« フランス、ウエールズメンバー発表 | トップページ | ウエールズ開幕戦攻めてきたフランスに逆転勝利。 »

2019年2月 1日 (金)

NZに戻ったNZ版キング、カルロス・スペンサー

今年からハリケーンズのスタッフになりました。
ブルーズでなく、ハリケーンズというところが面白いと思います。
南アフリカ行ったり、日本に来たりしていました。
サニックスのアシスタントコーチも兼ねているようです。
パーリングもいます。
インターナショナルでラグビーでキングというと、バリー・ジョンでしょう。
トップリーグに入って、スタンドオフとして試合が少なくなっていました。
ダン・カーター髭はやしたことないですが。
トニー・ブラウンが推しているので、経験を積んでほしいです。
19歳のクルセーダーズLeicester Fainga’anukuをハリケーンズ戦で起用
去年のNZU20でした。ビデオありませんでした。
サンウルブズもメルボルンに行くようですが、南に北と見る方も
忙しい2月になりました。
アイルランドのジョー・シュミットがイングランドのデイフェンスコーチになった
流浪のミッチェルのアイルランドは退屈という批判に対して、一蹴しました。
boreではなくて浮き立たせるexhilaratingものだと。
ミッチェルは2003年ワールドカップでオールブラックスのコーチで
エデイのワラビーズに負けたわけです。スペンサーのパスをモートロックに
インターセプトされて。普通そういう相手の軍門に下るということは
しないと思います。
ウエールズ新鋭SHのトモス・ウイリアムズはバスケットもやっていたようです。
ハンドリングがよさそうです。
Rhondda Valleysの出身で、あののカーデイフ近くの炭鉱地帯ですね。
ウエールズの伝統を引き継いだプレーヤーです。
Nations Championshipはワールドカップの価値を下げるという意見も
あります。確かに同じメンバーが毎年試合するので、優勝もほぼ同じでしょうし。
どうなるかですね。
ナンドロがワールドカップ、フィージー代表を辞退するというのは驚きました。
早いですね。
ラグビーベーグルさそうです。固そう。
 


ラグビーランキング

|

« フランス、ウエールズメンバー発表 | トップページ | ウエールズ開幕戦攻めてきたフランスに逆転勝利。 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NZに戻ったNZ版キング、カルロス・スペンサー:

« フランス、ウエールズメンバー発表 | トップページ | ウエールズ開幕戦攻めてきたフランスに逆転勝利。 »