« マーク・ロビンソンMark Robinsonが45歳でNZ協会CEOに。 | トップページ | 2015年オールブラックスと今年を比較したら »

2019年9月11日 (水)

2011 under 20s組は豊作で今回ワールドカップ主力に

NZはボーデデン・バレットのほかに
Codie Taylor, Steven Luatua, Brodie Retallick, Sam Cane, Luke Whitelock, TJ Perenara, Charles Piutau, Lima Sopoaga and Francis Saili.
ベンチにはDom Bird, Brad Weber and Waisake Naholo.も。

がいて、怪我しましたが、ガレス・アンスコムも1FEでした。

決勝の相手イングランドにはOwen Farrell and George Fordがいました。

長く一緒にプレーしているのですね。

ただ今大会プレーヤーで一人あげると私は、アラウイン・ジョーンズですね。
ボーデデン・バレットやオーウエン・ファレルは心もとないです。

参加20か国のsquadsが決まったようです。

マーク・ロビンソンは85人の候補者からえらばれたそうです。
6の基準をクリアする必要がありました。
チューのオールブラックスの品性をやや下げる体制に
反感があったのではないかと思います。
金儲けのオールブラックスというイメージが
ついてしまいました。
それにラグビーをよく知らないということも。
ウオーレン・ガトランドのNZ復帰を邪魔したことなど
その最たるものです。

日本の岩淵専務理事もケンブリッジ大学でプレーしたことが
あり、1999年ですね。

Mark Robinson ('97 & '98) はその前2年でチームメイトでは
ありませんでしたが同窓で話しやすいかもしれません。

ウエールズは水曜出発のようです。
来ていないのはアイルランド?


野依良治さんがラグビーについて多くを
語っています。

ファミリーマートが日本代表ラッピング

最寄り駅に新しくファミマができたので
今度のぞいてみます。

ブログ村ラグビーに参加しています。


ラグビーランキング

 

|

« マーク・ロビンソンMark Robinsonが45歳でNZ協会CEOに。 | トップページ | 2015年オールブラックスと今年を比較したら »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーク・ロビンソンMark Robinsonが45歳でNZ協会CEOに。 | トップページ | 2015年オールブラックスと今年を比較したら »