« 森重隆新会長とワールドラグビーのBill Beaumontビーモント会長は 主将同士で試合。 | トップページ | ラグビーワールドカップのレガシー »

2019年7月 2日 (火)

ショーン・フイッツパトリックSean Fitzpatrick とウオーレン・ガトランド二人の同世代オールブラックスフッカー

ショーン・フイッツパトリック 、ウオーレン・ガトランドと
チーフスが契約したのはNZの協会のヒットだと言っています。
フィッツイとガトランドはオールブラックスの同世代の
フッカーでキャップを一度も譲りませんでした。
今までのオールブラックスへの貢献としては
フィッツイのほうが、大きく今は評論家としても
一定の評価を得ています

コーチとしての実績が上がるにつれて、ガトランドの名前が浸透しています。

指の怪我のライアン・クロテイとスコット・バレット
それぞれ8週間と6週間かかるようで
スーパーラグビーファイナルとラグビーチャンピオンシップ
がむずかしそうです。

オールブラックススカッドの発表は夕方なのでそれは明日に。
今朝だと思ったので少し遅くなりました。
タイトルも思い浮かばなくて。

日本に負けたボックスのジョン・デビリアは闘将という感じでは
なかったですね。
日本がスコットランドに勝つと次はオールブラックスとの
対戦になりそうです。
JJとトニー・ブラウンにその覚悟はあるでしょうか。

プラムツリーがやめたのそういうことだったんでしょうね。

サンウルブズとコカイン問題は大きいですね。
スポーツ庁からも注意されたようで、真剣に考える問題だと思います。
薬物問題は外国人プレーヤーか関係していることが
多いです。東芝の時もそうでした。契約の時厳しくうたうしかないですね。
ただトップリーグの母体企業が問題になることもあります。
東芝、神鋼。
企業だけに頼る時代ではないかもしれません。

ブログ村ラグビーに参加しています。</


ラグビーランキング

|

« 森重隆新会長とワールドラグビーのBill Beaumontビーモント会長は 主将同士で試合。 | トップページ | ラグビーワールドカップのレガシー »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森重隆新会長とワールドラグビーのBill Beaumontビーモント会長は 主将同士で試合。 | トップページ | ラグビーワールドカップのレガシー »