« ソニー(SBW Sonny Bill Williams)膝の怪我で6週間。 | トップページ | チーフスのモエアキオラAtaata Moeakiolaトライでブルーズs戦勝利に貢献 »

2019年4月13日 (土)

エデイ、サンウルブズの除外は自分の判断

と言ったそうですが、
日本協会の内情も知っているんでしょうね。

サンウルブズの経緯については時事の記事がよくわかります。
この記事の中の参入に尽力した協会幹部のことは矢部達三さんではないかと思います。
その後の専務理事から意見が聞こえてきません。
かっての専務理事の方が発信していたものがなくなっているような気がします。
古くはシギー金野滋さんと世界に発信していた人がいました。
今の人は、日本ラグビーを世界に向けて発信がないですね。、
代わりに、トニー・ブラウンとかマイケル・リーチが発言してくれている
ようです。この国際化の時代、
選手やコーチだけでない協会の力が国際的には必要不可欠なのですが。
ラグビー協会、専務理事が機能不全に陥っていますね。

この二つの記事を合わせて読むと、サンウルブズの除外の原因がわかってきます。

オールブラックス対日本
ワールドカップでの初対戦はNew Zealand 145, Japan 17
でした。
特にセンターのマーク・エリスはすごい選手ではなかったですが
6トライも取られていましいた。ラジオ聞いてて思い出しました。
国内志向で大学ラグビーでお山の大将だったんでしょうね。
日本代表の練習見に行ったとき、見えてないなという
ことがありました。
このころの専務理事は白井善三郎さんで秩父宮の正面スタンドで
見ることを快諾してくれました。
同じ秩父宮で松尾雄治やガレス・エドワーズをすぐ
近くで見た時の印象と全く違いました。
私が見てもスキがありました。

またエデイはスコットランドについて、日本は防御を固める必要があると
言っていますが、イングランドも大量リードのあと、同点に追いつかれていますから、

選手の国内志向とラグビーの一部の国内志向は同じ原因かもしれません。

MLR、アメリカプロラグビーですが拡大の一途のようです。3チーヌ追加され
カンファレンスが広がっています。日本すぐ追い越されそうです。
記事が増えています。


ブログ村ラグビーに参加しています。

 


ラグビーランキング

|

« ソニー(SBW Sonny Bill Williams)膝の怪我で6週間。 | トップページ | チーフスのモエアキオラAtaata Moeakiolaトライでブルーズs戦勝利に貢献 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソニー(SBW Sonny Bill Williams)膝の怪我で6週間。 | トップページ | チーフスのモエアキオラAtaata Moeakiolaトライでブルーズs戦勝利に貢献 »