« ワラタス、ダリル・ギブソンはサンウルブズ削減に反対。 | トップページ | サンウルブズ、力も体制もまだスーパーラグビーに非ず »

2019年3月23日 (土)

アラン・ウイン・ジョーンズAlun Wyn Jonesがplayer of the 2019 Six Nations に。

ファン投票です。他はウエールズからジョシュ・アダムズとリアム・ウイリアムズ、
ハードリー・パークスで、イングランドからTom Curryとジョニー・メイが
候補者でした。またオスプレイズと契約するようです。
まだプレー続けます。33歳キャップ数も伸びそうです。
フランス、ウオーレン・ガトランドに関心
フランス協会のBernard Laporte会長がフランス人以外も
コーチに可能ということですでに会っているようです。
グランドスラム2回の人ですからわかっています。
これでイングランド、オーストラリアに次いで3国目に
なりました。引く手あまたですね。
NZはワールドカップでウエールズに負けるまで?きづかないでしょう、
スーパーラグビー除外については、2023年、ワールドカップ開催で南アフリカでなく、
フランスに投票したことが全てではないでしょうか。スーパーラグビーの仲間を裏切ったことに
なります。それまで多少のことには、目をつぶるということは
あったと思います。それが裏切りによって、決定的になったと思います。
それで南アフリカが硬化したんだと思います。
それじゃ何も言えないですね。
フランスに投票したことも、理由があるんでしょうけど、協会の人、
ジャパンSRの人。事務的な人達のような気がします。
ワールドカップかスーパーラグビーかという問題では
ないと思いますが。

ラグビーランキング

|

« ワラタス、ダリル・ギブソンはサンウルブズ削減に反対。 | トップページ | サンウルブズ、力も体制もまだスーパーラグビーに非ず »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワラタス、ダリル・ギブソンはサンウルブズ削減に反対。 | トップページ | サンウルブズ、力も体制もまだスーパーラグビーに非ず »