« ラグビー選手とテニス | トップページ | オールブラックス(ホームでは)去年7月のライオンズ以来のボックス戦敗戦 »

2018年9月15日 (土)

ダン・カーター、プレーは変わらずワールドクラス

髪を少しかり上げ気味にしていましたが気持ちの表れでしょう。

緊張もするんですね。キックに最初影響していました。

常勝サントリーが引き立て役でしたね。
ウエイン・スミスの力もあると思います。
神鋼が別のチームに変わりました。
カーターはゲームメイクでチャンスを多く作り出すのが
大きな特徴です。チャンスが多くなり、得点力が上がります。
キック数本ミスしても機会が多いので気になりません。
オールブラックスでそうでしたが、神戸でもそれが
実現するのがすごいです。守りも強くオールラウンダーです。
ハンブルですしね。

ようやくカーターの記事が出ました。ボーデンと比較して。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/international/107121315/dan-carter-delighted-after-making-winning-debut-in-japan

ハイデン・パーカーのこと話している人いましたが、彼はABsになれず

ここにきて精度は良くなりましたが40m以内ですね。

観客も多かったですね。子供たちの声も聞こえました。
カーターを見に来てる人が多く、神鋼のホームのようになっていました。

カーター

30dscn0528


メインスタンド

30dscn0530

バックスタンド

30dscn0531

ラグビーは経験も大きいです。アダム・アシュリー・クーパーと。
バックマンとサントリーの若手より上手でした。

30dscn0545

梶村

30dscn0547


松島は走っていました。

30dscn0546

サントリーから移った日和佐が流より目立っていました。
チーム力が影響します。

最後のペナルィキックの時

30dscn0549

ゲーム後ファンサービスを長くやっていました。

30dscn0553

カーターは見るのが楽しくナルプレーヤーです。
見ると満足が多いです。

NZがオールブラックスが生んだこの100年で1FEで最高のプレヤーです。

日本に来てくれてありがとう。

電車の行き帰り驚いたことがあります。私はほとんど家で仕事しているのですが

電車の中の人、ほとんどスマホ見ていることです。異様に感じました。私はスマホで

ネット見ることほとんどないので。パソコンばかりです。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ラグビー選手とテニス | トップページ | オールブラックス(ホームでは)去年7月のライオンズ以来のボックス戦敗戦 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダン・カーター、プレーは変わらずワールドクラス:

« ラグビー選手とテニス | トップページ | オールブラックス(ホームでは)去年7月のライオンズ以来のボックス戦敗戦 »