« フライハーフの工場The fly-half factory Wales | トップページ | 145点の前に日本は同様のレッスンを何度も受けています。 »

2019年2月20日 (水)

フランス、スコットランド戦ハーフ団若手に変えてきました。

ベテランのMorgan Parra 30歳、71キャップと Camille Lopez 4月で30歳が
イングランド戦元気がなく、大敗の原因の一つだと思いましたが
スクラムハーフにAntoine Dupont22歳、フライハーフにテイーンエージャーの
Romain Ntamackを使います。両者ともイングランド相手にはいいプレーしていました。
フランスはオールブラックスにとって、2011年ワールドカップまで、常に
強い、警戒すべき相手でした。弱かったことありません。
第1回と第7回決勝の相手でした。
2011年は1点差勝利です。ビーバーのキックがなければ負けていたでしょう。
さらにロムーのトライや、カーターがいても負けたことがあります。
後者はレフリーおかしい笛でしたが。
スコットランドはラッセルがトップ14の試合脳震盪で出れないようです。
6ネーションズ休みの時もクラブのゲームやっているんですね。
リー・ハーフペニー出場ははまだわからないようです。
イングランドは発表しているところもありますが、イトジェは出さないようです。
BBCを待ちます。
ウオーレン・ガトランドはエデイの後のイングランドコーチという
声も上がっています。土曜日の試合後どうなるかですね。
イングランドのDFコーチになった、元オールブラックスコーチの
ジョン・ミチェルはワイカトのチームメイトでflatmateだったそうです。
また英国にはショーン・フィッツパトリックがいて、時々記事に登場します。
コーチやったり、解説やったりしているようです。
フィッツイはガトランドにキャップを譲りませんでした。同じフッカーです。
彼がオールブラックスの主将の時、ウエールズにはj負けていません。
サンウルブズに日本f代表が参加するのは
負けが込みそう。
ボーデデン・バレットは今週のクルセーダーズ戦
出たい気持ちではやっているようです。
オールブラックスのキープレイヤーは2週休ませることになっているようですが。日本は南の国と1か月はシーズンがずれがあるので
ここを調整しないと無理がありそうです。
報知もラグビー報知の記事が多くなっています。
民放で唯一ラグビーに参入してきたんですあから、パイオニアとして
続けていってほしいです。


ラグビーランキング

|

« フライハーフの工場The fly-half factory Wales | トップページ | 145点の前に日本は同様のレッスンを何度も受けています。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス、スコットランド戦ハーフ団若手に変えてきました。:

« フライハーフの工場The fly-half factory Wales | トップページ | 145点の前に日本は同様のレッスンを何度も受けています。 »