« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月25日 (土)

オーウエン・フランクスは100キャプですがノートライのままでした。

ボーデン・バレットは1試合で4トライしました。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/106567246/beauden-barrett-stars-as-all-blacks-retain-bledisloe-cup-over-wallabies
、あとジョーデイとスコットも出て兄弟3人そろいました。
ルースヘッドのジョー・ムーデイは3トライ目でした。トニー・ウッドコックも
トライ多かったですね。
http://stats.allblacks.com/asp/profile.asp?ABID=1094
タイトヘッドオーウエンのおかげでABsはトライ多いです。

ワラビーズは前半はスクラムにこだわって、ゲニアがトライ取りましたが
ABsも攻められたら弱いところ見せました。
コールマンは通じていましたね。
ワラビーズは弱くなっていますね。チェイカより
ラーカムに変えろという声が大きくなりそう。

ポコックはNZの女性首相と試合後会話したようです。
https://www.tvnz.co.nz/one-news/sport/rugby/politically-conscious-wallabies-star-david-pocock-enjoys-chat-nz-prime-minister-jacinda-ardern

ソニーSonny Bill Williams 来年のラグビーワールドカップ後にオーストラリアの
リーグに戻るかもと、オーストラリアのメデイアが
言っているのがありますが、本人が否定しています。
https://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12112890
来年34歳、リーグというよりジャパン行きが候補かも。

フリーマン記者のツイッターで
https://twitter.com/FreemanrugbyJPN
英国のRugby World 誌の釜石の記事が紹介されていました。
https://www.rugbyworld.com/tournaments/rugby-world-cup/rugby-world-cup-2019-helping-rebuild-kamaishi-93522
ずっと以前数年購読していたことがあります。
当時最も権威のある雑誌と言われていましたが。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

ショーン・フィッツパトリックSean Fitzpatrick's のNew Zealand XV from the Tri-Nations and Rugby Championship

フィツイが1996年からのABsのメンバ-を選んでいます。
あちこち遠慮した感じがあります。

15 Christian Cullen, 14 Ben Smith, 13 Conrad Smith, 12 Ma'a Nonu, 11 Jonah Lomu, 10 Dan Carter, 9 Aaron Smith; 1 Tony Woodcock, 2 Dane Coles, 3 Olo Brown, 4 Brodie Retallick, 5 Sam Whitelock, 6 Michael Jones, 7 Richie McCaw, 8 Zinzan Brooke.

3番のオロ・ブラウンは69テストですが、オーウエン・フランクスは99テストで
数の多さというよりスクラムの強さではフランクスだと思います。
フッカーにDane Colesを選んでいるのは奥ゆかしさでしょうか。
一番違和感があるのがNOにキーラン・リードを選んでいない点です。
Zinzan Brookeはテクニシャンでしたが力強さではリードだと思います。
リードをはずして、アーロン・スミスがいることでおかしいです。
キーラン・リードはこの短い範囲でなく、歴代NO1のNO8候補だと思います。
6 Michael Jones, 7 Richie McCawはどちらもオープンサイドでこれも
おかしい。カイノがどちらかに代わるべきでしょう。
フィッツパトリックが評論家として遠慮する人だということがあらわれていて
どちらかをはずしたら批判されるから両方入れたのだと思います。
妥協する人ですね。

カーター
https://www.nzherald.co.nz/rugby/news/article.cfm?c_id=80&objectid=12110553
フランスにいればもっと稼げたと思いますが。

洞口留伊さんのキックオフ宣言
https://www.youtube.com/watch?v=AO_aQ5FSucE
釜石はラグビーワールドカップの一つの象徴ですね。

リチャード・バートンはウエールズ人なんですね。
イングランド人かと思いました。
本名はRichard Walter Jenkins Jr
ジェンキンズさんでした。
ウエールズ代表にもなるかとも思われたプレヤーだったようです。
炭鉱地帯の出身でラグビーを愛したようです。
ハムレットを演ずるより、カーデイフアームズパークで
ウエールズのためプレーしたかったと言っています。
https://www.smh.com.au/sport/pssst-burtons-finest-role--red-richard-of-rugby-20141107-11imnu.html

こちらにも。
http://www.richardburton.com/life/

エリザベス・テーラーと2回結婚した人です。

BBCの番組でウエールズ人で一番世界的に有名だったと。
https://www.youtube.com/watch?v=CsrzFYaCjjw
わが谷は緑なりきの世界ですね。というかニースの近くのようです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

2016、2017World Rugby Player of the Yearのボーデン・バレット Beauden Barrettとリッチー・モウンガの比較はまだ早い

クルセーダーズでスーパーラグビーでいいプレーしたら
すぐボーデンに代われと言う議論がNZで起こっていましたが何だったんでしょうね。
ABsに近いFWのクルセイダースなのでいいプレーができたので
将来性はありますが、まだ時期尚早でしょう。
FWがいいと1FEは良く見えるものです。

ナホロは速すぎてオフサイドに見られました。

ペレナラはウイングもカバーしているので出場が遅いんですね。

ワラビーズはレベルズの21歳の194cmのJack Maddocksがデビューして
初トライでした。キーラン・リードのタックルも食らっていましたが。
フーパーとポコックが3列で同時に出ていました。スクラムもラインアウトも
劣勢でしたね。ラインアウト後半は投げるところがなくなっていました。

明日は釜石デーなんですね。
https://twitter.com/kama_stadium

https://twitter.com/rugbyworldcupjp

World Rugby Hall of Fame 2018 inductees
https://www.worldrugby.org/news/353951?utm_source=Direct

138  Stephen Larkham (Australia)
139  Ronan O’Gara (Ireland)
140  Pierre Villepreux (France)
141  Bryan Williams (New Zealand)
142  Liza Burgess (Wales)
ピエール・ヴィルピュローはフランスのFBでミーズと一緒に
世界選抜に出ていたと思います。

まだひっぱっていますが
映画慕情のジェニファー・ジョーンズはタワリングインフェルノで
ウイリアム・ホールデンと20年ぶりぐらいで共演していますが
やはり同じ場面で映っていました。フレッド・アステアと踊りながら
ホールデンの避難スピーチを見ていました。

ジェニファー・ジョーンズはまだストーリーがあります。
彼女の夫が風と共に去りぬのプロデユーサー、デヴィッド・O・セルズニックです。
https://www.youtube.com/watch?v=Evl2opS8LWQ

セルズニックプロデュースの映画すごいです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BBO%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF

キングコング
風と共に去りぬ
第三の男

テーマ曲

https://www.youtube.com/watch?v=2oEsWi88Qv0
ヒッチコック作品
映画史に残る名作ですね。
イギリス人女優のビビアン・リーがスカーレットに選ばれたのも
映画のようでしたが。
https://books.google.co.jp/books?id=-LH8jZRubpAC&pg=RA2-PA950&lpg=RA2-PA950&dq=%E3%83%93%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC+%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF&source=bl&ots=ux0bFenLpi&sig=OQtqeLzNNwHB4ynKupLrLIZUkq4&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwilqMWbxOfcAhVDXbwKHeyTDzs4FBDoATACegQICBAB#v=onepage&q=%E3%83%93%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%20%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF&f=false
映画の宣伝かもしれませんね。

1987年にジェニファー・ジョーンズがオスカーに登場しています。
https://www.youtube.com/watch?v=Vj4SE2I9TnA

フレッド・アステアと出てくるのはそういう人だったんですね。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »