« 6ネーションズ優勝決定戦は紅白歌合戦? | トップページ | シェーンがエデイと論争 »

2019年2月13日 (水)

リー・ハーフペニー Leigh Halfpenny イングランド戦で復活か

昨年のワラビーズ戦でサム・ケレビのレイトチャージで脳震盪して以来
ほとんど試合にでれなかったですが、ラネリースカーレッツの練習にフル参加しているようです。
いきなりイングランドはきついですが、ゴールキックとバックスのコンビネーションは
良くなると思います。
アンスコムはキックが、キックの良い、ダン・ビガーは足が遅いという
欠点がありました。
今週はウエールズ代表の許可が出れば、クラブのゲームに出るようです。
フライハーフのRhys Patchell もラネリースカーレッツで練習して
ウエールズの練習に参加するようです。2週間あるのがいいです。
ウエールズの黄金時代の歴史があります。
11連勝は1907-11
オールブラックスに最後に勝ったのは
1953年
ライオンズの主力で、オールブラックスにもスプリングボックスにも
勝ったころ。1971
今回の11連勝にオールブラックス、アイルランド、イングランドが
入っていないので、その価値を疑問視する記事もありますが
これから2チームは対戦します。ワールドカップでオールブラックスとも?
ワールドカップでは、2011年の準決勝フランス戦でウオービトンのレッドカードが
なければ、決勝進出していたと思います。
2015年も8強には進出しボックスに負けています。
ガトランド時代は強くなっています。
イングランドは1番のヴニポラが怪我のようです。イトジェと二人
欠くことになります。
マー・ノヌーがオールブラックスになりたいようです。
ソニーの立場は。息が長いというか。
スーパーラグビーは、去年4勝で、下にはサンウルブズしかいなかった
ブルーズが、良くなりそうです。1FEに新人が育ってきているようです。
競泳、池江璃花子選手が白血病を公表しましたが、今は病気を治すことに専念して欲しいです。
競泳はこの寒い時期が練習がハードのようです。4月に
日本選手権があります。
レースを見たことはありませんが池江選手がジュニアにいたかもしれませんが、国体、ジャパンカップを見たことあります。


ラグビーランキング

|

« 6ネーションズ優勝決定戦は紅白歌合戦? | トップページ | シェーンがエデイと論争 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リー・ハーフペニー Leigh Halfpenny イングランド戦で復活か:

« 6ネーションズ優勝決定戦は紅白歌合戦? | トップページ | シェーンがエデイと論争 »