« ワラビーズのチェイカとジェイミー・ジョゼフは同じ病に取り憑かれている。? | トップページ | 1972年ウエールズのクラフ、ラネリーがオールブラックスに勝った日 »

2018年11月25日 (日)

ジャパン大学ラグビーより小さいロックでロシアにやはり苦戦

圧倒して勝つどころか最後までもつれました。あんなゲームプランでは
当然ですね。
ロシアは来年にはもっと強敵になりそうです。
インターナショナルラグビーは体格は基本です。スクラムは日本有利のようでしたが
ここが強くなったら日本には容易な相手ではありません。
眠れる熊ももそろそろ冬眠から覚める頃でしょうか。
田村のキックは蹴り方がおかしいですね。どんどん悪くなっています。
迷ってどつぼにはまっているようです。
あんなはずれかたするゴールキッカーいないです。
松田を出したほうがいいかもしれません。
ゲームプランは良くないですが、
リーチの2トライも良かったですが、ツイのトライもいいところで出ました。
イングランドはワラビーズに37-18の大勝でした。
この試合はCook Cup というようです。
poorest Wallaby
TJペレナラがハカではキーラン・リードに代わって先頭に出てリードしました。
リード主将がプレーで批判を浴びていましたが。主将交代もあるかもしれません。?
リードは腰を気にしているのかもしれません。
あれ
リードが声を出してTJが前にきたのかもしれません。
あとでビデオ確認してみます。
そう強くないイタリアには10トライでした。
ジョーデイが4トライでMOMでマッケンジーは3トライでした。
ウエールズがボックスに会心の勝利でこのカード4連勝
日本は1勝で大騒ぎですが2016年からです。
ボックスの攻撃をよく守り切りました。
日本戦はストレスがあったと思いますが、私はオールブラックス、ウエールズの
勝利でスッキリでした。
ィア1のゲームプランには程遠いジャパン


ラグビーランキング

|

« ワラビーズのチェイカとジェイミー・ジョゼフは同じ病に取り憑かれている。? | トップページ | 1972年ウエールズのクラフ、ラネリーがオールブラックスに勝った日 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパン大学ラグビーより小さいロックでロシアにやはり苦戦:

« ワラビーズのチェイカとジェイミー・ジョゼフは同じ病に取り憑かれている。? | トップページ | 1972年ウエールズのクラフ、ラネリーがオールブラックスに勝った日 »