
1寸3.30.303mm  1インチ 25.4

千代の山192cmと大内山
https://www.youtube.com/watch?v=yDtR3UkQguc
日本人も大きい人はいました。

栃錦と若乃花の相撲も技師同士でした。対戦成績は栃錦の19勝15敗
https://www.youtube.com/watch?v=b1irqloCbuk

相撲好きの父を連れて南阿佐ヶ谷にあった。二子山部屋に稽古を見に行ったことが
あります。苦虫を?み潰したような顔していました。
小さいころ、後で通った中学校に花籠部屋でしょうか、巡業に来たみたいで
塩まきの若秩父もきたみたいです。

69連勝の連勝記録は双葉山ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=1O7JlD_SLrg
大鵬も強かったですが誤審がありました。
相撲取りのお腹の大きさは、寄り切り,つりの時、使うんですね。

琴桜は本場所の通路で見たことありますが、頭が直径50cm、腹が1mほどあるように
思えました。フアイルランドのファーロンにも対抗できるプロップでした。
https://www.youtube.com/watch?v=yGeNO4HXxx0

相撲は土俵、土です。芝生でなかったのでラグビーはなかなか発展しませんでした。

高菜が品薄のようですが、天草でもよく食べていました。
塩辛くて美味しいです。ちょうど送ってもらったところで
食べています。
https://www.agrinews.co.jp/p44205.html
全国的に需要が増えて生産農家が増えるといいですね。
梅干しも送ってきましたが家の庭に梅の木があり、この季節
収穫した思い出があります。近くの羽根木公園には600本以上に
梅の木が植わっており、今年は豊作でした。

高菜も梅干しも私にとってはソウルフードの一種です。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »