« ウオーレン・ガトランドも大分視察 | トップページ | ラグビー選手とテニス »

2018年9月 8日 (土)

TJペレナラトライ寸前を防ぎ2トライ

北海道の地震の犠牲になられた方にお悔やみを申し上げます。被害にあわれた方にお見舞いを申し上げます。
今年は大阪地震もあり、また2016年は熊本地震もありました。何十年、あるいはもっとに一度
の大きい地震が起こっています。2011年は東北沖で津波地震もありました。日本はこんなに大きい地震が多い国だったでしょうか。
NZも地震が多い国ですがカーターも驚いていると思います。

ペレナラはめずらしく先発でしたが、先発する力のあることを見せてくれました。
ビデオあります。 46 - 24 でしたから3トライ分大きいです。
https://www.stuff.co.nz/sport/rugby/all-blacks/106935707/the-all-blacks-overcome-a-bit-of-adversity-to-beat-argentina-in-nelson
ペレナラトライ寸前を防いだのは相手の足がタッチでした。
守りが強いです。
スクラムサイドをついてのトライ、フォローしてのトライもありました。
オールブラックスのスクラム強いですね。
プーマズからペナルティ取りました。
Karl Tu'inukuafe  1.82m, 135kgは強いです。

プーマズはバックスが走るようになりましたね。
ボックスを破った勢いでABsも最初あたりまけて
けが人が出ました。
ワールドカップではプールCでイングランドとフランス等と
同組です。
https://twitter.com/rugbyworldcupjp

モウンガデビューで無難でした。おとなしかったです。
サンチェスに動かれてました。マッケンジーは神出鬼没です。

サントリーのスクラムはNTTコムのマーフィーに押されていましたね。
http://www.top-league.jp/player/profile/269292/
堀越がすぐ変わりましたが。170cm台のインターナショナルというのは
よっぽど強くて走力がないと無理です。
サントリーは2点差の勝利でした。
石原はケガしたんでしょうか。
去年もそうですが苦戦するゲームが多いです。
ツイはきわどいプレーしていますし。
ジャパンになった時が心配です。
梶村は2トライでした。

ワラビーズはフォーリーをビールに変えてボックスに勝ちました。
ボックスは選手の海外流出で弱体化しているようです。
スプリングボックという鹿はプロンキングというジャンプをするようです。
Springbok pronking
https://www.youtube.com/watch?v=iIigVlcxwps
やっぱり跳鹿なんですね。

錦織はジョコビッチに14連敗だったようです。
苦手で天敵というか蛇ににらまれた蛙、手も足も出ないという
感じでした。
大阪なおみ選手は準決勝ではいいプレーでしたが
セレーナ相手にどれだけできるでしょうか。

プーチン大統領は英語話すんですね。
https://www.youtube.com/watch?v=awWAd-jdwDg

ドイツ語も。
https://www.youtube.com/watch?v=tPOT9ZVW0hg

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

|

« ウオーレン・ガトランドも大分視察 | トップページ | ラグビー選手とテニス »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

プーマス強かったですね。ワラビーズ対ボクスの試合が余りにも酷い内容だったので尚更そう感じました。

投稿: | 2018年9月 9日 (日) 00時51分

アルゼンチン、ワールドカップではフランスに強いですし、Cプール面白くなりそうです。

投稿: recabs | 2018年9月 9日 (日) 08時06分

モウンガやはりまだ固かったですね。ノーサイド直後、
ウォーターボーイのボーデンバレットに肩たたきされてたの良かったです。
アルゼンチン期待できるけど、オールブラックスさらに期待できますね。層の厚さも万全。
ワールドカップ3連覇まで全勝で行きそうな勢いです。

投稿: | 2018年9月10日 (月) 20時23分

3連覇して欲しいですけど
私はABsがワールドカップでなかなか勝てなかったことが
思い出されて、まだ心配です。ボーデンのゴールキックが
カーターより不安定で、あと最近のチームが押された経験がないのが。ワールドカップは相手の力が選手が揃って変わってくるんですよね。2007年も攻撃力がありましたがフランスに別の理由で負けましたし、
20011年はアルゼンチンに苦戦しウイプーのキックで勝ちました。
決勝はフランスと僅差でしたし。

投稿: recabs | 2018年9月10日 (月) 20時47分

ホームでライオンズに負けるという苦汁を舐めてるので苦い経験はもう積んでいるのではないでしょうか。あの試合は60分を14人で戦ったことも大きかったですが……

投稿: | 2018年9月11日 (火) 11時06分

そうでしたね。ただワールドカップでは
対戦がないですね。イングランド、アイルランドも楽な相手ではないです。
ボックス、ワラビーズもあります。

投稿: recabs | 2018年9月11日 (火) 13時04分

スティーブハンセンの手腕をj信じたいですね。
ニュージーランドでの2回目のワールドカップは辛勝でしたが、
イングランドでは完勝でした。
東京では圧勝を見たいです。

投稿: | 2018年9月12日 (水) 11時35分

けが人がなければ勝てると思いますが、特に両ロックがそろうと強いのですが
アイルランドに負けたときは二人とも出ていませんでした。
レタリックがケガがちなのが気になります。スコットはいますがやや
層が薄いかなと思います。
http://stats.allblacks.com/asp/teamsheet.asp?MT_ID=2272
ラグビーチャンピオンシップのチームは試合が多く手の内もわかっていると思いますが
特にイングランドとアイルランドは少ないので。今年は秋両チームと
対戦しますが。
アイルランドには1敗ですが最近は僅差のゲームもあります。
イングランドには6敗と結構負けていますから。
http://stats.allblacks.com/asp/testrecords.asp?team1=NZ&team2=5&sdate=1884&edate=2018&ground=&country=&tourn=&icount=0#pageend

投稿: recabs | 2018年9月12日 (水) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TJペレナラトライ寸前を防ぎ2トライ:

« ウオーレン・ガトランドも大分視察 | トップページ | ラグビー選手とテニス »