« アイルランドの900kg近いFWフランスをスクラムで圧倒 | トップページ | ダン・カーター首の手術、神鋼でプレーまで期間もあることから »

2019年3月12日 (火)

BBCガスコットの面白い分析第2弾

昨日の池江璃花子選手のツイート印象的でしたね。
8年前の今日3月11日、罪のない人たちが大勢なくなりました。
違う形ではあるけれどわたしは全力で生きます。
ウエールスの守りについてです。
6ネーションズでトライは9取っていますが、イタリアと同じです。
但し6トライしか取られていません。
Shaun Edwards が11年かかって築き上げました。
写真でhアラン・ウイン・ジョーンズとジョナサン・デービスが守りの
要だということを示しています。
特にジョナサン・デービスの動きを見ていると、相手の攻撃を読んでいることが
わかります。
ウエールズファンなので。すみません。
ウエールズはアイルランドに勝つと全勝で+3点になります。23点
イングランドはスコットランドにボーナスポイント付きで勝つと20点
アイルランドは14点。
アイルランド人は世界に多く出ている感じがします。
アメリカでは緑だらけの時が。
ジョージ・ノースはウエールズはまだトップギアではないと言っています。
ちょっとハイタックルが目立ちましたが。身長が高いウイングです。
ウオーレン・ガトランドがもし今年グランドスラムを達成したら
2008, 2012に続いて3回目となります。
2回はJohn Dawes(日本に来た時のコーチ), England's
Geoff Cooke and the French
trio of Jacques Fouroux, Jean-Claude Skrela and Bernard Laporte.がいます。
フールー懐かしいですね。SHでした。スクレラはフランカーで。
フランス強い時代がありました。
6ネーションズ史上はじめてとなります。
サンウルブズを救えとワラターズのボスが言っているようです。
スーパーラグビーはNRLと違ってグローバルなのでチャンスをつぶしたくないそうです。
今週木曜日決まる予定です。
南アフリカが旅行日程がきついので落としたがっているようです。
オーストラリアとNZはキープしたいようですが。
南アフリカも選手をいっぱい送っていますが、ワールドカップ開催で
フランスに日本が入れたのをまだ根に持っているという話もあります。


ラグビーランキング

|

« アイルランドの900kg近いFWフランスをスクラムで圧倒 | トップページ | ダン・カーター首の手術、神鋼でプレーまで期間もあることから »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

アイルランドはジャガイモ飢饉で餓死や移住で人口が半分くらいになったので、海外に渡った人は結構います。

投稿: ポッポ | 2019年3月12日 (火) 17時34分

じゃがいも飢饉、悲惨な歴史があったのですね。
アイルランド語話者に犠牲が多かったようですが、
クリントイーストウッドの映画ミリオンダラーベイビーにも
アイルランド語が出てきてました。モ・クシュラという字の
緑のガウンがそうです。
映画逃亡者でもシカゴのセント・パトリックス・デーの
パレードがありました。
ジョン・フォード、ジョン・ウエインも移民の子供だったようです。

投稿: recabs | 2019年3月12日 (火) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BBCガスコットの面白い分析第2弾:

« アイルランドの900kg近いFWフランスをスクラムで圧倒 | トップページ | ダン・カーター首の手術、神鋼でプレーまで期間もあることから »