« ジャパン、一昨年、ウエールズに3点差負け、去年フランスとドロー、今年イングランドとは? | トップページ | 日テレのテストマッチ地上波放送の威力はすごいです。 »

2018年11月18日 (日)

オールブラックス9-16アイルランド ジャパンはイングランドにダブルスコアプラス

アイルランド終始リードして後半の追い上げも
ありませんでした。
スクラムでもツイヌクアフェがファーローンに押される場面も
ありました。ロックもそれほど優位性はなかったです。
DAZNは切れたりして見にくいですね。
テレビでやってほしいです。
JスポーツかWOWOW。
オールブラックスの失点はリアム・スクワイヤーのハイタックルや
アーロン・スミスのタックルが決まらなかったりで
その動画です。
弱いところがありました。スコット・バレットをフランカー先発させたほうが
いいようです。
それからFWが強いチームにはペレナラでないと。
マッコー、カーター時代の強さはややないかなと思います。
アーロン・スミスを忘れるべきだと
ペレナラキック多すぎとありますが、経験をつませないと。
でもアーロン・スミスはこの試合でスクラムハーフとしての最多キャップ取ったので
使ったんでしょうけど。敗戦と代償に。スクワイヤーの3点とタックミスの7点が
差になりました。
ダミアン・マッケンジーについてはこれだけFWが押せないとFBきついですね。
長く見ているとオールブラックスがよく負ける時代もありました。最近が異常?でこれから
またその時代に入っていく感じもします。他のチームも強くなっているので。
ワールドカップ3連覇もどうでしょうか。
ジャパンは前半は良かったですが後半は
イングランドのベンチが違いました。
ファレルがの存在も大きいです。
ジャパンは前半の前半キックチャンスがありましたが
あれは狙うべきでしょう。
ラグビーは80分のスポーツなので。
善戦マンではいけません。
来年の準備でしょう。来年に期待しましょう。
と書いても、マロ・イトジェ大きく見えましたね。日本相手では
この差おおきいです。あとリーチのコメントちょっと変ですね。
結果とあっていないところがあります。
カナダとドイツは29-10でカナダでした。
カナダはここまできてようやく力を出したようです。
ドイツは次の大会予選が楽しみになってきました。
両試合とも筆はちょっとすすみにくい感じです。


ラグビーランキング

|

« ジャパン、一昨年、ウエールズに3点差負け、去年フランスとドロー、今年イングランドとは? | トップページ | 日テレのテストマッチ地上波放送の威力はすごいです。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールブラックス9-16アイルランド ジャパンはイングランドにダブルスコアプラス:

« ジャパン、一昨年、ウエールズに3点差負け、去年フランスとドロー、今年イングランドとは? | トップページ | 日テレのテストマッチ地上波放送の威力はすごいです。 »